三浦崇宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三浦 崇宏
生誕 (1983-09-16) 1983年9月16日(38歳)
国籍日本の旗 日本
出身校早稲田大学第一文学部

三浦 崇宏(みうら たかひろ、1983年9月16日-)は、PRプランナー、株式会社GO代表・クリエイティブディレクター[1]

来歴[編集]

1983年生まれ。暁星幼稚園暁星小学校暁星中学校・高等学校[2][3]早稲田大学第一文学部卒業。

2007年博報堂入社。2011年、TBWA\HAKUHODOに出向。マーケティング、PR、クリエイティブ部門を歴任。「土のフルコース」(プロトリーフ)や、「みんなのしおり」(講談社)などを手がけた。「土のフルコース」は、園芸用の土を扱う株式会社プロトリーフが、大震災後、自社の土の安全性をアピールするために実施したもの。三浦はそのPR活動を担当し、2013年度の「PRアワードグランプリ」を受賞した[4]。「みんなのしおり」はサイト上のバーチャルな本に各人が感想を挟みこみ共有するプロジェクト(現在は終了)[5]。この他にも、「やっちゃえNISSAN」(日産自動車)[6]など、多くの有名な広告やキャンペーンを手掛けている[7]

2017年1月に、電通出身の福本龍馬とともに株式会社GO(通称The Breakthrough Company GO)を設立し、その代表となった。2020年4月には、ベンチャーキャピタル「GO FUND」の設立を発表した。

受賞歴[編集]

個人としてではなく、博報堂やTBWA\HAKUHODOなどの名義での受賞も含む。

  • 日本広告業協会 第40回懸賞論文 金賞(2010年) - 課題「広告の使命」に対し、「『グッドニュース』と『グッドリレーション』~世界をより良くするための広告の2つの機能~」で受賞[8]
  • カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル サイバー部門 ブロンズ(2012年) - 講談社「みんなのしおり」で受賞[9]
  • アドフェスト ロータスルーツ(2012年) - 日産セレナ「宇宙たんざく」で受賞[9]
  • カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル PR部門 ブロンズ(2013年) - プロトリーフ「土のレストラン」で受賞[9]
  • 日本PR協会 PRアウォード グランプリ(2013年) - プロトリーフ「土のレストラン」で受賞[9]
  • 日本PR協会マーケティングPR優秀賞(2013年) - 日産ソーシャルメディアプロジェクトで受賞[9]
  • Campaign Asia Pacific Achiever of the Year (2013年)[9]
  • カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル ヘルス&ウェルネス部門 ゴールド(2016年) - 倉敷中央病院「研修医実技トライアウト」で受賞[10]
  • カンヌライオンズクリエイティビティフェスティバル プロダクトデザイン部門 ブロンズ(2017年) - TESS社「COGY」(あきらめない人の車いす)で受賞[11]
  • ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS クリエイティブイノベーション部門 総務大臣賞/ACCグランプリ(2017年) - TESS社「COGY」で受賞[12]
  • ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS インタラクティブ部門 ブロンズ(2017年) - A-Sketch「WEARABLE LIFE JACKET」(ONE OK ROCK)で受賞[13]

ほか受賞年不明のものとして、「フジサンケイグループ広告大賞」「グッドデザイン賞」 など[7]

著書[編集]

  • 「学外活動」出版プロジェクト編著『現役大学生による学問以外のススメ』辰巳出版、2007年3月 - 大学生時の三浦が5人の企画者のうちの一人として関与[14]
  • 『言語化力 言葉にできれば人生は変わる』SBクリエイティブ、2020年1月。
  • 『人脈なんてクソだ。変化の時代の生存戦略』ダイヤモンド社、2020年4月。
  • 『超クリエイティブ 「発想」×「実装」で現実を動かす』文芸春秋、2020年10月。
  • 『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』集英社、2021年4月。

メディア出演[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 株式会社GO”. コーポレートサイト. 2021年11月8日閲覧。
  2. ^ “小5で夜逃げ”もポジティブに転換。GO三浦崇宏が卒業文集を見て語る「人生=コンテンツ」論”. 新R25 (2019年5月30日). 2021年11月8日閲覧。
    Takahiro Miura”. FACEBOOK. 2021年11月16日閲覧。
  3. ^ The Breakthrough Company GO 代表取締役 PR / Creative Director 三浦崇宏 作品をつくるのではなく、現象を創るのがぼくたちの仕事。”. B.R.ONLINE (2018年6月11日). 2021年11月16日閲覧。
  4. ^ 今年最も優れたPR活動に「土のフルコース」――2013年度のPRアワードグランプリ発表”. AdverTimes (アドタイ) by 宣伝会議 (2013年12月4日). 2021年11月8日閲覧。
    “当社のPRプロジェクト「土のレストラン」が日本PR大賞「PRアワードグランプリ」の最高賞である“グランプリ”を受賞” (プレスリリース), PROTOLEAF, (2013年12月4日), https://protoleaf.co.jp/node/17 2021年11月16日閲覧。 
  5. ^ 感想共有サイト「みんなのしおり.jp」 ウェブでのスタートを新聞広告で告知”. 朝日新聞メディアビジネス局 広告朝日 (2012年4月11日). 2021年11月8日閲覧。
  6. ^ “[https://nnn.ed.jp/blog/archives/3983.html 【プロジェクトN】クリエイティブディレクター三浦崇宏さんによる特別授業 「人の心に届く“伝え方”を学ぶ」]”. 学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校 (2018年6月7日). 2021年11月16日閲覧。
  7. ^ a b 三浦崇宏は注目のPRプランナー!経歴やアイデア論と人脈論を紹介”. Leisurego. 2021年11月8日閲覧。
  8. ^ 第40回懸賞論文 入選・入賞作品”. 日本広告業協会. 2021年11月16日閲覧。
  9. ^ a b c d e f ≪12月15日(月)開催≫講演会「コミュニケーションビジネス最前線」のお知らせ”. 東洋大学. 2021年11月16日閲覧。
  10. ^ カンヌライオンズ2016、ライオンズヘルスの結果が発表に 日本からもゴールド受賞”. AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議 (2016年6月21日). 2021年11月16日閲覧。
  11. ^ カンヌライオンズ2017日本の受賞作品”. カンヌライオンズ日本公式サイト (2017年6月29日). 2021年11月16日閲覧。
  12. ^ 2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 入賞作品リスト クリエイティブイノベーション部門”. ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS. 2021年11月16日閲覧。
  13. ^ 2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 入賞作品リスト インタラクティブ部門”. ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS. 2021年11月16日閲覧。
  14. ^ 現役大学生のリアルドキュメント『現役大学生による学問以外のススメ』を出版”. valuepress (2007年3月12日). 2021年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]

SNSなど[編集]

インタビューなど[編集]

「出典」に引用したものも参照のこと。