エレファントジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレファントジョン
メンバー 加藤憲
ガッテン森枝
結成年 2004年4月
解散年 2017年3月29日
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 2004年4月 - 2017年3月
出身 スクールJCA7期生
旧コンビ名 チャップメン(加藤)
アメデオ(ガッテン)
現在の活動状況 解散(加藤はコンビ「世田谷フレンズ」で活動、ガッテンは構成作家に転身)
芸種 漫才
現在の代表番組 なし
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
オンバト+
エレファントJoyToy
など
公式サイト プロダクション人力舎によるプロフィール
受賞歴
2008年 第7回漫才新人大賞 優秀賞
2010年 第9回漫才新人大賞 大賞
テンプレートを表示

エレファントジョンは日本のお笑いコンビ。プロダクション人力舎に所属していた。略称は「エレジョン」。

ともにスクールJCA7期生。2004年4月1日結成・初舞台。2017年3月29日のトークライブを最後に、解散。

メンバー[編集]

加藤 憲(かとう けん、 (1976-12-27) 1976年12月27日(41歳) - )ツッコミ担当。立ち位置は右。

  • 東京都小平市出身。O型。身長176cm。
  • 元「チャップメン」のメンバー(相方は現・鬼ヶ島アイアム野田)。
  • 芸人仲間やファンに「カトケン」と呼ばれる。
  • 親が航空会社に勤めていた関係で、小学2年生から5年生までの間ブラジルに住んでいた帰国子女[1]。しかし、日本人学校に通っていたため、ポルトガル語は少し話せる程度[1]
  • 大のプロレス好き。プロレストークライブ 「プロレス者の集い」のメンバーにも名を連ねている[2]
  • ブログでの文体が非常に特徴的である。
    • 基本的に句点を使わず、各文末には「!」(エクスクラメーションマーク)を4つ連続でつける(携帯電話からの更新の場合は3つとなる)。場合により「?」や「♪」なども使われる。(連続することは同じ)。また語尾も「 - だなぁ!!!!」「 - なんだ!!!!」などと特徴的で、その日の記事の最後は「がはは!!!!」などという高笑いやそれに準ずる一言で終わらせる。
    • このように一見読みづらい文章であるが、勢いがあってコミカルなため、おもしろがって芸人仲間によく真似されるという。ファンもまたこの文章を楽しんでいる。
  • 解散後は、ピン芸人として活動。2017年4月4日、ピン芸人として活動する際の名義をケン・カトウとする旨を明らかにした[3]
  • 2017年12月24日開催の、自ら新たな相方を探すライブ「ケン・カトウとあたらしい5人」(東京・新宿バティオス)で5人の候補[4]の中から審査の結果選ばれた鈴木奈都(元・麦芽)と2018年3月からコンビ「ムーンライト」を結成。この時点ではまだ“お試し”ではあったが[5]、同年5月、鈴木と正式にコンビ「ムーンライト」改め「世田谷フレンズ」の結成を発表。これに伴い、カトウは約20年在籍したプロダクション人力舎から太田プロダクションへ移籍となった[6]

ガッテン森枝(がってん もりえだ、本名:森枝 天平(もりえだ てんぺい)、 (1978-06-02) 1978年6月2日(40歳) - )ボケ担当。立ち位置は左。

  • 元「アメデオ」のメンバー(相方は現・鬼ヶ島のおおかわら)。
  • 群馬県高崎市出身。O型。身長171cm。
  • 既婚で息子が二人おり家計を助けるために朝4時からアルバイトに出かけ、嫁の実家に同居している。[7]
  • メガネをかけているがレンズは入っていない伊達である(結成初期はかけていなかった)。
  • 左手を右ひじに添え、右手の人差し指を立てて「ガッテンガッテン」という持ちギャグがあり、漫才でも多く使われている。
  • 「ガッツ藤枝」という芸名で活動することもある。
  • 解散後は、芸能界を引退。構成作家に転身し、プロダクション人力舎のライブ制作やスクールJCAの講師、たかまつななが設立した会社「株式会社 笑下村塾」のスタッフとして活動している[8]

概要[編集]

  • コンビ名については、加藤が「エレファントマン」という名前を付けたかったのだが、「エレファントマン」が以前のコンビ名「チャップメン」を連想させるので避けたかった。二人ともイメージ的に怖いのでかわいい名前がいいと考えてもなかなか決まらず、今日中に決めたいと粘っていたところ横にいた柴田英嗣アンタッチャブル)が「ごきげんジョンってのはどうだい」と提案したところからアイデアをもらって「エレファントジョン」となった。
    • エレファントジョンが定期開催していたトークライブの名前は「ごきげんジョン」であった。また、2010年の漫才新人大賞で大賞受賞時にコンビ名を「エレファントマン」と間違えて呼ばれた事がある。
  • THE MANZAI2012の認定漫才師50組に選ばれる。
  • THE MANZAI2013の認定漫才師50組に選ばれる。
  • THE MANZAI2014の認定漫才師50組に選ばれ、サーキットランキング9位で決勝に進出する。
  • 「爆笑オンエアバトル」に出場し始めたのは2005年度からだが、お互い「エレファントジョン」結成前の別々のコンビで活動していた時から既に「オンバト」には出場経験があり(加藤は「チャップメン」、森枝は「アメデオ」。森枝はアメデオとエレファントジョンの両方でチャンピオン大会に出場経験がある。)、その時の出場回数に更に「エレファントジョン」としての出場回数を加えると加藤は25回、森枝は32回出場している事になる。[9]更に非公式ながら後継番組の「オンバト+」の出場回数も含めれば加藤は43回、森枝に至っては実に50回も挑戦している事になり、森枝に関しては「爆笑オンエアバトル」の個人での最多出演者である豊本明長飯塚悟志(1999年度から2002年度まではアルファルファとして、2003年度から2008年度までは東京03として出場)の記録(46回)をも上回っている事になる[10]
    • 上述のように加藤と森枝は「エレファントジョン」結成前に活動していたコンビの時から「オンバト」に出場しており、これらの時代を含めれば「オンバト」から後継番組の「オンバト+」まで、総合で約13年半もの間[11]出演し続けた事になる。「爆笑オンエアバトル」開始当初から出場し続けた挑戦者が「オンバト+」にも出場し続けたのは極めて珍しい例である[12]

特徴[編集]

  • 主に漫才。
  • 2010年頃から加藤が進める話を森枝が邪魔をするというスタイルのネタを披露しており、その年のM-1グランプリでは初めて3回戦を突破した。
  • 漫才の序盤によく森枝の無茶振りに対して加藤がノリツッコミをし、「やらすんじゃないよ」と言った後に今度は森枝がそれにかぶせたボケをして「やらすんじゃないよ」と言うくだりがある。
  • 衣装は加藤が赤のジャージ(上)、森枝が白いシャツに緑のズボン。夏場は、加藤は赤いポロシャツや半袖シャツを、ガッテンは白い半袖シャツを着たりする。
  • 森枝は息子がいる事をアピールすることが多く、息子の写真をネタ中に出す事もある。あらびき団ではこの部分を強調したネタを披露した(このネタを見た東野幸治の感想は「子供出したら出れるみたいな…」)。

受賞歴[編集]

  • 2008年、第7回漫才新人大賞 優秀賞受賞。
  • 2010年、第9回漫才新人大賞 大賞受賞。

出演[編集]

過去[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世田谷フレンズ 加藤 憲 twitter 自己紹介(2018年5月2日閲覧)より。
  2. ^ 【特報!】プロレストークライブ 「プロレス者の集いvol.8」開催決定!!”. プロレスTODAY (2018年4月8日). 2018年5月2日閲覧。
  3. ^ ケン・カトウ Twitter 2017年4月4日付
  4. ^ ケン・カトウが新たな相方探し、候補は与座よしあきやチャンス大城ら5人”. お笑いナタリー (2017-11-201). 2018年5月2日閲覧。
  5. ^ 鈴木奈都twitter 2018年3月14日 2:15
  6. ^ ケン・カトウが鈴木奈都とコンビ結成、人力舎から太田プロへ移籍”. お笑いナタリー (2018年5月1日). 2018年5月2日閲覧。
  7. ^ 「THE MANZAI2014」のファイナリスト紹介VTRで紹介されている。
  8. ^ 株式会社 笑下村塾オフィシャルサイト(2018年5月3日閲覧)
  9. ^ 公式の最多出場記録は同じく32回出場の号泣であり、こちらは同グループでの出場回数である。
  10. ^ 東京03は「オンバト+」には出場経験が無い。
  11. ^ 加藤の初出場回は2000年9月30日放送回(チャップメン時代)、森枝の初出場回は2000年7月22日放送回(アメデオ時代)であり、どちらも2000年度からほぼ毎年出場し続けていた(ただし、どちらも2004年度のみ出場経験が無い)。
  12. ^ 同じくこの例に当てはまる芸人が、奇しくも加藤と森枝のかつての相方が在籍するグループ・鬼ヶ島のメンバー(アイアム野田、おおかわら、和田貴志)である。

外部リンク[編集]