天の茶助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天の茶助
著者 SABU
イラスト 大友克洋
発行日 2015年5月28日
発行元 幻冬舎
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 277
公式サイト 天の茶助 幻冬舎
コード ISBN 978-4344423367
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

天の茶助』(てんのちゃすけ)は、映画監督SABUの小説。2015年5月28日幻冬舎から幻冬舎文庫版が刊行された。

2015年6月27日、SABU自身の監督・脚本で映画化された[1][2]

あらすじ[編集]

地上に生きる人間たちの人生や運命のシナリオを書きつづる天界の脚本家たち。そんな彼らのお茶くみ係である茶助。ある日茶助が不用意に脚本家に対して発した言葉により、人間界で生きる女性ユリが交通事故で死ぬ事になってしまう。ユリを助けるため人間界に降りた茶助は、ユリの暮らす沖縄に向かうこととなる。

映画[編集]

天の茶助
監督 SABU
脚本 SABU
原作 SABU
製作 川城和実
大角正
出演者 松山ケンイチ
大野いと
大杉漣
伊勢谷友介
田口浩正
玉城ティナ
寺島進
音楽 松本淳一
主題歌 Ms.OOJA「翼」
撮影 相馬大輔
編集 相良直一郎
製作会社 バンダイビジュアル
松竹
オフィス北野
配給 松竹メディア事業部
オフィス北野
公開 2015年6月27日
上映時間 1時間45分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2015年6月27日に全国公開された。第65回ベルリン国際映画祭・コンペティション部門出品作品[3]

撮影は沖縄県で行われ[4]、全国公開に先駆けて、2015年6月20日に沖縄県で先行公開された[5]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]