DQN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DQN(ドキュン)とは、日本語の文脈で使われるインターネットスラング蔑称の一つである。

概要[編集]

ヤンキー不良)など、粗暴そうな風貌をしている者や実際に粗暴な者、また、非常識知識知能が乏しい者を指すときに用いられる[1]

2010年の調査では、一般的なインターネットスラングであるとみなされている[2]。1994年から2002年までテレビ朝日で放送されていた番組『目撃!ドキュン』が由来とされる。目撃ドキュンの内容は、離婚などで生き別れの親子が対面などというものであった。そのため、ヤンキーのことを、「15歳で結婚して子供が生まれて、20歳になったら離婚して、40歳になったら目撃ドキュンにでている人たち」という意味でDQNと2ちゃんねるを中心に呼ぶようになった。[3]

メディアでの取り上げられ方の一例[編集]

プロバイダ責任制限法の関連の情報を伝えるプロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会[4]が、2007年2月に策定(2011年9月改訂)した「発信者情報開示関係ガイドライン」[5]の中で、「DQN」がその他の表現と並んで「いずれも侮蔑的な表現を使って原告を誹謗中傷する内容であると認められ、原告の社会的地位を低下させるものであると認められる」(東京地裁平成15年(2003年)9月17日判決、控訴審東京高判平成16年(2004年)1月29日も結論を維持)と判示され、初めて司法の場によって「DQN」が侮蔑語として認められたことが示されている[6]

この判決により、今後は匿名掲示板において「DQN」の言葉を用いると、書き込んだ者のリモートホスト氏名などの個人情報が開示される危険性があると、ニュースサイトなどのメディアで報道された[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 牧野恭仁雄『子供の名前が危ない』ベストセラーズ(ベスト新書)、2012年。20頁。
  2. ^ 「orz」「DQN」「ノシ」…ネットスラングいくつ知ってる? 産経新聞 2010年11月10日 (cache)
  3. ^ “グーグルAI、その名もDQN! 超高性能だが、「頭悪そう〜」”. 産経ニュース. (2015年2月26日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150226/ent1502260005-n1.html 2015年2月27日閲覧。 
  4. ^ プロバイダ責任制限法対応事業者協議会
  5. ^ 「プロバイダ責任制限法発信者情報開示関係ガイドライン」 、プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会、初版:2007年2月 第2版:2011年9月、p.14
  6. ^ 判決文では、「「DQN」が侮辱的表現であることは」、証拠「より明らかである。」と判示されている
  7. ^ 「DQN」は名誉毀損 2ちゃん語が危ない (J-CAST)「DQN」で実名開示も?悪質書き込み対策で業界ガイドライン (cache) など。

参考文献[編集]

  • オタク文化研究会 『オタク用語の基礎知識』 マガジン・ファイブ、2006年ISBN 4-434-07396-6

関連項目[編集]