マイルドヤンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マイルドヤンキー は、マーケティングアナリスト原田曜平博報堂 ブランドデザイン 若者研究所)が、2014年1月に定義した概念。 地元指向が強く内向的、上昇志向が低いなどの特徴がある。

特徴[編集]

提唱者の原田は2014年5月12日放送のNHK「NHKニュースおはよう日本」にVTR出演した際、マイルドヤンキーに多い傾向を以下のように上げていた[1]

一方、不動産投資家芝山元は以下のように述べている[2]

  • 生まれ育った地元指向が非常に強い(パラサイト率も高い)
  • 郊外や地方都市に在住(車社会)
  • 内向的で、上昇指向が低い(非常に保守的)
  • 低学歴で低収入
  • ITへの関心やスキルが低い
  • 遠出を嫌い、生活も遊びも地元で済ませたい
  • 近くにあって、なんでも揃うイオンSCは夢の国
  • 小中学時代からの友人たちと「永遠に続く日常」を夢見る
  • できちゃった結婚比率も高く、子供にキラキラネームをつける傾向
  • 喫煙率や飲酒率が高い

マイルドヤンキーという括りの概念は、精神科医の斎藤環が2012年6月の著書『世界が土曜の夜の夢なら』で提示したヤンキー文化論と非常に似通っている。[独自研究?]

反論[編集]

作家の堀田純司は、隠然たる「日本のリアル」を東京の視線が勝手に見失い、勝手に再発見した気になっていると違和感を表明している[3]。また、山手線内側のエリートが地方を見下してるだけとの指摘もある[4]

特徴の項にあるような傾向を持つ層の存在を認めつつ、その全てが当てはまる人物は決して多数派ではないこと、そして未来は地方の「マイルドヤンキー」層と都会のエリート層で二極化するという予想には慎重な立場を取った意見などが『普通の未来(さそねっと)』というブログマガジンで紹介されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ いまや若者の一大勢力? マイルドヤンキーとは”. NHKニュース おはよう日本 (2014年5月12日). 2014年7月10日閲覧。
  2. ^ 芝山元 (2014年3月21日). “マイルドヤンキー賞賛とその先にあるもの、、、”. ハフィントン・ポスト日本版. 2014年6月10日閲覧。
  3. ^ 「マイルドヤンキー」論への違和感 “再発見”する東京の視線と、大きな物語なき後のなにかITmedia 2014年05月23日
  4. ^ マイルドヤンキー論は薄っぺらで山手線内側のエリートが地方を見下してる感タップリ!BLOGOS 2014年06月02日
  5. ^ 【馬】マイルドヤンキー論の限界と使い方、提供:株式会社産業創出ネットワーク 2014-03-21 00:00

参考文献[編集]

  • 原田曜平『ヤンキー経済 消費社会の主役・新保守層の正体』幻冬舎2014年ISBN 978-4-3449-8336-6
  • 『若い家族、都心より地元 「コンシューマーX」の実像』日本経済新聞2014年7月27日

関連項目[編集]