全力!脱力タイムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
World Report
全力!脱力タイムズ
Datsuryoku News Network
ジャンル バラエティ番組
企画 狩野雄太
演出 名城ラリータ(総合演出、P兼任)
有田哲平(総合演出、MC兼任)
出演者 有田哲平くりぃむしちゅー
小澤陽子フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 屋良有作
武田祐子(元フジテレビアナウンサー)
オープニング アラベスク「Friday Night」
製作
製作総指揮 神原孝 CP
名城ラリータ
プロデューサー 大泉正太
中村倫久
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2015年4月17日 - 現在
公式サイト
全力!脱力ニュース
出演者 有田哲平(くりぃむしちゅー)
遠藤玲子(フジテレビアナウンサー)
大谷昭宏
岸博幸
出口保行
森永卓郎
吉川美代子
荒俣宏
伊集院光
竹山隆範
放送期間 2014年12月30日
放送時間 火曜日 14:00 - 15:55
放送分 115分
回数 1
番組情報ページ
2015年4月〜2017年9月
放送期間 2015年4月17日 - 2017年9月29日
放送時間 金曜日 23:00 - 23:30
放送枠 COOL TV
放送分 30分
回数 95
2017年10月〜
放送期間 2017年10月6日 - 現在
放送時間 金曜日 23:00 - 23:40
放送枠 COOL TV
放送分 40分
テンプレートを表示

全力!脱力タイムズ』(ぜんりょく だつりょくタイムズ)は、フジテレビ系列2015年4月17日から放送されているニュースバラエティ番組である[1]2017年10月6日から毎週金曜日 23:00 - 23:40(JST)に放送されている。番組の愛称は「Datsuryoku News Network」の頭文字を取って「DNN」。

概要[編集]

世界各国から集められた、“思わず脱力してしまいそうな”『脱力ニュース』を、有識者たちが徹底解説するニュースバラエティ番組[2]。番組では経済社会問題芸能ファッショングルメ等の幅広いニュース・テーマが取り上げられる。なお、番組ホームページの番組紹介では「世界各地の最新ニュース」、番組ロゴには「World Report」といった文字があるが、取り上げられるニュース・テーマは海外のものは少なく日本のものが中心となっている。

番組開始当初は世界各国の真面目な時事問題にこじつけて世界各国のハプニング映像を流し、それに対して解説員がまったく関係のない話題を解説するというスタイルが主だったが、現在は後述の「日本の論点」をメインコーナーとする番組となっている。

2015年4月17日よりレギュラー化されて、毎週金曜日 23:00 - 23:30(JST)で放送開始された。

2017年10月6日より放送時間が30分から40分へ拡大されて、毎週金曜日 23:00 - 23:40(JST)となった[3]

フジテレビ開局60周年WEEKの2019年3月25日から3月31日[注 1]までの7日間に渡り、時間未定のゲリラ放送が実施された。

演出方法[編集]

制作総指揮(2019年3月まで総合演出)の名城ラリータはコント番組の企画を提出したが通らず、視聴者にも見てもらえない。そこでニュース番組、報道フォーマットの形式でも下駄を外せばコントになるという社会批評性を意識して番組作りをしている[4]。芸人ゲスト以外は台本が用意されており、芸人ゲスト以外の出演者が次々と繰り出す容赦のない無茶ぶりに芸人が右往左往する展開が当番組の見どころとなっているが、その大半は大げさな演出を用いる[5]

バラエティだと思われると笑いも薄くなるため、出演者、演出ともあくまで報道ニュース番組を意識しており、有田も意識の上では『BSフジ LIVE プライムニュース』の感覚で出演しているという[4]。なお、司会の有田と俳優・タレントゲストは(視力が悪くなくても)眼鏡をかけている。

主なコーナー[編集]

日本の論点
お題となるニュース・テーマのVTRが流れたあとに、出演者が解説・討論していく当番組のメインコーナー。
THE 絶景遺産
2016年8月12日から不定期に放送。後世に残したい日本の風景を紹介するコーナー。ナレーターは滝沢カレンが担当。
THE 美食遺産
2016年10月14日から不定期に放送。後世に残したい日本の食を紹介するコーナー。ナレーターは滝沢カレン、伊藤一朗 (Every Little Thing)、ACEなどが担当。
脱力スーパーLIVE
俳優ゲストが唐突に芸人ゲストのファンだと言い出し、ネタを披露する流れになるが、相方が別人(コウメ太夫ハリウッドザコシショウなどの強烈な個性をもった芸人)だったり、番組側が理不尽なルールを科したりし、まともにネタが出来ない状況に追い込む。

出演者[編集]

メインキャスター(MC)
進行キャスター
全力解説員(レギュラー)
毎回、様々な分野の専門家が3名が出演する。スペシャルでは5名となる。
※他多数、「解説員・ゲスト出演者」の項を参照
ナレーター
  • 屋良有作
  • 武田祐子(現・フリーアナウンサー)[注 2]
  • 滝沢カレン(不定期)
    「THE 美食遺産」、「THE 絶景遺産」やその他のVTRを担当。原稿を噛んだり、読み間違い、その他雑音をそのまま流したり、店主の説明の場面でアドリブを被せてきたり、塩を「いい意味で白い粉」、ココナッツミルクを「石こう絡みの液体」など独特の言い回しを多用するのが特徴[6]
  • 伊藤一朗Every Little Thing・不定期)
    「THE 美食遺産」やその他のVTRを担当。
  • ACE(不定期)
    「THE 美食遺産」を担当。
  • 白川次郎(元ラジオたんぱ→ラジオNIKEEI、フリーアナウンサー・不定期)
    「THE 美食遺産」を担当。
  • タイガー尾藤実演販売士・不定期)
    「THE 美食遺産」を担当。
VTR出演(不定期)
スタジオ出演(不定期)
※他多数

過去の出演者[編集]

アシスタント
  • マツコ・デラックス
    公式サイト等で『アシスタント』と書かれているが、有田らと同じスタジオではなく1人だけ楽屋や違う部屋にいて、画面外にいるスタッフの質問に答えたり意見を述べるという、アシスタントとは全く違うポジションにいる。従って有田らスタジオ出演者との共演や絡みは一切なく、事実上のVTR出演である。『解説をするアシスタント』としての意味合いが大きい。
    2015年7月3日放送の1時間スペシャルでは、副音声で冒頭から登場した。
    2015年9月19日(土)[7]の放送をもって番組を降板した。
進行キャスター
  • 春日由実(当時フジテレビアナウンサー)
    番組開始から出演。2016年3月25日の放送をもって番組を降板した。

コメンテーター[編集]

毎回、俳優と芸人の2組がコメンテーターとして出演。その中で芸人は唯一内容を事前に知らされておらず、「脱線に次ぐ脱線の展開に対応できる瞬発力」が求められる[8]。かつてはゲスト扱いであったが最近ではメンバーは固定化されつつある。

解説員・ゲスト出演者[編集]

2015年(平成27年)[編集]

2016年(平成28年)[編集]

2017年(平成29年)[編集]

2018年(平成30年)[編集]

2019年(平成31年→令和元年)[編集]

スタッフ[編集]

  • 編成企画: 狩野雄太(フジテレビ)
  • 構成作家: 堀田延、石塚祐介、寺田智和、カツオ、飯尾亮昌、今井健太、宮地謙典
  • 美術制作: 木村文洋
  • デザイン: 鈴木賢太(フジテレビ)
  • アートコーディネーター: 塩谷達郎
  • 大道具: 浅見大
  • 大道具操作: 山寺宏幸
  • アクリル装飾: 斉藤祐介
  • 電飾: 後藤佑介
  • アートフレーム: 石井智之
  • 装飾: 門間誠
  • メイク: 山田かつら
  • TP: 山本真吾
  • SW: 真野昇太
  • CAM: 涌田尚孝
  • AUD: 吹野真穏、生田陽祐
  • VE: 白波考大
  • LD: 高木一成
  • 編集: 三谷光
  • MA: 鈴木久美子
  • CG: 稲葉秀樹(ぴーたん)
  • ペイント: 吉澤真純
  • 音響効果: 松長芳樹
  • 技術協力: fmtIMAGICA、factory
  • リサーチ: 川崎隆幸、ライターズ・オフィス、戸田直樹、檜山渉
  • 制作協力: FCC、ファウンテン、HiHo-TVFAT TRUNK、STAYTUNED
  • 広報: 守田美穂(フジテレビ)
  • 営業: 福山晋司(フジテレビ)
  • デスク: 藤川芳恵
  • HP: Digital Spec
  • AP: 福田道子(一時離脱→復帰)
  • ディレクター:白石宗之/内田雅行、津宏典、岡田純一、鈴木一休、落合圭太、今井伸弥、見崎陽亮、小林裕季子、杉原裕一、白岩大輔、宇都竜太、水上雄一朗、永井裕史、市村智哉、桑原愛希、阪本亮介、島袋亮太(週替わり)
  • 演出: 宮森英生 (FAT TRUNK)、庄司裕暁 (FCC)、佐藤一輝 (GUTS)、村中良輔・山本健太郎(共に以前はディレクター、FAT TRUNK)、高瀬康宏、陣崎行夫、萩原正雄
  • 総合演出: 有田哲平(2019年4月 - 、以前はアシスタント総合演出)
  • 制作総指揮: 名城ラリータ (FCC)(2019年4月 - 、以前は総合演出)
  • プロデューサー: 大泉正太(ファウンテン)、奥村達哉、大川泰(奥村・大川→STAYTUNED)、中村倫久 (HiHo-TV)、橋本孔一、白石一幸(キメラ)、中垣佐知子、山口ななえ(中垣・山口→共に以前はAP、ファウンテン)、尹優梨
  • チーフプロデューサー: 神原孝 (FCC)
  • 制作著作: フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 編成企画: 石川綾一(フジテレビ)
  • 美術進行: 矢野雄一郎、平山雄大
  • アクリル装飾: 日野邦彦
  • 電飾: 北村亮治
  • TP: 坂本淳一
  • VE: 富澤貴啓
  • 音響効果: 藤代広太
  • 技術協力: digital circus
  • 広報: 清田美智子、瀬田裕幸(フジテレビ、瀬田→一時離脱→復帰)
  • 営業: 丹羽花奈、宮川健(フジテレビ)
  • デスク: 渡辺恵美子、三友咲(HiHo-TV、以前はAP)
  • TK: 池田美香、山本美衣
  • ディレクター: 相澤雄(FAT TRUNK)、持田謙二、瀧澤卓(FCC)、桶屋信次
  • プロデューサー: 菅田雄一(FAT TRUNK)、鈴木裕奈

ネット局[編集]

『全力!脱力タイムズ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ日数
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 金曜 23:00 - 23:40 制作局
北海道 北海道文化放送 (UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ (KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビ熊本 (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
青森県 青森テレビ (ATV) TBS系列 木曜 0:29 - 1:09 遅れネット
インターネット配信
  • TVer - 金曜 23:30 更新

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 3月29日の通常放送は休止。
  2. ^ 2017年3月まではフジテレビアナウンサー。同局在職中から出演。
  3. ^ 柳原も芸人だが、他のタレントと同じようなボケ役になっていた。
  4. ^ 2016年6月10日の放送回では芸人側のゲスト。特殊なパターンであるタカアンドトシのタカを除くと番組初の両方の立場での出演経験がある出演者である。
  5. ^ 冒頭ではさがねが芸人側ゲスト、ベッキーが俳優・タレント側ゲストという形で紹介されたが、番組見学という体でスタジオに来ていたジェジュンに押し出される形でさがねが退席したために代わりにベッキーが芸人ゲストの席に座る事となった。
  6. ^ 本人はアイドルの特別解説員として出演すると思っていたが、柳原が矢口以上の知識を披露した為、途中でツッコミ役となった。収録後に柳原から偽の台本にかなり書き込まれている事を暴露され、有田からは「ツッコミは上手かった」と絶賛された。
  7. ^ 両局とも、本来の時間帯は日本テレビの『アナザースカイII』と『NEWS ZERO』を同時ネットしている。

出典[編集]

  1. ^ 4月から“週6”でマツコ フジ・金曜よる新番組にレギュラー出演 - オリコンスタイル
  2. ^ くりぃむ有田とマツコで新ニュースバラエティー - スポニチアネックス
  3. ^ フジテレビ テーマは「再起動」10月改編「得意なところから広げる」 スポニチアネックス
  4. ^ a b 総合演出が語る『全力!脱力タイムズ』人気の秘けつ バラエティーでは異色の演出術”. ORICON NEWS. 2017年10月26日閲覧。
  5. ^ 『脱力タイムズ』、ひな壇バラエティー全盛の中で際立つ“コント回帰志向””. ORICON NEWS. 2017年6月9日閲覧。
  6. ^ 塩は「いい意味で白い粉」滝沢カレンの傑作ナレーション特集 6・17放送”. TV LIFE. 2017年6月16日閲覧。
  7. ^ a b 前夜のバレーボール中継(19:16 - 22:04)のため、70分繰り下げ(0:10 - 0:40)となり、土曜になってからの放送となった。
  8. ^ 総合演出が語る『全力!脱力タイムズ』人気の秘けつ 滝沢カレンのナレーション成功に見る“誠実さ””. オリコンスタイル (2017年10月27日). 2018年2月17日閲覧。
  9. ^ a b 前夜のサッカー中継(19:15 - 21:24)のため、1時間繰り下げ(0:00 - 0:40)となり、土曜になってからの放送となった。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 COOL TV金曜日
前番組 番組名 次番組
全力!脱力タイムズ
-
フジテレビ系列 金曜23:00 - 23:30枠
音楽の時間
〜MUSIC HOUR〜
全力!脱力タイムズ
-
フジテレビ系列 金曜23:30 - 23:40枠
ネタパレ
※23:30 - 23:58
【10分繰り下げ・2分拡大して継続】
全力!脱力タイムズ
【ここからCOOL TV金曜枠】
-