渡辺章博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 章博(わたなべ あきひろ、1959年2月18日 - )は、日本の実業家公認会計士GCA共同創業者で、同社代表取締役社長一橋大学大学院法学研究科客員教授、神戸大学大学院経営学研究科客員教授なども歴任。

人物・経歴[編集]

東京都武蔵野市生まれ。父が八幡製鐵に務めていたため小学校2年まで北九州市で過ごした。中央大学在学中の1980年に公認会計士第二次試験合格し、平和共同会計事務所入所。1981年中央大学商学部会計学科卒業。1982年Peat Marwickニューヨーク入社。1985年米国公認会計士試験合格。1990年Peat Marwickパートナー。1994年KPMGコーポレイトファイナンス代表パートナー[1]

2002年グローバルコーポレイトアドバイザリー創業。2004年GCAを創業。2005年一橋大学大学院法学研究科法務専攻客員教授、神戸大学大学院経営学研究科客員教授。2007年中央大学大学院戦略経営研究科客員教授。2008年GCAサヴィアングループ代表取締役。2008年ランバクシー取締役[1][2]

やがて共同創業者の佐山展生は方向性の違いから独立し、山本礼二郎インテグラルを設立したが、その際は2008年に同社への出資を行っている。2012年にGCAの東京証券取引所市場第一部への市場変更を果たした。時価総額では、世界のM&Aアドバイザリー企業の中で5強の一角となり、アジアでのビジネスへの専門性などを優位性として経営を進めた[3]。2015年マルホ取締役[4]。2016年ユニー・ファミリーマートホールディングス取締役[5]

著書[編集]

出典[編集]