はなしょー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はなしょー
Hanasho 2018-03 .jpg
左から、山田しょうこ、杵渕はな (2018年3月)
メンバー 杵渕はな
山田しょうこ
結成年 2012年
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2012年12月1日 -
出身 ワタナベコメディスクール17期生
出会い ワタナベコメディスクールの同期生
現在の活動状況 ライブ・テレビ
芸種 コント
ネタ作成者 杵渕はな
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

はなしょーは、日本の女性お笑いコンビ。所属事務所はワタナベエンターテインメント

メンバー[編集]

  • 杵渕はな(きねぶち はな、 (1993-05-24) 1993年5月24日(25歳) - )
本名は杵渕華(きねぶち はな)[1]
埼玉県大宮市(現・さいたま市)出身[2]
身長152cm。
特技は剣道(二段)、弓道(初段)。趣味は歌唱。点描画写経般若心経[3]
中学生時代の部活は剣道部[4]。父はデザイナー[4]。点描画も独学で学んだ[4]
好きな言葉は「朝鍛夕錬」[2]
King & Prince岸優太のファン。ファンクラブにも入っている[5]
宮藤官九郎と彼の作品を好み、『木更津キャッツアイ』でコメディを学んだという[4]
バカ殿が“初恋相手”とのことで、小学校6年生の時にはお笑い芸人になると決め、小学校の卒業文集には「10年後はお笑い芸人になる」と書いていた[6][7]
埼玉県立大宮東高等学校中退[8]引きこもりになったのが元での中退だった[7]
同じ事務所の後輩・ブルゾンちえみの芸名の名付け親[8][9]。名付けられた当時のブルゾンは見た目が女子プロレスラーのような雰囲気だったことから、ブル中野のイメージと、何となく「ちえみ」っぽいということから、3秒で名付けたという[4]。また同じ事務所の先輩のプリンセス金魚たかみちの新芸名「みんなのたかみち」を考案し名付けた[10]
ホームセンターとその商品に詳しい[11]。2017年6月6日「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ)では、ホームセンター芸人として滝沢秀明相手に頑丈な塗料を紹介した[12]
  • 山田しょうこ(やまだ しょうこ、 (1987-06-11) 1987年6月11日(31歳) - )
本名は山田承子(やまだ しょうこ)[1]
埼玉県所沢市出身[13]
身長158cm。
小学生から高校生までの間に、学級委員長、生徒会長を務めていたことがあった[6]
星野高等学校卒業[8]早稲田大学スポーツ科学部卒業[13][14]
好きな言葉は「趣味は努力」[4]
大学卒業後はゼンショーに入社、すき家で店長を務めていた[13][6]。店長だった時に、自分の下で働いていたアルバイトの中に、現在GENERATIONSEXILEのメンバーの関口メンディーが居た[15]。すき家でアルバイトとして入った芸人や役者の卵たちと一緒に仕事をし、のちに彼らの舞台を観て、職場と違って輝いて見えたことから、徐々に芸人に興味を持ち、会社を辞職して芸人を目指すこととなる[6]
趣味は読書(年間50冊は読む)[16]。好きな作家は太宰治江國香織アロマテラピー検定1級、温泉ソムリエの資格を持つ[3]
「はなの保護者」であることも自称[7]

来歴・概説[編集]

ワタナベコメディスクール17期生(2012年10月入学、2013年9月卒業)出身。同スクール在学中の2012年12月1日に結成[17]。最初ピンでやっていた杵渕の一生懸命な態度に、女性コンビを組みたくて相方を探していた山田が惚れ込み、結成を持ち掛けた[6][7]

ネタは「乙女コント」と言われ、女子学生に扮し、女子学生の恋話や友達などに対する嫉妬[6]、勘違いした気持ち、女子の気持ちを表現したネタのコントが多い[3][18]。ネタ作成担当は杵渕で、それを山田に見せた上で完成するということで、実体験を還元しながらネタを作っているという[8]。これについて山田は「ネタの編集長的なポジション」と話している[6]。杵渕が元々吉本新喜劇などの鉄板ネタが好きであることから、体を張った動きの多いネタも多い[7]

2017年女芸人No.1決定戦 THE Wにて決勝進出。結果はファーストステージ敗退。この決勝大会生放送の副音声で松本人志高須光聖から「動きにキレがある」「番組で使いやすい」と好評価を受けた[4]

2018年お笑いハーベスト大賞本選会(2018年7月28日開催)出場[19]

二人とも、ニッチェがコント師として憧れの存在。2017年「女芸人No.1決定戦 THE W」では、ファーストステージでそのニッチェと対戦した[20]

「にょきにょき、ぱっ」というオリジナルのポーズがある[21]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

単独ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b はなしょー プロフィール”. お笑いナタリー. 2015年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 杵渕はなtwitterでの自己紹介より
  3. ^ a b c ぴあお笑いライブ読本(ぴあMOOK、2015年9月30日)p.29
  4. ^ a b c d e f g 【インタビュー】松本人志に認められた女芸人、「THE W」ファイナリスト・はなしょーに迫る”. トレンドニュース. GYAO! (2018年2月20日). 2018年2月23日閲覧。
  5. ^ キンプリ岸優太のファン!? はなしょー・杵渕はな「THE W」副賞トークで“乙女心”に火が(3/4)”. ニュースウォーカー. KADOKAWA (2018年7月24日). 2018年9月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 東京新聞 2016年1月20日 14面「笑う神拾う神」
  7. ^ a b c d e 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(227)】乙女の気持ちを表現したコントを披露する仲良し女性コンビ、はなしょー”. サンケイスポーツ (2016年12月23日). 2016年12月23日閲覧。
  8. ^ a b c d ブルゾンちえみの名付け親、頂点狙う女芸人決定戦 11日決勝、県出身のコンビ「はなしょー」”. 埼玉新聞 (2017年12月10日). 2017年12月15日閲覧。
  9. ^ 9/15 ニューカマーフライデーナイト”. 【お笑いコンビ】はなしょー 山田しょうこ ブログ (2015年9月16日). 2017年2月2日閲覧。
  10. ^ 『みんなのたかみち』”. プリンセス金魚 高道オフィシャルブログ (2017年10月9日). 2018年1月21日閲覧。
  11. ^ はなしょー 山田しょうこ‏ twitter 2017年6月6日
  12. ^ ウチのガヤがすみません SP 2017年6月6日(火)”. gooテレビ (2017年6月6日). 2017年6月10日閲覧。
  13. ^ a b c 山田しょうこtwitterでの自己紹介より
  14. ^ 早稲田大学 スポーツ科学部 卒業論文要旨集(2009年度) テニスクラブの会員がコーチに求める資質に関する研究 山田承子
  15. ^ 関口メンディー、出演芸人の中に「元上司」がいることを告白しスタジオが驚嘆”. めるも. GMOインターネット (2017年7月20日). 2018年7月5日閲覧。
  16. ^ ワタナベエンターテインメントオフィシャルサイト「趣味一覧」
  17. ^ 芸人名鑑 はなしょー
  18. ^ はなしょーが1位獲得!「WEL NEXT」に新星が登場!”. OWARAI FAVCLIP (2015年4月14日). 2015年10月4日閲覧。
  19. ^ 『お笑いハーベスト大賞』本選会出場15組決定 四千頭身、紺野ぶるまら進出”. オリコン. GMOインターネット (2018年7月6日). 2018年8月3日閲覧。
  20. ^ 「女芸人NO.1決定戦 THE W」決勝進出者10組を一挙紹介!”. ザテレビジョン(News Walker) (2017年12月9日). 2018年1月27日閲覧。
  21. ^ 初営業”. 【お笑いコンビ】はなしょー 山田しょうこ ブログ (2015年7月23日). 2016年8月11日閲覧。
  22. ^ 杵渕はなtwitter 2015年9月18日など
  23. ^ はなしょー 杵渕はな twitter 2017年9月29日
  24. ^ はなしょー 山田しょうこ‏ twitter 2017年10月12日
  25. ^ はなしょー 山田しょうこ‏ twitter 2018年7月31日
  26. ^ はなしょーが結成5周年記念ライブを開催、新しい一面を見せたい”. お笑いナタリー (2017年9月2日). 2017年11月9日閲覧。

外部リンク[編集]