紺野ぶるま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
紺野 ぶるま
Konno Buruma 2016-08.jpg
生年月日 (1986-09-30) 1986年9月30日(31歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県
血液型 B型
身長 172cm
言語 日本語
芸風 漫談、一人コント
事務所 松竹芸能
活動時期 2009年 -
同期 ほりゆうこ
公式サイト 紺野ぶるま - タレント一覧 - 松竹芸能株式会社

紺野 ぶるま[1](こんの ぶるま、1986年9月30日 - )は、日本お笑い芸人

静岡県[2]東京都出身[3]松竹芸能所属。

略歴・人物[編集]

公称サイズは、身長172cm、B84cm・W64cm・H87cm → B85cm・W67cm・H83cm[4]

男兄弟の中で育つ[5]。子供の頃、1円玉を飲み込んで救急車で搬送されたことがある[6]。高校生時代、結婚も約束していた彼氏が居たが破局、それでも彼のことが諦めきれず気持ちを戻したいという思いでタレントを目指す[7]。最初はモデル・タレント志望で多くの事務所のオーディションを受けた結果、最初に所属した事務所が半年ほどして明らかに怪しい所だったと気付くと、東京・原宿でスカウトされたのを機に移籍。しかしそこも怪しい所と気付き退所[8]。このようなトラブル続きで体調を崩していた中で松竹芸能のチラシを見たことがきっかけで[8]松竹芸能東京養成所入り[9]。実際にモデルとして活動していたこともあった[10]。しかし養成所のレッスンなどでよく笑いをとるようなことをしていたため、後に芸人を目指すようになる。松竹芸能東京養成所を2009年10月で卒業し、松竹芸能所属となる。養成所の同期生で同時期に松竹芸能所属となったタレントにほりゆうこがいる。

22歳の時には幼馴染の女性と、ブルマーを衣装とした女性コンビの『ブルマニアン』でライブ出演していたこともあったが、わずか半月で解散[9]。その後一人での活動となる。

文武両道な一面があり、日本史関係に趣味を持つ。書道1段、英検3級を持つ。中学生時代3年間やっていたバドミントン[11]では、東京都大会でベスト8の記録がある。その他、陸上競技も特技[12]。小学生の時にやっていた習い事はピアノ英語バレエ水泳書道で、ピアノは6~7年やっており[13]、書道も初段の段位を持つ[12]

「女芸人の中で一番美人」であることを自称している[14]。また、M-1グランプリの歴代優勝者を歴代内閣総理大臣以上に尊敬しているという[14]

時々、仕事で競輪競艇予想の仕事をすることがある[15]

秋元才加の物真似をやっていることから、八幡カオル峯岸みなみ役)、ヨーコ(123☆45松井珠理奈役)、せつこ渡辺麻友役)、本日は晴天なり指原莉乃役)、川堺弥生飛び魚板野友美役)、高田千尋ばーん大島優子役)、寅人高橋みなみ役)と共に、AKB48メンバーの物真似をする女芸人同士で組んだ『ニセえーけーびー』のち『チームG』のメンバーとしても活動し[16]、ライブを行っている(第1回ライブは2014年3月4日[17][18]

2016年1月29日、自身初となる単独ライブ『ぶるま、夜の新宿でかけまくり』(東京新宿角座)を行う[19]

2016年のM-1グランプリには、一緒にユニットライブをやっているたかまつなな中村涼子とトリオ「たかぶるりょうこ」で出場した(2回戦まで進出)[20]

2017年のR-1ぐらんぷりにて、初の準決勝進出。その後復活ステージを勝ち抜いて決勝進出(結果はBブロック敗退)[21]

2017年、第38回ABCお笑いグランプリで決勝進出[22]

水着のグラビアの時は、自ら「亀甲縛りスイムウェア」と言う変わったデザインの水着をよく着用している。下半身(股間)にカニこさえてますとも形容している[23]

すっぴんの顔は、メイクをしている時とは別人のような顔だという評判がある[24]

これまでにアルバイトは20種類ほどやって来たが、テレアポが2週間ほどで終わったのを始め、ほとんどが短い期間で終わっている。自ら「仕事下手で、人より仕事の覚えが遅かった」と話し、その中でベーグル屋の仕事が5年間と一番長く続いたことで「接客ではなく物と接する方が向いていた」とも話している[25]

芸風[編集]

デビュー当初は芸名の通り、ブルマーを衣装としていた。頭には大きなリボンを付け、上半身はチアリーダーのシャツやフラメンコ風の衣装などいくつかパターンがあった。この時の主なネタに、ブルマーを重ね着し、両手にシャウティングチキン(ニワトリのおもちゃ)を持って、シャウティングチキンを振り回しながらダンスをしたりしながら行うものがあった。この他、マジシャンに扮し、2枚重ねしていたブルマーを1枚脱いで「ブルマジック」と称したネタ、ブルマーに食パンを挟んで「はみパン」としたネタなども披露していた[14]。他には、レディー・ガガのようなかつらとキャラクターでネタを演じることもあった。ポーズをとって「オッケー!」と言うこともあった。最後は「サンキューブルマッチ!」という台詞で主に締めていた。

2011年2012年以降は、ブルマーを衣装としたネタを実質上辞め、主に漫談、女子生徒、女教師などのキャラクターに扮した一人コント、「こんな女は嫌だ」などがテーマのいわゆる“あるあるネタ”でなどを披露している[14]。なお、ブルマーネタを辞めた理由は「ブルマーもののアダルトビデオを観て急に恥ずかしくなった」からだという[14]

物真似を演じることもあり、江角マキコ[26]木村多江[27]秋元才加[16]釈由美子[28]などの物真似レパートリーを持つ。

Wコロンねづっちのライブ「なぞかけライブ企画」に参加したのをきっかけになぞかけも始める。このライブに初めて出た時、ハンガーというお題が出た時にとっさに「ち○こと解きます」と返し、この時に客から「ち○こ」のアンコールが来たほど好評だったとのことで[29]、以後何でも「ち○こ」で解くという「下ネタなぞかけ」を披露している[30]。ネタが出来た時には、ねづっちの「整いました」のように「芽吹きました」と言っている[5]。この台詞については、最初「濡れました」「滲みました」「果てました」などを考えていたが、直接的過ぎるなどと言うことで、官能小説で見つけた「芽吹く」という言葉を選んだという[29]。なぞかけの後には、ねづっちの「ねづっちです」の台詞の時のポーズのように、胸の辺りをいじるポーズをとっている。これは元々、紺野自身がブラジャーを直す癖があり、このポーズをライブの時にやったらウケたので以後続けているという[31]。松竹芸能は下ネタに厳しい様な伝統的なものがあることから、最初このなぞかけは隠れてやっていたが、『お願い!ランキング』(テレビ朝日)で紹介され、またこの番組にTKO木本武宏も出演していたことから、松竹芸能の上層部も特に苦言を呈しなくなったことで、堂々とやれるようになったという[31]

映像外部リンク
紺野ぶるま「R-1」会見で得意の下ネタ謎かけ「○○○」 - オリコン YouTube公式チャンネル

このなぞかけをするようになってからは、「今一番下品な女芸人」を自称している[31]。なお、このネタについては、伊集院光ら多くの有名人も評価しているところがある[9]。単独ライブのフライヤーは毎回アダルトビデオのジャケットをイメージさせるデザインにしている。

テレビのゴールデンタイムのある番組で、この「ち○こなぞかけ」を披露したが、全部カットされて放送されなかったということがあった。紺野曰く「日本の宝」と言われる大物ゲストがこのネタに大爆笑していたということで、この姿は放送出来ないと判断されたのではないか、と話している[29]

上記のような下ネタなぞかけを行う一方で、自らをコミュニケーション能力の高い女などのキャラとしたストーリー仕立てのコントを演じている[32]。この両種類のネタを使い分けており、ライブや賞レースでは後者の方を演じている[32]2017年のR-1ぐらんぷりでは、口が悪く皮肉や偏見に満ち溢れた外国人風占い師のコントを演じた[33]。このR-1ぐらんぷりにおいて、敗者復活戦を勝ち抜き決勝進出。同年の女芸人No.1決定戦 THE W2018年のR-1ぐらんぷりでも決勝進出した。

2018年のR-1ぐらんぷり決勝では、得点発表中に同ブロックの濱田祐太郎が視覚障害を持つ為、紺野が濱田にモニターに映し出された動きを口頭で説明していた姿がネット上で大きな話題となった。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

作家で哲学ナビゲーターの原田まりると、松竹芸人の紺野ぶるまが木曜日に週替わりで登場するコーナー「ぶるまとまりるはおやつの前に」(レギュラー)

インターネットテレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • SQUAREHOOD アルバム『Mr.SQUAREHOOD』「ガチ合コンできる券 追憶篇・必死篇・同情篇」

ライブ[編集]

単独ライブ
  • 紺野ぶるま単独ライブ「ぶるま、夜の新宿でかけまくり」(東京・松竹芸能新宿角座)- 2016年1月29日[54]
  • 第二回紺野ぶるま単独ライブ「お願い・・・たまたまぶらぶらしていたことにして」(東京・松竹芸能新宿角座)- 2017年1月14日 - 1月15日[55]
  • 第3回紺野ぶるま単独ライブ 「私立紺野ぶるま学園」(東京・松竹芸能新宿角座)- 2017年12月9日[56]
    ※これら単独ライブのチラシはいずれも、グラビアDVDのジャケットのような構成になっている[32]
ユニットライブ
その他
  • 「関東ゲラゲラ」シリーズ(松竹芸能新宿角座)
  • 松竹Aライブ(松竹芸能新宿角座)
  • 松竹ネタライブ~ボーダーライン(松竹芸能新宿角座)
  • 元気バツグン!ライブ(Studio twl
  • ガールズガーデン(Studio twl)
  • ピラミッダー(Studio twl)- レギュラー出演

連載[編集]

  • 紺野ぶるまのチンコなぞかけ 勃った今芽吹きました!(東京スポーツ 2016年4月6日 - 2018年3月、「男セン」紙面内で)
  • 紺野ぶるまの毎日チンコなぞかけ(東京スポーツ 2018年4月2日から「男セン」紙面内で)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 紺野ぶるま - タレント一覧 - 松竹芸能株式会社
  2. ^ 松竹芸能による公式プロフィール(2009年11月時点でのアーカイブ)
  3. ^ 現在、松竹芸能より公表されているプロフィールでは「東京都出身」と変わっている。
  4. ^ 東京スポーツ「紺野ぶるまのチンコなぞかけ 勃った今芽吹きました!」2016年4月6日 始め、毎回掲載のプロフィールより(本連載開始当初は前者のように公表されていたが、後に松竹芸能より公表されたプロフィールでは後者のように変わっている)
  5. ^ a b 吉田照美 飛べ!サルバドール 第506回 3月9日”. 吉田照美 飛べ!サルバドール 番組公式サイト (2015年3月9日). 2015年3月16日閲覧。
  6. ^ 2016年12月14日放送 一夜づけ”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2016年12月14日). 2017年3月30日閲覧。
  7. ^ 「下ネタなぞかけ」でブレイク寸前!?紺野ぶるまの意外でもない過去”. 日刊大衆. 双葉社 (2015年9月2日). 2016年11月12日閲覧。
  8. ^ a b 紺野ぶるま 鶴瓶の松竹芸能所属を疑う?”. 笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ. ニッポン放送 (2018年6月3日). 2018年6月20日閲覧。
  9. ^ a b c d TVでた蔵「2015年8月29日放送 有吉ジャポン」”. ワイヤーアクション (2015年8月29日). 2015年8月29日閲覧。
  10. ^ 女芸人派閥が若手女芸人を熱烈スカウト、逸材発見で奪い合い”. お笑いナタリー (2015年12月31日). 2015年12月31日閲覧。
  11. ^ 東京スポーツ「紺野ぶるまのチンコなぞかけ 勃った今芽吹きました!」2016年4月27日
  12. ^ a b #外部リンク節記載の「公式プロフィール」(2016年6月10日閲覧)より
  13. ^ 東京スポーツ「紺野ぶるまのチンコなぞかけ 勃った今芽吹きました!」2016年5月11日
  14. ^ a b c d e 週刊プレイボーイ集英社)2014年4月28日号(No.17)70ページ『「かわいすぎる女芸人」が急増中!!』より。
  15. ^ 競輪”. オフィシャルブログ『ぶるまちゃんとはいてます♪』 (2014年6月27日). 2015年4月1日閲覧。
  16. ^ a b ニセAKBが初のグラビアに挑戦、本日発売「FLASH」で手ブラ披露”. ワイヤーアクション (2014年11月11日). 2015年12月31日閲覧。
  17. ^ SUPER FESTIVAL~タイニアリス、似(に)てねぇっ!似(に)てるし!!~”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  18. ^ ニセAKB改めチームG!(続き)”. 本日は晴天なりオフィシャルブログ (2014年6月19日). 2014年6月19日閲覧。
  19. ^ 紺野ぶるま、単独ライブ処女捨てる「ぶるま、夜の新宿でかけまくり」開催”. お笑いナタリー (2015年12月11日). 2016年1月31日閲覧。
  20. ^ M-1グランプリ「コンビ情報詳細 たかぶるりょうこ」(2016年10月22日閲覧)
  21. ^ 紺野ぶるま R-1振り返り感無量「ありがとうしかないよ」”. アメーバニュース・@niftyニュース (2017年3月2日). 2017年3月4日閲覧。
  22. ^ からし蓮根が1番手「第38回ABCお笑いGP」決勝ネタ順と審査員発表”. お笑いナタリー (2017年7月3日). 2017年7月10日閲覧。
  23. ^ 第三回公演の打ち上げやります”. オフィシャルブログ『ぶるまちゃんとはいてます♪』 (2014年11月13日). 2015年4月1日閲覧。
  24. ^ 2013年5月23日(木)「芸人報道」”. gooテレビ (2013年5月23日). 2015年4月28日閲覧。
  25. ^ 役者・芸人「貧乏物語」「何度もクビに 紺野ぶるま“仕事ベタ”ゆえ20種もバイト経験」”. 日刊ゲンダイ (2018年4月2日). 2018年6月21日閲覧。
  26. ^ バラエティ番組制作セミナーsupported by J:COM”. 学校法人東放学園. 2015年12月31日閲覧。
  27. ^ TVでた蔵「2011年3月30日放送 爆笑!ものまねウォーズ」”. ワイヤーアクション (2011年3月30日). 2015年12月31日閲覧。
  28. ^ TVでた蔵「2015年10月22日放送 とんねるずのみなさんのおかげでした」”. ワイヤーアクション (2015年10月22日). 2015年12月31日閲覧。
  29. ^ a b c 週刊大衆 2016年2月15日 p.186 - 188 紺野ぶるま本人のインタビューより。
  30. ^ a b TVでた蔵「2015年2月25日放送 お願い!ランキング」”. ワイヤーアクション (2015年2月25日). 2015年2月26日閲覧。
  31. ^ a b c EX大衆双葉社)2016年3月号「危ない芸人図鑑2016」(p.47)
  32. ^ a b c 東京スポーツ 2018年5月27日 24面「「馬鹿よ貴方は」新道竜巳 女芸人馬鹿売れ前夜」
  33. ^ アキラ100%がピン芸の頂点に! 裸ネタには前年王者ザコシの後押しも! 取材陣にも隠しきった『R-1ぐらんぷり2017』優勝会見詳報”. よしもとニュースセンター (2017年3月1日). 2017年3月19日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 事務所発の公式プロフィールの「活動・出演情報」に掲載。
  35. ^ a b c d e 紺野ぶるま(22ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g 紺野ぶるま(20ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  37. ^ a b 紺野ぶるま(19ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  38. ^ a b c d 紺野ぶるま(1ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  39. ^ a b c d 紺野ぶるま(21ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  40. ^ a b 紺野ぶるま(2ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  41. ^ a b c d 紺野ぶるま(4ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  42. ^ 祝!レギュラー!今夜「伊集院光のてれび」!”. ぶるまちゃんとはいてます (2015年10月30日). 2018年4月22日閲覧。
  43. ^ 紺野ぶるま(18ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  44. ^ 紺野ぶるま(16ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  45. ^ 紺野ぶるま(14ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  46. ^ a b 紺野ぶるま(8ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  47. ^ 「ゴッドタン」完全読本(KADOKAWA、2017年4月)内に「紺野ぶるまの『ゴッドタン』×エロ謎かけ 8番勝負!」のページが掲載。
  48. ^ 紺野ぶるま(12ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  49. ^ a b 紺野ぶるま(10ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  50. ^ a b c 紺野ぶるま(3ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  51. ^ gooテレビ番組(関東版)日曜もアメトーーク! 2時間SP(2017年3月26日放送回)番組概要 - goo
  52. ^ 紺野ぶるま(5ページ目)”. gooテレビ. 2018年4月22日閲覧。
  53. ^ 紺野ぶるまtwitter 2017年1月4日22:54(2017年1月6日閲覧)
  54. ^ 松竹芸能新宿角座|2016年1月29日「紺野ぶるま単独ライブ「ぶるま、夜の新宿でかけまくり」」 - 松竹芸能
  55. ^ 紺野ぶるま「あの気持ちよさが忘れられなくて」第2回単独ライブは2日間”. お笑いナタリー (2016年11月10日). 2016年11月11日閲覧。
  56. ^ 第3回紺野ぶるま単独ライブ 「私立紺野ぶるま学園」”. 松竹芸能. 2016年12月14日閲覧。
  57. ^ 主催ライブざます。”. たかまつななオフィシャルブログ「お笑いジャーナリストへの道」 (2016年1月28日). 2016年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]