この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

生駒里奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いこま りな
生駒 里奈
Rina Ikoma Nogizaka46 HTC event 20140903.jpg
生駒 里奈
プロフィール
愛称 いこまちゃん[注 1]
いこたん
生年月日 1995年12月29日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本秋田県由利本荘市
血液型 AB型
公称サイズ(2017年[3]時点)
身長 / 体重 154 cm / kg
備考 靴のサイズ 23 cm[注 2]
活動
デビュー 2011年
所属グループ 乃木坂46
活動期間 2011年 -
他の活動 由利本荘市ふるさと応援大使
事務所 乃木坂46合同会社
主な楽曲 水玉模様
受賞歴 新成人アワード2016グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

生駒 里奈(いこま りな、1995年12月29日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー[5]AKB48チームBの元メンバーである[6]秋田県由利本荘市出身[7]。身長154cm[3]。血液型AB型[5]

略歴

幼少期、秋田県のダンススクール『ダンスアベニュー・StudioS』に入学し[8]、ジャズダンスを習い始める[9]。中学校へ進学後、ダンススクールの先輩に感化され、吹奏楽部に入部し、ドラム、マリンバ、ヴィブラフォンなどのパーカッションも始め[10]、中学3年生の時、『全日本吹奏楽コンクール』の東北大会で銀賞を受賞した[11]

中学校を卒業後、高等学校へ進学したが、昔のように部活動に打ち込まなくなり、自宅で過ごすようなった[12]。それを見た父親が心配し、暇を持て余すくらいならと何かに向かって頑張ることをうながす気持ちで乃木坂46の1期生オーディションを勧められた[12]。ちょうど学校生活から逃げ出したかった生駒は、オーディションを受験することにした[13]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではピコの「桜音」を歌った[14]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった[15]。合格後、高校1年生の夏休みに秋田県から東京都の高等学校へ転校した[16]。のちに仕事の都合でそこも通学が困難になったため、ほぼ高校2年生の時、通信制の高等学校へ転校した[16]

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューし[17]、センターを務めた[18]。グループ結成当初、吉本彩華が暫定選抜のセンターだったが、グループ結成からわずか1ヶ月後の2011年9月22日に脱退[19]。その後任センターに抜擢されたが、なぜ自分なのという戸惑いがあった[20]。2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「水玉模様」で初のソロ曲を務めた頃から[21]、センターへの迷いがなくなり、自分にできることを精一杯取り組むようになった[20]。2012年12月12日、『日刊スポーツ』で「いこまびより」の連載を開始した[22]

2013年1月22日、秋田県由利本荘市のふるさと応援大使に任命された[7]。2013年4月20日、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で、1stシングル「ぐるぐるカーテン」から5thシングル「君の名は希望」まで務めてきたセンターポジションを白石麻衣と交代することが発表された[23]。センター交代後はプレッシャーから解放され、気持ちに余裕ができ、与えられた場所で輝くことを大切にした[24]。2013年5月15日、『ピラメキーノ640』の「おはよう! だるだるEnglish」のコーナーにレギュラー出演を開始した[25]。2013年6月、生駒がデザインしたオリジナルキャラクター「てーんちゃん」のグッズが[注 3]キデイランドの期間限定ショップ『うさぎのモフィ』で販売された[27]

2014年2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(Zepp DiverCity)で乃木坂46を兼任することになったSKE48・松井玲奈の交換留学生として、AKB48チームBを兼任することが発表された[6]。兼任を決意したのは『真夏の全国ツアー2013』のライブを終え[28]、国立代々木競技場第一体育館のような大きなステージを経験したことから、もはや「経験がない」というのは言い訳にならないと考え[29]、「このレベルでお客さんに見せたらダメだ」と思い[30]、ダンスパフォーマンスを向上させるためのスケジュール調整で悩んでいたところ、兼任の話を持ちかけられたからである[28]。2014年4月、高等学校を卒業した[31]。2014年4月12日、西武ドームで開催されたAKB48の33rdシングル「ハート・エレキ」の握手会イベントでAKB48としての活動を開始した[32]。AKB48兼任中はパフォーマンス能力を向上させるため、体幹トレーニングを取り入れた[33]。2014年6月7日、『AKB48 37thシングル選抜総選挙』の開票イベントで14位を獲得し、AKB48のシングル選抜メンバーに初選出された[34]。2014年12月31日、『第65回NHK紅白歌合戦』に初出場した[注 4]

2015年1月5日、『花とゆめ』に鈴木ジュリエッタの「神様はじめました」と生駒の「てーんちゃん」がコラボレーションしたクリアファイルが付録された[37]。2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』でAKB48チームBとの兼任解除が発表された[38]。2015年5月14日、AKB48チームB「パジャマドライブ」公演の「生駒里奈を送る会」をもってAKB48との兼任を終了した[39]。2015年8月、映画『コープスパーティー』で初の主演を務めた[40]

2016年1月8日、乃木神社で成人式を迎えた[41]。2016年1月11日、『新成人アワード2016』でグランプリを受賞した[42]。2016年2月21日、ファッションブランド「ANNA SUI」の春夏ビジュアルモデルを務めることが発表され[43]、任期は2016年2月23日から7月22日までの5か月間、特定ブランドとのモデル契約は初の出来事だった[43]。2016年2月24日、初のソロ写真集『君の足跡』を発売[44]、写真集は週間で1万6326部の売上を記録し[45]、2016年3月7日付のオリコン週間ランキングの写真集部門で1位を獲得した[46]。写真集は19歳の時に撮影され「着れるのも10代限定。20歳になったら似合わない」という理由からスクール水着姿も披露し[47]、生駒の「写真集を出したい」という一言で関係者が動き発売にいたった[48]

2018年1月30日、『日刊スポーツ』のインタビューで、乃木坂46からの卒業を明かし[49]、31日に公式サイトと自らのブログでも発表した[50][51]。次期20thシングル(発売日未定)をもっての卒業を予定している[49]

人物

愛称は、いこまちゃん[注 1]、いこたん[1]。弟がいる[52]。アイドルになる前は、子ども好きであることから保育士幼稚園の先生になりたかった[12]伊藤寧々は高校の同級生[53]足立梨花[54]喜多陽子前田希美は友達[55]

嗜好

好きな食べ物は白米、キュウリの浅漬け、きなこ棒[56]。好きなつまみkiriのクリームチーズ[57]。好きな動物はチンアナゴ[58]。好きな花はかすみ草[58]。好きな曲はピコの「二息歩行」「孤独の果て」であり[59]、その他にボーカロイド、ロックなどを聴く[60]。憧れの女性アーティストはハナエ、ハナエの存在は『神様はじめました』のアニメから知った[61]

趣味

趣味は漫画[62]、アニメ観賞、買い物[63]

漫画は中学1年生の時に友人から『銀魂』の漫画を勧められて好きになった[52]。その頃は『週刊少年ジャンプ』を購読できるほどのお小遣いがなかったため、お正月のお年玉を使って単行本を読んでいた[64]。1,000冊以上の漫画本を持っている[65]。 生駒里奈によれば『NARUTO -ナルト-』は人生のバイブルであり、ジャンプ作品の優れた点は漫画の登場人物が仲間になることによって、世界はひとりではないということを思わせてくれる点にある[64]。推薦する『週刊少年ジャンプ』の漫画は『銀魂』『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』『ブラッククローバー[64]、お気に入りの漫画は『NARUTO -ナルト-』『ONE PIECE』『SKET DANCE』『青の祓魔師』『銀魂』『妖狐×僕SS』などの少年漫画である[52]。その他、『NO.6』『デュラララ!!』『B.A.D.』『進撃の巨人』『鬼灯の冷徹』などの漫画[66]、ウェルザード・村瀬克俊の『カラダ探し』、和夏弘雨の『火葬場のない町に鐘が鳴る時』、山口譲司の『江戸川乱歩異人館』なども好む[67]。お気に入りのキャラクターは『ONE PIECE』のゾロ、『NARUTO -ナルト-』のナルト、『黒執事』のセバスチャン、『艶漢』の詩郎[68]。好きな二次元の男性は『Free!』の橘真琴[69]。ただし、小説も読む[70]。『特捜警察ジャンポリス』に出演している時は素の自分[64]

買い物では原宿系の洋服を好んで買っている[71]。原宿でおすすめの場所は、原宿竹下通りにあるたこ焼き屋『Koi-Taco』[72]生田絵梨花によれば、生駒は原宿に詳しい[73]

特技

特技はスネアドラム[74]。保有資格は語彙・読解力検定3級[75]ふなっしーの物真似が得意[76]

乃木坂46

乃木坂46のダンス七福神[77]

ダンス七福神で[77]、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」からセンターだったため、ダンスパフォーマンスの指揮を担っていた[20]。生駒によれば、乃木坂46の振付はLICOやWARNERよりも南流石の方が難しく、AKB48のチームBのメンバーが「おいでシャンプー」や「制服のマネキン[注 5]を踊った時、苦戦するメンバーが多かったと報告している[79]。乃木坂46のダンスは「フォーメーション移動が少なくて、どちらかというと落ち着いてる。かわいさを表現する時も踊りよりも表情やしぐさで見せることのほうが多い」「アイドルダンスでもない」と述べている[80]

乃木坂46では少年役を演じることがあり[81]、センター交代後はスーパーサブ的な役割を目指して動いている[82]。乃木坂46の福神は七福神が八福神になった時点であまり意味がなくなったと考えている[83]。理想のセンター像はグループで一番かわいくて、スタイルが良くて、歌もダンスもうまくて、人気のある人[84]

乃木坂46で好きな振付は「バレッタ[85]。好きなミュージック・ビデオは「シャキイズム」、「シークレットグラフィティー」、「魚たちのLOVE SONG[86]

乃木坂46で写真集を見てみたいメンバーは寺田蘭世樋口日奈[87]。推したいメンバーは西野七瀬[88]

松井玲奈とは、生駒と同じアニメ好きで、オタクトークをする間柄である[89]。松井玲奈が乃木坂46兼任する前に宝島社の雑誌『smart』の企画で生駒とともに『魔法少女まどか☆マギカ』のキャラクターのコスプレを披露したことがある[注 6]

AKB48

AKB48で推したいメンバーは渡辺麻友[91]。AKB48では渡辺麻友と一番仲がよい[92]。渡辺麻友によれば、生駒は「生まれたてのひよこちゃんみたいで本当にかわいいと思って。なのに中身は肝が据わってる。こんな小さな体なのにすごいパワーを持ってる」と絶賛している[93]。生駒・渡辺麻友のペアはファンから「いこまゆ」と呼ばれることもある[94]。また、生駒は渡辺麻友のことを「天使」と評している[95]HKT48・AKB48兼任の宮脇咲良は、生駒のことが大好きで、「生駒ちゃんと話すと安心する。大好き」と述べている[96]

小嶋陽菜の胸に憧れを抱いており[97]、2014年9月17日に行われた『AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜』で「小嶋の胸を触りたい」と公言していた生駒は小嶋陽菜と対戦したが、結果は小嶋陽菜に敗北し[注 7]、生駒は「念願叶わず…やっぱり強かったです。負けたのも悔しいけど、どっちかっていうと触れなかったのが悔しい」と述べたが[99]、2017年2月21日に小嶋陽菜の卒業コンサート『こじまつり〜前夜祭〜』が行われたと同時にさいたまスーパーアリーナで開催された『乃木坂46 5th YEAR BIRTHDAY LIVE』と中継から出演し、指原莉乃が「生駒ちゃん、かなえたかった夢があるって聞いたんだけど」と振ると、生駒は「こじはるさんのすばらしいお胸をいつかタッチしたい、という夢がかなわないうちに兼任が終了してしまい、こじはるさんが卒業されるということで心残りです」と吐露すると、指原莉乃からエアーで胸を揉むという提案をされた生駒は胸をさわるポーズをすると、「やっぱ、すごいですね! 離れていても感じる!」と興奮する様子を見せていた[100]

作品

シングル

乃木坂46

まゆ坂46

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030/1) - EAN 4988009052632

AKB48

アルバム

乃木坂46

AKB48

映像作品

出演

テレビドラマ

テレビアニメ

その他のテレビ番組

映画

舞台

  • すべての犬は天国へ行く(2015年10月1日 - 12日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - メリィ 役[125]
  • じょしらく弐 〜時かけそば〜(2016年5月12日 - 22日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 空琉美遊亭丸京 役[126]
  • 連載40周年特別企画「舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所」(2016年9月9日 - 19日、AiiA Theater Tokyo / 2016年9月23日 - 25日、サンケイホールブリーゼ) - サキ 役[127]
  • あさひなぐ(2017年5月20日 - 30日、東京・EX THEATER ROPPONGI / 2017年6月2日 - 5日、大阪・森ノ宮ピロティホール / 2017年6月9日 - 11日、名古屋・愛知県芸術劇場) - 野上えり 役[128]
  • モマの火星探検記(2017年8月9日 - 13日、東京・天王洲銀河劇場 / 19日 - 20日、大阪・サンケイホールブリーゼ) - ユーリ 役[129]

ラジオ

CM

  • 白戸家ソフトバンク) - 子犬ギガの声 役[133]
    • ギガ学割『白戸家 ギガ物語1 (アヤ子犬拾う)篇』(2016年1月15日 - )[134]
    • ギガ学割『白戸家 ギガ物語2 (ギガと学生)篇』(2016年1月28日 - )[135]
    • ギガ学割『白戸家 ギガ物語3 (オーディション)篇』(2016年2月12日 - )[136]
    • ギガ学割『白戸家 ギガ物語3 (アイドル結成)篇』(2016年2月19日 - )[137]
    • ギガ学割『白戸家「ギガどーん」篇』(2016年2月19日 - )[138]
    • ギガ学割『白戸家 ギガ物語4 (コンサート)篇』(2016年2月26日 - )[139]
    • ギガ学割『白戸家「光クイズ」篇』(2016年3月25日 - )[140]
    • ギガ学割『白戸家「光早口言葉」篇』(2016年3月31日 - )[141]
    • ギガ学割『白戸家「ギガでかストラップ」篇(30秒)』(2016年4月15日 - )[142]
    • ギガ学割『白戸家「琴奨ギガ」篇』(2016年5月5日 - )[143]
    • ギガ学割『白戸家「どんぶり」篇』(2016年6月30日 - )[144]
    • 『白戸家「友達来る(玄関)」篇』(2016年9月9日 - )[145]
    • 『白戸家「友達来る(リビング)」篇』(2016年9月22日 - )[146]
    • 『白戸家「ギガ変身」篇』(2016年10月8日 - )[147]
    • 『白戸家「大容量」篇』(2016年11月5日 - )[148]
  • タウンワーク 「コーヒーショップ編」(2017年2月20日 -、リクルート) - カフェ店員(松本人志と共演)[149]
  • はるやま商事 東北祭(青森編・秋田編・宮城編)(2017年10月14日 - )[150]

広告

  • 由利本荘市ふるさと応援大使(2013年1月22日 - )[151]
  • ANNA SUI 2016春夏 アジア圏 ビジュアルモデル(2016年2月23日 - 7月22日、ANNA SUI[152]

公演

書籍

写真集

雑誌・新聞連載

  • 日刊スポーツ 東北6県版(2012年12月12日 - 、日刊スポーツ新聞社) - いこまびより[22]
  • 日経エンタテインメント!(日経BP社)
    • 乃木坂46 生駒里奈のAKB48交換留学日記(2014年7月4日 - 2015年6月4日)[156]
    • 乃木坂46 生駒里奈のほのぼの日記(2015年8月4日 - )[157]

カレンダー

  • 卓上 生駒里奈 カレンダー 2015年(2014年12月13日、ハゴロモ[158]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 「いこまちゃん」と表記する場合もあれば[1]、「生駒ちゃん」と表記する場合もある[2]
  2. ^ 靴のサイズは2012年時点[4]
  3. ^ 「てーんちゃん」は、乃木坂46結成時に生駒が高山一実のノートにした悪戯書きから誕生した[26]
  4. ^ ただし、当時兼任していたAKB48名義で初出場[35]。乃木坂46としては翌年の『第66回NHK紅白歌合戦』で初出場[36]
  5. ^ 生駒とともに披露したメンバーは、柏木由紀渡辺麻友小笠原茉由大和田南那高橋朱里倉持明日香朝長美桜[78]川本紗矢
  6. ^ コスプレを披露したキャラクターは、生駒は鹿目まどか松井玲奈暁美ほむら[90]
  7. ^ 対戦前に小嶋陽菜は「生駒ちゃん、もし私が勝ったらこじ坂46を兼任してください」、生駒は「もし私が勝ったら、こじはるさんのおっぱいを触らせてください」と公約を交わし、結果は小嶋陽菜が勝ち、負けた生駒はこじ坂46兼任となった[98]
  8. ^ 北原里英須田亜香里と出演[105]
  9. ^ コカドケンタロウロッチ)とともに出川哲朗率いる「チーム出川」の一員として東北新幹線グルメ対決に出演[108]
  10. ^ 制作:秋田朝日放送[113]
  11. ^ この日欠席した橋本奈々未の代役として出演。
  12. ^ 白石麻衣西野七瀬と出演[116]
  13. ^ 前週4月4日にも出演しているが、その時はゲスト扱い。
  14. ^ 生田絵梨花・白石麻衣と出演[121]
  15. ^ AKB48メンバーとして伊豆田莉奈・小笠原茉由と出演[131]

出典

  1. ^ a b “生駒里奈(乃木坂46)『NARUTO -ナルト-』”. 週プレNEWS (集英社). (2014年11月9日). http://wpb.shueisha.co.jp/2014/11/09/38590/ 2014年11月9日閲覧。 
  2. ^ 「乃木坂46学園入学案内!-顔と名前を覚えてねカタログ」『週刊プレイボーイ』2011年10月10日号、集英社、2011年9月26日、NO.41、142頁。ASIN B007ZR9GUG
  3. ^ a b 生駒 里奈”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2017年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月29日閲覧。
  4. ^ 生駒里奈 (2012年7月17日). “にゅやッ だた!!殺 センセーヽ( ・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年7月17日閲覧。
  5. ^ a b 生駒 里奈|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会. 2012年6月14日閲覧。
  6. ^ a b “【AKB組閣】“公式ライバル”乃木坂・生駒がAKB兼任に チームB入り”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2034411/full/ 2014年2月24日閲覧。 
  7. ^ a b “乃木坂46生駒が由利本荘市の応援大使に”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年1月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130122-1075321.html 2013年5月6日閲覧。 
  8. ^ ダンスアベニュー・StudioS(スタジオS)〜秋田市のダンススクール”. Studio S. 2013年4月11日閲覧。
    わあお‼‼⁉☆”. すたじおえっす☆のブログ. CyberAgent (2011年8月22日). 2013年4月11日閲覧。
  9. ^ 「乃木坂46 歌と魂を視覚化する物語」『MdN』2015年4月号、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、月刊版、76頁。ASIN B00TSOFB2G
  10. ^ 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  11. ^ 吹奏楽部で培った経験は一生モノ 乃木坂46・生駒里奈”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年1月16日). 2014年6月29日閲覧。
  12. ^ a b c 生駒里奈 (2012年8月17日). 乃木坂46の生駒里奈ちゃん(16)に「働くこと」について相談してきた. インタビュアー:草彅洋平. HOUYHNHNM.. http://www.houyhnhnm.jp/blog/kusanagi/2012/08/46.html 2013年4月10日閲覧。 
  13. ^ 「桜井玲香×生駒里奈-いざ、坂の上へ」『BRODY』vol.3、宮田英一郎、白夜書房、2015年12月21日、2016年2月号、51頁。ASIN B0195DYPY4
  14. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(2)【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2013年4月13日閲覧。 
  15. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  16. ^ a b 「Graduation story 05 生駒里奈 乃木坂46-Here I am」『Graduation-高校卒業-2014』411号、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2014年2月26日ISBN 978-4-86336-385-4
  17. ^ “乃木坂46・白石麻衣の“愛の言葉”を聴きに銀座へ!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2011年12月21日). http://thetv.jp/news_detail/26866/ 2012年11月23日閲覧。 
  18. ^ “乃木坂46 MVにライバルのエース前田敦子が登場”. hotexpress (プランテック). (2012年2月9日). http://www.hotexpress.co.jp/news/120209_nogizaka/ 2012年2月9日閲覧。 
  19. ^ 「今週の乃木坂46も追っかけ隊ッ! AKB48 vs. 乃木坂46「最強ライバル」現わる!」『FLASH』2011年9月13日号、光文社、2011年8月30日、26頁。
  20. ^ a b c 「乃木坂46 号泣! 2nd選抜までのすべて」『ENTAME』2012年6月号、徳間書店、2012年4月28日、月刊版、56頁。ASIN B007SWLQ2E
  21. ^ “乃木坂生駒ソロ! 異例の早さ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年4月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120420-936856.html 2012年11月23日閲覧。 
  22. ^ a b “乃木坂46生駒が新連載! 東北6県版に掲載”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20121211-1058599.html 2013年4月7日閲覧。 
  23. ^ “乃木坂6枚目シングルで白石が初センター”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年4月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130420-1115349.html 2013年4月21日閲覧。 
  24. ^ 「生駒里奈-みずみずしい感性でリードするグループのアイコン」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドル Special』 高倉文紀、日経BP社、2013年11月29日、12頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  25. ^ a b “乃木坂46・生駒が“ピラメキーノ”の人気コーナーで準レギュラーに!”. webザテレビジョン (KADOKAWA). (2013年5月14日). http://news.thetv.jp/article/38628/ 2013年5月24日閲覧。 
  26. ^ 生駒里奈 (2012年10月31日). “いきなりヽ( ・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年10月31日閲覧。
  27. ^ “乃木坂46西野七瀬と生駒里奈 開発キャラクター、東京駅「うさぎのモフィ」ショップで期間限定販売”. 芸能ニュースラウンジ (モバイルメディアプロダクション). (2013年6月19日). http://newslounge.net/archives/83326 2013年6月19日閲覧。 
  28. ^ a b 「First Meets」『週刊ビッグコミックスピリッツ』2014年4月21日号、小学館、2014年4月7日、No.19、2頁。ASIN B00J7U98FW
  29. ^ 「少女の視線」『BOMB』2014年2月号、eiichiro miyata、学研マーケティング、2014年1月9日、月刊版、63頁。ASIN B00HAMUCFO
  30. ^ 生駒里奈 (2014年4月1日). 乃木坂46「気づいたら片想い」特集 - 生駒「大組閣」を語る (6/9). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_09/page/6 2014年4月1日閲覧。 
  31. ^ 生駒里奈 (2014年7月8日). 生駒里奈 Vol4.辛いけどこの仕事って楽しい. インタビュアー:西中賢治. エンタメウィーク.. http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/14678 2014年7月8日閲覧。 
  32. ^ “生駒里奈がAKB48として初ステージ”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年4月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/04/12/0006858058.shtml 2014年4月12日閲覧。 
  33. ^ 「不思議の国のいこまちゃん。」『BOMB』2014年6月号、学研マーケティング、2014年5月9日、月刊版、25頁。ASIN B00JS6WDJS
  34. ^ AKB48 (2014年6月7日). “「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48 Official Blog 〜1830mから〜. CyberAgent. 2014年6月7日閲覧。
    “乃木坂46生駒里奈「意味がわからない」順位発表に驚愕<コメント全文/第6回AKB選抜総選挙>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月7日). http://mdpr.jp/news/detail/1372839 2014年6月8日閲覧。 
  35. ^ “【紅白リハ】生駒里奈、19歳の抱負は「プライベートを充実」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年12月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2046644/full/ 2016年7月29日閲覧。 
  36. ^ “乃木坂46、生駒里奈が20歳の誕生日リハに「すごいプレゼント」/紅白”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2015年12月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151229/akb15122913300001-n1.html 2015年12月29日閲覧。 
  37. ^ “「神様はじめました」作者と乃木坂46生駒が対談、アニメ2期は本日スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月5日). http://natalie.mu/comic/news/135445 2015年1月5日閲覧。 
    生駒里奈 (2015年1月6日). “花とゆめヽ(・∀・)ノ”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年1月6日閲覧。
  38. ^ “AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2050670/full/ 2015年4月17日閲覧。 
  39. ^ “生駒里奈、AKB留学終了 まゆゆの手紙に大粒の涙”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年5月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2052835/full/ 2015年5月15日閲覧。 
  40. ^ “生駒里奈:ゲーム実写化で映画初主演 「私で大丈夫?」”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年2月26日). http://mantan-web.jp/2015/02/26/20150225dog00m200060000c.html 2015年2月26日閲覧。 
  41. ^ “乃木坂46の成人式で酒豪ぶりを見せつけたメンバーは誰?【フォトレポート】”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年1月8日). http://nikkan-spa.jp/1026544 2016年1月8日閲覧。 
  42. ^ “乃木坂生駒、AKB入山、超特急ユースケが「新成人アワード2016」受賞”. ナタリー (ナターシャ). (2016年1月1日). http://natalie.mu/music/news/172105 2016年1月1日閲覧。 
  43. ^ a b “オトナの生駒ちゃん、ANNA・SUIモデル 20歳初体験、アジアの顔に”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年2月22日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160222-OHT1T50002.html 2016年2月22日閲覧。 
  44. ^ “乃木坂46生駒里奈、めんこい10代最後の初写真集”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1591405.html 2016年1月13日閲覧。 
  45. ^ オリコン週間 写真集ランキング 2016年02月22日〜2016年02月28日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年3月). 2016年3月3日閲覧。
  46. ^ “生駒里奈、初ソロ写真集が1位 セーラー服やスクール水着披露”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2067794/full/ 2016年3月3日閲覧。 
  47. ^ “乃木坂・生駒里奈 AKB兼任経験でたかみなに学んだ「グループ愛」”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2016年2月25日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/510179/ 2016年2月25日閲覧。 
  48. ^ “生駒ちゃん、インタビューから「奇跡」の初写真集! 紅白に続く夢かなえた”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年1月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160112-OHT1T50157.html 2016年1月13日閲覧。 
  49. ^ a b “生駒里奈が乃木坂46を電撃卒業!芸能活動は継続”. nikkansorts.com (日刊スポーツ新聞社). (2018年1月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801310000023.html 2018年1月31日閲覧。 
  50. ^ 生駒里奈、乃木坂46からの卒業を発表...”. 乃木坂46公式サイト (2018年1月31日). 2018年1月31日閲覧。
  51. ^ 乃木坂46、生駒里奈を応援して下さっている皆様”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46公式サイト (2018年1月31日). 2018年1月31日閲覧。
  52. ^ a b c 生駒里奈 (2012年5月2日). 乃木坂46(生駒里奈)ロングインタビュー&フォトギャラリー (1/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4602 2012年5月2日閲覧。 
  53. ^ 伊藤寧々 (2014年3月15日). “ねねころぐ(´・_・`) *417”. 乃木坂46 伊藤寧々 公式ブログ. 2014年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  54. ^ “足立梨花は生駒里奈とオタク友達、恋人は「ゲームの中でいっぱい作っています」”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2016年5月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160513/geo16051316550022-n1.html 2017年9月28日閲覧。 
  55. ^ “乃木坂・生駒「初めて友達できました」共演の前田らと舞台あいさつ”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年9月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150906-OHT1T50070.html 2015年9月6日閲覧。 
  56. ^ 「美女散歩 Vol.2 乃木坂46と妄想デート」『Samurai ELO』2012年12月号、インフォレスト、2012年10月24日、月刊版、161頁。ASIN B009L6X632
  57. ^ 「二十歳の誓い アイドル誌上成人式 乃木坂46 生駒里奈×伊藤万理華×川村真洋」『EX大衆』2016年2月号、双葉社、2016年1月15日、61頁。ASIN B00BALEOO6
  58. ^ a b “乃木坂46生駒里奈、深川麻衣、秋元真夏がキス顔披露 “好きなもの”を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年8月11日). http://mdpr.jp/review/detail/1510995 2015年8月11日閲覧。 
  59. ^ 「乃木坂46 First Message」『TVガイドGIRLS』2012年4月号、東京ニュース通信社、2012年2月28日、80頁。ASIN B007BDT5CS
  60. ^ 生駒里奈 (2012年11月2日). “げふんげふん!”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年11月2日閲覧。
  61. ^ 「生駒里奈(乃木坂46)×ハナエ表紙巻頭特別対談」『FREECELL』特別号29、プレビジョン、2014年5月31日、20頁。ISBN 978-4-04-898242-9
  62. ^ “〈私のコミック履歴書〉乃木坂46 生駒里奈さん”. コミック・ブレーク (朝日新聞社). (2014年2月19日). http://book.asahi.com/book/comicbreak/2014021800005.html 2014年2月19日閲覧。 
  63. ^ “生駒ちゃんインタビュー「来年こそ乃木坂で紅白」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年12月29日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141229-OHT1T50012.html 2014年12月29日閲覧。 
  64. ^ a b c d 林将勝 「生駒里奈『特捜警察ジャンポリス』に密着!!」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、98-101頁。ASIN B01518F35W
  65. ^ 生駒里奈 (2014年7月1日). 生駒里奈 Vol3.外に出て、乃木坂メンバーのあたたかさを知った. インタビュアー:西中賢治. エンタメウィーク.. http://ent.smt.docomo.ne.jp/article/14677 2014年7月1日閲覧。 
  66. ^ 生駒 里奈(いこま りな) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2014年1月5日閲覧。
  67. ^ 生駒里奈 (2015年11月20日). アイドル戦線ひとり勝ちの「乃木坂46」 生駒里奈がオフに見せる“裏の顔”とは? [4ページ目]. インタビュアー:横田直子. 日経トレンディネット.. http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/111100008/111100001/?P=4 2015年11月20日閲覧。 
  68. ^ “乃木坂46 生駒里奈が選ぶ男マンガキャラTOP5とは?”. ニコニコニュース (niwango). (2014年2月26日). http://natalie.mu/music/news/108546 2014年2月26日閲覧。 
  69. ^ 向原康太 (2016年3月7日). “乃木坂46生駒里奈、2次元男子の魅力を力説「上半身の筋肉の美しさが良い!」”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2016/03/post-6619.html 2016年3月7日閲覧。 
  70. ^ 生駒里奈 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/7/2/ 2011年11月2日閲覧。 
  71. ^ 林将勝、関根弘康、榛村季溶子 「乃木坂46メンバー名鑑⊿39人」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、3-4頁。ASIN B00UAUUX8Y
  72. ^ “乃木坂46秋元真夏、生駒里奈、高山一実が『AmebaFRESH!』でグループの“暗黙のルール”語る”. Real Sound (blueprint). (2016年2月2日). https://realsound.jp/2016/02/post-6183.html 2016年2月2日閲覧。 
  73. ^ 生田絵梨花 (2015年7月8日). 「『ミュージカル女優』は私の昔からの一番大きな夢 乃木坂46で経験していることが将来活きて来ると思います 」. インタビュアー:斉藤貴志. Deview.. https://deview.co.jp/X_topinterview_150708 2015年7月8日閲覧。 
  74. ^ 「春の足音」『FLASH』2013年4月2日号、光文社、2013年3月19日、6頁。ASIN B00BSDQ24Q
  75. ^ 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  76. ^ 真紀和泉 (2014年6月6日). “【エンタがビタミン♪】『AKB総選挙』を前にメンバーが受けた性格診断。松井珠理奈は「頑張り過ぎて、燃え尽きがち」”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2017年9月28日閲覧。
  77. ^ a b ワイヤーアクション (2011年11月). “テレビ東京|乃木坂って、どこ?|2011/11/28(月)00:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。
  78. ^ “生駒、柏木&渡辺従え「制服のマネキン」披露”. ナタリー (ナターシャ). (2014年7月20日). http://natalie.mu/music/news/121665 2017年12月7日閲覧。 
  79. ^ 生駒里奈 「乃木坂46 メンバーインタビュー 生駒里奈 乃木坂46の振付け、その先に広がる世界観」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、76-77頁。ASIN B00TSOFB2G
  80. ^ 「乃木坂46の象徴 生駒里奈インタビュー AKB48選抜総選挙への恍惚と不安」『EX大衆』2014年4月号、双葉社、2014年3月15日、月刊版、62頁。ASIN B00IN9P442
  81. ^ 「乃木坂46-1期生32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、54頁。ASIN B00DDUZR98
  82. ^ “生駒里奈、乃木坂46を支える「縁の下の力持ちになりたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年7月8日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160707-OHT1T50228.html 2016年7月8日閲覧。 
  83. ^ 生駒里奈 坂の途中で思うこと”. BUBKA Web. 白夜書房 (2014年3月6日). 2014年3月6日閲覧。
  84. ^ 生駒里奈; 白石麻衣; 堀未央奈; 西野七瀬; 生田絵梨花 (2015年12月23日). 人気絶頂! 乃木坂46の経験者5人が語る、理想のセンター像とは. インタビュアー:林将勝・関根弘康・榛村季溶子・岡本温子・青木悠. 週プレNEWS.. http://wpb.shueisha.co.jp/2015/12/23/58535/ 2015年12月23日閲覧。 
  85. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、78頁。ASIN B00TSOFB2G
  86. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、90頁。ASIN B01M67T85Q
  87. ^ “生駒里奈「10代のうちじゃないと」スクール水着姿に込めた強いこだわり”. ナタリー (ナターシャ). (2016年2月23日). http://natalie.mu/music/news/177245 2016年2月23日閲覧。 
  88. ^ 生駒里奈 (2012年6月15日). 乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4603/page/5 2012年6月15日閲覧。 
  89. ^ 向原康太 (2014年5月19日). “乃木坂46メンバーは松井玲奈をどう迎えたか 堀未央奈「顔が小さくてイクラみたい」”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2014/05/post-564.html 2017年2月6日閲覧。 
  90. ^ “SKE48玲奈&乃木坂46生駒が念願「まどマギ」コスプレ”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月24日). http://natalie.mu/music/news/95634 2017年9月4日閲覧。 
  91. ^ “乃木坂・生駒、推しメンは“まゆゆ” 総選挙は「ドキドキ」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年6月5日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2025280/full/ 2013年6月7日閲覧。 
  92. ^ “生駒里奈が涙した渡辺麻友の天使っぷり”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2014年8月30日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/306573/ 2016年3月12日閲覧。 
  93. ^ “生駒里奈がAKB48兼任ラストステージ、まゆゆ「ずーっと大好き!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月14日). http://natalie.mu/music/news/147248 2017年9月28日閲覧。 
  94. ^ “乃木坂46生駒里奈、AKB48渡辺麻友は「アイドルの神様」 “いこまゆ”復活にファンも歓喜”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年9月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1712518 2017年9月28日閲覧。 
  95. ^ “AKB48渡辺麻友&乃木坂46生駒里奈、“いこまゆ”密着ハグに「近すぎ」「癒される」とファン歓喜”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1732325 2017年12月25日閲覧。 
  96. ^ “HKT48・宮脇咲良と乃木坂46・生駒里奈が2ショット”. リアルライブ (フェイツ). (2016年1月26日). http://npn.co.jp/article/detail/83576312/ 2017年9月4日閲覧。 
  97. ^ “乃木坂46生駒里奈、小嶋陽菜の胸を「触ってみたい」発言に言及”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年8月19日). https://mdpr.jp/news/detail/1405964 2017年9月7日閲覧。 
  98. ^ “【AKBじゃんけん大会】こじはる、生駒下し16強 <Cブロック>”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年9月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2042219/full/ 2017年9月7日閲覧。 
  99. ^ “乃木坂46生駒里奈、小嶋陽菜の“おっぱい”に未練”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年9月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1420084 2017年9月7日閲覧。 
  100. ^ ““乃木坂AKB”がライブ初歌唱 代々木とさいたまで生中継”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2086304/full/ 2017年2月21日閲覧。 
  101. ^ a b “「劇場版BAD BOYS J」に乃木坂46白石&生駒が出演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月8日). http://natalie.mu/music/news/94516 2013年7月8日閲覧。 
  102. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  103. ^ 『ほんとにあった怖い話』夏の特別編2016”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2016年7月29日). 2016年7月29日閲覧。
  104. ^ “ジャンプ全面協力ドラマに生駒里奈が「NARUTO」大好き大学生役で出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年12月22日). https://natalie.mu/comic/news/262198 2017年12月22日閲覧。 
  105. ^ “AKB北原、SKE須田、乃木坂生駒が「Go!Go!家電男子」で家電アイドル“USB45”に”. 音楽ナタリー. (2015年1月6日). http://natalie.mu/music/news/135499 2015年1月9日閲覧。 
  106. ^ “謎解きバトル「TORE!」復活SP、木久扇ら噺家チーム参戦”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月18日). http://natalie.mu/owarai/news/97452 2018年1月11日閲覧。 
  107. ^ “くりぃむしちゅーMC、テレ朝で年越し7時間半特番”. ナタリー (ナターシャ). (2013年12月18日). http://natalie.mu/owarai/news/105983 2017年9月28日閲覧。 
  108. ^ “山里と吉村、黒柳VS和田パチンコ対決に登場「戦うお正月」”. ナタリー (ナターシャ). (2013年12月31日). http://natalie.mu/owarai/news/106840 2018年2月4日閲覧。 
  109. ^ “オリラジ中田ら新番組、特捜警察に扮しジャンプ作品調査”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月19日). http://natalie.mu/owarai/news/112465 2014年3月19日閲覧。 
  110. ^ “松井珠理奈・山本彩・生駒里奈、負けず嫌いなのは誰?”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1371736 2016年3月17日閲覧。 
  111. ^ 明石家さんまの転職DE天職4”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社 (2015年5月3日). 2017年9月7日閲覧。
  112. ^ “「コップのフチ子」明石家さんまバージョンが完成、本人はどう使う?”. ナタリー (ナターシャ). (2017年4月30日). http://natalie.mu/owarai/news/230825 2017年9月7日閲覧。 
  113. ^ 放送番組審議会第228回「テレメンタリー2015 たった一人の新聞社〜活版印刷で半世紀〜」”. 放送番組審議会. 秋田朝日放送 (2015年5月12日). 2018年1月11日閲覧。
  114. ^ “羽生結弦が“キスクラ”で発した意外な言葉とは? 「キリトルTV」がスポーツ選手の素顔に迫る”. エンタメOVO (株式会社共同通信社). (2016年2月5日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1035594 2018年2月4日閲覧。 
  115. ^ “「さんまのコンプレッくすっ杯」しずちゃん、小峠、安藤なつ、肥後が笑い競う”. ナタリー (ナターシャ). (2016年3月16日). http://natalie.mu/owarai/news/180015 2018年2月4日閲覧。 
  116. ^ “議長は指原「アイドル国会」に乃木坂、アプガ、しゃち、アンジュルムら集結”. ナタリー (ナターシャ). (2016年12月1日). http://natalie.mu/music/news/211429 2017年9月4日閲覧。 
  117. ^ “生駒里奈が土下座写真で謝罪、声優総選挙出演言動で”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1763324.html 2017年4月20日閲覧。 
  118. ^ 生駒里奈が「BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS」再放送ミニコーナーのナビゲーターに就任!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。
  119. ^ “乃木坂46・生駒里奈&小泉孝太郎が函館で電車デート?菅田将暉は東大生とガチバトル『笑神様は突然に』SP”. music.jpニュース (music.jp). (2017年05月01日 07:15). http://music-book.jp/video/news/news/141775 2017年9月26日閲覧。 
  120. ^ “間宮祥太朗、マーメイドと禁断の恋!?「笑神様は突然に…」2時間SP”. www.cinemacafe.net (IID, Inc.). (2017年9月25日13:00). http://www.cinemacafe.net/article/2017/09/25/52755.html 2017年9月26日閲覧。 
  121. ^ ““GACKT&YOSHIKI”の最強チーム、乃木坂46らが参戦「芸能人格付けチェック」放送決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年12月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1733660 2018年2月4日閲覧。 
  122. ^ “はんにゃとフルーツポンチ出演「ピラメキーノ」子役恋物語が全国公開”. ナタリー (ナターシャ). (2014年12月20日). http://natalie.mu/owarai/news/134342 2014年12月20日閲覧。 
  123. ^ “『コープスパーティー』が実写映画化決定! 主演は乃木坂46/AKB48兼任の生駒里奈さん――主題歌は声優の今井麻美さんが担当”. ファミ通.com (KADOKAWA). (2015年2月26日). http://www.famitsu.com/news/201502/26072656.html 2015年2月26日閲覧。 
  124. ^ “乃木坂46生駒里奈「前作以上にボロボロ」主演映画続編にクランクイン”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年4月21日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1579629 2016年4月21日閲覧。 
  125. ^ “乃木坂46生駒里奈ら、ナイロン100℃の名作舞台リメイクに挑戦”. ナタリー (ナターシャ). (2015年9月14日). http://natalie.mu/music/news/159973 2015年9月14日閲覧。 
    “乃木坂46松村沙友理&桜井玲香が初ラブシーン挑戦”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月1日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1546702.html 2015年10月2日閲覧。 
  126. ^ “乃木坂46が再び落語家に! 生駒里奈らも参戦の「じょしらく弐」舞台は2066年”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月5日). http://natalie.mu/stage/news/182346 2016年4月5日閲覧。 
  127. ^ “乃木坂46生駒、舞台版「こち亀」出演決定! 物語のカギ握るオリジナルキャラ”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月13日). http://natalie.mu/music/news/190743 2016年6月13日閲覧。 
  128. ^ “乃木坂46・西野七瀬が「あさひなぐ」映画化で主演! 齋藤飛鳥は舞台版に主演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年2月22日). http://natalie.mu/eiga/news/221737 2017年2月22日閲覧。 
  129. ^ “乃木坂46生駒、初主演舞台は毛利衛原作「モマの火星探検記」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年4月21日). http://natalie.mu/music/news/229668 2017年4月22日閲覧。 
  130. ^ 9月4日のパーソナリティは 乃木坂46/AKB48 生駒里奈ちゃんに決定!!”. リッスン? 〜Live 4 Life〜. 文化放送 (2014年9月4日). 2014年9月4日閲覧。
  131. ^ #256 AKB48のオールナイトニッポン 放送内容★伊豆田莉奈★小笠原茉由★生駒里奈★”. AKB48のオールナイトニッポン. ニッポン放送 (2015年4月29日). 2017年9月4日閲覧。
  132. ^ 生駒里奈がMBSラジオ新番組「ザ・ヒットスタジオ」のレギュラーとして出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2017年4月1日). 2017年4月1日閲覧。
  133. ^ “乃木坂46生駒里奈:ソフトバンク新CMに子犬の声で出演 「小さい頃から見ていた」と喜ぶ”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年1月14日). http://mantan-web.jp/2016/01/14/20160113dog00m200044000c.html 2016年3月1日閲覧。 
  134. ^ “白戸家「ギガ物語1(アヤ子犬拾う)」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年1月15日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga_aya_koinu_30 2016年3月1日閲覧。 
  135. ^ “白戸家「ギガ物語2(ギガと学生)」篇(15秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年1月28日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga2_gakusei_30 2016年3月1日閲覧。 
  136. ^ “ソフトバンク、「企業シリーズ」堺雅人、「白戸家」上戸彩、樋口可南子、ダンテ・カーヴァー、中川大志、西野七瀬出演TVCMを公開”. navicon (ナビコン). (2016年2月13日). http://navicon.jp/news/35389/ 2016年2月13日閲覧。 
    “白戸家「ギガ物語3(オーディション)」篇(15秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年2月13日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga3_audition_30 2016年3月1日閲覧。 
  137. ^ “白戸家「ギガ物語3(アイドル結成)」篇(15秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年2月19日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga3_idol_15 2016年3月1日閲覧。 
  138. ^ “白戸家「ギガどーん」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年2月19日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=gigadon_30 2016年3月1日閲覧。 
  139. ^ “白戸家「ギガ物語4(コンサート)」篇(15秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年2月26日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga4_concert_30 2016年3月1日閲覧。 
  140. ^ “白戸家「光クイズ」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年3月25日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=hikari_quiz_30&caption=0 2016年5月25日閲覧。 
  141. ^ “白戸家「光早口言葉」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年3月31日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=hikari_hayakuchikotoba_30&caption=0 2016年5月25日閲覧。 
  142. ^ “白戸家「ギガでかストラップ」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年4月15日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=giga_dekastrap_30&caption=0 2016年5月25日閲覧。 
  143. ^ “白戸家「琴奨ギガ」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年5月5日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=kotoshogiga_30&caption=0 2016年5月25日閲覧。 
  144. ^ “白戸家「琴奨ギガ」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年6月30日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=donburi_30&caption=0 2016年6月30日閲覧。 
  145. ^ “白戸家「友達来る(玄関)」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年9月9日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=shirato_tomodatikuru_genkan_30&caption=0 2016年10月28日閲覧。 
  146. ^ “白戸家「友達来る(玄関)」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年9月22日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=shirato_tomodatikuru_living_30&caption=0 2016年10月28日閲覧。 
  147. ^ “白戸家「ギガ変身」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年10月8日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=shirato_giga_henshin_30s&caption=0 2016年10月28日閲覧。 
  148. ^ “白戸家「大容量」篇(30秒)”. ソフトバンクCMギャラリー (ソフトバンク). (2016年11月5日). http://www.softbank.jp/mobile/tvcm_media/cm/detail/?id=shirato_daiyoryo_30s&caption=0 2016年11月15日閲覧。 
  149. ^ カフェ店員の生駒里奈&松本人志、「タウンワーク」新CMで難解オーダー”. ナタ-シャ (2017年2月17日). 2017年2月20日閲覧。
  150. ^ 'はるやまホールディングス CMギャラリー'
  151. ^ 由利本荘市公式ホームページ「由利本荘市ふるさと応援大使のトップページ」
  152. ^ “乃木坂46生駒里奈「ANNA SUI」モデル就任 フェミニン×ロックでアジアを魅了<コメント到着>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月22日). http://mdpr.jp/news/detail/1566472 2016年2月23日閲覧。 
  153. ^ “生駒里奈、AKB48劇場初公演に「すごく貴重な体験」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月29日). http://natalie.mu/music/news/115555 2014年4月29日閲覧。 
  154. ^ 生駒里奈」『季刊 乃木坂』vol.4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日ISBN 978-4-86336-451-6
  155. ^ 生駒里奈 『君の足跡』 青山裕企、幻冬舎、2016年2月24日ISBN 978-4-344-02886-9
  156. ^ 2014年8月号|日経エンタテインメント!”. 日経BP社 (2014年7月4日). 2016年7月2日閲覧。
  157. ^ 2015年9月号|日経エンタテインメント!”. 日経BP社 (2015年8月4日). 2016年7月2日閲覧。
  158. ^ 『卓上 生駒里奈 カレンダー 2015年』 ハゴロモ、2014年12月13日ASIN B00OAYBF9W

外部リンク