コンテンツにスキップ

なりゆき街道旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なりゆき街道旅
ジャンル バラエティ番組
演出 谷中憲
新沢学
出演者 ハナコ
ほか
ナレーター 伊藤利尋フジテレビアナウンサー
オープニング ゴダイゴホーリー&ブライト[1]
エンディング 中川翔子中川翔子
製作
プロデューサー 上原敏明、高橋陽平、杉本美雪、鈴木麻美、田嶋宗昭
大和田宇一チーフP
制作 渡辺プロダクション
(幹事放送局:フジテレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2018年4月1日 - 現在
放送時間日曜日 12:00 - 14:00
放送分120分
なりゆき街道旅

特記事項:
放送期間・放送時間はフジテレビ(制作局、関東地区)のもの。
2019年5月現在
テンプレートを表示

なりゆき街道旅』(なりゆきかいどうたび)は、フジテレビと一部の系列局が放送するバラエティ番組である。

2018年4月1日から毎週日曜日の12時00分 - 14時00分 (JST) に放送する。

概要

[編集]

クイズ!家族ドレミファ大賞』から続く渡辺プロダクション制作枠[注 1]の番組で、2018年3月25日まで19年間放送した中山秀征がMCを務める『ウチくる!?』の後継番組として放送[2]する。

当番組は、当初は澤部佑とゲスト数名が、日本全国の街道を巡る内容であった[3][注 2]。「何が起こるか行ってみなければ分からない」[2][注 3]をコンセプトに、現在はハナコがMCを担当する。

当初は「なりゆき」で店やスポットを歩いて訪ねたが、コロナ禍以後変更し、緊急事態宣言発令中はスタジオで収録[注 4]する。出演者らは過去分の再編集映像を閲覧するなか、後述する「なり調」メンバーが商品持ち帰り可能な店をテレビ電話中継で紹介する。出演者らが商品を指定する購入してスタジオへ届け、番組後半で出演者らが食す。屋外収録を再開後は事前アンケートを元に、訪問先を制作者が事前に決定し、当日は貸切大型タクシーで巡る。

2023年1月6日は新春スペシャルとして、11時45分から14時45分までの3時間スペシャルを初めて全国ネットで放送した[4][注 5]

2023年1月15日放送分から、TVerフジテレビオンデマンドでそれぞれ見逃し配信を開始した[5]

2023年12月18 - 22・25・26日、関東ローカル平日午後の放送枠『ハッピーアワー』で、“傑作選”と題し再放送を実施(ただ、放送枠の都合によりミニコーナー「なり調」や一部シーン等をカットした短縮編集版となっている)。

出演者

[編集]

現在

[編集]
  • MC
    • ハナコ(秋山寛貴・岡部大・菊田竜大)(2023年4月2日 - ) - 2代目MC
  • 準レギュラー ※複数回(いずれも不定期)ゲストとともに旅人として出演している。
  • なり調リポーター(2019年5月5日 - ) ※当初は、撮影時に訪れた店や施設の休業時や時間都合でスキップした際などに、後日改めて取材した。澤部が「後輩芸人に調べてもらってオンエアには流しますので」などとゲストに説明する。のちに事前取材へ変更し、“開業1年以内の新店舗”などのテーマで街頭インタビューし、選ばれた店を取材して本編出演者が旅の途中で当該VTRを見ながらトークする。本編出演者が旅の最後に食事する店を調査決定する時もある。月替わりで毎回1組が出演する(2023年9月までは週替わりだった)。
ほか

過去

[編集]

スタッフ

[編集]
  • ナレーション:伊藤利尋フジテレビアナウンサー
  • 構成:林田晋一、前田弘人、小林徹朗
  • CAM:班目理、金子貴志、山本暢彦、福島一憲、高橋一博
  • VE:葛生美紀、小竹聡子、塙健志、西出康貴
  • メイク:アートメイク・トキ
  • 技術協力:LOOPRAFT、東京オフラインセンター
  • 編集:荘野佑介
  • MA:浜中美穂、八城志帆
  • 音効:鯨永知生(クジラノイズ)
  • CG:前川陽介 (.movs)
  • TK:海東祐里奈
  • 衣装協力:YUKI TORII
  • スタッフ協力:リーライダーす
  • 編成:加藤愛理(フジテレビ)
  • 広報:牧野洋平(フジテレビ)
  • 制作協力:ワタナベエンターテインメントユーフィールド
  • 制作進行:星野里佳
  • ディレクター:地濃愛、本間和美、藤原将人、竹田卓将、高田直、牛窪真二、入江和寛、柳光友晴(地濃・柳光→一時離脱→復帰)
  • 演出:谷中憲、新沢学
  • プロデューサー:上原敏明、高橋陽平、杉本美雪、鈴木麻美、田嶋宗昭
  • チーフプロデューサー:大和田宇一
  • 企画制作:渡辺プロダクション

過去のスタッフ

[編集]
  • CAM:吉田剛、横山太朗
  • VE:善方光一
  • 技術協力:池田屋
  • MA:高橋友樹
  • TK:前場莉奈
  • スタッフ協力:WUP
  • 編成:橋口愛、田村優介(共にフジテレビ)
  • 広報:山本麻祐子、平井隆、守田美穂(共にフジテレビ、平井→一時離脱→復帰)
  • 制作進行:須藤はるな、朝倉里奈、岩切主樹
  • AP:湯山慶祐(以前は制作進行)
  • ディレクター:後藤慧、青山敏雄、山本結城、佐久間隆太、川口夏季、折茂健一、成田勇介、青木兼人、中島太一、松原綾子、松浦直人、大谷郁哉
  • プロデュ―サー:高橋研

ネット局と放送時間

[編集]
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 日曜 12:00 - 14:00 制作局 [注 9]
岩手県 岩手めんこいテレビ 日曜 12:30 - 14:30 遅れネット [注 10]
宮城県 仙台放送 土曜午後に不定期放送
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ 土曜 10:25 - 11:50 [注 11]
中京広域園 東海テレビ 土曜 12:00 - 14:00 [注 12]
静岡県 テレビ静岡 土曜 12:55 - 14:55 [注 13]
福岡県 テレビ西日本 不定期放送 [注 14]

前番組『ウチくる!?』とは違い、フジテレビとの同時ネット局およびレギュラーでの遅れネット局も長らくなかったが、現在はいくつかの系列局でも放送されている。まれに北海道文化放送で臨時に同時ネットで放送することもある。しかしそれより前からも、単発や不定期で遅れネットする場合があった(特に放送エリア内の地域が目的地やルートに含まれている場合が多く、仙台放送テレビくまもとテレビ大分などで実例がある。また場合によっては東海テレビ関西テレビなどでも85分の再編集版を放送する場合もある[注 15])。

なお、上記の通りに2023年1月6日(金曜日)11:45 - 14:45には番組初の特別番組として全国ネットにて放送された[注 16]。但し、テレビ宮崎は『ANNニュース』を放送したため、12:00から飛び乗り放送となった[6]

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 実際の番組制作はフジテレビが行うが、著作権は渡辺プロが保有する。
  2. ^ 旧宿場町など街道沿いの土地のほか、街道沿いではなくとも「○○街道…に程近い」場所として扱う。
  3. ^ 番組開始時“澤部とフジテレビの男性アナウンサーがタッグを組み”等と番組HPに書かれていた。実際に番組開始当初の2018年は、渡辺和洋アナウンサーが不定期出演していたが、2019年以降男性アナウンサーが出演したことは1回もない(ただし、ナレーションの伊藤利尋アナウンサーは「旅のガイド役」と自己紹介している)。 現在はハナコ
  4. ^ 厳密には、フジテレビ局舎内の会議室。
  5. ^ 2022年12月23日で終了した『ポップUP!』と、2023年1月9日から放送開始された当番組と同じく澤部が司会を務める『ぽかぽか』のつなぎ番組。
  6. ^ 2021年8月22日8月29日放送分は澤部が新型コロナウイルスワクチン接種後に発熱したため番組を欠席した。(澤部は番組終盤に静養中の自宅からテレビ電話で出演)。8月22日は当初ゲスト出演予定だった草刈民代コカドケンタロウロッチ)に加え、ロケ当日に偶然スケジュールが空いていたチャンカワイ(Wエンジン)が急遽出演し、番組進行はコカドが代行した。8月29日は引き続きコカドが進行を代行し、予定通りのゲスト若槻千夏DAIGOが出演した。
  7. ^ 2018年4月1日放送分からMCを担当したが、隔週木曜の当番組のロケ時間が2023年1月9日放送分から相方の岩井勇気とフリーアナウンサーの神田愛花と3人でMCを担当する平日昼の情報番組『ぽかぽか』の生放送の時間帯、隔週月曜のテレビ朝日『相葉マナブ』のロケ時間と重なる為に2023年3月26日放送分で卒業した。
  8. ^ 2023年4月以降もゲストとして度々出演している。正規ゲストとしての出演ではなく、番組の途中で突然現れて合流するサプライズゲストパターンとなっている。ただし放送の予告では通常のゲストとして登場を事前告知している。
  9. ^ みんなのKEIBA』枠拡大(日本ダービー有馬記念当日など。この場合は後番組の『ザ・ノンフィクション』を13:30 - 14:30等にずらして放送)、ゴルフ中継(フジサンケイクラシックフジサンケイレディスクラシック等)、その他特番放送に伴う臨時編成のため、40分 - 90分程度の短縮版で放送することがある。状況によっては当番組自体を休止し、特番までの時間(特に12時台)は別途製作した単発番組やゴールデンタイムで放送中のバラエティ番組の傑作選で埋めることもある。
  10. ^ 2019年10月6日放送開始。制作局と同時間帯にネットだが、2019年放送分までは不定期遅れネットで放送していた。2020年1月19日放送から2022年9月までは同時ネットで放送されていたが、同年10月から2023年3月までは再度遅れネット降格の上日曜 12:40 - 14:40に放送されていた。同年4月から10分繰り上げ。2023年5月21日放送分のみ、編成上の都合で臨時で同時ネット放送(ゲスト:白石麻衣)された。
  11. ^ 2019年4月6日放送開始。ただしそれ以前も単発放送されたことがある。
  12. ^ 2022年4月2日放送開始。2022年末までは土曜14:30 - 15:55までの短縮版で放送されていた。2023年年明けから現在の放送時間になった他、中日ドラゴンズナイター中継(DRAGONS BASEBALL L!VE)で移った番組の代替放送の為、休止するケースもある。
  13. ^ 2020年7月3日から2020年9月18日まで金曜15:20 - 16:45に遅れネットされていたが、2020年9月25日にネットを打ち切り。その後2022年12月3日からネットを再開。編成によっては時間が繰り下げ、また休止になる場合あり。
  14. ^ 自社制作番組「ゴリパラ見聞録」の3人が出演する九州特別編のみ遅れネットで放送(フルネットまたは再編集版)。
  15. ^ テレビ東京の『土曜スペシャル』・『日曜ビッグバラエティ』と同じ手法。
  16. ^ 澤部がMCを務める新番組『ぽかぽか』の放送開始までの間、つなぎ番組として放送。

出典

[編集]
  1. ^ フジテレビ「なりゆき街道旅」出演者&紹介されたスポット・グルメ一覧 | ANN(旧アナウンサーNewsこむ) - テレビ・ラジオ・ネットの出演者を調べよう!”. announcer-news.com (2019年1月4日). 2021年8月15日閲覧。
  2. ^ a b フジ「ウチくる!?」後続は「なりゆき街道旅」”. 日刊スポーツ (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  3. ^ フジ日曜昼の新番組は“街道”巡る旅バラエティー 出演者はハライチ澤部佑ら”. オリコンミュージックストア (2018年3月5日). 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ なりゆき街道旅”. フジテレビ. 2023年1月3日閲覧。
  5. ^ ハライチ・澤部佑のフジ系「なりゆき街道旅」見逃し配信スタート 「うま街道!ようやく全国の方に見ていただけます」”. サンケイスポーツ (2023年1月15日). 2023年1月16日閲覧。
  6. ^ 番組表”. UMKテレビ宮崎. 2023年1月3日閲覧。

外部リンク

[編集]
フジテレビ 日曜12:00 - 13:00
前番組 番組名 次番組
ウチくる!?
(1999年4月4日 - 2018年3月25日)
※当番組まで中山秀征メイン
なりゆき街道旅
(2018年4月1日 - )
※当番組から澤部佑メイン
-
フジテレビ 日曜13:00 - 13:30
ぐっさん家
【この番組のみ東海テレビ制作】
なりゆき街道旅
(2018年4月1日 - )
-
フジテレビ 日曜13:30 - 14:00
KinKi Kidsのブンブブーン
【土曜11:21 - 11:50に枠移動・縮小】
なりゆき街道旅
(2018年4月1日 - )
-