闇金ウシジマくん (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

闇金ウシジマくん』(やみきんウシジマくん)は、真鍋昌平による日本漫画闇金ウシジマくん』を原作とした日本の映画シリーズ。2010年より毎日放送(MBS)で制作・放送されたドラマ『闇金ウシジマくん』の劇場版となる。2012年8月25日にPart1が、2014年5月16日に続編となるPart2がそれぞれ公開された。その後2016年秋に続編となるPart3とthe Finalがそれぞれ公開された。PG12指定。

第1作(Part1)[編集]

闇金ウシジマくん
監督 山口雅俊
脚本 福間正浩
山口雅俊
原作 真鍋昌平
製作 岩倉達哉
村田亮
岡本順哉
丸山博雄
出演者 山田孝之
大島優子
林遣都
主題歌 SuperflyThe Bird Without Wings
撮影 西村博光
編集 松尾浩
製作会社 S・D・P
アールグレイフィルム
配給 S・D・P[1]
公開 日本の旗 2012年8月25日
上映時間 129分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4億円[2]
次作 闇金ウシジマくん Part2
テンプレートを表示

テレビドラマに引き続き、山田孝之主演で映画化。監督はテレビドラマの演出を務めた山口雅俊。公開は2012年8月25日。原作の『ギャル汚くん』および『出会いカフェくん』のエピソードが元となっている。

北米最大の日本映画祭「第6回JAPAN CUTS ジャパン・カッツ!」で大島優子が「Cut Above Award for Outstanding Debut」を受賞した[3]

2012年8月25、26日の初日2日間で興収7,500万円、動員5万人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第10位となった[4]

キャスト[編集]

丑嶋馨
演 - 山田孝之
非合法な金利で金を貸し付けるアウトローの金融屋「カウカウファイナンス」社長。取立てを行った最中に逮捕されてしまう。愛車はスバル・レガシィから原作同様ハマーH2に買い換えている。
鈴木未來(すずき みこ[5]
演 - 大島優子 (AKB48)
小川純
演 - 林遣都[5]
イベントサークル代表。未來の幼馴染。
高田
演 - 崎本大海
カウカウファイナンス社員。元ホスト[6]
柄崎
演 - やべきょうすけ
カウカウファイナンス社員。丑嶋の中学時代の同級生。
大久保千秋
演 - 片瀬那奈[7]
元カウカウファイナンス社員。元AV女優。
猪股
演 - 岡田義徳
FX長者、一時貧窮に陥っていたときに正規の貸金業から金を借りるが、その債権を丑嶋に回収された挙句、純との会合中に、カウカウファイナンスから取立てを受けたうえに返済方法に関するトラブルでもめた結果、丑嶋から拷問[8]を受けてしまう。
上原
演 - ムロツヨシ
広告代理店勤務。純の先輩。
根岸裕太(ネッシー)
演 - 鈴之助
純の幼なじみ。美人局で生計を立てる小悪党。純とは原作程の親密な関係ではない。
まいたん(舞)
演 - 坂ノ上朝美
根岸裕太と一緒に美人局で金を奪う女。
西尾弁護士
演 - 金田明夫
原作の橋爪弁護士に当たる人物、闇金撲滅の集会にオピニオンリーダーとして参加しておきながら、自身は闇金の釈放の手助けするなどの行為を行っているため(釈放依頼をしたウシジマとの会話から、彼もそれを自覚しているところがある)、刑事たちからは、あまり快く思われていない。
石塚ミノル(豚塚)
演 - 手塚みのる
暴走族「駄威我蛙」の総長。純の先輩。バンプスのケツ持ちをしている。
葉山朋子(モコ)
演 - 希崎ジェシカ
看護師。
内田
演 - 内田春菊
101号室に住む老婆。
アキト
演 - 市原隼人[9]
未來のバイト先の先輩。
鈴木文江
演 - 黒沢あすか
未來の母。パチンコ狂い。
イケメンゴレンジャイ
演 - 井出卓也(龍雅-Ryoga-)
演 - 工藤大輝(Da-iCE)
演 - 花村想太(Da-iCE)
演 - 森崎ウィン(PrizmaX)
演 - 清水大樹(PrizmaX)
イベントサークル「バンプス」の人気グループ。
肉蝮
演 - 新井浩文
自分の暴力欲を満たすため復讐代行業を行っている謎の男。高い凶暴性を秘める。映画版では、現場に自分を特定をされるような証拠を残さないなど知能犯の一面も持っていたり、虐待していた両親を殺害するなどの過去が描かれるなど原作になかった要素が追加されている。

スタッフ[編集]

  • 企画・プロデュース・監督 - 山口雅俊
  • プロデューサー - 岩倉達哉、村田亮、岡本順哉、丸山博雄
  • 協力プロデューサー - 幹九郎
  • ラインプロデューサー - 久保理茎
  • 監督補 - 毛利安孝
  • 撮影 - 西村博光
  • 照明 - 常谷良男
  • 録音 - 小松将人
  • 美術 - 松尾文子
  • 衣裳 - 牧亜矢美、山子美鈴
  • ヘアメイク - 青木千枝子
  • スクリプター - 吉田久美子
  • キャスティング - 梅本竜矢
  • 編集 - 松尾浩
  • 音響効果 - 北田雅也
  • 選曲 - 佐藤啓
  • 主題歌 - SuperflyThe Bird Without Wings[10]ワーナーミュージック・ジャパン
  • イメージソング - Superfly「No Bandage」(ワーナーミュージック・ジャパン)
  • 助監督 - 井手上拓哉
  • 製作担当 - 中円尾直子
  • 企画 - ヒント
  • 製作プロダクション - S・D・P、アールグレイフィルム
  • 宣伝協力 - KICCORIT、DROP
  • 配給 - S・D・P
  • 製作 - 映画「闇金ウシジマくん」製作委員会(S・D・P、ヒント、小学館MBS

第2作(Part2)[編集]

闇金ウシジマくん Part2
監督 山口雅俊
原作 真鍋昌平
出演者 山田孝之
綾野剛
菅田将暉
木南晴夏
門脇麦
高橋メアリージュン
中尾明慶
窪田正孝
希崎ジェシカ
バカリズム
大久保佳代子
キムラ緑子
マキタスポーツ
本仮屋ユイカ
光石研
柳楽優弥
崎本大海
やべきょうすけ
主題歌 SuperflyLive
製作会社 S・D・P
配給 東宝映像事業部
S・D・P
公開 日本の旗 2014年5月16日
上映時間 133分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7億円(推定)[11]
前作 闇金ウシジマくん
次作 闇金ウシジマくん Part3
テンプレートを表示

2014年5月16日、ドラマSeason2の放送終了後に『闇金ウシジマくん Part2』と題して公開[12]。ドラマSeason2に引き続き、山田孝之主演・山口雅俊監督。ドラマSeason2に出演した綾野剛も戌亥役で引き続き出演する。ストーリー的には原作の「ヤンキーくん」編をベースとした[13]映画独自のアレンジが展開される。

キャスト[編集]

丑嶋馨
演 - 山田孝之
戌亥
演 - 綾野剛
高田
演 - 崎本大海
柄崎
演 - やべきょうすけ
摩耶
演 - 久保寺瑞紀
受付兼事務。原作の「小百合」に相当。
加賀マサル
演 - 菅田将暉
原作の「加賀勝」に相当。カウカウファイナンスの軍資金を狙うヤンキー(無職)。
中盤から明確に丑嶋の敵となる為、原作とは結末が異なる。
愛沢浩司
演 - 中尾明慶
暴走族「愛沢連合」ヘッド。ヘッドとしての面子を保つ為に犀原から高利の金を借りてしまい、追い詰められていく。
終盤で原作に登場する「鼓舞羅」と同じ行動を取る。
神咲麗
演 - 窪田正孝
『クラブエアー』新人ホスト。原作の「ホストくん」における高田と隼人に相当する。
底辺層だったが、ナンバー1ホストになって困窮する生活から脱出しようとする。
蝦沼
演 - 柳楽優弥
劣悪な環境の産業廃棄物処理現場などで働く日雇い労働者。たまたま道で目にした彩香に一目惚れし、陰湿なストーキングを開始する。
愛沢明美
演 - 木南晴夏
愛沢の妻。暴走族にしがみついて甲斐性のない夫に嫌気がさし、子供をほったらかしてホストクラブに通う。
藤枝彩香
演 - 門脇麦
高校中退のフリーター。喫茶店のバイトとして地道に働いていたが、「ナンバー1ホストになる」という麗の夢を応援するために、体を売り始める。
原作の「愛華」に相当するが、彼女と違って中卒の17歳。
犀原茜
演 - 高橋メアリージュン
闇金融ライノー・ローンの女経営者。丑嶋を過剰にライバル視し、どんな手を使ってものし上がろうと熊倉に取り入り、怪しい商売にも手を染める。
原作の「滑皮」の立ち位置にあたる人物。
村井
演 - マキタスポーツ
犀原の腹心の部下。
大成
演 - 相葉裕樹
『クラブエアー』No.1ホスト。客に媚びない接客で、人気を博す。
尚樹
演 - 落合モトキ
『クラブエアー』ホスト。困窮した客に闇金や風俗の仕事を紹介する等、卑劣な手口を使う。
ユキミ
演 - 本仮屋ユイカ
熊倉が可愛がる高級クラブのホステス。美人だが、バカラ狂いで借金漬け。
熊倉のアニキ
演 - 光石研
若琥会の経理を牛耳っているヤクザ。丑嶋を呼び出し、300万円を無理強いする。
その他
ウソ虫歯/下村:バカリズム…競馬狂の債務者。
里中美奈子:大久保佳代子…ホストクラブの太客。
日野牧子:キムラ緑子…ホストクラブの太客。大物実業家。
丸山光男=雨男:平田実…父親の年金で、風俗に通う男。『カウカウファイナンス』の債務者。
葉山朋子/モコ/モナコ:希崎ジェシカ
焼き鳥屋の店主:伊藤正之
ホストクラブのオーナー慶次:徳山秀典
摩耶:久保寺瑞紀
健介:山田健太
仁:黒木辰哉
少年A(15):西本銀二郎
少年B(14):畠山紫音
少年C(12):大崎飛瑠
少年D(15):板垣瑞生
マサルの母・みどり:屋敷紘子
拉致される男:村尾俊明
拉致される女:若井尚子
愛沢連合の残党:出倉俊輔土屋恭平高橋良平宮島三郎藤岡信昭
彩香の父:芦川誠
彩香の母:みなみ奈未
彩香の姉:大島なぎさ
若琥会・田所:生島勇輝
若琥会・平井:佐々木一平
若琥会・円山:黒石高大
現場監督:芹澤興人
特選!冷やしカレーを説明する女:福田裕子
クズ呼ばわりされる労働者たち:世志男春木生加藤雅人高橋和貴山田将太太田直人菅原信一小川達也永澤伶門
ホストクラブのオーナー・慶次(ヨシツグ):徳山秀典
大成(タイセイ):相葉裕樹
一翔(カズト):君嶋麻耶
将吾(ショウゴ):川久保拓司
龍馬(リョーマ):新倉ケンタ
颯(ハヤテ):生島翔
麗の母・節子:丸木弥雪
ホストクラブのマネージャー:中村祐樹
アキ:杏さゆり
太客・イヴ:吉川まりあ
私を抱ける?睦美:鈴木智絵
秀子:良田麻美
デリヘル嬢・明日菜:國武綾
太客・牧子の部下たち:山口麻衣加寺田尚子
大成の太客(エース級):星野美穂
セクシーな女:水野友加里
丸山満男(雨男):平田実
驚き叫ぶバニーガール:鈴木咲
債務者(アイアイ):友松栄
アイアイの妻:藤倉みのり
茜の奴隷くんたち:西村信裕谷本峰
ウソ虫歯・下村の妻:後藤ユウミ
通帳業者:藤川俊生
AV現場:中村公隆橋本トシ
喫茶店のウザい先輩店員:松本紘史郎
喫茶店の店員:相馬有紀実
喫茶店の客:清水一彰
出会い系の客:西村雄正
借金まみれの保険屋のオバチャン:柳原純子
セクシーな女連れ:大橋智和
ラーメン通・カズくん:水野直
カズくんの連れ・チヒロ:白石糸
マサルの連れの女たち:まつながひろこ横町ももこ
その他:小澤廉REITO小林涼今福歳生大和孔太井上晧介黒野慎KEI楚南ケンゾー錦戸梨絵松﨑結愛蓮実クレア橘ひなた舞咲みくに玉名みら大崎美佳辺見麻衣

主題歌[編集]

イメージソング[編集]

  • Superfly「万華鏡と蝶」(ワーナーミュージック・ジャパン)

受賞[編集]

第3作(Part3)[編集]

闇金ウシジマくん Part3
監督 山口雅俊
原作 真鍋昌平
出演者 山田孝之
綾野剛
やべきょうすけ
崎本大海
主題歌 Superfly「心の鎧」[19]
公開 日本の旗 2016年9月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 闇金ウシジマくん Part2
次作 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
テンプレートを表示

2016年9月22日、ドラマ版Season3の放送終了後に公開[20][21]。 原作の『フリーエージェントくん』および『中年会社員くん』のエピソードが元となっている。

キャスト[編集]

丑嶋馨
演 - 山田孝之
戌亥
演 - 綾野剛
高田
演 - 崎本大海
柄崎
演 - やべきょうすけ
モネ
演 - 最上もが
受付嬢。
犀原茜
演 - 高橋メアリージュン
村井
演 - マキタスポーツ
沢村真司
演 - 本郷奏多
ネットビジネス界での成功を目指す派遣労働者。原作における村上仁に相当する。
麻生りな
演 - 白石麻衣
新人タレント。沢村と接近していく。
天生翔
演 - 浜野謙太
ネットビジネスのカリスマ。
加茂守
演 - 藤森慎吾
不倫にはまるサラリーマン。
花蓮 
演 - 筧美和子
加茂が入れあげるキャバクラ嬢。
しんこちゃん
演 - 前野朋哉
天生塾の塾生。
清栄真実
演 - 山田裕貴
天生塾の塾生。
曽我部
演 - 水沢紳吾
加茂の同僚。
苅部
演 - 月見草しんちゃん
沢村の友人。
モエコ
演 - さくらゆら
苅部の彼女。
獏木
演 - 矢野聖人
チンピラ集団のリーダー。

主題歌[編集]

第4作(Part4)[編集]

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
監督 山口雅俊
原作 真鍋昌平
出演者 山田孝之
綾野剛
やべきょうすけ
崎本大海
真野恵里菜
真飛聖
主題歌 Superfly「Good-bye」[19]
公開 日本の旗 2016年10月22日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 闇金ウシジマくん Part3
テンプレートを表示

2016年10月22日、映画版part3のあと公開[20][21]

キャスト[編集]

丑嶋馨
演 - 山田孝之
戌亥
演 - 綾野剛
高田
演 - 崎本大海
柄崎
演 - やべきょうすけ
モネ
演 - 最上もが
犀原茜
演 - 高橋メアリージュン
村井
演 - マキタスポーツ
竹本優希
演 - 永山絢斗
丑嶋の幼馴染。貧困ビジネスに巻き込まれる。
鰐戸一
演 - 安藤政信
鰐戸三兄弟の長男。12年前の因縁から丑嶋に復讐を誓う。
鰐戸二郎
演 - YOUNG DAIS
鰐戸三兄弟の次男。竹本を貧困ビジネスに誘う。
鰐戸三蔵
演 - 間宮祥太朗
鰐戸三兄弟の三男。制御不能で凶暴な人物。
甲本直人
演 - 太賀
竹本とともに鰐戸三兄弟の下で働く労務者。財布を落とす女、あやめに恋心を抱く。
榊原
演 - モロ師岡
鰐戸三兄弟の下で働く労務者。つくしの間室長。
あやめ
演 - 天使もえ
財布を落とす女。
あむ
演 - 真野恵里菜
万里子
演 - 真飛聖
美容界のカリスマ。

[22][23]

主題歌[編集]

イメージソング[編集]

  • Superfly「天上天下唯我独尊」

エピソード[編集]

原作者・真鍋昌平はPart1における大島優子の起用に対して、当初「話題づくりだと思っていた」が、山口雅俊監督から「(大島の)バックボーンから役者としてピンポイントで選んでいる」と聞かされ、また実際に完成した映画を観て「状況とかキャラクターのことをすごく理解して演じているんだなと思った」と彼女の演技を評価し、考えを改めたと発言している[24]

Part1においては、夕方以降、レイトショーでの動員が多く、7割以上の劇場でレイトショーに最高動員数を記録していると報道された[25]

脚注[編集]

  1. ^ “ドラマに続き山田孝之主演で『闇金ウシジマくん』が映画化!”. Qetic. (2011年8月4日). http://www.qetic.jp/?p=71088 2011年8月4日閲覧。 
  2. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 203頁
  3. ^ “『闇金ウシジマくん』の大島優子が北米最大の日本映画祭「第6回JAPAN CUTS」で受賞!”. MovieWalker. (2012年7月12日). http://news.walkerplus.com/2012/0712/2/ 2012年7月12日閲覧。 
  4. ^ 壬生智裕 (2012年8月29日). “『るろうに剣心』トップ初登場!リドリー・スコット最新作『プロメテウス』はすでに動員50万人突破!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0045489 2012年8月30日閲覧。 
  5. ^ a b 「闇金ウシジマくん」に大島優子が出演!闇金に追われ破滅の道を辿るフリーター役を熱演”. MSN エンタメ (2012年2月21日). 2012年2月21日閲覧。
  6. ^ 過去の経緯は、「ホストくん」を基にしているものの、愛華が19歳のキャバ嬢になっているなどの変更がなされている
  7. ^ “あのキャラが復活! 映画『闇金ウシジマくん』に片瀬那奈が出演決定”. ぴあ映画生活. (2012年5月18日). http://cinema.pia.co.jp/news/157928/46527/ 2012年5月18日閲覧。 
  8. ^ この拷問は、原作の「闇金狩りくん」で、丑嶋が闇金狩りグループの一員に対してやった拷問と同じものである。
  9. ^ ゲスト出演。“市原隼人、AKB大島の幼なじみ役 映画『闇金ウシジマくん』にゲスト出演”. ORICON STYLE. (2012年5月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2011539/full/ 2012年5月14日閲覧。 
  10. ^ “Superfly、映画「闇金ウシジマくん」主題歌に新曲提供”. ナタリー. (2012年6月21日). http://natalie.mu/music/news/71413 2012年6月21日閲覧。 
  11. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 91頁
  12. ^ まんたんウェブ (2013年11月25日). “綾野剛 : 「闇金ウシジマくん」に初参戦 ドラマシーズン2&新作映画が決定”. 2013年11月25日閲覧。
  13. ^ 映画.com (2014年2月3日). “「闇金ウシジマくん Part2」に菅田将暉、窪田正孝、柳楽優弥ら旬の若手が参戦”. 2014年2月4日閲覧。
  14. ^ “Superfly「ウシジマくん」映画2作目も主題歌&イメージ曲”. ナタリー. (2014年2月14日). http://natalie.mu/music/news/109846 2014年5月20日閲覧。 
  15. ^ “大泉洋、コメディー俳優としての評価に不満顔?”. シネマトゥデイ. (2014年11月22日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068357 2014年11月25日閲覧。 
  16. ^ 2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2015年1月8日閲覧。
  17. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2015年2月4日閲覧。 
  18. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞者決定!!”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年1月4日閲覧。
  19. ^ a b “Superflyが山田孝之「闇金ウシジマくん」劇場版2作で主題歌担当、本日初OA”. 映画ナタリー. (2016年6月27日). http://natalie.mu/eiga/news/192289 2016年6月27日閲覧。 
  20. ^ a b “山田孝之主演「闇金ウシジマくん」新作が秋に2本連続公開、ドラマも7月放送開始”. 映画ナタリー. (2016年5月9日). http://natalie.mu/eiga/news/186233 2016年6月27日閲覧。 
  21. ^ a b “山田孝之、本郷奏多、白石麻衣ら「闇金ウシジマくん」会見にキャスト14名集結”. 映画ナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/eiga/news/192649 2016年6月30日閲覧。 
  22. ^ cinemacafe.net (2016年9月26日). “【予告編】ついにファイナル!『闇金ウシジマくん』山田孝之も「いい映画になっています」”. シネマカフェ. 2016年10月15日閲覧。
  23. ^ 五郎丸オガム (2016年7月4日). “今秋2作連続公開 映画『闇金ウシジマくん』白石麻衣、本郷奏多ら豪華キャストが勢ぞろいの予告編解禁!”. AOL. http://news.aol.jp/2016/07/04/ymkn-ushijima-movie/ 
  24. ^ 県田勢 (2012年6月25日). “大島優子の出演は「話題づくりだと思った」 『闇金ウシジマくん』原作者の真鍋昌平がぶっちゃけ!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0042673 2012年6月25日閲覧。 
  25. ^ “夜になったら観たくなる? 大島優子出演作『闇金ウシジマくん』が好調”. 朝日新聞. (2012年8月31日). http://www.asahi.com/showbiz/pia/AUT201208310015.html 2012年8月31日閲覧。 

外部リンク[編集]