ドランキュ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドランキュ!
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜 24:35 - 25:00(25分)
放送期間 2006年4月5日 - 2007年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 東海テレビ
出演者 鈴木拓
塚地武雅
勅使河原由佳子
ほか
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

ドランキュ!』は、東海テレビテレビ静岡の2局で放送されたバラエティ番組。製作局の東海テレビでは2006年4月5日から2007年3月28日まで放送。

概要[編集]

プロダクション人力舎所属の若手芸人たちが取材してきたVTRを基に企画を展開していた深夜番組で、ドランクドラゴン鈴木拓塚地武雅が進行役を務めていた。番組タイトルは「ドランクドラゴンサンキュ」を略したものである。

若手芸人たちは毎回「ありがとう」をテーマにしたVTRを制作するために各地でロケを行い、その模様をDVDにしてスタジオで公開していた。若手芸人たちは「DVD制作者」という肩書きでスタジオパートにも出演し、「感動屋」役を務める塚地からVTRの評価を受けていた。

塚地はVTRに対する評価を、4段ある棚の何段目にそのDVDを置くかによって表していた。最上段なら「ドラ3つ」、上から2段目なら「ドラ2つ」、3段目なら「ドラ1つ」という評価が付いた。町一番の感動屋というだけあって、塚地は初回からいきなりその当時の最高点であるドラ3つの評価を下していた。その後もドラ3つの評価は多く、塚地自らが評価のバランスの悪さに困るほどだった。後に、ドラ3つを上回る出来のVTRに対しては棚の上に置く「ドラ4つ」を適用するようになった。その一方で、ロケに対しやる気が無かったラバーガール飛永翼出演のVTRに対しては非常に低い評価を付けていた。このため、ドラ1つから3つの範囲に収まらない出来のVTRに対しては棚の上に置く「ドラ4つ」、最下段に置く「0」、床に捨てる「評価なし」なども適用するようになった。

VTRを収録したDVDには、既存の映画作品のタイトルをもじった題がよく付けられていた。

出演者[編集]

DVD制作者役の芸人は毎回1人が出演していた。

鈴木拓ドランクドラゴン
DVDショップの店長役で出演。作品を見る目が無いため、町一番の感動屋・塚地に作品を評価してもらっている。
塚地武雅(ドランクドラゴン)
感動屋役で出演。DVDの鑑賞後に涙を流すこともしばしばあった。
勅使河原由佳子(東海テレビアナウンサー)
DVDショップの副店長役で出演。
でちゃう!ガールズ
DVDショップの従業員役で出演。DVD制作者として出演することもあった。
加藤憲、森枝天平(エレファントジョン
DVD制作者として出演。
野田祐介、大川原篤史、和田貴志(鬼ヶ島
大川原と和田はDVD制作者として出演。野田はDVD制作者として出演したことはない。
飛永翼大水洋介ラバーガール
飛永はDVD制作者として出演。大水はDVD制作者として出演したことはない。
池田哲哉、平井邦明、花輪淳一(当時三福星
DVD制作者として出演。
渡辺照幸、早出明弘(当時ニッケルバック
DVD制作者として出演。

スタッフ[編集]

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
中京広域圏 東海テレビ フジテレビ系列 水曜 24:35 - 25:00 製作局
静岡県 テレビ静岡 月曜 25:45 - 26:10

外部リンク[編集]

東海テレビ 水曜24:35枠
前番組 番組名 次番組
ドランク魂!
(24:35 - 25:00)
ドランキュ!
(2006年4月 - 2007年3月)