ストライクTV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストライクTV
ジャンル バラエティ番組クイズ番組
放送時間 月曜 23:15 - 翌0:15(60分)
放送期間 2011年10月3日 - 2014年3月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
演出 大岡慎介
プロデューサー 萩野健太郎
奥田創史(GP)
出演者 爆笑問題太田光田中裕二
石井寛子
音声 ステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ストライクTV』(ストライクティーヴィー)は、2011年10月3日から2014年3月24日までテレビ朝日系列ネオバラエティ月曜日にて放送されていたバラエティ番組

概要[編集]

本番組は、テレビ朝日の深夜番組お願い!ランキング』の木曜日の企画として好評を博した『ストライク♪ミュージック』からの派生番組[2]としてスタートした。

MCにはネオバラエティ月曜日で2011年9月26日まで放送されていたクイズ番組雑学王』から引き続き、爆笑問題が起用された。

開始当初は、音楽だけではなくグルメファッションアニメ芸人など最近の流行を一つのテーマにゲスト出演者がプレゼンテーションを行う内容だった。プレゼンター以外の出演者が内容を評価し、共感度合いをボウリングになぞらえて「ストライク」「スペア」「ガター」としていた。なお、何度にもわたるリニューアルで当初のコンセプトからかけ離れたものとなったことで、派生元になった「ストライク♪ミュージック」は2012年2月2日より以前の『お願い!ランキング』木曜日(同年10月1日より月曜日)に戻して放送されている。

2012年4月23日に全面的にリニューアルされ、『爆笑問題の検索ちゃん』『雑学王』スタイル[3]の、クイズ番組の体をとったトークバラエティに戻っている。当初は得点があり優勝者を決めていたが、番組の最後に軽く触れるだけで賞品はなかった。またクイズの問題も当初は事実を問うものだったが、その後、いろいろなタイプの人間をテーマにしたアンケートクイズが中心になった。「ストライクTV特別編」として『検索ちゃん』の復活版が放送されることもある。番組名との関連性については、1人でも正解者がいると「ストライク」、正解者がいない場合を「ガター」とすることで保っている。5月21日までは、爆笑問題が週替わりで相方に好きなものをプレゼンするミニコーナーがあった。

2013年8月19日から、最終問題がクイズではなく「ストライクアンサー」というコーナーになった。視聴者からの悩みのメールに対して最も有効な解決策と太田が判定した答えが正解になる。翌週の8月26日では、全問がストライクアンサーという企画になった。その後は共通のテーマに沿った芸能人をゲストに呼び、そのゲストのエピソードから問題を出す形式となっている。

2014年4月から、本番組放送時間帯にこれまで21時台に放送していた『ビートたけしのTVタックル』が枠移動することが決定[4]したため、同年3月24日を以て終了。代わって爆笑問題出演枠は『言いにくいことをハッキリ言うTV(→お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺)』[5]が放送されている。ラスト2回は『公開ダメ出しスペシャル!』と題して、2014年3月17日放送分では田中に対して(通常放送とは逆に田中が司会、太田が解答者)、24日放送分では太田に対して回答者達が様々なクレームを付けるという内容だった。

出演者[編集]

レギュラー

2012年4月23日以降は、太田は司会、田中は解答者(1枠)。2014年3月17日のみ、太田と田中は司会者と解答者が逆になった。
太田は司会を務める際に「検索ちゃん」時代を踏襲して、解答者に対して適当なあだ名を付ける。特に田中に関してはほぼ毎回、解答を開ける際に「爆笑問題田中裕二郎君の答えを…」と発言、それに対して田中が「は付かないんだけどね」と突っ込むのがお決まりであった。
番組内で「アプリソムリエ」としても活躍した石井寛子
2009年東京モーターショーにて)
アシスタント。出演者からは「アプリ子ちゃん」と呼ばれ、毎回バーテンダーの衣装を着用した。
リニューアル当初に「ストライクアプリ」などスマートフォンアプリを紹介するコーナーがあり、「アプリソムリエ」という肩書きで解説のために出演していた。アプリコーナーが不定期になってからも、アシスタントとして出演している。アプリコーナー不定期化後も「アプリソムリエ」のままだったが、2013年1月21日からは「アシスタント」という肩書きに変更された。その後一度「アプリソムリエ」に戻ったが、すぐに肩書きが表示されなくなった。主に番組進行、および問題の関連情報やヒントの提供を行い、若い女性目線、およびネットユーザーとしての意見をコメントすることもあったが、番組内で一度も発言しない回も多かった。

準レギュラー

解答席は2枠。2012年4月23日以降ほぼ隔週で出演。
解答席は2枠。リニューアル当初は不定期で出演していたが、2013年4月1日以降は隔週で出演。

ゲスト(解答者)

2012年4月16日以前のゲストは芸人4人。4人でチームを組み、2チームの対戦形式の場合もある。毎回入れ替わっており、当初は『お願い!ランキング』時代同様同い年のゲスト3人を招いていたが、ほどなくそういった縛りはなくなった。
2012年4月23日以降のゲストはリニューアル当初は芸人中心だったが、同年秋ごろよりクイズのテーマに合わせ、役者やタレントなど幅広くゲストを呼ぶようになった。
2013年に入ってからは、嫌われる女や文句を言う女(「カミツキ女子」など)をテーマにすることが非常に多くなり、その場合は必ず小島慶子が出演した。

放送リスト[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 放送日の遅れ
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 月曜
23:15 - 翌0:15
同時ネット
北海道 北海道テレビ(HTB)
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
長野県 長野朝日放送(abn)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(NCC)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)
近畿広域圏 朝日放送(ABC) 火曜
0:30 - 1:32
(月曜深夜)
1時間15分遅れ
過去のネット局

スタッフ[編集]

  • 構成:鈴木おさむ樋口卓治秋葉高彰野口悠介
  • ナレーター:藤井佑実子服部伴蔵門
  • TM:大島秀一
  • TD/SW:錦戸浩司、今川愛(今川→一時離脱→復帰)
  • CAM:保坂健一
  • VE:青木和敬
  • 照明:三澤孝至
  • 音声:江尻和茂
  • PA:田村智宏
  • クレーン:平井志穂、宮田浩
  • 美術デザイン:井磧伸介(以前は美術プロデューサー)
  • 美術進行:野口香織、山本和記(テレビ朝日クリエイト
  • 大道具:小野祐樹
  • 小道具:石井琢也
  • 電飾:小板橋厚史
  • モニター:下園拓也
  • 装置:野間恵美子
  • 装飾:前西原亜戸
  • CGプロデュース:横井勝
  • CGデザイン:形部まり子(以前はCGプロデュース)、山本裕之
  • EED:片田真、毛利陽平(IMAGICA
  • MA:赤津英彰(IMAGICA)
  • 音効:吉田達朗(TSP
  • TK:船木玉緒
  • スタイリスト:植田雅恵
  • ヘアメイク:小川和美、小野やよい、段久美子
  • 問題リサーチ:梅田道人、松尾真一郎、中野綾香
  • 編成:松瀬俊一郎、谷山沙要
  • 宣伝:残間理央
  • 営業:長畑陽太
  • Web制作:見村浩利
  • 制作スタッフ:海東隆志、山本清志郎、沼田真明、南沙織、渡邊亮介、丸山俊、奥藤理絵、三村理絵、三戸駿也、平野陽子、鶴田和、野口眞嗣、奥野菜央子
  • ディレクター:大崎義宏、矢野和久、真船潤、栗原大祐、小倉弘正、田中健太、雨宮雄太
  • AP:五十嵐久也、鈴木園子(以前は制作スタッフ)
  • 演出:大岡慎介
  • プロデューサー:荻野健太郎
  • ゼネラルプロデューサー:奥田創史
  • ロケ技術:TSP
  • 技術協力:テイクシステムズ
  • 製作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:村松浩介、照井良平、利光宏治、林賢一
  • TD/SW:住田清志
  • CAM:外川真一、桝田茂雄、栗林克夫(栗林→一時期TD/SW担当していた)、佐藤邦彦
  • VE:齋藤弘幸、東那美、時見正和
  • 音声:古寺智和、中田孝也、森永茂
  • クレーン:浅田康和、川上智、深谷勝成、竹中崇将
  • 美術進行:遠藤ゆか
  • 電飾:高橋友之
  • モニター:石井智之
  • 特効:吉川剛史
  • 大道具:神谷直矢
  • EED:森川隆孝(IMAGICA)
  • MA:阿部哲也(IMAGICA)
  • 音効:竹内陽(TSP)
  • 問題リサーチ:辰井裕紀
  • 編成:荒井祥之、田中真由子、柳井寛史
  • 宣伝:椿本晶子
  • デスク:萩原わかな
  • 営業:好木愛沙
  • 制作スタッフ:清永圭一、生熊香織、徳留卓、中村優希、大山真司
  • ディレクター:鈴木伸明、大岩タカユキ、松岡信行、大橋豪、本橋啓、佐藤啓、福元洋之、鈴木博久、川跡友里、大喜多高志、山浦太郎、北住健司
  • AP:浅倉きよみ、田畑まなみ、大村絵美子、馬越脇弘章、竹山知子
  • プロデューサー:樋口圭介、船引貴史(船引→以前はプロデューサー・演出)
  • ゼネラルプロデューサー:奥川晃弘

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • お願い!ランキング - 土曜日19時台に放送されていた派生番組「お願い!ランキングGOLD」で、爆笑問題がMCを務める。企画・内容も一部共有している。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 ネオバラエティ月曜日
前番組 番組名 次番組
ストライクTV
  • 月曜21:00 - 21:54から移動