いつもここから

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いつもここから
ITSUMOKOKOKARA
メンバー 山田一成
菊地秀規
結成年 1996年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 1996年 -
出会い バンドのメンバー募集
現在の活動状況 テレビ中心
芸種 コント
現在の代表番組 ピタゴラスイッチ
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
エンタの神様
いつもここからの芸能株式市場
公式サイト いつもここから公式ホームページ
テンプレートを表示

いつもここからは、日本お笑いコンビである。略称「いつここ」。ワタナベエンターテインメント所属。

メンバー[編集]

来歴[編集]

1995年春にバンドのメンバー募集で出会った山田一成菊地秀規の2人が、突如お笑いに目覚めて1996年7月に結成。地道なライブ活動を重ねた後、ネタ見せTV番組に起用されるようになってから、その知名度を一気に上げる。ネタ本『悲しいとき』なども出版されている。

テレビ番組ピタゴラスイッチ』にもレギュラー出演。同番組がきっかけで、「アルゴリズムたいそう&こうしん」というCDもリリースしている。

コンビ名には「初心忘れるべからず」の思いが込められている。

CMでU.N.O.BANDに参加。

芸風[編集]

交代で叫んだりツッコミをするといった、シュールなスタイルのネタが中心。内容は人間観察を基にした「あるあるネタ」を基本としている。

悲しいとき
2人が左右に並び、自動車のハンドルを握るようなポーズの山田が「悲しいとき〜」と叫び、菊地が復唱。続いて山田が「悲しいとき」に該当するシチュエーションを「○○とき〜」と叫び、菊地はこれを復唱しながらスケッチブックをめくりイラストを見せる。以上の流れを繰り返し行う。「誰かが死んだとき」(当初は「友達が死んだとき」だった)で始まり、「夕日が沈むとき」「どうもありがとうございました(3回復唱)」で締めくくる。スケッチブックを効果的に使用するというネタの独創性は、以降、スケッチブックを使用するお笑い芸人が続々と現れるほどの強い影響力をもたらした。このネタの知名度が高くなる前から出演しているサッポロ飲料(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ)の「がぶ飲みミルクコーヒー」CMの際は「がぶ飲みしたいとき〜」に言い替えられている。このネタで使われるBGMはヨハン・パッヘルベルカノンである。
ツッコミ暴走族
「どけどけ〜どけどけ〜邪魔だ邪魔だどけどけ〜どけどけ〜」と特攻服姿で登場し、2人が前後に並ぶ。まず前列が「○○○だバカヤロ、コノヤロオメェ(聞こえ方は“コンニャロオメェ”)」と怒りながら題を振り、後列がその怒りに同調しつつ「コノヤロオメェ、△△△バカヤロコノヤロオメェ」と追い打ちの一言を叫んで笑いを取る。前列が同じ題振りをし、後列が更なる追い打ちの一言を叫んだ後、前列後列が入れ替わる。以上の流れを繰り返す。登場時と同じ口上を入れ替え時と退場時にも叫ぶ。イントネーションは東北弁(南部弁)であり、2人ともバイクのハンドル部分だけを切り取ったものを持って行う(なお、『エンタの神様』(日本テレビ系)ではバイクのハンドルがネタ用に用意されている)。
かわいいね
親子に扮した2人が、ある人間の行動を指しながら「(『か』を強調して)かわいいね」と言った後、もう一人が同調して「かわいいね」と言う。この流れを交代で繰り返す。
売れました~!
法被を着た販売員に扮した2人が、毒のある売り文句で世の中をおちょくっていく。
偉そうなのに
偉そうな男(山田)が見せる、ちょっと気になる行動を菊地が紹介。

これ以外に「ぬいぐるみ」などのコントもあるが、あるあるネタと同じくボケ・ツッコミのないシュールなスタイルの構成になっている。他に、爆笑オンエアバトルや単独ライブなどで行った「ズボン脱ぎ」「バックオーライ」などがある。

あるあるネタの大半は日の目を見ずに封印されるらしい(単独ライブDVDより)。また、時事的な理由で使われていないものもある。

エピソード・逸話[編集]

  • ある学校の文化祭に呼ばれたとき、くじ引きに使われた箱を見て「これダイソーじゃない?」「下にダイソーって書いてある」と2人で盛り上がった。このように、山田が菊地の天然に乗ることもある。
  • 「悲しいとき」のイラストは基本的に菊地が書いているが、山田が絵を書いた「悲しいとき2」を単独ライブでやったことがある。
  • 「ピタゴラスイッチ」出演時にはコンビ名は表記されず、本名のみテロップで表記される。これは、『「いつもここから」というコンビ名が子供に伝わりづらい』との理由から。ただし当番組エンディングのスタッフロールではコンビ名で載せられている。
  • 「悲しいとき」のネタ(紙芝居)が、熊本市現代美術館の常設展示になっている。
  • 同事務所のアンガールズとは仲がよく、一緒に大阪に営業に行った際帰りの新幹線を一本遅らせてたこ焼きを食べに行ったりもした。田中の持ちネタ『野球拳の演奏をするドラマー』のネタは菊地との掛け合い(じゃれ合い)の中から生まれた。
  • 爆笑オンエアバトルの第4回チャンピオン大会ファイナルに出場。「悲しいとき」のスポットライトが暗転する際「夕日が沈むとき」の部分をめくる際、うっかりページを多くめくり過ぎて白紙の部分を出してしまった。

山田一成[編集]

  • 高校時代、空手で東京都大会ベスト8になった。また、「キックだけなら世界に通用する」と、空手の師匠から言われたこともある。
  • コンビ結成当初はまだUSENの社員で、営業をしていた。そのため、営業回りのスーツ姿のままお笑いライブの舞台に出ていた。
  • ヒロシ今泉稔世界のうめざわと「ハートせつなく」というバンドを組んでいる。コンビ名が「いつもここから」に決まる前に、候補に上がっていた名前が由来。原由子の楽曲に同名のものがある。
  • IZAMは高校の同級生(高校を中退した後、入り直したと山田自身が発言)。
  • ポッドキャストの企画でビリーズブートキャンプを使ったダイエットに挑戦していた。
  • R-1ぐらんぷり出場時などのピン芸人としての芸名に『ハローヤマダパンクス』がある。

菊地秀規[編集]

  • 山田のがっちりとした体格と対照的にすらりとしている。
  • 菊地が生まれた病院があった場所には、現在すき家が建っている。
  • 趣味は絵を描くことで、元々漫画家を目指して上京。大学卒業後は専門学校に通い、雑誌に漫画を連載していたこともあった(雑誌名は不明)。その後「悲しいとき」に使われる絵は菊地が担当している。また、ネタ本『悲しいとき』の巻末には彼が描いた短編漫画が掲載されている。
  • 絵と並ぶ、もう1つの特技はギター。NHKの『爆笑オンエアバトル』の特別番組ではギターを担当し、『カントリーロード』の演奏に参加した経験を持つ。
  • かなりの天然で「相方山田の番号を自分の番号と思い込んで人に教えていた」、「同じ事務所のアンガールズ田中に自分の唾の匂いをかいでくれと頼んだ」などの様々なエピソードを持つ。
  • 菊地の発言は誤解を生む事が多く、ダウンタウンの浜田を怒らせてしまった事がある。
  • スピリチュアルな力を信じていて、ポッドキャスト番組内の当てモノコーナーでは自称超能力を使っていたが、的中することは滅多にない。
  • 「ひでのり」という名前が恥ずかしく(子供のころ白子のりなどと馬鹿にされたため)自分の名前は「ひでき」だと相方である山田をコンビ結成前3年間騙していた。
  • ミッドセンチュリーテイストの家具を集めるのが趣味である。

メディア[編集]

出演番組[編集]

レギュラー番組
特別番組
  • エンタの神様日本テレビ、レギュラー放送・不定期) キャッチコピーは「お笑い界のホープ」→「お笑い界期待の星」→「喜怒哀楽の観察日記」※特別番組以降は毎回変わる。
過去の出演番組

コマーシャル[編集]

連載[編集]

  • 毎日新聞『やまだ眼 世の中の微妙な真実』 - 山田のみ
  • 朝日新聞『お笑いの本棚』
  • ヤングマガジン』毎週月曜日
  • 『ギターマガジン』毎月13日
  • 『TV station』 隔週木曜日

著書[編集]

  • 『悲しいとき』
  • 『悲しいとき 2』
  • 『どけどけ』
  • 『田中のヤロー+俺は見たんだ!!』
  • 『どけどけ 2』
  • 『いつもここから山田一成のカブトクワガタ生活』 - 山田のみ
  • 『やまだ眼』 - 山田、佐藤雅彦との共著
  • 『心のままに』 - 山田のみ(小説)
  • 『書店員あるある』菊地秀規(漫画)

CD[編集]

  • 『アルゴリズムたいそう&こうしん』(2003年06月25日)オリコン49位
    1. アルゴリズムたいそう[1:11]
      作詞:佐藤雅彦・内野真澄/作曲:佐藤雅彦研究室/編曲:栗原正己
    2. アルゴリズムたいそう (きくちバージョン)[1:07]
    3. アルゴリズムたいそう (やまだバージョン)[1:10]
    4. アルゴリズムこうしん[1:02]
      作詞:佐藤雅彦・内野真澄/作曲・編曲:栗原正己
    5. アルゴリズムこうしん (やまだ版)[0:55]
    6. アルゴリズムこうしん (きくち版)[0:57]
    7. 練習用アルゴリズムこうしん[1:41]
    8. アルゴリズムたいそう (カラオケ)[1:02]
    9. アルゴリズムこうしん (カラオケ)[0:56]

VHS[編集]

  • 心の銃声 1999年

DVD[編集]

  • いつもここから 〜BEST SOLO LIVE〜 2003年6月18日

外部リンク[編集]