123☆45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
123☆45
IZUMI-YOKO
Izumi-Yoko 2019-10.jpg
左から、イズミ、ヨーコ(2019年10月)
メンバー イズミ
ヨーコ
結成年 2008年
2019年
解散年 2015年
事務所 山中企画
フリー
グレープカンパニー
→フリー(活動再開後)
TWIN PLANET
活動時期 2008年6月 - 2015年6月30日
2019年4月 -
現在の活動状況 ライブなど
芸種 漫才コント
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

123☆45(イズミヨーコ)は、TWIN PLANET所属の日本の女性お笑いコンビ2008年6月結成。

2015年6月30日に一度解散するも、2019年4月に再結成。かつては山中企画グレープカンパニーに所属していた。

メンバー[編集]

イズミ(1982年8月28日 - )(40歳)
ボケ担当。
  • 本名:南川 泉[1](旧姓)[2]
  • 身長150 cm、体重55 kg、血液型O型
  • 岩手県九戸郡野田村出身。
  • 岩手県立久慈高等学校卒業[3]和光大学卒業[4]
  • 大学卒業後は、展示会などのコンパニオン・MCなどを務め、その後モデル事務所に2年間所属[5]
  • 中学校高等学校国語教員免許を持っている[6]
  • 18歳の時に、岩手県のテレビ局でADをしていたことがある[7]
  • 舞台衣装には、野田村のマスコット『のんちゃん』のTシャツのズボン、などがある[8]
  • 子供の頃の夢は「安達祐実みたいになること」。その頃から目立つ仕事がしたいと漠然と思っていたという[9]
  • 最初に憧れた芸人はモエヤン[10]
  • 松嶋菜々子の物真似という持ちネタもある[11][12]
  • 2020年2月4日、同じ芸人であるハッピーエンドのゆずきとの結婚を発表[13]。しかし入籍後もイズミは岩手に住み続け、遠距離夫婦状態でゆずきとは会っていなかったが、この年の7月末に再会[14]。同年7月末から埼玉県内でゆずきと同居を始める[15]
  • 2020年11月、夫婦ユニット「マウンテンブック」の結成を宣言(コンビ名は夫婦の本姓が山本であることから)。主な活動内容は「1日5分のラジオをYouTubeで発表」としており、舞台での活動は未定であったが[16]M-1グランプリ2021にエントリーした[17]M-1グランプリ2022には、このマウンテンブック、123☆45[18]の他にも、123☆45とゆずきを合わせた3人の「ツーペア」[19]でも出場している。
ヨーコ(1979年11月8日 - )(43歳)
ツッコミ担当。

略歴[編集]

左から、イズミ、ヨーコ(2009年12月当時)

2002年頃、大学生時代にお互いにダンスサークル「BIRD」に所属していたことがきっかけで知り合う[8]

その後、イズミから誘う形で2008年6月に123☆45結成。初めて舞台でネタを見せたのは同年10月M-1グランプリで、同年11月14日にライブデビュー[39]

2009年7月23日には、東京・新宿Fu-で初の単独ライブ『123☆45LIVE vol.1 ~お笑いはじめました!~』を行った。

2010年5月19日山中企画を辞め、フリーに[40]。約3年間のフリー活動の後、2013年4月からグレープカンパニーに所属となった[41]

  • 第9回M-1グランプリ2009、2回戦進出。
  • THE MANZAI2012、2回戦進出
  • キングオブコント2012、準々決勝進出。
  • 2014年・第13回漫才新人大賞、決勝進出。

しかしその後イズミが体調を崩したことから思うような活動が出来なくなったこともあって[42]2015年6月30日をもって解散[43][44]。ヨーコは『チームG』メンバーとしての活動は継続。イズミは約4か月の休業の後、2015年10月24日の『東京タワーライブ333』から、ピン芸人としてお笑い活動を再開[45]、同年12月から芸名を「いずみっくす」にして活動[46]。その後いずみっくすは2016年3月に野田村の実家に戻り[47]、岩手を拠点として北三陸エリアタウン誌『月刊DANASS』のコラム連載などフリーライター、ローカルタレントとして活動[1]、また野田村で里山管理の手伝いの仕事もしている[48]。一方ヨーコは、マドンナダンサーズの活動を続けている他、2013年から星野奏子の曲の振り付けとバックダンサーでの活動を続けている[49][50]。いずみっくすは、2017年6月19日(第1回)から不定期に、東京でトークライブ「ずみトーク」を行っている[51]。また、今後については「プロとしての芸人じゃないけど、『お笑い市民ランナー』として出来る範囲でやれたら」としている[51]。しかしイズミはコンビ活動していた頃の思いがくすぶり、テレビで活躍している後輩芸人を見て、悔しさからチャンネルを替えたこともあった[42]

再結成のきっかけは、2018年12月10日放送の第2回『女芸人No.1決定戦 THE W』決勝戦をそれぞれ東京と岩手で観ていて、「観てる?」といったLINEのやりとりをしていたことと、これに出ていたあぁ〜しらきに衝撃を受けたことだったという[52]。そして2019年4月、「女芸人No.1決定戦 THE W」出場のために、2人の123☆45として解散以来4年ぶりに再結成し[48]、同年4月28日開催の『本日は晴天なりのもうすぐオキニライブ』(東京・秋葉原 ZERO-G)にて再結成後初となるお笑いライブ出演。ヨーコにとっては、4年ぶりのお笑いライブ出演であった[53][54][注釈 1]2019年10月、「女芸人No.1決定戦 THE W」にて決勝進出が決定した[48]。その後フリーとして活動し、2022年7月にTWIN PLANET所属を発表した[55]

芸風[編集]

結成当初は、「またやっちゃった!」が決め台詞のネタや、「踊れないダンサーのショート漫才」と称した、帽子にかつら短パンなどと言ったダンサー風の格好でネタを演じていた。その中で「お笑いがやりたい」のネタでは、ヨーコがボケネタでツッコミの振りをするというものだった。

その後、衣装も変えて漫才のスタイルも変更。2009年途中からはボケとツッコミのポジションを交替し、イズミが「このほんずなすが~[注釈 2]」など地元の南部弁を丸出しにした喋りで、地元・野田村をネタにしたりなどの特徴を出している[8]2013年では、イズミが連続テレビ小説あまちゃん』の舞台となった北三陸の出身であることから、あまちゃんのキャラクターに扮したネタも披露していたことがあった。

かつてはヲタルのバックダンサー『SGC』(Sexy Gogo Crew(セクシーゴーゴークルー)の略)をハルカラと共に務めることもあり[48]、またTAIGAのネタの時に、同じくハルカラと共にバックダンサー兼コント要員としての『TAIGAロックンロールオールスターズ』として出演することもあった[56][48]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

ライブ[編集]

  • 山中企画主催ライブ
  • ラ・ママ新人コント大会
  • PUNCH LINEvol.5
  • ちょっと昭和なヤングたち
  • ガールズガーデンフェスティバル(Studio twl)
  • スタイル女子部
  • みちのく芸人ライブ
  • 123☆45 B.M.H. ジョイントライブ (2009年11月16日、東京・新宿Fu-)
  • IBCまつり(2010年8月)
  • もぎたてライブ・グレープライブ

掲載[編集]

  • 河北新報(2009年11月、『みちのく芸人ライブ』の様子が掲載[73]
  • 朝日新聞(2010年4月、東北版に掲載)
  • 宝島社「InRed」(2012年10月号)
  • 岩手日報(2013年8月11日、『東京発トレンドいわて』コーナー)
  • 大塚・巣鴨Walker(2013年10月25日発売)
  • 月刊DANASS(北三陸エリアタウン誌)- 2014年9月号から『イズミヨーコラム』連載、123☆45解散後もいずみっくす一人でコラム連載を継続。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この4年の間では、ヨーコは第1回『ずみトーク』(2017年6月19日)にゲスト出演して、いずみっくすと共演している[51]
  2. ^ イズミの地元の方言で「ばか」「抜けてる」などといった意味の言葉。

出典[編集]

  1. ^ a b 三陸魂で「THE W」決勝へ 野田在住「123☆45」の南川さん”. 岩手日報 (2019年12月6日). 2019年12月20日閲覧。
  2. ^ いずみっくすtwitter 午前7:51 · 2020年7月28日
  3. ^ 「123☆45はイズミ☆ヨーコ2013年4月19日「あまちゃんフェア」]
  4. ^ a b 陰の重鎮と偶然の出会い”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2013年11月14日). 2016年8月2日閲覧。
  5. ^ a b c [1]より。
  6. ^ 今週の趣味報告1”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2014年1月15日). 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ 12月追加告知”. イズミだより (2014年12月7日). 2014年12月26日閲覧。
  8. ^ a b c 岩手日報 2013年8月11日「東京発トレンドいわて」コーナーより。
  9. ^ 週刊新潮 2022年8月4日号 108頁
  10. ^ 原点回帰”. いずみっくすのクスクスBLOG (2020年9月10日). 2020年9月10日閲覧。
  11. ^ 未来”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2014年9月21日). 2014年10月14日閲覧。
  12. ^ 2014年9月27日放送『コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの』”. TVでた蔵 (2014年9月27日). 2014年10月14日閲覧。
  13. ^ ハッピーエンドゆずきと123☆45イズミが結婚「必ず笑い多めの家族に」”. お笑いナタリー (2020年2月4日). 2020年2月5日閲覧。
  14. ^ いずみっくすtwitter 午後11:46 · 2020年7月27日
  15. ^ いずみっくすtwitter 午後0:58 · 2020年7月29日
  16. ^ いずみっくすtwitter 午後11:18 · 2020年11月15日
  17. ^ マウンテンブック | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年10月1日閲覧。
  18. ^ 123☆45 | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年10月12日閲覧。
  19. ^ ツーペア | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2022年10月12日閲覧。
  20. ^ デーリー東北新聞社編集局文化部 twitter 19:35 - 2020年3月16日
  21. ^ 小町姉さん。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2012年12月12日). 2014年6月29日閲覧。
  22. ^ スウィーピー。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2009年8月16日). 2016年8月2日閲覧。
  23. ^ ヨーコ(123☆45) twitter 午前11:45 · 2021年1月16日(2021年1月17日閲覧)
  24. ^ 芸人名鑑「123☆45」より
  25. ^ a b 2014年6月17日OA”. 日本テレビ幸せ!ボンビーガールオフィシャルサイト (2014年6月17日). 2014年6月19日閲覧。
  26. ^ a b 「幸せ!ボンビーガール」 2014年6月17日(火)放送内容”. 価格.com (2014年6月17日). 2014年6月19日閲覧。
  27. ^ ヨーコInstagram 2019年10月
  28. ^ 白いTシャツと黒いバイク。
  29. ^ バイク乗りヨーコ。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2013年3月26日). 2017年6月4日閲覧。
  30. ^ ヨーコ(123☆45) twitter 自己紹介(2017年6月4日閲覧)
  31. ^ ニセアイドルの夜。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2014年3月9日). 2014年4月10日閲覧。
  32. ^ 夢の共演。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2011年2月25日). 2014年6月30日閲覧。
  33. ^ 明日。”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2014年11月2日). 2017年6月4日閲覧。
  34. ^ ヨーコ(123☆45) twitter 6:45 - 2019年5月26日
  35. ^ ヨーコ(123☆45) twitter 6:45 - 2019年5月26日
  36. ^ ぬか漬け みほ 公式チャンネル「ぬか漬けこねこね/大湯みほ(公式ミュージックビデオ)」
  37. ^ 新宿調理師専門学校twitter 2020年6月5日 14:42
  38. ^ 123☆45ヨーコが結婚 松井珠理奈が祝福「モノマネ嬉しい」”. 日刊スポーツ (2021年6月17日). 2021年6月22日閲覧。
  39. ^ 『123☆45はイズミ☆ヨーコ』2008年12月30日更新より。
  40. ^ 参考:ブログ『123☆45はイズミ☆ヨーコ』2009年5月19日掲載・爆弾発言より
  41. ^ ブログ『123☆45はイズミ☆ヨーコ』2013年3月1日「ご報告」
  42. ^ a b 【放送芸能】<東日本大震災9年>被災地見つめ、発信 お笑いコンビ「123☆45」・イズミ/テレビユー福島・阿部真奈記者”. 東京新聞 (2020年3月8日). 2020年3月9日閲覧。
  43. ^ 123☆45解散のお知らせ”. グレープカンパニー (2015年7月1日). 2015年7月1日閲覧。
  44. ^ 123☆45の向こう側”. イズミだより (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  45. ^ ピン芸人デビュー”. イズミだより (2015年10月25日). 2015年11月9日閲覧。
  46. ^ 改名”. イズミだより (2015年12月3日). 2015年12月23日閲覧。
  47. ^ 自己満足”. いずみっくすのクスクスBLOG (2016年2月17日). 2016年8月2日閲覧。
  48. ^ a b c d e 「THE W」会見、ファイナリストの顔ぶれに阿佐ヶ谷姉妹江里子「時代が動いた」”. お笑いナタリー (2019年10月28日). 2019年10月30日閲覧。
  49. ^ ヨーコ(元123☆45) twitter(2017年5月13日 20:31)
  50. ^ ヨーコ(元123☆45) twitter(2017年5月13日 9:30)
  51. ^ a b c 市民ランナー”. いずみっくすのクスクスBLOG (2017年6月23日). 2019年4月29日閲覧。
  52. ^ GYAO!『女芸人No.1決定戦 THE W 2019ドキュメンタリー【Aブロック②】』(0分11秒から)
  53. ^ ヨーコ(123☆45)twitter 20:17 2019年4月26日
  54. ^ ヨーコ(123☆45)twitter 8:01 - 2019年4月28日
  55. ^ 123☆45 | TWIN PLANET ENTERTAINMENT” (日本語). 2022年7月7日閲覧。
  56. ^ ☆『夏笑王決定戦』結果!!☆”. 【ハルカラ】今日も杏ブログ♪ (2014年8月31日). 2019年11月8日閲覧。
  57. ^ 『123☆45はイズミ☆ヨーコ』2013年9月28日「有吉反省会SP」
  58. ^ 女優”. 123☆45はイズミ☆ヨーコ (2014年3月21日). 2014年4月10日閲覧。
  59. ^ 12345ヨーコ Best Tweets(2014年6月7日)
  60. ^ ヨーコtwitter(2014年12月25日)
  61. ^ いずみっくすtwitter 6:48 - 2020年1月8日
  62. ^ TOKIO×トキオカケル”. イズミだより (2014年11月12日). 2014年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月13日閲覧。
  63. ^ 方言女子”. イズミだより (2014年12月24日). 2014年12月25日閲覧。
  64. ^ いずみちゃん”. イズミだより (2015年2月18日). 2015年2月27日閲覧。
  65. ^ トレンド”. イズミだより (2015年2月25日). 2015年2月27日閲覧。
  66. ^ ニノさん”. イズミだより (2014年12月23日). 2014年12月25日閲覧。
  67. ^ マツコ&有吉 かりそめ天国 2018年10月17日放送回”. gooテレビ (2018年10月17日). 2018年10月18日閲覧。
  68. ^ ヨーコ(123☆45)twitter 午後8:11 · 2020年9月2日
  69. ^ ヨーコ(123☆45) [@45YK] (2021年10月9日). "立ち位置右" (ツイート). Twitterより2021年10月16日閲覧
  70. ^ 男前じゃないのに「モテ男返し」にキュン…母の反対押し切り結婚”. Lmaga.jp (2022年10月8日). 2022年10月1日閲覧。
  71. ^ 2022年10月9日放送 12:55 - 13:25 テレビ朝日 新婚さんいらっしゃい!”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2022年10月9日). 2022年10月12日閲覧。
  72. ^ 女王2連覇”. イズミだより (2015年5月8日). 2015年5月11日閲覧。
  73. ^ 同様の記事がアメーバニュース(2009年11月1日)にも掲載。

外部リンク[編集]