マット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マット (mat) は、体操競技陸上競技走高跳棒高跳およびレスリングで使われる長方形の物体である。

体操競技におけるマット[編集]

体操用マット

体操競技では、一口にマットと言ってもいくつかの種類がある。

  • ゆか競技で使われる、12米(m)四方の正方形の床。適度に衝撃を吸収しつつ弾みやすくなっている。
  • エバーマット、ウレタンマットなどと呼ばれる、衝撃吸収性の高い着地マット。セーフティーマットとも呼ばれることもある。
    • エバーマット(ウレタンマット)には、体操用(屋内用)と陸上競技用(屋外用)がある。体操用(屋内用)は白色、陸上用(屋外用)は緑色が主流だが、青色の体操用マットもある。また、体操用(屋内)と陸上用(屋外)両方で使えるマットもある。
  • 体育の授業などで使われる薄手の体操マット(運動マットとも)。中学校や高校での部活動ではエバーマットと共にこれが使われることが多い。
    • 体育で使う薄手のマットも最近ではカラフルな色のマットや、屋内・屋外両方で使えるマットもある。

陸上競技におけるマット[編集]

走り高跳びのマット

陸上競技においては、走り高跳び棒高跳びで使用し、それぞれ違うものを使用する。走り高跳びは5×3(m)の長方形、棒高跳びは5m四方の正方形のマットが使われ、棒高跳びの方が走り高跳びで使われるものよりも厚みがある。

家庭におけるマット[編集]

家庭では、敷物の通称として用いられる。風呂マット玄関マットなど。

関連項目[編集]