考試院 (宿泊施設)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

考試院(こうしいん、コシウォン(고시원))は、大韓民国簡易宿所の一つ。考試テル(コシテル(고시텔[1], gositel);考試+ホテルの合成語)と呼ばれている(コングリッシュの一種)ものは、考試院では共同だったシャワー・トイレが自分の部屋にあるワンルーム・タイプの物件もある(ただし通常のワンルームよりは部屋が狭い)。

概要[編集]

元々は、朝鮮半島大学入試公務員試験の受験者が、いわゆる缶詰になって試験勉強をする小部屋、安価な宿泊施設であった。21世紀の現代においては、アパートの高い賃料を払えない大学生や地方出身者、日雇い労働者が生活の拠点を構える簡易宿所となっており、時には貧困格差社会の象徴として報道される[2][3]。部屋の大きさは2畳程度で窓がなく、台所トイレ浴室が共同といった劣悪な環境の施設が多かったが、ソウルなど大都市圏の住宅難を背景に施設が増加する中で、快適性に配慮した施設も現れている[4]

観光地など一部では、外国人観光客相手に無許可で宿泊営業をして摘発される例もある[5]

狭い通路を挟んで部屋が密集しており、スプリンクラーが設置されていないなど消防法上の脆弱性も指摘されており、一度火災が発生すると、甚大な被害が発生する[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『韓国ソウルのコシテル(고시텔/考試テル)』” (日本語). ソウルの家探しサポート(コシウォン、コシテル、下宿、ワンルーム). 2021年4月3日閲覧。
  2. ^ 実は盛り上がっていない開催国の韓国 平昌五輪に無関心な若者が多い理由”. 朝日新聞・AERA.dot (2018年2月21日). 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ 文政権下で広がる格差、韓国「泥スプーン」組の絶望”. ロイター (2019年12月1日). 2019年12月1日閲覧。
  4. ^ コシウォン…受験生が集中して勉強するために作られた宿泊施設”. 韓国留学専門社. 2018年2月24日閲覧。
  5. ^ 서울 호텔 예약한 외국인관광객, 고시원에서 묵었다”. 聯合ニュース (2017年2月21日). 2018年10月14日閲覧。
  6. ^ '종로 고시원 화재'…비좁은 복도, 소방점검 대상 제외가 화 키웠다”. アジア経済 (2018年11月9日). 2018年11月10日閲覧。

関連項目[編集]

  • ドヤ
  • 鷺梁津駅 - 駅周辺に公務員試験予備校、考試院が密集し、予備校街を形成している。