ピコ (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピコ
基本情報
出生 1988年3月11日(26歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県
ジャンル J-POPアニメソング
職業 ボーカル
活動期間 2009年 -
レーベル ハートフルエンタテインメント(2009年)
Ki/oon Music(2010年 - )
事務所 T-INFINITY
公式サイト ピコ Official Web Site

ピコ(PIKO、1988年3月11日 - )は、日本男性歌手Ki/oon Music所属。声域が広く男性と女性の両方の声質を併せ持つ[1]

概要[編集]

高校2年生の頃にコピーバンドのボーカルとして音楽を始め、大学時代には軽音楽部で活動[2]

インターネット上の動画共有サイトニコニコ動画にある「歌ってみた」カテゴリーの動画を見ていた際、母親から勧められ、2007年末よりニコニコ動画で自身の「歌ってみた」動画の発表を始め、ニコニコ動画で歌い手として広い人気を集めるようになる[3][2]。ピコという名前はニコニコ動画でアカウントを作る際に実家で飼っている愛犬の名前から付けたものだという[2]。ニコニコ動画では、同じ歌い手の赤飯と「赤ピコ飯まー☆」(あかピコはんまー[4])というユニットでの活動も行っている[2]

2009年7月22日にシングル「タナトス feat.ティッシュ姫」でインディーズデビュー。この作品当初からサポートメンバーとしてキーボードコンポーザーはsamfree[注 1]が行なっている。2010年3月27日には渋谷AXで初のワンマン・ライブを行い、そのライブの場でKi/oon Recordsよりメジャーデビューすることを発表した[5]

2010年10月13日にメジャーデビューシングル「Story」を発売。また同年12月8日、セカンドシングル「勿忘草」とともにピコの声を基にした歌声が合成できるソフト『開発コードPIKO「歌手音ピコ」』を発売した。翌2011年5月11日には、メジャーで初のアルバム『1PIKO』を発売した。

"ピω゚コ"という独自の顔文字を持っており、自身を表す際よく使用しているほか公式にロゴとしても使用されている。

シングルのカップリングには、恒例としてVOCALOIDキャラクター(主に初音ミクなど)が歌唱されている楽曲のカバーが収録されている。

ディスコグラフィ[編集]

最高位は、オリコンウィークリーチャートに基づく。

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 完全・期間限定盤
インディーズ
1st 2009年7月22日 タナトス feat.ティッシュ姫 HERJ1001 63位
メジャー
1st 2010年10月13日 Story KSCL-1644/5 KSCL-1646 12位
2nd 2010年12月8日 勿忘草 KSCL-1703/4 KSCL-1705 KSCL-1706 18位
3rd 2011年3月9日 桜音 KSCL-1728/9 KSCL-1730 10位
4th 2011年10月5日 ユメハナ KSCL-1863/4 KSCL-1865 16位
5th 2012年4月25日 咲色リフレイン KSCL-2027/8 KSCL-2029 KSCL-2030/1 22位
6th 2012年8月15日 Make My Day! KSCL-2083/4 KSCL-2085 KSCL-2086/7 27位
7th 2013年6月5日 言ノ葉 KSCL-2253/4 KSCL-2254 KSCL-2255 19位

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 完全限定盤
インディーズ
1st 2009年9月9日 INFINITY HERJ-1002 105位
メジャー
1st 2011年5月11日 1PIKO KSCL-1764/5 KSCL-1766 7位
2nd 2012年5月30日 2PIKO KSCL-2048/9 KSCL-2050 KSCL-2051/2 15位

カバーアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
完全限定盤 期間限定盤
1st 2013年2月20日 ヒトコエ-42701340- KSCL-2175/6 KSCL-2177 34位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤A 初回限定盤B 通常盤
1st 2013年7月24日 ピコレクション“BEST+4” KSCL-2286/7 KSCL-2288/9 KSCL-2290

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2011年12月21日 ピコ LIVE TOUR 2011 〜1PIKO〜 "ピコの夏祭り" KSBL-5977/8 KSBL-5979 106位

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 時期
勿忘草 テレビアニメテガミバチ REVERSEエンディングテーマ 2010年
桜音 テレビアニメ『よりぬき銀魂さん』エンディングテーマ 2011年
ユメハナ テレビ東京『Vの流儀』オープニングテーマ
咲色リフレイン TBS系列COUNT DOWN TV』4月度オープニングテーマ 2012年
Make My Day! テレビアニメ『貧乏神が!』オープニングテーマ
言ノ葉 テレビアニメ『刀語』(ノイタミナ版)エンディングテーマ 2013年

開発コードPIKO「歌手音ピコ」[編集]

開発コードPIKO「歌手音ピコ」
開発元 キューンレコード
初版 2010年12月8日
対応OS Windows XPVista7
使用エンジン VOCALOID2
種別 音声合成DTM
ボーカルシンセサイザー(歌唱合成)
公式サイト http://www.kioon.com/vocaloid/piko/
テンプレートを表示

開発コードPIKO「歌手音ピコ」は、ヤマハの開発した音声合成技術VOCALOIDを使用した音楽製作(DTM)用の音声合成ソフトウェア。ピコの声を録音し作成された歌声ライブラリを収録しており、メロディや歌詞を入力することでパソコン上でピコの声をもとにした歌声を合成することが出来る。2010年12月8日にキューンレコードより発売された。歌手音(うたたね)という名前は、「歌い手」と「歌の種」を重ねて付けられた[6]。声質としては広い音域と多彩な音色を売りとしている[7]。「両声類」ということから、男声と女性の両方を使えることを意識して制作されたという[6]。パッケージにはユキタによる本製品のイメージキャラクターのイラストが描かれている[8]。キャラクターはピコのイメージに似せるようデザインされたものではないが、髪型は若干ピコを意識しているという[6]

ピコはネット上でVOCALOIDを用いて発表された楽曲のカバーを歌うという活動を経てメジャーデビューしたVOCALOIDとの縁のある歌手であり、キューンレコードは「VOCALOIDオリジナル楽曲を歌ってきた『歌い手』がVOCALOIDになるという、初めての逆転現象」と紹介している[9]

2011年9月14日にVOCALOID RECORDSより発売されたアルバム『THE VOCALOID produced by Yamaha』に、本製品の歌唱による曲として「言葉メテオ」が収録されている。

出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビアニメ[編集]

舞台[編集]

  • IRONBANK Presents「ばけりのふし松」 (2013年12月4日 - 12月8日、戸野廣浩司記念劇場)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ インディーズ作品では「SAM」と表記されている。

出典[編集]

  1. ^ “ニコ動の歌い手がVOCALOIDになった「歌手音ピコ」”. AV Watch (インプレス). (2010年12月1日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101201_410866.html 2010年12月11日閲覧。 
  2. ^ a b c d 『歌ってみたの本を作ってみた』 エンターブレイン2010年、20-22頁。ISBN 978-4047267367
  3. ^ “ニコニコ動画発の歌い手ピコが着うた配信スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2010年1月5日). http://natalie.mu/music/news/25959 2010年3月30日閲覧。 
  4. ^ ニコニコ動画にアップされている作品の記述より。
  5. ^ ““両声類”アーティスト、ピコの初ワンマンに1200人”. BARKS (ITmedia). (2010年3月30日). http://www.barks.jp/news/?id=1000059718 2010年3月30日閲覧。 
  6. ^ a b c 『ボカロ Plus vol.2』 徳間書店、2011年、66頁。ISBN 978-4197203437
  7. ^ 「開発コードPIKO「歌手音ピコ」本日発売!」、『DTM magazine』第18巻第1号、寺島情報企画、2010年12月、 112頁。
  8. ^ “キューンレコード、新ボーカロイド「歌手音ピコ」発売”. マイナビニュース. (2010年11月12日). http://news.mynavi.jp/news/2010/11/12/098/ 2011年12月17日閲覧。 
  9. ^ “ニコ動の歌い手がVOCALOIDになった「歌手音ピコ」”. AV Watch (インプレス). (2010年12月1日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20101201_410866.html 2010年12月11日閲覧。 

外部リンク[編集]