犬山紙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
犬山紙子
誕生 (1981-12-28) 1981年12月28日(35歳)
日本の旗 日本 大阪府
職業 コラムニスト
エッセイスト
タレント
言語 日本語
ジャンル コラム
エッセイ
デビュー作 『負け美女』
配偶者 劔樹人
公式サイト 犬山紙子公式ブログ Powerd by LINE
所属事務所 SLUSH-PILE(スラッシュパイル)
テンプレートを表示

犬山 紙子(いぬやま かみこ、1981年12月28日 - )は、日本のブロガー、コラムニストエッセイストラジオパーソナリティ

来歴[編集]

大阪生まれ[1][2]。幼少時代を大阪府兵庫県で過ごし中学生の時に宮城県名取市に移住。仙台白百合学園高等学校東北学院大学経済学部卒業。

地元仙台の出版社で編集者として勤務。家庭の事情で退職後、『負け美女』を出版するまでニート生活を過ごす。

作家デビュー後は「負け美女研究家」として雑誌ラジオなどのメディアに頻繁に取り上げられ、コメンテーターとしてTV出演も行っている。

人物[編集]

モデルやタレントなどの友人が多く、友人達から聞いた「美人にもかかわらず負けている恋愛エピソード」を収集し、ブログのネタにしている(その場合友人に許可を取っているとブログコラムの記事に明記されることがある)。

本人も「美人なのに豪快な漫画家」などと評されることもあるが[3]「負け美女」は自称ではなく、自分は含まれないと明言している[4]

2011年発行の『負け美女』のプロフィールにおいて彼氏が3年いないと自称していた[5]。原因は惚れにくい性質によるものとインタビューなどで答えていた[6]が、2013年6月12日のブログで[7]音楽プロデューサー劔樹人神聖かまってちゃんマネージャー[8]あらかじめ決められた恋人たちへベーシスト[9])との交際を開始したことを発表し、2014年8月8日に入籍[10]。 夫婦そろってモーニング娘。及びハロー!プロジェクトの熱烈なファンでもある[11]

一ヵ月のうち10日を実家のある仙台で過ごし、残りの20日を東京で過ごしている[12]。宮城に本社のあるアイリスオーヤマの社長は伯父であり、父はコミュニケーション能力が高く「営業の鬼」と呼ばれている専務取締役であるとしている[13](正確には、社長は長兄(伯父)であり専務はその弟である)。

2013年2月15日付けで「城コン」(愛知県犬山市で開催の街コン)の公式サポーターに就任[14]

第8回したまちコメディ映画祭in台東の審査員を務めた[15]

2016年8月4日、自身のブログにて、第1子妊娠を発表[16]

2016年8月13日、「企画でメシを食っていく2016」に"コラムの企画"講師として参加[17][18]

2016年8月23日放送のテレビ東京開運!なんでも鑑定団」に出演し、1970年代当時に夫の叔父がグァテマラにて4万円で買った器を持参して鑑定してもらったところ、8世紀マヤ文明時代のものだということが判明、今ではもう売買出来ないもので120万円の鑑定結果が出る[19]

2017年1月6日に第1子出産[20][21][22][23][24][25][26]

経歴

家庭の事情で編集者を辞めたのち、無職時代(2005-2011ごろ)[27]にマンガ家を目指し出版社に持ち込みを行うも没になりマンガ家への道を断念[12]

知人の薦めでブログ「犬山紙子のイラストエッセイ 柴犬の素晴らしさ(現・犬山紙子のイラストエッセイ)」を始める。

「友人の恋愛ネタ」などを中心にイラストなどを盛り込んだネタを定期的に更新。ブログを書籍化されたものが「負け美女」である。

著書[編集]

現在の出演[編集]

太字はレギュラー。

テレビ[編集]

現在の出演

ラジオ[編集]

  • ごごラジ! (2017年4月3日 - 、NHKラジオ第1) 月曜パーソナリティ

過去の出演[編集]

テレビ[編集]

過去の出演

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

  • ニュース番組『AbemaPrime』直前スペシャル第2弾 (2016年4月5日、AbemaTV) コメンテーター
  • 人狼最大トーナメントseason2 (2016年4月24日、ニコニコ生放送

CM[編集]

  • サントリー 『サントリープレシャス』「女子会with渡部 北海道版」 篇 (2015年4月、北海道限定)[29][30]
  • エスエス製薬 『エスカップ』「がんばる人々 六本木」篇 (2015年6月)

ミュージックビデオ[編集]

ライブイベント[編集]

  • HARAJUKU SUMMIT -越境するファッション- (2016年3月27日、ラフォーレミュージアム原宿)
  • ダイナマイト関西2016~オープントーナメント前夜祭~ (2016年5月8日、東京・ルミネtheよしもと)

トークショー[編集]

  • ガイ・リッチー監督映画『コードネーム U.N.C.L.E.』女性限定試写会(2015年11月9日、都内) 上映後、トークショー
  • ロキソニンS presents. 「女性活躍のカゲで急増中!?犬山紙子さんに学ぶ. "イタい女子"にならないためのプレミアムな処世術」(2016年5月21日「WOMAN EXPO TOKYO 2016」東京ミッドタウン、2016年7月17日「WOMAN EXPO FUKUOKA 2016」アクロス福岡
  • イタリア映画『おとなの事情』トークイベント付き女子限定試写会(2017年3月15日、ユーロライブ)
  • 日経 オトナ女子の会in広島 「上司、同僚、後輩~やらかし男子との付き合い方~」(2017年10月14日、RCC文化センター)

連載[編集]

雑誌
  • 『痛男(イタメン)』 (「SPA!扶桑社 2012年5月〜)
  • 『悲しき負け美女の口癖』 (「GINA」ぶんか社 2012年5月〜2015年8月号)
    • 『そこまでやるか!?女の秘技』 (「GINA」ぶんか社 2015年9月号〜2015年11月号)
  • 『犬山紙子のカミつきたい夜』 (「UOMO集英社
  • 『犬山紙子のふんいき美人道』 (「steady.宝島社 2014年6月号〜)
  • 『SanPakuちゃんのわがまま気まま相談室』 (「anan」マガジンハウス 2015年5月〜)
  • モテ読書』 (「文學界文藝春秋 2015年5月号〜)
  • 犬山紙子のLINE交換記 キラキラ女になれなくて』 (「Domani(ドマーニ)小学館 2016年4月号〜)
WEB
単発
  • はのはなし - 歯科医院の患者さんのためだけにつくられた読み物。配布場所:歯科医院。発行から2週間だけWEBで読める。
    • 20号(2016年8月15日発行)、21号(2016年9月1日発行)

DVD[編集]

  • オモクリ監督ゲスト監督作品集2(2015年9月16日、フジテレビジョン) 犬山紙子監督作品を収録。
  • オモクリ監督ゲスト監督作品集3(2015年9月16日、フジテレビジョン) 犬山紙子監督作品を収録。

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 犬山紙子の、そろそろ本気出さないと死ぬ 〜堕落した女は美しくなれるのか?〜 第1回目「そろそろ本気出さないと死ぬ。って思ってたところに……」 2014年8月1日
  2. ^ 湯の国 Vol.101 犬山紙子 モテ女子はバスタイムに「ヒロイン感」を演出! 2015年5月1日
  3. ^ ロケットニュース24 2012年7月25日
  4. ^ 犬山紙子のイラストエッセイ「負け美女とは?」
  5. ^ 「負け美女」(マガジンハウス刊 2011年10月初版発行)プロフィールにおいて
  6. ^ 「anan(マガジンハウス刊)No.1792「ロンブー×森川教授 だからキミはダメなんだ」連載インタビューにおいて
  7. ^ 「彼氏できました」/犬山紙子のイラストエッセイ(本人によるブログ)
  8. ^ “劔樹人が神聖かまってちゃんマネージャーに4カ月ぶり復帰”. 音楽ナタリー. (2013年8月12日). http://natalie.mu/music/news/97027 2017年1月11日閲覧。 
  9. ^ “インタビュー企画 vol.2:劔樹人 (Ba)”. あらかじめ決められた恋人たちへ 公式サイト. (2012年2月25日). http://arakajime.main.jp/archives/1028 2017年1月11日閲覧。 
  10. ^ “交際から1年2カ月、劔樹人&犬山紙子が結婚”. 音楽ナタリー. (2014年8月8日). http://natalie.mu/music/news/123190 2017年1月11日閲覧。 
  11. ^ 「モー娘。は、過去の自分を成仏させてくれる」“負け美女”犬山紙子が同性ファンの心理を解説
  12. ^ a b Hagexギャルを探せ 負け美女「犬山紙子」の巻”. Hagex-day info. 2017年9月21日閲覧。
  13. ^ 「犬山紙子が語る「素人がネットで見出される技術」」日刊SPA2014.06.06
  14. ^ 「負け美女評論家」の犬山紙子氏が「城コン」(犬山市街コン)の公式サポーターに就任! 3月23日(土)に開催される第4回城コンでは「街コン必勝法」をテーマにしたトークショーも開催。”. ピー・レボリューション・メイク. dreamnews.jp. 2016年4月10日閲覧。
  15. ^ したコメ人 - 第8回したまちコメディ映画祭in台東”. したまちコメディ映画祭. 2016年4月10日閲覧。
  16. ^ “犬山紙子、第1子妊娠4ヶ月を報告 来年1月出産予定”. ORICON STYLE. (2016年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2076314/full/ 2016年8月5日閲覧。 
  17. ^ 「企画でメシを食っていく2016」開講!.楽天WOMAN(2016/04/16). 2016年4月22日閲覧。
  18. ^ “犬山紙子さんによる「コラムの企画」レポート!8/13(土)第8回目は【コラムの企画】。”. 企画でメシを食っていく. (2016年11月2日). http://newslounge.net/archives/192467V 2017年1月11日閲覧。 
  19. ^ “ハウマッチ?犬山紙子さん「鑑定団」に出品の器は実はマヤ文明時代のものだった!”. スポニチ. (2016年8月23日). http://newslounge.net/archives/192467 2017年1月11日閲覧。 
  20. ^ “犬山紙子さん 第1子女児出産、予定日より2週間早く「感謝でいっぱい」”. スポニチSponichiAnnex. (2017年1月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/01/09/kiji/20170109s00041000267000c.html 2017年1月11日閲覧。 
  21. ^ “犬山紙子さんが第1子誕生を報告「元気な女の子です!」”. サンスポSANSPO.COM. http://www.sanspo.com/geino/news/20170109/mrg17010921250003-n1.html 2017年1月11日閲覧。 
  22. ^ “犬山紙子さんが女児出産を報告「生きててよかった」”. スポーツ報知. (2017年1月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170109-OHT1T50241.html 2017年1月11日閲覧。 
  23. ^ “劔樹人と犬山紙子に第1子誕生「愛おしさは想像の無量大数倍」”. 音楽ナタリー. (2017年1月9日). http://natalie.mu/music/news/216203 2017年1月11日閲覧。 
  24. ^ “犬山紙子、第1子女児出産「愛情が凄まじいことに」”. eltha by ORICON STYLE 自分らしく輝くオトナbeauty. (2017年1月10日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/love/news/2084323/full/ 2017年1月11日閲覧。 
  25. ^ “犬山紙子さん、第1子出産「バリバリ赤子」(東京都)”. 日テレNEWS24. (2017年1月10日). http://www.news24.jp/nnn/news890141781.html 2017年1月11日閲覧。 
  26. ^ “エッセイスト・犬山紙子 第1子女児を出産”. NEWS LOUNGE. (2017年1月10日). http://newslounge.net/archives/192467 2017年1月11日閲覧。 
  27. ^ https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/heroes_file/134
  28. ^ 上重聡アナ「スッキリ!!」のMCに!松坂投手との“誓い”明かす”. シネマトゥデイ (2015年3月6日). 2015年3月6日閲覧。
  29. ^ 中村アンらの女子会に渡部建が乱入!”. ORICON (2015年4月5日). 2015年4月6日閲覧。
  30. ^ 広告紹介 | サントリープレシャス”. サントリー. 2015年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]