田上よしえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田上たのうえよしえ
本名 田上 芳恵(読み同じ)
別名義 田上芳詠(旧芸名)
TANOWAVE
生年月日 (1972-12-24) 1972年12月24日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都品川区
血液型 A型
言語 日本語
方言 共通語
出身 スクールJCA5期
芸風 コント
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1998年 -
同期 ドランクドラゴン
今野浩喜
ガーユー埼京パンダース
サンドウィッチマン など
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
完売劇場
ことばおじさんのナットク日本語塾 など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2013年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
テンプレートを表示
田上よしえ
YouTube
チャンネル
活動期間 2013年11月 -
登録者数 558人
総再生回数 2.16万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年11月27日時点。
テンプレートを表示

田上 よしえ(たのうえ よしえ、1972年12月24日 - )は、日本お笑い芸人。本名、田上 芳恵(読み同じ)。東京都品川区出身。所属事務所はプロダクション人力舎スクールJCA5期生。R-1ぐらんぷり2013ファイナリスト。

来歴[編集]

芝居バラエティなどの芸能に興味があった事から、18歳の時にタレント養成所へ入り複数のドラマのオーディションなどを受け、その傍らで服飾の学校へ通う為の入学資金を稼いでいた。その際とある事務所の関係者から「バラエティに興味があるならお笑いの勉強をした方が良い」と、当時プロダクション人力舎が運営する養成所の校長をしていた前田昌彦を紹介され、その伝で「お試し」という形でスクールJCAのレッスンを受け始める[1][2]

まだ学費を払っていない状態にも関わらず、既にオーディションや仕事の機会を設けてもらう様になっていた事から段々と入学を断りづらくなってしまい、服飾関係の為に貯めていた資金を使って1996年にスクールJCAへ5期生として中途入学する[3](同じく途中から入った同期にはクールズがおり、共に6期生として卒業している。ドランクドラゴンは5期生、今野浩喜は6期生としての同期にあたる)。卒業後はプロダクション人力舎に所属し、デビュー当初は「田上芳詠」という芸名で活動していた。

1999年度より爆笑オンエアバトルに出演し、初挑戦で初オンエア。以降番組の常連となり、2000年2001年度のチャンピオン大会にて2年連続でファイナルへ進出。また、2013年R-1ぐらんぷりでは決勝へと進出した。

前述の影響から現在も手芸を趣味としており、「TANOWAVE」という名義でハンドメイド作品を販売している。

芸風[編集]

  • 一人コントではいろんなキャラ(バーテンダー・教師・主婦・司会進行役など)を披露している。
  • 物真似もたまに披露しており(仲間由紀恵宮沢りえなど)、仲間由紀恵の目の前で物真似を披露したことがあるが、苦笑いされた。
  • 自身の毒舌ネタが原因で、ネタにした俳優から事務所にクレームを入れられたことがある。そのことを本人は「人として小さい!」と、怒っていた。

人物[編集]

  • 自己紹介は「よしえの“よ”は良い子のよ、よしえの“し”は幸せのし、よしえの“え”は閻魔大王のえ」(田上の“田”は田代まさしの田、よしえの“し”は田代まさしのし、という場合もある)。
  • かつてはアイドルを目指していた。芸人になってから『太陽とシスコムーン』のオーディションを受けた事もあり、その一次合格者でもある(因みに事務所の先輩である北陽の2人も同オーディションに応募していたが、彼女たちは書類選考で落選した)。
  • エキストラをしていたこともあり、「北の国から'92巣立ち」にも(顔の判別はできない状態ながら)出演している[4]
  • 声が山田邦子に似ている。
  • 爆笑オンエアバトル』では、女性芸人として唯一のゴールドバトラー&チャンピオン大会ファイナル進出を達成している(第3回、第4回)。女性芸人のゴールドバトラーは、他にもカンカラのメンバーである鈴樹志保がいたが、2007年4月に脱退した為、現在では田上よしえのみが女性として唯一のゴールドバトラーとなる。[5]また、女性芸人のチャンピオン大会進出者は他に北陽海原やすよ・ともこ等もいるが、いずれもセミファイナルや準決勝で敗退している。
  • 『爆笑オンエアバトル』で、ピン芸人初のチャンピオン大会ファイナル進出者も田上よしえである(第3回)。同大会には同じくピン芸人である陣内智則ユリオカ超特Qも参戦していたが、どちらもセミファイナルで敗退した。
  • 『爆笑オンエアバトル』の番組内で、「オンエア」に対し「オフエア」という言葉を初めて使ったとされており、2000年12月9日に放送された大阪大会にて披露された「赤ん坊をあやす母親」のコントの中でそのフレーズが使用されている。
  • 2005年1月、人力舎の芸人11組によるユニット『ビジトジ』でCDデビューした。
  • 名前をよく「たがみ」と読み間違えられることが多く、本人はその原因を「苗字についている“の”のせいだ。」と言っている。田上という苗字は、母親の出身地の熊本県玉名近辺に多く見られ、田上家の祖先には加藤清正に家老として仕えていた人物がいる。
  • R-1ぐらんぷりでは、4回準決勝まで進出した経験があり、2010年大会のサバイバルステージでは10人中3位の好成績を残している。そして2013年大会にて初の決勝進出を果たした。

出演[編集]

テレビ[編集]

映像作品[編集]

  • 「笑ビ!田上よしえ ~アローン~」(TDKコア、2004年6月23日)DVDのみ

映画[編集]

ラジオ[編集]

  • 「ふたりのウケスタ↑」(FM群馬)2006年9月30日終了

脚注[編集]

  1. ^ “年に一度本気になれる『R-1』”1票差に泣いた田上よしえ 来年の戦略は「打倒、浅井企画」!?”. 日刊サイゾー (2013年3月4日). 2021年3月23日閲覧。
  2. ^ 藤井ペイジ公式YouTubeチャンネル 2020年9月7日配信動画「田上よしえと本音トーク(編集版2/3)【辞めない芸人にも話を聴こう】」より
  3. ^ 藤井ペイジ公式YouTubeチャンネル 2020年9月7日配信動画「田上よしえと本音トーク(編集版2/3)【辞めない芸人にも話を聴こう】」より
  4. ^ 思い出した!一度看護師さんに着替えたが、三人もいらないって事で急遽妊婦さん役になったんだった!”. 田上よしえ 公式Twitter (2017年7月16日). 2021年3月23日閲覧。
  5. ^ ゴールドバトラーを果たした後、オンエア率が7割5分に満たなくなってしまったが、現在でもゴールドバトラーの称号の剥奪はされていない。他にも満たした後にオンエア率が7割5分に満たなくなったり、解散した芸人は何組かいたが、剥奪は過去一度も行われていない。
  6. ^ アンジャッシュアンタッチャブルアルファルファ北陽おぎやはぎエレファントジョンが8連勝でストップしている。但し、アンタッチャブルは連勝がストップした3年後に9連勝を達成している。
  7. ^ それから4ヵ月後の2003年2月8日放送回でルート33が12連勝でストップし、記録を塗り替えている。
  8. ^ 同番組出演当時。2007年4月に脱退。

外部リンク[編集]