NewsPicks

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
NewsPicks
URL newspicks.com
使用言語 日本語
タイプ ニュースアプリ
運営者 株式会社ニューズピックス(株式会社ユーザベースのグループ会社)
設立者 梅田優祐
収益 ブランド広告
リクルーティング事業
プレミアム会員サービス
営利性 営利
登録 必須。無料会員、有料会員(月額1,500円)、アカデミア会員(月額5,000円)の3種類が存在
現状 運営中

NewsPicksは、ソーシャル要素を兼ね備えた経済ニュースプラットフォームである[1]。主に日本語圏のニュースを取り上げて日本語で利用できる日本版(本記事で説明)と、米国など英語圏で利用できる米国版の2種類が存在する[2]

概要[編集]

国内外90以上のメディアから経済ニュースを配信。NewsPicks編集部が作成するオリジナル記事の配信もしている。

ニュースを各業界の著名人や有識者がつけたコメントと共に読むことができるのが特徴。月間平均総DAU数は44万4000人で、会員ユーザー数は266万人、月額1,500円の有料会員ユーザー数は49,000人。(2017年9月時点[3])。2015年度満足度No.1ニュースアプリ[4]に選ばれている。

2017年3月に米Dow Jones & Company, Inc.と50%ずつ出資した合弁会社NewsPicks USA, LLCを設立[5]。同11月には、Arianna Huffington(HuffPost 創設者、Thrive Global 創設者・CEO)やRichard Branson(Virgin Group創設者・会長)、Edgar Bronfman Jr.(Accretive LLC Managing Partner、Warner Music Group 前チェアマン/CEO)、Harvey L. Pitt(Kalorama Partners CEO、アメリカ証券取引委員会 前委員長)などがプロピッカー(コメンテーター)として参画する米国版NewsPicksをローンチしている[2]

ダウンロードできるサイト[編集]

iOSのスマートフォン(IPhoneIPad)の場合はiTunesで、Androidの場合はGoogle Playでダウンロードできる。

「発見の欲求」と「理解の欲求」[編集]

NewsPicksの考案者である梅田優祐は、投資銀行での経験から、興味のあるニュースに出会いたいという「発見の欲求」と、ニュースに対して自分なりの理解を深めたいという「理解の欲求」を満たす事で、ビジネスパーソンの創発を促し日々の意思決定を支えるために、NewsPicksを考案したと発言している[6][7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]