梅田優祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
梅田優祐

梅田 優祐(うめだ ゆうすけ、1981年4月16日 - )は、日本起業家アントレプレナー。株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者)、株式会社ニューズピックス 取締役、NewsPicks USA, LLC チェアマン。

略歴・人物[編集]

愛知県出身。2004年に横浜国立大学卒業後、戦略系コンサルティングファームのコーポレイトディレクション(CDI)に入社。その後、UBS証券投資銀行本部の東京支店での勤務を経て、UBS時代の同僚である新野良介と高校時代からの友人の稲垣裕介と共に、2008年にユーザベースを創業。

2009年に企業・業界分析情報プラットフォーム「SPEEDA」をリリースし、その後2013年にソーシャル機能も兼ね備えた、経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」の提供を開始。その他にもベンチャーデータベース「entrepedia」やB2Bマーケティングエンジン「FORCAS」も展開している。東京、大阪、シンガポール、香港、上海、スリランカ、アメリカに拠点を構える。

起業ストーリー[編集]

もともと起業志向があったわけではないが、学生時代に読んだ本に、「代替不能なスキルをつけていけばいくほどプロとして仕事が選べるようになって、自由を手にできる」という内容をみつけ、自由を手に入れるための修行と考え、戦略系コンサルティング・ファームのコーポレートディレクション(CDI)に入社。[1]

その後、外資系証券会社のUBS証券を経て、ニューヨークやロンドンのバンカーも非効率な働き方をしていることを感じ、地下鉄の大手町駅を歩いているときに思い立ち、起業を決意。その際のアイデアが最初のサービスである企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」につながっている。[2]

NewsPicksの発案には、金融マン時代にニュースに対して解説してくれる上司や先輩がおり、「大きなニュースが起こって、ニュースとニュースによって起きる周りの反応がセットになる」体験を再現したくスタートしたと言っている。[3] また葉山に在住しており、通勤中の電車内でNewsPicks構想を思いついたと取れる発言もしている。[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]