バッドナイス常田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バッドナイス常田
本名 常田 功(つねだ いさお)
ニックネーム バッツネ
生年月日 (1988-04-05) 1988年4月5日(29歳)
出身地 富山県
血液型 B型[1]
身長 178cm
出身 ワタナベコメディスクール10期生
コンビ名 バッドナイス
相方 内田英輔
芸風 一人コント
コント、漫才(※コンビ「バッドナイス」でのネタ)
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2009年 -
同期 あかいらかマービンJr. など
公式サイト 公式プロフィール

バッドナイス常田(バッドナイスつねだ、1988年4月5日 - )は、日本お笑いタレント

ワタナベエンターテインメント所属。本名、常田 功(つねだ いさお)[1]。通称「バッツネ」[2]

富山県出身。

略歴[編集]

富山県の滑川高校を卒業後、芸の道に進むと決意して上京[3]2007年、最初はNSC(吉本総合芸能学院)東京校に13期生として入学(同期はピスタチオ[4]田畑藤本相席スタート山崎ケイ など)。しかしNSC時代は授業に5回も遅刻したのが元で、その年の夏には卒業資格を失う[4]。その後もNSCには通い、月1~2回ほどインディーズのライブに出演した後[4]2009年4月に改めてワタナベコメディスクール10期生として入学(2010年3月卒業)。2009年4月にコンビ「ムービングボール」を結成するが、約6か月で解散。2009年9月にはワタナベコメディスクールの同期生とコンビ「スナッチ」を結成、スナッチ時代にはキングオブコント2010で3回戦進出の経験がある[5]。スナッチも約1年で解散。その後はピンで活動していたが、2013年にワタナベコメディスクールの同期生であかいらかを解散した内田英輔と「つねうち」を結成。つねうちは2015年9月バッドナイスに改名。バッドナイスは東京・表参道GROUNDで開催の若手ネタバトルライブ『NEWCOMER!』の2016年2月9日の回で初優勝[6]。コンビ「バッドナイス」とピンでの活動を共に行っている。

「バッドナイス」の名前の由来は、東京都杉並区高円寺に実在する「BAD-NICE」という理髪店から取ったもの[7]

芸風[編集]

ピンでのネタは『太陽の恵みで育てたコント』、『○○(主に、職業が入る)から教えてもらった話』などと最初に紹介してから行うことが多い。コントの形式は複数の登場人物を一人で演じるというもので、その全てのキャラクターが気だるそうな独特の間合いで喋る[8]。また、殆どのコントでオヤジと呼ばれるキャラクターが存在する。関根勤関根麻里[9]斎藤工ゲスの極み乙女。のメンバーなどは、お気に入りの芸人として常田を挙げており、関根麻里は「世界観が独特でじわじわと味になり、展開も予測不能」[2]、斎藤は「世界観がすごいのに、それが人に伝わらない」[10]、ゲスの極み乙女。は「間が独特で、台詞回しが全部同じ」[11]とそれぞれ評価している。このつながりから、ゲスの極み乙女。のアルバム『両成敗』の特典映像にも常田が出演している[12]

人物[編集]

趣味は映画鑑賞(特に細田守作品、新海誠作品、M・ナイト・シャマラン作品、ピクサー作品、サスペンス映画)[13]。『ピンポン』を観て以来窪塚洋介に憧れ、ネタでのゆっくりとしたような口調も窪塚に影響を受けてのものという[8]。漫画(特に『ONE PIECE』、『キングダム』、『HUNTER×HUNTER』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『STEINS;GATE』)、ゲーム(特に『実況パワフルプロ野球』)、ラップの作詞作曲[14]

特技はソフトテニス(中学生時代3年間やっており、地区大会で3回戦に進出した経験あり)、野球卓球スキー(小学生時代から高校生時代までやっていた)[15]三国志の知識が豊富なこと、KAT-TUNの歌真似[14]

高校時代には、9人組で『鬼流』という暴走族を結成していたが、本人曰く「モテたいから」という理由で始めたものであり、本格的な暴走行為はせず、民家などのないダムの周辺を走っていたとのこと。ある時、「街中での本格的な暴走行為を行っている他のグループが鬼流の噂を聞きつけ乗り込んでくるらしい」という話を聞き、その日のうちに鬼流は解散した[7]

高校の同級生に千葉ロッテマリーンズ石川歩がいる[16]

日本商工会議所主催珠算能力検定3級の資格有り[17]

ワタナベコメディスクールの半期先輩のあばれる君を“師匠”としている[18]。あばれる君のことは「ばれるさん」と呼んでいる[8]

出演[編集]

※コンビ「バッドナイス」での出演については、バッドナイス#出演の節を参照。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ウェブ放送[編集]

  • 発掘! ブレイクネタ 芸人!芸人!!芸人!!!(BeeTV

映画[編集]

  • 短編映画『バランサー』(斎藤工 企画・製作作品)[19]

映像作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 芸人名鑑「バッドナイス常田」(2016年2月25日閲覧)
  2. ^ a b 「未来のスターの宝庫」関根勤&麻里親子のネタ番組誕生”. お笑いナタリー (2014年6月1日). 2016年2月25日閲覧。
  3. ^ 月収8万の若手芸人・バッドナイス常田さんが住む風呂なし激安物件を直撃!”. 不動産投資新聞 (2015年6月16日). 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(200)】あばれる君のまな弟子、バットナイス常田(2/3)”. サンケイスポーツ (2016年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  5. ^ 2010年8月13日 (金) 日経ホール(東京)”. キングオブコント 2010 公式サイト. 2016年2月25日閲覧。
  6. ^ バッドナイスが改名してから初優勝!若手ネタバトルライブ「NEWCOMER!」2月の投票結果発表!”. OWARAI FAVCLIP (2016年2月19日). 2016年2月25日閲覧。
  7. ^ a b 内村てらす 人気芸人イチオシの若手芸人 2016年11月11日(金)”. gooテレビ (2016年11月11日). 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ a b c 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(200)】あばれる君のまな弟子、バットナイス常田(1/3)”. サンケイスポーツ (2016年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  9. ^ 関根勤&麻里、芸人発掘番組で共演! ガキ使・菅賢治P「ネタ見せ番組減った」”. マイナビニュース (2014年6月1日). 2016年2月25日閲覧。
  10. ^ ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 2016年1月17日放送回”. gooテレビ (2016年1月17日). 2016年2月25日閲覧。
  11. ^ 関ジャム 完全燃SHOW 2016年1月10日放送回”. gooテレビ (2016年1月10日). 2016年2月25日閲覧。
  12. ^ 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(200)】あばれる君のまな弟子、バットナイス常田(3/3)”. サンケイスポーツ (2016年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  13. ^ 趣味一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年2月25日閲覧。
  14. ^ a b #外部リンク掲載の公式プロフィール(2016年2月25日閲覧)を参照
  15. ^ スポーツ経験一覧”. ワタナベエンターテインメント. 2016年2月25日閲覧。
  16. ^ バッドナイス 常田 (@tuneda_001) Twitter”. 2016年1月8日閲覧。
  17. ^ 資格一覧”. ワタナベエンターテインメント (2014年6月1日). 2016年2月25日閲覧。
  18. ^ お願い!ランキング 2016年11月1日放送回”. gooテレビ (2016年11月1日). 2016年11月8日閲覧。
  19. ^ 短編コンペティション したまちコメディ大賞2014「招待作品『バランサー』」”. 第7回 したまちコメディ映画祭in台東. 2016年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]