ゆく時代くる時代〜平成最後の日スペシャル〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆく時代くる時代
〜平成最後の日スペシャル〜
ジャンル 特別番組
司会者 爆笑問題太田光田中裕二
指原莉乃
大越健介
製作
制作 NHK総合テレビ
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1部(平成まるごと大年表)
放送期間 2019年4月30日
放送時間 火曜 8:15 - 14:00
放送分 269分
回数 1回
第2部(きょうの料理は見た! 平成 味の三十年史)
放送期間 2019年4月30日
放送時間 火曜 14:05 - 16:00
放送分 115分
回数 1回
第3部(ついに"時代越し"!)
放送期間 2019年4月30日 - 5月1日
放送時間 火曜 23:25 - 水曜 0:30
放送分 65分
回数 1回
番組年表
関連番組 ゆく年くる年(NHK総合)

ゆく時代くる時代〜平成最後の日スペシャル〜』(ゆくじだいくるじだい へいせいさいごのひすぺしゃる)は、2019年4月30日 - 5月1日NHK総合テレビで放送された大型特別番組[1][2]

概要[編集]

天皇陛下退位により、平成31年4月30日が「平成最後の日」となった。天皇の崩御によるものではない改元は約200年ぶりとなり、2019年に生存している人間では誰も経験したことがない特別な日となる。この番組は、平成を年代ごとに振り返り、社会や暮らしの変化をかみしめ、平成を象徴する全国各地から中継し、平成最後の日を過ごす人々の姿を映し出す生放送の特別番組である[3]

全3部構成で放送され合計7時間30分の超大型特番となる。2019年4月5日に、番組の総合司会を爆笑問題太田光田中裕二)と放送2日前の4月28日AKB48グループを卒業したばかりの指原莉乃が担当することが発表された[4]。AKB時代を含めて指原がこのような超大型特番の総合司会・メインを務めるのは2016年フジテレビ系で放送された『FNS27時間テレビ30』以来、およそ3年ぶりとなる。

番組タイトルは、NHKが大晦日から元日にかけて放送している「ゆく年くる年」が由来だが、年越しと違い除夜の鐘は鳴らないため「ゆく年くる年」のような厳かな雰囲気ではなく、よりバラエティ色あふれる演出になった。

この日は皇居などで退位に関連する儀式や手続きが進められており、随時、番組を中断し関連するニュースを伝えた。

総合司会[編集]

内容・出演[編集]

第1部「平成まるごと大年表」(8時15分 - 10時00分、10時15分 - 11時54分、13時05分 - 14時00分)[編集]

平成元年から平成31年までの主な出来事をピックアップして振り返る。数年毎に区切り、その時期を象徴する出来事に関連するゲストが登場し“今だから話せる平成の真相”を語った。

あるひとつの「モノ」を通して平成を振り返るコーナー「モノすごい平成」では、所謂“一発屋”と称される芸人がナビゲーターに起用された。

連続テレビ小説なつぞら』から接続した第1部の冒頭では、爆笑問題近江友里恵により朝ドラ受けが行われ、その直後太田光が「博多大吉博多華丸・大吉)です。赤江さん観てるー?芝生に来い」と発言した[5][6][7]

また、NHK大阪で開催中のイベント「平成ネット史(仮)展@大阪」会場から「懐かしの平成ガジェット鑑定ショー」が生中継された。

--

第2部「きょうの料理は見た! 平成 味の三十年史」(14時05分 - 16時00分)[編集]

この年に放送開始62年を迎えるNHKの長寿料理番組「きょうの料理」の歴史を軸に、平成における食生活・食文化の変遷を振り返り“平成の食を総ざらい”する企画。

司会には、料理に造詣が深く同局が手がける食の情報番組「うまいッ!」を担当する天野ひろゆきが起用された。 歴代講師を代表し高城順子、グッチ裕三、きじまりゅうたが登場。高城は“令和にブレイクする!?新食材”として紹介したスイスチャードを使った料理を披露。グッチは、豚肉とパクチーを使ったオリジナル時短料理を作った。SNS世代を代表する料理家として登場したきじまは、祖母の代から伝わるレシピで作った梅干しを紹介した。

また、「きょうの料理」とは対極のコンセプトでフジテレビが制作・放送した、平成を代表する料理バラエティ番組「料理の鉄人」とのコラボレーションが実現。鉄人3人がスタジオに登場し、名物企画である“20分で晩ごはん”に生放送で挑戦した。 同コーナーでは、実際に「料理の鉄人」で実況を務めていた福井謙二を起用、11回のゲスト審査員経験がある高橋英樹が解説を務め、本家の雰囲気を再現した[8]。但し、鹿賀丈史が行っていた口上と「アレ・キュイジーヌ!」の掛け声は天野ひろゆきが務め[9]、冷蔵庫前レポートは後藤繁榮が担当した。“平成食材”をテーマ食材に、20分という制限の中で繰り広げられる激闘にスタジオ内は混沌とし、高城順子・グッチ裕三とともにギャラリーとして観戦していたきじまりゅうたが陳建一に呼び出され急遽参戦し一品作ったり、ゲストとして出演していた土井善晴も「何かせなアカン」と途中参戦し「塩むすび」を披露、陳建一から「一番美味いヤツ!ルール違反!」とツッコまれる一幕もあった。[10]

番組の締めくくりは、とある一般家庭で四世代に渡り受け継がれる「鉄火味噌」を紹介、様々な人たちの“あしたの料理”に込める思いが綴られた後「あなたは、明日なにを食べますか?」とのメッセージが送られた。

--

生放送の中で作られたメニュー
  • 高城順子 …「カラフルおかずサラダ」
  • グッチ裕三 …「豚パクぽん」
  • 道場六三郎 …「海鮮パスタのじいさん焼き」「タピオカえび饅頭」
  • 坂井宏行 …「さば味噌サラダ セルクル仕立て」「いちごとバナナのココナツオイルソテー」
  • 陳建一 …「俺ん家のマーボー豆腐」「野菜たっぷり中華風日本そば」
  • きじまりゅうた …「梅干しとアボカドのディップ」
  • 土井善晴 …「しらすの焼き飯」「塩むすび」[11]

第3部「ついに“時代越し”!」(23時25分 - 5月1日0時30分)[編集]

視聴者アンケート結果を基に平成に起きた出来事をまとめたランキング「1万人の記憶に残る平成」や、この日のTwitter投稿から世相を分析する「平成最後のトレンドワード」を通じ“平成”を総括し“令和”を予測した。また、視聴者から寄せられたメッセージや投稿動画を紹介しながら、平成最後の日を振り返った。

そして、平成から令和への年越しならぬ“時代越し”を迎えた日本各地の表情を生中継で結び、番組全体のフィナーレを飾った。

--

「1万人の記憶に残る平成」※上位20位を紹介

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]