マイルドヤンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マイルドヤンキー とは、マーケティングアナリスト原田曜平博報堂 ブランドデザイン 若者研究所)が、2014年1月に定義した概念。 地元指向が強く、内向的、上昇志向が低い、などの特徴が見られるが、従来のヤンキー程の攻撃性違法性はなく、マイルドの名が示す通り本物の不良にもなり切れない層[1]

特徴[編集]

ショッピングモール

提唱者の原田は2014年5月12日放送のNHK「NHKニュースおはよう日本」にVTR出演した際、マイルドヤンキーに多い傾向を以下のように上げていた[2]

  • 地元から出たくない
  • 「絆」「家族」「仲間」という言葉を好む
  • 車(特にミニバン)を好む
  • ショッピングモールを好む
  • 仲間のスーツ姿を煙たがる
  • 主に昔話が多い
  • 公共交通機関は苦手
  • 地域や仲間内でリスペクトされている者の喋り方や口癖を真似る
  • 1人で行動出来ない(車であれば可能)
  • 都会は未知の世界
  • 子供も同じ人生を歩む
  • 基本的に暇してる
  • パチンコパチスロを好む
  • 意外と寂しがり&強がり
  • テレビっ子
  • 親の離婚率が高い
  • 飲食店で店長を呼び出して飲食代を全部無料にしたエピソード(武勇伝)を1つは持っている

一方、不動産投資家芝山元は以下のように述べている[3]

また、評論家谷本真由美は、以下のように定義し、特徴づけている[4]

  • マイルドヤンキー(地元志向の強い若者)
  • 今日の日本では国民の大半
  • 「自称中流」であっても、その実態はワープア(ワーキングプア)に近かったり、下流
  • 神奈川県の県央や湘南地区の場合
  • 実家が激しく貧乏で、相手方の実家に金を無心するということが珍しくない
  • 借金を抱えた実家が夜逃げすることもよくあり、そのノウハウが広く知られている
  • 20歳前後で結婚して子供は3人から4人
  • 旦那は生コンミキサー車運転手産業廃棄物処理場勤務
  • 妻がコンビニやスーパーのパート
  • 懐石料理よりも、『すき家』や回転ずしが好き

反論[編集]

作家の堀田純司は、隠然たる「日本のリアル」を東京の視線が勝手に見失い、勝手に再発見した気になっていると違和感を表明している[5]。また、山手線内側のエリートが地方を見下してるだけとの指摘もある[6]

特徴の項にあるような傾向を持つ層の存在を認めつつ、その全てが当てはまる人物は決して多数派ではないこと、そして未来は地方の「マイルドヤンキー」層と都会のエリート層で二極化するという予想には慎重な立場を取った意見などが『普通の未来(さそねっと)』というブログマガジンで紹介されている[7]

脚注[編集]

  1. ^ マイルドヤンキーは政治的保守層ではない—『ヤンキー経済』著者・原田 曜平氏に聞く - ニッポンドットコム(2014.07.17)2019年1月11日閲覧
  2. ^ いまや若者の一大勢力? マイルドヤンキーとは”. NHKニュース おはよう日本 (2014年5月12日). 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月10日閲覧。
  3. ^ 芝山元 (2014年3月21日). “マイルドヤンキー賞賛とその先にあるもの、、、”. ハフィントン・ポスト日本版. 2014年6月10日閲覧。
  4. ^ 谷本真由美 (2018年4月9日). “眞子さまが「ゴシップ報道」小室圭さんを選んでも別に不思議じゃない”. iRONNA(産経デジタル). 2018年7月3日閲覧。
  5. ^ 「マイルドヤンキー」論への違和感 “再発見”する東京の視線と、大きな物語なき後のなにかITmedia 2014年05月23日
  6. ^ マイルドヤンキー論は薄っぺらで山手線内側のエリートが地方を見下してる感タップリ!BLOGOS 2014年06月02日
  7. ^ 【馬】マイルドヤンキー論の限界と使い方、提供:株式会社産業創出ネットワーク 2014-03-21 00:00

参考文献[編集]

  • 原田曜平『ヤンキー経済 消費社会の主役・新保守層の正体』幻冬舎2014年ISBN 978-4-3449-8336-6
  • 『若い家族、都心より地元 「コンシューマーX」の実像』日本経済新聞2014年7月27日

関連項目[編集]