佐山展生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐山展生
人物情報
生誕 (1953-12-03) 1953年12月3日(65歳)
京都府京都市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京工業大学(博士)
ニューヨーク大学(修士)
京都大学(学士)
学問
博士課程
指導教員
古川浩一
学位 博士(学術)
公式サイト
Random Talk 佐山展生
テンプレートを表示

佐山 展生(さやま のぶお、1953年12月3日 - )は、日本の経営者、経営学者。専門はM&A、バイアウト、事業再生、企業倒産等。一橋大学大学院経営管理研究科客員教授、京都大学経営管理大学院客員教授、スカイマーク株式会社代表取締役会長、インテグラル株式会社代表取締役。

人物・経歴[編集]

京都市上京区出身[1]帝人在職中、業績を上げても昇格しない先輩がいることなどを知り、転職を考えて30歳から旧司法試験の勉強を始める。その後、帝人を退職。ポリエステル重合畑から転じて三井銀行(現三井住友銀行)に入行しM&Aを担当。98年に独立系投資ファンドのユニゾン・キャピタル共同設立、代表取締役パートナーに就任、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、04年GCA株式会社共同設立、15年スカイマーク代表取締役会長。睡眠時間3、4時間で多くの兼職を行う[2][3][4]

経歴[編集]

人物[編集]

  • 高校時代は野球部員だった。
  • 京都の洛星高校より京都大学工学部高分子化学科へ。野球部に所属。卒業後入社した帝人では松山にて「ポリエステル」の開発に携わる。
  • 新聞で三井銀行の中途採用募集を目にし「日頃立ち入る事の出来ない銀行の中に入ってみたい」という興味から面接を受ける。採用が決まり、これを機会に転職。三井銀行ではM&A業務に携わる。同行退社後、1999年ユニゾン・キャピタル代表取締役パートナー、2004年4月GCA代表取締役、2007年インテグラル共同設立。
  • 阪急・阪神合併における交渉役として知られるが、他にワールドの自社株式取得 (MBO) 、カネボウ再建、楽天/TBS提携交渉等でもアドバイザーを務めたとされる。一時は村上ファンドのターゲットとなった企業の多くで交渉役を引き受けていた。
  • 阪急ホールディングスと阪神電気鉄道の経営統合で、阪急側の財務アドバイザーを務めた。

編著[編集]

  • 「リーダーの危機突破力」(日本経済新聞出版社)2011年7月出版
  • 「社長の値打ち」(日本経済新聞出版社)2010年4月出版
  • 「社長の器」(日本経済新聞出版社)2008年11月出版

共著[編集]

  • 「バイアウト」(日本経済新聞出版社)2010年6月出版
  • 「企業防衛法務と戦略-敵対的買収に備えて」(民事法研究会出版)2005年6月出版
  • 「再生・再編事例集3」(商事法務)2004年3月出版
  • 「プレパッケージ型事業再生」(商事法務)2004年1月出版
  • 「企業再生のための法的整理の実務:新会社更生法を中心として」(きんざい)2004年1月出版
  • 「経営学検定試験テキスト:現代経営の課題」(中央経済社)2004年1月出版
  • 「事業再生の担い手と手法」(商事法務)2004年3月出版
  • 「経営財務情報の経済分析」(中央経済社)1999年11月出版
  • 「日本的M&A実践講座」(講談社)1990年3月出版

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
井手隆司
スカイマーク会長
2015年 - 現在
次代:
-