この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

羽野晶紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はのあき
羽野晶紀
本名 山脇 晶
羽野 晶(旧姓)
生年月日 1968年8月22日(48歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府宇治市
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1986年? -
配偶者 和泉元彌
主な作品
映画
モスラ
テレビドラマ
恋も2度目なら
奇跡のロマンス
科捜研の女

羽野 晶紀(はの あき、1968年8月22日 - )は、日本女優タレント。本名、山脇 晶(やまわき あき)旧姓、羽野京都府宇治市出身。京都府立西宇治高等学校卒業、大阪芸術大学芸術学部舞台芸術学科中退。血液型B型。2002年1月に狂言師和泉元彌と結婚。2児(一女・一男)をもうける。

所属事務所は、リコモーション(現在キューブと提携)→結婚による休業を経て、2007年11月から東宝芸能所属。

人物・経歴

女優時代

  • 父親は八百屋を経営している。
  • 笑福亭鶴瓶が司会を務めた関西ローカル番組『9年9組つるべ学級』に出演し芸能界デビュー。その後大学に進学。
  • 大学在学中に朝日放送の関西ローカルテレビ番組"ナイトinナイトおっちゃんVSギャル』"に女子大生レギュラー回答者として出演。特異なキャラクターで、司会の桂三枝(現・六代目桂文枝)の格好のイジラレキャラクター『八百屋の娘』として笑いと注目を集める。
  • 大学在学中に、当時は学生劇団であった劇団☆新感線に所属。劇団には、後に「ひらけ!ポンキッキ」9代目「橘いずみおねえさん役」に抜擢されることになる周栄良美も在籍しており、その独特のオーラに羽野は圧倒されたという。すぐに意気投合し、在学中は大親友だったという[1]渡辺いっけい筧利夫古田新太高田聖子らが同時期に在籍していた。後に高田は「この頃は(帰りの)近鉄電車に乗りながら、さっさと辞めて早くお嫁に行こうねって話し合っていた」と説明している。
  • 関西の小劇場演劇ブームに乗り、関西を中心にテレビ番組に出演。1989年から1年間にわたって放送された読売テレビの深夜のコント番組「現代用語の基礎体力」で、毎週、生瀬勝久(当時は槍魔栗三助)扮する怪人にさらわれるお嬢様役がウケて、ブレイクした。その後もCDデビュー果たし、ほぼランジェリーの衣装を身につけてライブも精力的に行っていた。古田新太曰く「浪花のキョンキョン」。関西地方ではアイドル的な存在であった。芝居とは別に「北野誠の妹分」という役割でタレントとしてのテレビ出演も増え、認知度をさらに上げていった。
  • 『現代用語の基礎体力』出演以後も1990年の『ムイミダス』、1991年の『未確認飛行ぶっとい』などの讀賣テレビ放送の深夜番組に生瀬、古田や升毅立原啓裕らと出演した。1990年代の『笑っていいとも!』出演を機に全国進出。その後 TVドラマ舞台映画などで幅広く活躍。
  • 平成モスラシリーズにベルベラ役でレギュラー出演しているが、作品世界がかなり気に入っており、『モスラ3 キングギドラ来襲』においては劇団☆新感線のデザイナーを招いてベルベラの新コスチュームを作り、自ら作品作りに参加した。

結婚・休業・復帰

  • 舞台『ロミオとジュリエット』で共演したことがきっかけで、狂言師和泉元彌と交際。2002年1月、妊娠を機に結婚し、芸能界を休業。2002年5月に女児、2004年7月には男児を出産。
  • 2004年3月に『いつみても波瀾万丈』(日本テレビ)に和泉家の一員として久々にテレビ番組に出演。結婚以降、公の場では関西弁を抑えており、関西弁で話しかける間寛平に対しても返答していた。
  • 2007年9月11日、大多数のスポーツ紙が和泉元彌との別居を報じた。9月初めから羽野晶紀が子供を連れて宇治の実家に帰っているというもので、ワイドショーでも2人の離婚危機が報じられた。和泉元彌サイドは当初、羽野晶紀の母親が手術をするので看病に帰っただけと説明していたが、11月1日のテレビでは、別居の理由は「別火」だと説明した。「別火」とは、心眼成就の為に女性と生活を分けることで、狂言の儀式のために別居をしているのだと説明した。羽野自身も離婚を否定している。
  • また、同年11月には東宝芸能への所属も決まったことが報じられ、芸能界への復帰も着々と準備を進めている。テレビ番組出演復帰第1弾は『ホレゆけ!スタア☆大作戦〜まりもみ一触即発!〜』第8話のゲスト、ラジオ番組出演復帰第1弾は『テリー伊藤のってけラジオ』のゲストとなったが、番組内では結婚後封印していたはずの関西弁で怒濤のトークを繰り広げていたため、この辺りからも和泉家との決別が決定的だと推測されている。
  • 同番組でのトークで、芸能界復帰に関してまず古巣である新感線に復帰を打診したところ、代表であるいのうえひでのりには「昔から晶紀はずっと新感線のメンバーだから」と温かい声をかけてもらった。同じように離婚を経て同劇団に復帰したばかりの高田聖子の名を挙げ、一緒に入れてくれとお願いしたところ、劇団の製作担当から「晶紀は独り者の聖子と違ってコブ(=子供)つきなんだから、こんなところじゃなくてしっかりとした事務所に行け」と言われたと、ギャグを交えて語っている。
  • 『テリー伊藤のってけラジオ』にゲスト出演した際、テリー伊藤が「秋元康さんから『関西にすごい女性のタレントさんがいる』と言われて羽野さんを初めて見たときには、大きな才能を持った人だなと思いましたよ。」と羽野を絶賛していた。
  • 2008年3月8日・15日、讀賣テレビで放映された『現代用語のムイミダス ぶっとい広辞苑』では、生瀬勝久古田新太立原啓裕升毅牧野エミみやなおこ山西惇山内圭哉と共に新作コントに出演した。
  • 2008年4月からオフィシャルブログを立ち上げる。ブログでは、夫の和泉元彌や子供達に関する記事や写真もアップされており、以前報道されていた別居騒動の影も感じられないほど、家庭円満な光景を垣間見ることができる。

出演

舞台

劇団☆新感線
  • BOYS IN THE ATTIC(1987年、ダンサーとして参加)
  • 星の忍者―風雲乱世篇―(1988年)
  • 宇宙防衛軍ヒデマロ3〜キルファーライジング(1988年)
  • 喜劇 井戸穴じょーじの大冒険(1988年)
  • ヒデマロ4〜逆襲のビリィ(1989年)
  • 仮名絵本西遊記(1989年)
  • スサノオ〜神の剣の物語(1989年・1990年)
  • ボッキー・ホラー・ショー〜HOUSE OF THE FOOLIN'〜(1990年)
  • 宇宙防衛軍ヒデマロV〜完結篇〜(1990年)
  • 髑髏城の七人(1990年・1991年)
  • アトミック番外地(1991年)
  • 仮名絵本西遊記 巻之一 烈風魔界天竺篇 、巻之二 直撃転法輪大逆転篇(1991年)
  • 劇団☆新感線一座興業(1992年・1993年)
  • スサノオ〜武流転生(1994年)
  • 古田新太之丞・東海五十三次地獄旅〜ハヤシもあるでョ!(1994年)
  • ゴローにおまかせ3〜後ろから前から(1995年)
  • LOST SEVEN(1999年)
野田地図(NODA MAP)
  • 第1回公演 キル(1994年) - シルク 役
  • 第3回公演 TABOO(1996年) - 萠 役
  • 第5回公演 ローリング・ストーン(1998年)
その他

ドラマ

バラエティほか

現在のレギュラー番組
復帰後
休業前

ラジオ

映画

CM

ディスコグラフィー

シングル

アルバム

  • 櫻蘭〜Rolan〜(1991年12月11日)
  • ハノアキの大冒険 Vol.1 ラバンダちゃん(1992年7月17日)

写真集

主な友人

脚注

  1. ^ 1995年放送の新吾&紳助の危ない話に羽野がゲスト出演した時の証言。

外部リンク