藤森慎吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤森慎吾
本名 藤森慎吾
ニックネーム しんご、チャラ男、チャラしんご、チャラメガネ
生年月日 1983年3月17日(31歳)
出身地 日本の旗 日本長野県諏訪市
血液型 B型
身長 169cm
方言 共通語
最終学歴 明治大学政治経済学部卒業
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校10期生
コンビ名 オリエンタルラジオ
相方 中田敦彦
芸風 ツッコミ
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2003年 - 現在
同期 はんにゃフルーツポンチなど
他の活動 俳優歌手
配偶者 未婚

藤森 慎吾(ふじもり しんご、1983年3月17日 - )は、日本お笑いタレント俳優歌手。お笑いコンビオリエンタルラジオツッコミ担当。相方は中田敦彦

経歴[編集]

長野県諏訪市で、父・清武と母・美代子の間に生まれる。がいる[1]。諏訪市立高島小学校卒業後、父親の仕事の都合で香港に移り、香港日本人学校中学部に入学。卒業後の1998年に帰国し、駿台甲府高等学校に入学[2]。高校時代はラグビー卓球サッカー写真ワンダーフォーゲルとさまざまな部活を経験。3年生時には、テレビドラマビューティフルライフ』で美容師役を演じた木村拓哉に憧れ、美容師を志すが、近所の散髪屋が経営不振で閉店したのを見て、意欲喪失し挫折した。

2001年4月に明治大学政治経済学部に入学。

その後、アルバイト先で後の相方となる中田敦彦と出会う。中田を誘って2004年に吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校10期生として入学、オリエンタルラジオとしての活動を本格的に始める[3]。2005年3月、明治大学政治経済学部を卒業。

お笑い芸人[編集]

2004年のM-1グランプリでNSC在籍中ながら準決勝に進出し、「武勇伝」ネタで一躍注目を浴びる。

その他[編集]

2007年、バラエティ番組『オリキュン』の企画で、第4回東京ガールズコレクションのミスコンテストに、“SHIKKO(シッコ)”名義で女装して参加した。

2011年6月、女性エンターテインメント集団あやまんJAPANの初の全国ツアー、あやまんJAPAN全国遠征試合「マジお前らに会いてぇわ」の最終日公演に参加[4]8月に同グループとのコラボレーションユニット“藤森慎吾とあやまんJAPAN”として、シングル「夏あげモーション」を発売[5]10月に同グループとのコラボレーション第2弾シングル「失恋ベイビー」を発表。10月に、音楽グループスポンテニアのアルバム『The Beautiful Life』に、相方・中田の実弟FISHBOYと共に参加。2人が、曲解説をするトラックが収録されている。

芸風[編集]

2011年頃より「アゲぽよ〜!」「君、かわうぃーね」などの決め台詞で、“チャラ男”や”ウザ男”のキャラクターで知られる。それは、レギュラー出演していたバラエティ番組『森田一義アワー 笑っていいとも!』の楽屋裏でタモリに、「お前はいつもチャラチャラしている」といじられていたことから誕生したキャラクター[6]。ただ、有吉弘行からは「やっと見つけたキャラクター」と評されている。また、共演者から私生活を話題にされての身を削ったトークも披露している[7]。2011年には2011ユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされる[8]が候補語は「君、きゃわゆいネェ」と若干発音が異なっている。

人物[編集]

趣味・特技は、料理メガネ野球観戦。以前兄と同居していた。

絵が上手な中田に対して藤森は拙い絵を描く。また藤森は料理が得意であるのに対して中田はまったくの不得手である。

相方の中田に対して社交的な性格。また、その芸風とは裏腹に普段は礼儀正しい人物と評されている[9]

漫才などでは中田がボケ、藤森がツッコミを担当しているが、普段のトークでは、藤森のトークに中田がつっこむという構図もよく見られる。

母親とは非常に仲が良く、よく旅行に行ったり、その際に撮ったツーショット写真でカレンダーを作ったりもしている。

主な出演作品[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場アニメ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

連載[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

枚数 発売日 タイトル 最高位 収録アルバム
1 2011年8月10日 夏あげモーション(藤森慎吾とあやまんJAPAN 30位 ぽいぽい
2 2011年10月5日 失恋ベイビー(藤森慎吾とあやまんJAPAN) 56位

参加作品[編集]

枚数 発売日 タイトル 歌手 備考
1 2011年10月19日 The Beautiful Life スポンテニア 相方・中田の実弟FISHBOYと共に参加。2人が、曲解説をするトラックが収録されている。

書籍[編集]

  • 「藤森慎吾 東京のチャラうぃ↑店」(2012年12月6日、実業之日本社)

受賞歴[編集]

ノミネート対象 部門 結果
2011年 藤森慎吾 GRP Award 最優秀ヒト大賞[11] ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 兄弟で” (日本語). オリエンタルラジオ慎吾の「関東一の媚売りメガネ ブログをチャラっと更新中」 (2009年12月18日). 2011年8月8日閲覧。
  2. ^ “「中居正広の金曜日のスマたちへ」 2011年11月11日(金)放送内容” (日本語). 価格.com. (2011年11月11日). http://kakaku.com/tv/channel=6/programID=272/episodeID=524673/ 2011年11月13日閲覧。 
  3. ^ 2006年10月8日放送回『笑っていいとも!増刊号』(フジテレビジョン)での本人談より。
  4. ^ “【ライブレポート】あやまんJAPAN全国遠征試合「マジお前らに会いてぇわ」” (日本語). よしもとニュースセンター. 東京都: 吉本興業. (2011年6月25日). http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/06/japan-0b99.html 2011年8月8日閲覧。 
  5. ^ “オリラジ・藤森&あやまんJAPANが新曲「夏あげモーション」をPR!” (日本語). よしもとニュースセンター. 東京都: 吉本興業. (2011年8月4日). http://yoshimotonews.laff.jp/news/2011/08/japanpr-1b98.html 2011年8月8日閲覧。 
  6. ^ 藤森慎吾 (2011年8月3日). よしもと☆スタイルVOL.16 藤森慎吾『次の“標的”は少女時代で決まり!!』. (インタビュー). オリコン.. 東京都. http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/2011/ystyle0803/index.html 2011年8月17日閲覧。 
  7. ^ ““チャラ男”藤森、次の標的は「少女時代です!」” (日本語). 東京都: オリコン. (2011年8月5日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2000459/full/ 2011年8月8日閲覧。 
  8. ^ 「君、きゃわゆいネェ」。オリラジの窮地を救った! チャラ男の流行語大賞ノミネートに藤森がコメント。Techinsight 2011年11月12日
  9. ^ 放送塔 礼儀正しい藤森慎吾. 読売新聞(東京朝刊): p. 34. (2011年11月21日)
  10. ^ [オリラジ藤森]米アニメでチャラ男吹き替えに挑戦 劇中で海荷口説く”. マイコミジャーナル. 2012年8月9日閲覧。
  11. ^ GRP Award 2011” (日本語). ギャルリサーチプレス (2011年). 2011年12月7日閲覧。

外部リンク[編集]