有吉反省会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有吉反省会
ARIYOSHI'S Meeting for Reviewing
ジャンル バラエティ番組
企画 髙橋利之
演出 髙橋利之(総合演出)
有田駿介
ほか
出演者 有吉弘行
バカリズム
博多大吉
大久保佳代子
友近
指原莉乃
アレクサンダー
IVAN
ぱいぱいでか美
岩井志麻子
製作
プロデューサー 渡邊文哉 / 成子美里、長瀬徹、持田順也、浦田祐一郎ほか
秋山健一郎(統轄P)
川邊昭宏CP
ほか
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
放送開始から2015年3月まで
放送期間 2013年4月7日 - 2015年3月29日
放送時間 日曜日 22:30 - 22:56
放送分 26分
2015年4月から
放送期間 2015年4月4日 -
放送時間 土曜日 23:30 - 23:55
放送分 25分
テンプレートを表示

有吉反省会』(ありよしはんせいかい、英称:ARIYOSHI'S Meeting for Reviewing[1])は、2013年4月7日から日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組で、有吉弘行冠番組である[2]

概要[編集]

ゲストが反省したい事を告白し、検証VTR後に司会の有吉弘行が内容を更に掘り下げる[3]。最後に「のお時間」で、ゲストに科す「禊」の内容が有吉から発表される[3]。禊のVTRは告白後に放送されるが、ゲストによっては出演数週間後や、「禊スペシャル」と称した禊VTRをまとめた総集編が放送される。

出演ゲストは無名同然、もしくは過去の人気タレントが多い(番組内ではいずれも「一流芸能人」と説明される)が、時折人気タレントが登場することもある。当番組の出演をきっかけに注目を浴びる事も多く、カミングアウト発言が放送後ネットニュース等で大きな話題となる事もある[3]

年数回2時間の特別版が放送されており、こちらは『有吉大反省会』と呼称される。また、特別版はレギュラー放送と異なり、ネットワークセールス枠で放送される。

2016年からは「反省カレンダー」、「反省パトロール」と題して世間の反省すべき人を見つけてVTRで紹介し、そのうち一人がスタジオに出演する場合がある。

2016年から2018年には『24時間テレビ』内で日曜日2:45頃 - 4:00(JST、以下略)に『有吉生反省会』が生放送されていた。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(日本時間
2013.04.07 2015.03.29 日曜日 22:30 - 22:56(26分)
2015.04.04 現在 土曜日 23:30 - 23:55(25分)

レギュラー化決定前には2012年特別番組として2回放送されており、レギュラー放送開始前日の2013年4月6日22:00 - 23:24にも3回目の特別番組が放送された。

開始当初は毎週日曜日22:30 - 22:56に放送されていた。2015年4月より、同年3月までの本番組放送時間帯において『日曜ドラマ』が編成されることに伴い、放送時間が毎週土曜日23:30 - 23:55に変更される[4]。深夜枠への移動後もローカルセールス枠のままで放送(枠移動後の同時間帯はローカルセールス枠に変更)[5]されている。

出演者[編集]

司会[編集]

反省見届け人[編集]

レギュラー反省人[編集]

ナレーター[編集]

放送リスト[編集]

※反省見届け人は席順、反省人は告白順に表記。

特別番組[編集]

※レギュラー化後の通常回の枠拡大ではない(枠移動前は日曜日以外に、枠移動後は土曜日以外にそれぞれ放送された)ものも含む。なお、通常回放送当日(枠移動後は前夜の場合もある。)に通常回とは別枠で放送されたものも含む。ただし、臨時枠移動の上、枠拡大となった回を含まない。

レギュラー番組[編集]

ネット局[編集]

『有吉反省会』ネット局
放送対象地域 放送局名 系列 放送時間 遅れ 脚注
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
『有吉反省会』制作局
日本テレビ系列 土曜日 23:30 - 23:55 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS) [21]
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列 [21]
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列 [22]
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) [23]
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT) [24]
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS) [25]
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
北海道 札幌テレビ(STV) 日曜日 0:55 - 1:25
(土曜日深夜)
遅れネット [26]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 木曜日 0:59 - 1:26
(水曜日深夜)
[27]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列/日本テレビ系列/テレビ朝日系列 木曜日 14:58 - 15:27 [28]
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 木曜日 0:58 - 1:28
(水曜日深夜)
[29]
ネット配信
『有吉反省会』ネット局
配信元 更新日時 備考 脚注
TVer 日曜 0:00 更新 最新話限定で無料配信
GYAO!
hulu 更新時間未定 有料会員は全話見放題


ネット局に関する備考[編集]

  • 枠移動前は通常時の同時ネット局であっても、知事選挙や県庁所在地の市長選挙の選挙特番や自社制作番組などに差し替えられる場合があり、この場合は翌日未明以降に時差放送となるか、臨時非ネットとすることがあった。なお、前述の通り、枠移動後もローカルセールス枠で放送される(なお、通常時の同時ネット局であっても、自社制作番組などへの差し替えがあった)。

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • 企画・総合演出:髙橋利之
  • 構成:桜井慎一(一時離脱→復帰)、利光宏治(2013年4月21日までは、作家)
  • TM:小椋敏宏
  • SW:松嶋賢一
  • CAM:田代義昭
  • VE:向山江梨佳
  • MIX:藤岡絵里子、中村宏美
  • 照明:山内圭
  • 美術プロデューサー:上條宏美
  • デザイン:波多野真理
  • イラスト:吉田友和
  • 大道具:伊集院正幸
  • 小道具:伊藤宏美
  • 電飾:上船海
  • 美術協力:日本テレビアート
  • 技術協力:NiTROジャパンテレビ
  • リサーチ:羽柴千晶、高木洋志、梶谷翔平
  • 編集:椎名友教、岩崎直樹
  • MA:元木綾美、船木拓也(船木→SP時のみ)
  • 音響効果:高取謙
  • TK:坂本幸子、竹島祐子(竹島→一時離脱►復帰)(週替り)
  • デスク:宮城知代(2014年6月1日-)
  • AP:佐藤なつね(週替り)、兼平孔明(毎週)
  • AD:磯部衣世、手嶋晶太、千田野々香、青木俊人、岸野基生、関谷なつみ、藤井千裕、神田有紀、水上雄一朗、岡本佳和、永田茉由子、長田康一、三輪美砂(週替り)
  • ディレクター:間篠高行、反町礎良(反町→以前はAD)、杣俊輔、細川祐子、五十棲崇之(五十棲→以前はAD)、川村元昭、杉浦啓太(杉浦→以前はAD)、杉本泰規、笠原瑠宇久(笠原→以前はAD)、陣崎行夫、河合亮輔(河合→以前はAD)、滝田朝子、本橋宏之、山形和也(週替り)
  • 演出/ディレクター:長久弦、滝田朋之、道下貴之(共に以前は演出)、大原正也(大原→演出以外は毎週D)
  • 演出:有田駿介(2019年12月7日-)
  • プロデューサー:渡邊文哉(2018年12月8日-、以前はAP)/成子美里、長瀬徹、持田順也(持田→以前は演出)、浦田祐一郎(毎週)、竹谷和樹(不定期)
  • 統括プロデューサー:秋山健一郎(2019年6月1日-)
  • チーフプロデューサー:川邊昭宏(2019年6月1日-)
  • 制作協力:ZION創輝いまじん
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ(レギュラー版)[編集]

  • 構成:鈴木おさむ
  • TM:江村多加司、新名大作
  • SW:望月達史、荻野高康
  • SW/CAM:鎌倉和由(回によって異なる)
  • CAM:早川智晃
  • VE:斎藤孝行、石山実、古手川大
  • 照明:三代川大輔、浅見俊一
  • 美術プロデューサー:林健一
  • 大道具:前田賢治、佐俣勇
  • 小道具:佐々木洋平
  • 電飾:池田大介
  • CG:キャニットG
  • イラスト:小野眞智子、平史郎、泉州HIGE工房
  • 編集:山下直哉、小田健二、小原太希
  • 音響効果:岡田淳一
  • 編成企画:吉無田剛、原司
  • 広報:玉造昌和
  • デスク:高橋奈津子、濱村吏加
  • AD:澁谷優介、渡辺邦宏、関友香理、寺下忠、三浦恵太、長冨紗良、本田千穂、中道勇樹、大谷直紀、大須賀美紀、福田和弘、野田梓左、大杉悠介、星野真輝、船越光平、中村映美、江川彩夏、葛生朋美、前田紗里奈、小野千尋、早川沙耶伽、軒悠人、初芝光(週替り)
  • AP:羽根葵、中川聡子、山岡恭典、杉山直樹、柳井千晴、矢嶋麻実、山本沙織(週替り)、岸加苗(毎週)
  • ディレクター:長井香織、田中真之、深沢博信、小松利光、犬飼義啓、唐沢宏一、二神新、中島孝志、中山健志、石橋浩二、高橋正人、田辺貴之、宮原健、黒石岳志、児玉章、中村誠二、金光豪、飯高昌宏(週替り)
  • 演出:上利竜太(毎週) / 井上伸正、宮森宏樹、市川隆(週替り)
  • プロデューサー:岩下英恵、小島俊一
  • チーフプロデューサー:菅賢治田中宏史、松岡至(松岡→2016年6月4日-2017年5月27日)、糸井聖一(糸井→2017年6月3日-2018年5月26日)、横田崇(横田→2018年6月2日-2019年5月25日、以前は編成→一時離脱)

スペシャル版[編集]

  • 企画・総合演出:髙橋利之
  • ナレーション:近藤サト
  • 構成:桜井慎一(第1~3回)
  • コンセプト:鈴木おさむ(第1・2回は、構成)
  • 作家:利光宏治(第2回は、構成)
  • TM:江村多加司
  • SW:鎌倉和由
  • CAM:早川智晃
  • VE:斎藤孝行
  • MIX:藤岡絵里子(第3回)
  • 照明:三代川大輔
  • 美術プロデューサー:林健一(第2・3回)、上條宏美(第1~3回)
  • 美術デザイン:波多野真理(第2・3回)
  • 大道具:前田賢治(第3回)
  • 小道具:佐々木洋平(第3回)
  • 電飾:池田大介(第3回)
  • 美術協力:日本テレビアート
  • 技術協力:NiTRO、ジャパンテレビ
  • イラスト:小野眞智子(第1~3回)、吉田友和(第2・3回)
  • リサーチ:羽柴千晶(第2・3回)、高木洋志(第1~3回)、梶谷翔平(第1・3回)
  • 編集:椎名友教(第3回)
  • MA:安河内隆文(第3回)
  • 音響効果:岡田淳一
  • 編成:横田崇(第2・3回)
  • 編成企画:吉無田剛(第2・3回)
  • 広報:玉造昌和(第3回)
  • TK:坂本幸子
  • デスク:高橋奈津子
  • AP:岸加苗、羽根葵、矢嶋麻実(全員第3回)
  • AD:山岡恭典(第1~3回)、小田政利(第2・3回)、寺下忠(第3回)、田辺貴之(第3回)
  • ディレクター:唐沢宏一、中野誠、中島孝志(唐沢・中野・中島→第3回)、長井香織、田中真之(長井・田中→第2・3回)、杉本泰規(第3回)、井上伸正(第2・3回)、滝田朋之、道下貴之、宮森宏樹(滝田・道下・宮森→第2・3回)
  • 演出:上利竜太/長久弦(長久→第3回)
  • プロデューサー:岩下英恵、長瀬徹、小島俊一(小島→第2・3回)、成子美里(成子→第3回)/田中宏史(小島以外→第1~3回)
  • チーフプロデューサー:菅賢治
  • 制作協力:ZION、創輝、いまじん(いまじん→第3回)
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ(スペシャル版)[編集]

  • VE:石山実
  • MIX:大島康彦
  • 照明:内藤晋
  • 美術デザイン:北原龍一
  • 大道具:岩瀬充幸(第2回)
  • 電飾:伊藤伸朗(第2回)
  • 撮影協力:ノッツエ結婚情報センター(第2回)
  • リサーチ:宮内智弘(第2回)
  • 編集:小嶺浩一(第1回)、石田健二(第2回)、花城卓恭(第2回)
  • MA:兒子仁(第1回、第2回)
  • 編成:鬼頭直孝
  • 編成企画:小野隆史
  • 広報:角田久美子(第1回、第2回)
  • AP:渡辺秀一(第1回、第2回)、中田敦子(第2回)
  • AD:山本恭彦、上平久美(山本・上平→第1回)、伊藤春香、蟻坂江梨奈、伊賀瑛里子、渡辺梢子(伊藤-渡辺→第2回)
  • ディレクター:内田浩、菅野健治(第1回)、宮原健(第1回、第2回)、花岡圭一郎、中西裕樹、櫛田健太郎、鈴嶋直子(花岡-鈴嶋→第2回)

脚注[編集]

  1. ^ オープニングタイトルや公式サイトエンブレム形式による表記が確認できる。
  2. ^ 「有吉反省会」日曜夜、伝説枠でレギュラー 日テレニュース24 2013年2月27日閲覧
  3. ^ a b c 出演、即再ブレーク!? “タレント再生工場”『有吉反省会』に芸能人からオファー殺到中  2015年3月16日 日刊サイゾー
  4. ^ 日テレ新設ドラマ枠第1弾にTAKAHIROが主演 ウォーカープラス 2015年2月7日閲覧。
  5. ^ STV広報 Twitter 2015年3月2日閲覧。
  6. ^ 直後の23:50 - 翌0:15に20分遅れでの通常放送も通常時の同時ネット局で別途放送予定(遅れネット局での通常放送は他日振替)。また、23:14 - 23:20にこのあと枠も別途放送(関東ローカル)。
  7. ^ 放送時間は『24時間テレビ39』PART3枠の時間帯。同枠内において、2:45から生放送。
  8. ^ 放送時間は『24時間テレビ40』PART3枠の時間帯。同枠内において、2:45から生放送。
  9. ^ 放送時間は『24時間テレビ41』PART3枠の時間帯。同枠内において、2:45から生放送。
  10. ^ a b 前夜に『嵐にしやがれ』のSP(22:00 - 23:24)放送のため、30分繰り下げとなり、日曜になってからの放送となった。
  11. ^ 22:00 - 23:24に臨時枠移動・拡大のSPとして、全編ネットワークセールス枠での放送。なお、この週の本来の放送時間にあたる12月27日(日)0:00 - 0:25には穴埋め代替として、別の全編ローカルセールス枠の番組を放送。
  12. ^ 前夜に別枠で本番組の90分スペシャルを放送したため、30分繰り下げとなり、日曜になってからの放送となった。
  13. ^ 前夜のラグビー中継(19:15 - 21:24、当初予定より15分延長)のため、日曜になってからの放送となった。
  14. ^ 前夜のSMBC日本シリーズ 第6戦 「広島×日本ハム」戦延長(18:30 - 22:38、104分延長)ならびに『ダッグアウト』(22:38 - 22:59)放送のため、日曜になってからの放送となった。
  15. ^ エンタの神様&有吉の壁 クリスマスイブは爆笑パーティーで盛り上がろう!SP』(第1部19:00 - 21:42・第2部21:45 - 23:34)のため、日曜になってからの放送となった。
  16. ^ 前夜にSPを放送したため、日曜になってからの放送となった。
  17. ^ 前夜に『有吉の壁8』を放送するため、30分繰り下げとなり、日曜になってからの放送となる予定。
  18. ^ 前夜の『グラチャンバレー』が70分延長したため、日曜になってからの放送となった。
  19. ^ 先述のように、通常放送の前座である23:00 - 23:30(『マツコ会議』相当枠)にスペシャルを別途放送。
  20. ^ 前夜のラグビー中継(19時 - 21時24分、15分延長)のため、当初予定より15分遅れ、通常より30分遅れとなり、日曜0時 - 0時25分の放送となる予定。
  21. ^ a b 秋田放送・福井放送は、長年TBS製作月曜20時台パナソニック一社提供枠(『ナショナル劇場』→『パナソニック ドラマシアター』)の6日遅れを放送していたため日曜22時台後半枠は遅れネットや非ネットだったが(秋田放送における前番組『中井正広のブラックバラエティ』の遅れネットは2006年4月から開始、福井放送は『進ぬ!電波少年』終了を以って日曜22時台後半枠の遅れネットを打ち切って以降は通常時非ネット)、TBSが『パナソニック ドラマシアター』終了と同時にTBS系列月曜20時台パナソニック一社提供枠の系列外遅れネットを廃止したため、秋田放送は本番組から後座番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』共々同時ネットとなったと同時に、ゴールデン・プライムの編成は日本テレビ系に統一された。また、福井放送は『進ぬ!電波少年』以来、日曜22時台後半枠のネットが10年半ぶりに復活したと同時に、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』共々同時ネットとなった。
  22. ^ 2015年3月までは同時ネットだったが、2015年4月から2018年3月までから自社制作番組『D-sports SHIZUOKA』放送のため時差ネット。2018年4月から再び同時ネット。
  23. ^ 2013年9月17日・18日には2日連続で放送された。遅れネット時代は本来と異なる順に放送されたり、まれに週末の昼に放送される場合があった。2015年3月までは自社制作番組『大阪ほんわかテレビ』を放送のため時差ネット。2015年4月から同時ネット。
  24. ^ 2015年3月までは読売テレビ制作『大阪ほんわかテレビ』を同時ネットするため時差ネット。2015年4月から同時ネット。
  25. ^ 2015年3月までは自社制作番組『ナイトシャッフル』を放送するため時差ネットだったが、2015年4月から同時ネット。
  26. ^ 自社制作番組『ひまの湯』の放送開始が2013年5月5日のため(2014年4月から同枠番組は『熱烈!ホットサンド!』に変更)、同年4月28日まではそのつなぎとして、同時ネットで放送された。また、土曜・日曜の昼に再放送を行うこともある。『24時間テレビ』などの特別番組が放送された場合は遅れ幅が1週拡大する。また、週末の午後に本放送・再放送も行う事がある。2015年4月からも本番組放送時間帯で『熱烈!ホットサンド!』への差し替えを継続するため、日曜日 23:25 - 23:50に枠移動。2016年1月から『ブギウギ専務』の放送時間移動に伴い、再び日曜未明(土曜深夜)での放送となった。
  27. ^ 自社制作番組『PS三世』→『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』放送による遅れネット。2013年9月までは土曜日 0:58 - 1:28(金曜日深夜)、2014年3月までは日曜日 1:20 - 1:50(土曜日深夜)に35日遅れで、2014年4月4日までは土曜日 0:58 - 1:28(金曜日深夜)に遅れ放送されていた。なお第51回の放送後、第55回・第56回を先行で放送したが、第52回 - 第54回、第57回 - と放送して現在に至っている。2015年4月4日に第95回・第96回・第97回を連続放送し、月曜日に移動し4月6日には第98回・第99回を連続放送され第100回から日曜日 0:55 - 1:25(土曜日深夜)での放送となる(毎月1回、『前略、西東さん』の放送がある場合は1時間繰り下げ)。2017年から「土バラ」放送のため、放送曜日を変更。また8月2日に第212回の放送後、8月9日に第215回を放送。8月16日には第216回を放送した。これは第216回の後半で24時間テレビ40での有吉生反省会の内容があったため。放送回の変更がなかった場合だと24時間テレビ40の放送後になる事から変更が行われた。なお、第213回は第212回の放送の終了直前の予告で8月30日に放送する事がテロップで表示された。第214回は9月6日に放送される。
  28. ^ NNS非加盟局。日曜22時台後半枠のネットは前番組『中井正広のブラックバラエティ』が2008年4月に打ち切られて以来5年1か月ぶりに復活。
  29. ^ 2016年8月28日の「24時間テレビ」でのスペシャル版は沖縄テレビで放送。

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜22:30 - 22:56枠
前番組 番組名 次番組
有吉反省会
(2013.4.7 - 2015.3.29)
【ここまでローカルセールスのバラエティ枠】
ワイルド・ヒーローズ
※22:30 - 23:25
【ここからネットワークセールスのドラマ枠】
日本テレビ 土曜23:30 - 23:55枠
ウーマン・オン・ザ・プラネット
(2012.10.6 - 2015.3.28)
【ここまでネットワークセールス枠】
有吉反省会
(2015.4.4 - )
【ここからローカルセールス枠】
-