原田曜平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
原田曜平
(はらだようへい)
誕生 (1977-04-04) 1977年4月4日(41歳)
東京
職業 マーケティングアナリスト
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学商学部卒業
活動期間 2005年 -
主題 アジアの若者研究とマーケティング及び商品開発
主な受賞歴 JAAA広告賞・新人部門賞(2003年)
デビュー作10代のぜんぶ』(2005年)
テンプレートを表示

原田 曜平(はらだ ようへい、1977年4月4日 - )は日本のマーケティングアナリストである。専門は日本と中国やアジアの若者研究とマーケティングおよび商品開発。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。多摩大学非常勤講師。

経歴[編集]

東京に生まれ、巣鴨高校慶應義塾大学商学部、を経て株式会社博報堂に入社する。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局、を経て若者生活研究室アナリストを務める。

2003年JAAA広告賞・新人部門賞受賞。2012年多摩大学非常勤講師を務めた。近年はマイルドヤンキー伊達マスクなどの言葉の名付け親と言われる[要出典]。伊達マスクに関しては2010年発売の「近頃の若者はなぜダメなのか」に掲載されている。2013年度の流行語大賞にノミネートされた現代の若者全体を示す「さとり世代」という言葉を広めたと言われる[要出典]2014年4月日本テレビZIP!に金曜レギュラーとして出演している。2015年にキャリタス就活で大学生に向けた全10回のブログ「就活作戦会議室」開始した。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」』〈光文社新書〉、2010年ISBN 978-4-334-03544-0
  • 『さとり世代 盗んだバイクで走り出さない若者たち』〈角川oneテーマ21〉、2013年ISBN 978-4-04-110543-6
  • 『ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体』 幻冬舎新書2014年ISBN 978-4344983366
  • 『女子力男子 女子力を身につけた男子が新しい市場を創り出す』宝島社 2014
  • 『新・オタク経済 3兆円市場の地殻大変動』朝日新書 2015
  • 『18歳選挙世代は日本を変えるか』ポプラ新書 2016
  • 『ママっ子男子とバブルママ 新しい親子関係が経済の起爆剤となる』PHP新書 2016
  • 『パリピ経済 パーティーピープルが市場を動かす』新潮新書 2016
  • 『「少子さとり化」ニッポンの新戦略』潮出版社 2016
  • 『平成トレンド史 これから日本人は何を買うのか?』角川新書、2018

共著[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

  • ニコ生トークセッション「近頃の若者は、なぜ、ダメなのか?」原田曜平×ひろゆきニコニコ生放送、2011年3月8日)
  • ニコ生トークセッション「中国人一億人ネット調査〜共産党より日本が好き?〜」(ニコニコ生放送、2011年7月11日)
  • ニコ生トークセッション「TOKYO PANDAに聞く!中国ワカモノ最新事情」(ニコニコ生放送、2011年8月19日)
  • 「萱野稔人の“ゆるゆる”時事放談〜若者の苦悩、フランス大統領選、就カツ・転職、フーコー/ドゥルーズまで〜」(ニコニコ生放送、2012年5月2日)
  • 「スマホ就活族の陽性な若者消費」(日経消費ウオッチャー、2012年8月)
  • 「いまどきの「働き方」を考える連載フォーラム 飯田泰之×常見陽平の『饒舌大陸』 第3回」(ニコニコ生放送、2012年10月18日)

新聞[編集]

  • 日本経済新聞「面倒だからやみつき 想定外買って楽しむ」(2011年3月13日)
  • 朝日新聞夕刊「ステップアップ 新生活」欄『世代間コミュニケーション』特集(2011年4月8日)
  • 聖教新聞「ケータイ・ネーティブの今」(2011年9月10日)
  • 日本経済新聞「C世代駆ける」(2012年1月9日)
  • 毎日新聞「特集ワイド」(2012年1月23日)
  • 読売新聞「学生寮再発見 マンガやアニメ 同好の館」(2012年2月22日)
  • 朝日新聞「若者の性交率低下の背景は」(2012年9月1日)
  • 日本経済新聞「つまみは宅配 職場で一杯 手軽に居酒屋気分 外食より割安、上司も安心」(2012年11月9日)
  • 朝日新聞「若者の男女共働き意識」(2012年12月16日)
  • 朝日新聞「さとり世代 車乗らない 恋愛は淡白 浸透中」(2013年3月18日)
  • 日本経済新聞「新生活テレビ消えた 家電セット 必要なものだけ スマホで代替 若者 予算絞る」(2013年3月20日)

関連人物[編集]

  • 首藤明敏(博報堂コンサルティング代表取締役社長、多摩大学大学院客員教授)

外部リンク[編集]