佐山展生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐山展生
人物情報
生誕 (1953-12-03) 1953年12月3日(66歳)
京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京工業大学(博士)
ニューヨーク大学(修士)
京都大学(学士)
学問
博士課程
指導教員
古川浩一
主な指導学生 堤智章[1]
学位 博士(学術)
公式サイト
Random Talk 佐山展生
テンプレートを表示

佐山 展生(さやま のぶお、1953年12月3日 - )は、日本の経営者、経営学者。専門はM&A、バイアウト、事業再生、企業倒産等。一橋大学大学院経営管理研究科客員教授、京都大学経営管理大学院客員教授、京都大学総合生存学館(思修館)特任教授、関西大学経済学部客員教授、スカイマーク株式会社取締役会長、インテグラル株式会社代表取締役パートナー。

人物・経歴[編集]

京都市上京区出身[2]帝人在職中、必ずしも業績を上げたからといって社長になる訳ではないことに気づき、転職を考えて30歳から旧司法試験の勉強を始める。その後、帝人を退職。ポリエステル重合畑から転じて三井銀行(現三井住友銀行)に入行しM&Aを担当。98年に独立系投資ファンドのユニゾン・キャピタル共同設立、代表取締役パートナーに就任、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、04年渡辺章博GCAを共同設立、07年山本礼二郎インテグラルを共同設立、15年スカイマーク代表取締役会長。睡眠時間3、4時間のこともあり多くの兼職を行う[3][4][5][6]

経歴[編集]

人物[編集]

編著[編集]

  • 「リーダーの危機突破力」(日本経済新聞出版社)2011年7月出版
  • 「社長の値打ち」(日本経済新聞出版社)2010年4月出版
  • 「社長の器」(日本経済新聞出版社)2008年11月出版

共著[編集]

  • 「生涯現役論」(新潮新書)2017年5月出版
  • 「バイアウト」(日本経済新聞出版社)2010年6月出版
  • 「企業防衛法務と戦略-敵対的買収に備えて」(民事法研究会出版)2005年6月出版
  • 「再生・再編事例集3」(商事法務)2004年3月出版
  • 「プレパッケージ型事業再生」(商事法務)2004年1月出版
  • 「企業再生のための法的整理の実務:新会社更生法を中心として」(きんざい)2004年1月出版
  • 「経営学検定試験テキスト:現代経営の課題」(中央経済社)2004年1月出版
  • 「事業再生の担い手と手法」(商事法務)2004年3月出版
  • 「経営財務情報の経済分析」(中央経済社)1999年11月出版
  • 「日本的M&A実践講座」(講談社)1990年3月出版

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

先代:
井手隆司
スカイマーク会長
2015年 - 現在
次代:
-