箕輪厚介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みのわ こうすけ
箕輪 厚介
生年月日 (1985-08-28) 1985年8月28日(35歳)
出身地 東京都
国籍 日本の旗 日本
学歴 早稲田大学第一文学部卒業
職業 編集者実業家
所属 幻冬舎 One Tokyo[1]
活動期間 2010年 -
公式サイト
波の上商店

箕輪 厚介(みのわ こうすけ、1985年8月28日 - )は、日本編集者実業家幻冬舎で編集者として勤務[1][2]。株式会社エクソダス取締役[3]CAMPFIRE チェアマン[4]。合同会社波の上商店 代表[1]。アーティスト「箕輪☆狂介」の出版プロデューサー[5]。オンラインサロン「箕輪編集室」を主宰し[6]、「堀江貴文イノベーション大学校」で特任教授[注 1]を務める[1]

来歴[編集]

東京都生まれ。芝中学校・高等学校[7]、早稲田大学第一文学部卒業[1][2]

2010年に双葉社へ入社。ファッション雑誌の広告営業として4年間勤務し商品開発、イベントなどを企画運営に携わる[1]。2013年に与沢翼を責任編集長とした『ネオヒルズジャパン』を創刊し[1]Amazon総合ランキングで1位を獲得[2]。編集者として見城徹『たった一人の熱狂』、堀江貴文『逆転の仕事論』、青木真也『空気を読んではいけない』を担当[1]

25歳(2010年 - 2011年)で結婚し、翌年に一児をもうける[8]

2015年に幻冬舎に転職し[1]堀江貴文『多動力』、前田裕二『人生の勝算』、佐藤航陽『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』、落合陽一『日本再興戦略』を担当。2016年に堀江貴文イノベーション大学校(HIU)特任教授に就任[9]宣伝会議主催「編集者・ライター養成講座」東京教室及び大阪教室で講師を担当。

2017年に「NewsPicksアカデミア」を立ち上げ、NewsPicks Book創刊[10]、自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。オンラインサロンと連動しながら、コンサルティング・プロデュースを手掛ける[6]。合同会社波の上商店を設立[1]

2018年に、株式会社CAMPFIREと株式会社幻冬舎の共同出資会社である株式会社エクソダス取締役に就任[3]、CAMPFIRE community チェアマン[4]

不祥事[編集]

2020年5月16日、『文春オンライン』で女性ライターに対するセクシャルハラスメントが報じられた[11]。同年5月19日に、ラジオ番組「アフター6ジャンクション」で取り上げられた[12] のを契機に、マスメディアが後追い報道を続けているが[13][14]、本人は本件について自身の会員向けサイト内で被害女性を異常扱いしたり、「何がセクハラだよボケ」「俺のやった罪ってそんな重くないだろ。はっきり言って」「俺は反省してないです。ふざけんなバーカ」と語る動画を公開した[15]

後日、それを見た女性会員が脱退しようとしたためか、一転、会員向けサイト内で「僕は一貫して女性に対しだらしないのは事実で、今までの人生で、距離感などを間違えていたと思います。あのスクショのようなメッセはよくしてました。お恥ずかしいかぎりです」と反省文を投稿した。 しかし、運営するサロンでのライブ動画では、文春オンラインの報道に対して非難する発言をしていたと報じられた。多くの著名人からの非難が相次いだ。

2020年6月8日、箕輪はTwitter上で謝罪し、セクハラ行為を認め、テレビ出演の自粛と「NewsPicks Book」編集長退任を発表した。同日、「NewsPicks」は「NewsPicks Book」の終了を発表した[16][17][18]

編集担当[編集]

双葉社[編集]

  • 『ネオヒルズジャパン』与沢翼(2013年11月21日)
  • 『サッカー批評』(2014年)
  • 『Football Bar VOL.1』(2014年6月10日)
  • 『Football Bar VOL.2』(2014年10月21日)
  • 『たった一人の熱狂』見城徹(2015年3月18日)
  • 『逆転の仕事論』堀江貴文(2015年5月20日)
  • 『悪意とこだわりの演出術』藤井健太郎(2016年8月17日)

幻冬舎[編集]

  • 『まだ東京で消耗してるの?』イケダハヤト(2016年1月29日)新書
  • 『新企画』鈴木おさむ(2016年3月17日)
  • 『たった一人の熱狂』見城徹(2016年4月12日)文庫
  • 『龍宮の鍵』田中経一(2016年8月5日)
  • 『空気を読んではいけない』青木真也(2016年9月8日)
  • 『あの男の正体』牛島信(2016年10月7日)文庫
  • 『風俗という病』山本晋也(2016年10月28日)新書
  • 『定年後の韓国ドラマ』藤脇邦夫(2016年11月30日)新書
  • 『我が闘争』堀江貴文(2016年12月6日)文庫
  • 『日本3.0』佐々木紀彦(2017年1月25日)
  • 『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録』(2017年2月1日)文庫
  • 『くまモンあのね』『くまモンあのね』製作委員会(2017年4月6日)
  • 『危険な二人』見城徹、松浦勝人(2017年4月11日)文庫
  • 『リーダーの教養書』出口治明 楠木建 猪瀬直樹 岡島悦子 中島聡 大竹文雄 長谷川眞理子 森田真生 大室正志 岡本裕一朗 上田紀行(2017年4月27日)
  • 『人生の勝算』前田裕二(2017年6月30日)
  • 『40歳が社長になる日』岡島悦子(2017年7月29日)
  • 『組織の毒薬 サイバーエージェント副社長の社員にあてたコラム』日高裕介(2017年8月30日)
  • 『東大から刑務所へ』堀江貴文 井川意高(2017年9月23日)新書
  • 『己を、奮い立たせる言葉。』岸勇希(2017年10月28日)
  • 『少数株主』牛島信(2017年12月13日)
  • 『人生の作戦会議 なんでも解決しちゃう女、王生際ハナコ』下田美咲(2017年12月20日)
  • 『ポスト平成のキャリア戦略』塩野誠 佐々木紀彦(2017年12月27日)
  • 『AIとBIはいかに人間を変えるのか』波頭亮(2018年2月28日)
  • 『破壊者』松浦 勝人(2018年7月13日)

NewsPicks×幻冬舎[編集]

  • 『多動力』堀江貴文(2017年5月27日)
  • 『モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書』尾原和啓(2017年9月28日)
  • 『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』佐藤航陽(2017年11月30日)
  • 『日本再興戦略』落合陽一(2018年1月31日)
  • 『マンガで身につく多動力』堀江貴文(2018年3月1日)
  • 『WE ARE LONELY,BUT NOT ALONE.』佐渡島庸平(2018年5月9日)
  • 『読書という荒野』見城徹(2018年6月6日)
  • 『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』田端信太郎(2018年7月6日)
  • 『仕事2.0 人生100年時代の変身力』佐藤留美(2018年8月6日)
  • 『破天荒フェニックス 「オンデーズ」再生物語』田中修治(2018年9月5日)
  • 『動画2.0』明石ガクト(2018年11月5日)
  • 『メモの魔力』前田裕二(2018年12月24日)
  • 『ピコ太郎のつくりかた』古坂大魔王(2019年1月31日)
  • 『HELLO, DESIGN 日本人とデザイン』石川俊祐(2019年2月20日)
  • 『マンガ ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言』田端信太郎 星井博文 伊野ナユタ(2019年2月27日)

著書[編集]

  • 『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス)(2018年8月28日)
  • 『書籍編集者を目指すあなたが読むべき本 』(イケハヤ書房)Kindle版

その他[編集]

箕輪編集室[編集]

箕輪厚介が運営するオンラインサロン。 2017年6月より開設されている。2018年12月時点で、メンバー数は1000人を超える。当初は、本の編集を目的としていたが、現在では、動画や音声、映画、イベントなどのコンテンツ制作や、マーケティングからプロデュース、SNSを連動させたプロモーションまで幅広く活動している。 月に一度、定例会が開催され、箕輪厚介とゲストの対談が行われる。過去には見城徹、田端信太郎、鈴木おさむ家入一真などがゲスト出演した。その他、ビデオ会議ツールを利用しての交流や、オフラインでのイベントも多数行われている。箕輪編集室の実現したいテーマは、各会員の職能や特性を共有し、コミュニティ所属することで仕事や生活を充実させられる、「楽しく生きる為の基盤」を創り上げることである[6]

NewsPicksアカデミア[編集]

経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」をベースとする有料コミュニティ。2017年4月に株式会社ニューズピックスによって開設された。「ビジネス×教養」をテーマに、各界の著名人によるアカデミア講義やイベントを提供する。箕輪厚介は、オリジナル書籍ブランド「NewsPicksBook」の編集長として、毎月出版を手掛けていた。コミュニティ会員には毎月「NewsPicks Book」書籍が送られる[10][19]

2020年6月8日、編集長の箕輪によるセクハラ行為に端を発する一連の問題を受け、NewsPicks Bookは終了となった[16]

堀江貴文イノベーション大学校[編集]

堀江貴文が主宰するオンラインサロン。箕輪厚介は、本サロンの特任助教教授として編集学部を担当する[9]

CAMPFIRE COMMUNITY[編集]

CAMPFIREは日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームを手がける企業。家入一真が代表取締役社長を務める。箕輪厚介は、チェアマンに就任している[20][要検証]

箕輪☆狂介[編集]

箕輪厚介そっくりな謎のアーティスト。2019年4月17日に、コンピレーションアルバム『箕輪厚介presents 死ぬこと以外かすり傷』を発売予定[21]

その他[編集]

  • フォロワー数で値段が変わる美容室[22]
  • 株式会社 ヤンバルコビト『ヤバイ無人島アドベンチャー』[23][24]
  • ランジェリーサロン『Tiger Lilly Tokyo 』[25]
  • リリートレーディング株式会社[25]
  • 株式会社キッズライン(ベビーシッターサービス)[1]
  • 小野照崎神社[1]
  • コミュニティサービス「fever」[1]
  • 日本テックボール協会(テックボール普及のためのプロデュース)[1]
  • TIGALA株式会社(出版プロデュース)[1]
  • 高知のマッサージマッチングサービス[1]
  • 株式会社ワークハピネス [1]

出演[編集]

テレビ[編集]

ネットTV[編集]

  • 徹の部屋(AbemaTV) - ゲスト
  • 異業種格闘技戦-HATASHIAI (AbemaTV、2018年8月4日)[31]
  • 『AbemaPrime』箕輪厚介氏を1ヶ月間密着取材(AbemaTV、2018年11月29日)[32]
  • 『株式会社ニシノコンサル』カリスマ編集者箕輪厚介がカップルユーチューバーに金言!AbemaTV、2018年8月24日、2018年12月28日)[33]
  • NewsPicks×Twitter、ライブ経済情報番組「The UPDATE」 レギュラー出演[34]
  • AbemaTVABEMA Prime』月曜日担当レギュラー(2019年4月1日 - )[35]

雑誌[編集]

  • KAMINOGE81(熱狂の正体)(2018年9月3日、東邦出版
  • 編集会議2017年秋冬号(新たな時代の「編集力」 / 編集者たちの「誤植」論)(2017年10月16日、宣伝会議
  • 図解 マーケティング大全(2018年5月21日、洋泉社MOOK)
  • 就活でどうしても会いたい編集者20 人へのOB・OG訪本(宣伝会議、2016年10月1日)
  • KAMINOGE 25(ジブリの過激な仕掛け人 鈴木敏夫)(2014年1月6日、東邦出版)
  • 週刊SPA(2018年5月15日号、7月17日・24日合併号、扶桑社
  • 雑誌『NewsPicks Magazine』佐々木紀彦×箕輪厚介 ビジネス誌2.0・ビジネス書2.0(発売開始、2018年6月20日)[36]

ラジオ[編集]

  • 出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」幻冬舎 箕輪厚介とDNAパブリッシング 末吉宏臣のラジオ番組[37]
  • LUST FM 家入一真 ゲスト箕輪厚介(2017年11月11日、エフエム大阪[38]
  • 未来授業(2018年4月2日 - 2018年4月5日、TOKYO FM
  • INNOVATION WORLD(2018年4月27日、J-WAVE
  • 高橋みなみのこれから、何する?(2018年10月3日、TOKYO FM)
  • 箕輪厚介のオールナイトニッポンi[39][要検証]
  • AWESOME RADIO SHOW 幻冬舎編集者・箕輪厚介さん(2018年9月14日、TOKYO FM)[40]
  • 「伊集院光とらじおとゲストと」近い将来、僕がやってることが普通になる!(2018年9月11日、TBSラジオ[41]
  • 『TOPPAN FUTURISM』箕輪厚介さんがゲストに登場。(2018年9月8日、J-WAVE)[42]
  • 箕輪厚介のオールナイトニッポンGOLD(2020年1月10日、ニッポン放送[43]

CM[編集]

  • タイムバンク 大規模プロモーションビデオ(2018年上期) - 出演

映画[編集]

  • 箕輪大陸(2018年8月28日公開) - 半年間500時間に渡り、箕輪厚介に密着したドキュメンタリー映画。箕輪編集室が企画・制作[44]

受賞歴[編集]

  • 「ビジネス書グランプリ2018」編集本『お金2.0』がリベラルアーツ部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2018」編集本『多動力』がビジネス部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2019」編集本『破天荒フェニックス オンデーズ再生物語(NewsPicks Book)』がリベラルアーツ部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2019」編集本『日本再興戦略(NewsPicks Book)』が政治経済部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2019」編集本『ブランド人になれ! 会社の奴隷解放宣言(NewsPicks Book)』が自己啓発部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2019」著書『死ぬこと以外かすり傷』が自己啓発部門賞を受賞[45]
  • 「ビジネス書グランプリ2019」編集本『読書という荒野(NewsPicks Book)』がリベラルアーツ部門賞を受賞[45]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 教育機関・研究機関の特任教授とは異なる

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “箕輪厚介とは?”. 波の上商店. http://naminoueshoten.com/about-minowa/ 2020年11月11日閲覧。 
  2. ^ a b c “箕輪厚介とは”. 東洋経済オンライン. https://toyokeizai.net/list/author/%E7%AE%95%E8%BC%AA%20%E5%8E%9A%E4%BB%8B/ 2020年11月11日閲覧。 
  3. ^ a b “CAMPFIRE×幻冬舎 出版業界を改革する共同出資会社設立に関するお知らせ”. PRTIMES. http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000019299.html 2020年11月11日閲覧。 
  4. ^ a b “型破りな編集者・箕輪厚介が語る、閃き力の鍛え方と新しい働き方”. CINRA.NET. https://www.cinra.net/interview/gyoukairetsuden/vol15-minowakousuke 2020年11月11日閲覧。 
  5. ^ 箕輪厚介 - 最新ニュース|日本クラウン株式会社 クラウンレコード”. www.crownrecord.co.jp. 2020年11月11日閲覧。
  6. ^ a b c “箕輪編集室”. CAMPFIRE. https://camp-fire.jp/projects/view/34264 2020年11月11日閲覧。 
  7. ^ 成功願望や嫉妬とは無縁…ベストセラー編集者の超独特思考”. ベストタイムズ (2018年10月12日). 2020年11月11日閲覧。
  8. ^ 「25歳で結婚してなかったら、僕は何者にもなってなかった」箕輪厚介と考える“20代の結婚””. 新R25 (2020年3月13日). 2020年11月11日閲覧。
  9. ^ a b “特任教授”. 堀江貴文イノベーション大学校. http://salon.horiemon.com/guest-23/ 2020年11月11日閲覧。 
  10. ^ a b “月額5,000円の「NewsPicksアカデミア」をスタート。幻冬舎と提携して書籍展開も”. 株式会社ユーザベース. https://www.uzabase.com/company/news/newspicks-academia/ 2018年8月30日閲覧。 
  11. ^ “《絶対変なことしない》《でもキスしたい》幻冬舎・箕輪氏が不倫関係を迫った「エイベックス松浦自伝」出版中止の真相”. 文春オンライン. (2020年5月16日). https://bunshun.jp/articles/-/37837 2020年11月11日閲覧。 
  12. ^ “宇垣美里が箕輪厚介の「セクハラクソLINE事件」に憤慨「もう泣いてしまいそうに」”. WEZZY. (2020年5月21日). https://wezz-y.com/archives/77172 2020年11月11日閲覧。 
  13. ^ “幻冬舎・箕輪厚介氏、セクハラ報道“完全無視”も破廉恥スキャンダルを「かすり傷」で通せるのか?”. 日刊サイゾー. (2020年5月23日). https://www.cyzo.com/2020/05/post_241898_entry.html 2020年11月11日閲覧。 
  14. ^ “箕輪厚介氏のセクハラ報道で噴出。女性ライターが語る“悪質編集者たち”からの被害”. 女子SPA!. (2020年5月23日). https://joshi-spa.jp/1007743 2020年11月11日閲覧。 
  15. ^ “幻冬舎 箕輪厚介氏「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」オンラインサロン会員へ大放言《動画入手》”. 文春オンライン. (2020年5月30日). https://bunshun.jp/articles/-/38132 2020年11月11日閲覧。 
  16. ^ a b “「NewsPicks Book」終了 幻冬舎・箕輪厚介氏のセクハラ問題で”. ITmedia. (2020年6月8日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2006/08/news148.html 2020年11月11日閲覧。 
  17. ^ セクハラ報道の箕輪氏謝罪 ニューズピックスブック終了”. 朝日新聞デジタル (2020年6月8日). 2020年11月11日閲覧。
  18. ^ 幻冬舎・箕輪厚介氏 セクハラ報道で謝罪「傲慢な人間に」 TV出演などの活動自粛、編集長退任”. スポニチANNEX (2020年6月8日). 2020年11月11日閲覧。
  19. ^ “NewsPicksアカデミアとは”. NewsPicks. https://newspicks.com/academia/about 2018年8月30日閲覧。 
  20. ^ CAMPFIREとは?” (日本語). camp-fire.jp. 2019年3月4日閲覧。
  21. ^ 幻冬舎・箕輪厚介氏選曲コンピは「耳で聴くビジネス書」 ぼくりり、SKY-HI参加の新曲も”. oricon music (2019年2月8日). 2020年11月11日閲覧。
  22. ^ 第26回 フォロワー数で値段の変わる美容室” (日本語). #箕輪編集室 公式 (2018年2月18日). 2020年11月11日閲覧。
  23. ^ 2017年ベストセラー連発、箕輪厚介「売り方をデザインする編集力」 AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議” (日本語). AdverTimes(アドタイ)宣伝会議が運営する、広告界のニュース&情報プラットフォーム (2017年10月17日). 2020年11月11日閲覧。
  24. ^ 新グループ「無人島チーム」増設! by 箕輪編集室” (日本語). camp-fire.jp (2017年7月12日). 2020年11月11日閲覧。
  25. ^ a b 結局、”パンティ箕輪”とは何だったのか?|#箕輪編集室 公式” (日本語). #箕輪編集室 公式 (2018年1月26日). 2020年11月11日閲覧。
  26. ^ ネクストブレイク” (日本語). 日本テレビ. 2019年3月7日閲覧。
  27. ^ (日本語) ザワつく! 一茂 良純 時々ちさ子の会, オリジナルの2019-03-08時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190308080728/https://tver.jp/episode/55620724 2019年3月7日閲覧。 
  28. ^ テレビ東京・BSテレ東 (日本語), じっくり聞いタロウ 〜スター近況報告〜(テレビ東京、2019/2/21 24:12 OA)の番組情報ページ, https://www.tv-tokyo.co.jp/broad_tvtokyo/program/detail/201902/23365_201902212412.html 2020年11月11日閲覧。 
  29. ^ タモリ倶楽部(バラエティ)タモリ倶楽部「早大生の早大生による早大生のための!こっちだって超難問!クイズ『早大王』」【2019年3月1日 テレビ朝日】” (日本語). ザテレビジョン. 2020年11月11日閲覧。
  30. ^ タモリ倶楽部(バラエティ)タモリ倶楽部「早稲田の英知を無駄使い! 役に立たない機械2019」【2019年7月26日 テレビ朝日】”. テレビジョン. 2020年11月11日閲覧。
  31. ^ 異業種格闘技戦-HATASHIAI- - 2018.8.4 HATASHIAI - #1【全編】2018.8.4 異業種格闘技戦-HATASHIAI-” (日本語). AbemaTV. 2019年3月7日閲覧。
  32. ^ AbemaPrime - 企画 - 天才編集者に完全密着!箕輪厚介の魅力とは? (18/11/29)” (日本語). AbemaTV. 2019年3月7日閲覧。
  33. ^ 株式会社ニシノコンサル - 本編 - #6:今回は特別編!西野&型破りな編集者・箕輪厚介が番組宛案件をぶった斬る!?” (日本語). AbemaTV. 2019年3月7日閲覧。
  34. ^ THE UPDATE”. NewsPicks. 2020年11月11日閲覧。
  35. ^ 乙武洋匡氏がMC就任、箕輪厚介氏、夏野剛氏、佐々木俊尚氏、カンニング竹山も参戦 AbemaPrime、4月1日からの新レギュラー陣を発表”. ABEMA TIMES (2019年3月29日). 2020年11月11日閲覧。
  36. ^ 【トークイベント】『NewsPicks Magazine』創刊記念 佐々木紀彦×箕輪厚介 ビジネス誌2.0・ビジネス書2.0”. 銀座 蔦屋書店. 2020年11月11日閲覧。
  37. ^ 【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」|#箕輪編集室 公式” (日本語). 【ラジオ版】出版3.0時代の「未来の作家のカタチ」. 2020年11月11日閲覧。
  38. ^ LUST FM 11月11日 第54回 箕輪厚介さん - FM OH! 85.1” (日本語). www.fmosaka.net (2017年11月13日). 2020年11月11日閲覧。
  39. ^ オールナイトニッポンi ラジオAM1242+FM93 ニッポン放送”. オールナイトニッポンi ラジオAM1242+FM93 ニッポン放送. 2019年3月7日閲覧。
  40. ^ 幻冬舎編集者・箕輪厚介さん - オンエアレポート - AWESOME RADIO SHOW. - TOKYO FM 80.0MHz - 鈴木おさむ/小森隼(GENERATIONS) - TOKYO FM 80.0MHz” (日本語). www.tfm.co.jp (2018年9月14日). 2020年11月11日閲覧。
  41. ^ 「近い将来、僕がやってることが普通になる!」9月11日(火)のゲストは、編集者の箕輪厚介さんでした!”. TBSラジオ FM90.5 + AM954〜聞けば、見えてくる〜 (2018年9月11日). 2020年11月11日閲覧。
  42. ^ 堀江貴文、落合陽一…「スゴイ人」に共通した考えとは? 編集者・箕輪厚介が明かす”. ORICON NEWS (2018年9月8日). 2020年11月11日閲覧。
  43. ^ 稀代の天才編集者・箕輪厚介がオールナイトニッポンに初挑戦!”. ニッポン放送 (2020年1月7日). 2020年11月11日閲覧。
  44. ^ “天才編集者・箕輪厚介主演。ドキュメンタリー映画『箕輪大陸』8/28上映”. PRTIMES. (2018年7月21日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000033659.html 2020年11月11日閲覧。 
  45. ^ a b c d e f g “読者が選ぶビジネス書グランプリ2018”. ビジネス書グランプリ 過去受賞作. https://business-book.jp/prize 2020年11月11日閲覧。 

外部リンク[編集]