個室ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

個室ビデオ(こしつビデオ)・個室DVD・DVDボックスとは、一般のビデオソフトアダルトビデオをその場で鑑賞するための店舗である。かつてはビデオテープのビデオソフトを扱っていたが、2000年代より殆どの店舗がDVDBlu-ray Disc等のデジタル媒体のソフトを取り扱っている。「ビデオボックス」「DVDボックス」とも呼ばれ、公共的な報道等では「DVD鑑賞店」「DVD試写室」等と表現されることもある。

概要[編集]

店舗内にDVD等映像ソフトを多数揃え、それを個室で鑑賞するサービスを提供することを目的としている。取り揃えている作品としてはアダルト作品が大半を占めるが、法令上一般の映画やドラマ作品なども扱っている。利用客はほぼ男性であり、女性の入店を禁止している店舗も多く、地域によってはほぼ全店が女性の入店の禁止を謳っている。ただ女性客も入ることが出来、カップルシートを備えている店舗もある。

ネットカフェのように、漫画の単行本や雑誌を多数揃えた店舗も増えているほか、スカパー!等CS放送の一部チャンネルや、インターネットの使用も可能でDMM.comなどネット上のアダルト動画配信サービスが視聴できる店舗も多い。

各個室の基本設備は、テレビ・DVDプレーヤー・ティッシュ、寝転べるフラットタイプでなければ何らかの座れる椅子やソファーがあるのが基本であり、その他の備品はその形態や店舗営業を始めた時期等によりまちまちである。大型チェーン店などでは、大型液晶テレビ・Blu-ray Discプレーヤー・3Dプレーヤー・CS放送・デスクトップPC(東京都では条例により本人確認と登録が必要)・インターフォン(個室からグッズの注文などが可能)ウェットティッシュ・灰皿(禁煙ルームもあり)などが備えられており、郊外店では駐車場や駐輪場設備がある店舗もある。

サービス内容[編集]

料金は時間制で好きなビデオを数本選び、指定の個室に持ちこんで鑑賞する。一人用の個室部屋に映像ソフトの再生機とテレビとリクライニングチェア(またはフラットシート)があり、ブースに備え付けのヘッドホン等を付けて鑑賞する。その他、フリードリンク、軽食の提供、携帯電話・スマートフォン用の充電器貸出サービス、時間のお知らせコールサービス、レンジポットの設置(店舗により)、自動販売機(飲料・たばこ)、ランドリー・シャワールームなどのサービスを提供している店舗も多い。

問題点[編集]

  • 風俗店の一形態としての個室ビデオ営業の中には性的なサービスを行っている店舗もある。しかし風営法上の性風俗店として届け出ている店舗は少なく、警察の捜査ないし取り締まりを受けることもしばしばある。ただ、多くの店舗はこの点で風俗店やラブホテルと見做されないように、女性の入店を禁止している。
  • 営業実態として簡易宿泊施設といえる店舗がある。しかし、大半が雑居ビルの小規模営業であり、防火避難設備が十分でない。法的にはホテルではないため、当局の規制も緩く(旅館業法の規制対象外)、火災が発生した場合、特に就寝時の危険性は高い。現に、2008年10月1日未明、大阪ミナミの個室ビデオ「キャッツ」において、客の放火により16名の客が死亡する事件(大阪個室ビデオ店放火事件)が発生している。この16名は非常口から遠い位置の個室におり、狭い通路なども災いし、逃げ遅れて一酸化炭素中毒で死亡した者がほとんどである。だから、危険である

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]