この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

松村沙友理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつむら さゆり
松村 沙友理
Nogizaka46 at Japan Expo 2014 (8).jpg
松村 沙友理
プロフィール
愛称 さゆりん
さゆりんご
まっつん
生年月日 1992年8月27日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 B型
公称サイズ(2016年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 2011年 -
ジャンル J-POP
モデル内容 CanCam
備考 乃木坂46
他の活動 歌手女優タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

松村 沙友理(まつむら さゆり、1992年8月27日 - )は、日本アイドルファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー[2]、『CanCam』の専属モデルである[3]大阪府出身[4]。B型[2]

略歴

2011年3月、大阪桐蔭高等学校を卒業した[5]。その後、親に勧められた看護師になるため[4]、予備校に通い[6]、大阪の大学を目指して浪人していたが[7]、模擬試験の結果がよくなかったため[8]、違うことに挑戦しようと思い、乃木坂46の1期生オーディションに応募した[9]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではYUIの「feel my soul」を歌った[10]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は中列だった[11]。当時はダンスも歌も得意でなかったため、まさか合格するとは考えていなかった[7]。2011年11月13日、乃木坂46公式ブログを開始した[12]

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした[13]。2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務めた[14]。2012年12月6日、『速報! 有吉の明日したいことランキング』(テレビ東京)で有吉弘行YOUと3人でスタジオMCとして初の単独出演をした[15]

2013年1月13日、乃木神社で成人式を迎えた[16]。2013年4月7日、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始した[17]。2013年4月18日、『生のアイドルが好き』(ニコニコ生放送)に中田花奈・松村と2人でMCとしてレギュラー出演を開始した[18]

2014年5月、『VANQUISH VENUS Vol.10』(ヴァンキッシュ)のモデルに起用された[19]

2015年3月23日、ファッション誌『CanCam』の専属モデルに起用された[3]

2016年2月、さゆりんご軍団を結成した[20]。2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「裸足でSummer」で1年半ぶりに福神へ復帰することが発表された[21]

人物

愛称は、さゆりん[8]、さゆりんご[22]、まっつん[注 1]。キャッチフレーズは「甘い蜜たっぷりさゆりんご。みなさんご賞味いかがですか?」[24]。自称頭脳派[25]、自称13歳のりんご姫[26]、必殺技は「さゆりんごパンチ」[注 2]。触角のある髪型は高校生の頃から始め[28]、理想の長さはアゴ下1センチとしていたが[29]、2013年8月23日に触角のある髪型を卒業すると宣言し、乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」で髪型を変えた[30]。チャームポイントはL字型の耳[9]。普段履きの靴は黒のパンプス1足[31]

嗜好

好きな食べ物は唐揚げ[注 3]、辛いもの[33]、タルト[34]、フレンチトースト、焼肉[33]。好きな色は黒、白、ピンク[33]。好きな映画は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生[35]、最も衝撃的だった映画は『Another』である[7]。目標とする人物は観月ありさ[36]。理想のアイドルはラブライブ!高坂穂乃果[37]。憧れのモテキャラは漫画『こどものおもちゃ』の倉田紗南[38]。好きなアーティストはポルノグラフィティ[注 4]ファンキー加藤[39]

趣味

趣味はアニメ、漫画[40]、相撲観戦[1]、熱帯魚[注 5]

アニメはコミックマーケットに訪れるほどアニメ好きで鑑賞する作品は絵で判断し[42]、学園もの[43]、可愛らしいキャラクターが登場する作品を好む[42]。最初にのめり込んだアニメは『まほらば 〜Heartful days』だが[7]、アニメ・漫画・ゲームによって評価が異なるため、好きなアニメとしては『コードギアス』『魔法少女まどか☆マギカ』『銀魂』『BLEACH』『キューティクル探偵因幡』を挙げる[29]。その他、『新世紀エヴァンゲリオン』『超時空要塞マクロス』なども観たことがある[44]。好きなアニメソングは『美少女戦士セーラームーン』の主題歌「ムーンライト伝説」である[9]。アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』も好きでグッズを集めたり、Tシャツを着たりしていた[45]。声優雑誌も購読しており[46]、将来の夢はアニメの声優[47]。好きな声優は堀江由衣[注 6]下野紘斉藤壮馬[46]

漫画は小学生の頃、少女漫画雑誌『ちゃお』『りぼん』がきっかけで『こどものおもちゃ』『魔法陣グルグル』を読んだ[49]。中学生の頃、少年漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』がきっかけで『BLEACH』『銀魂』『るろうに剣心』を読んだ[49]。2015年、西炯子の『姉の結婚』『カツカレーの日』を読んだ[49]

相撲で好きな力士は体格なら勢翔太、肌質なら白鵬翔、可愛さなら千代丸一樹、顔なら鶴竜力三郎[25]。高校生時代は阪神甲子園球場で野球観戦もしていた[50]。その他、バレーボール、サッカーなども観戦する[51]。オリンピックの種目では体操が好き[51]

特技

特技は水泳[8]、相撲の決まり手88手暗記[1]

水泳は中学校の水泳大会で1位を獲得した[8]。習い事として英会話、習字、水泳、ピアノの経験があり、水泳は幼稚園から小学6年生の頃まで習っていた[34]。その他、中学生から高校生の頃までバレーボール部に6年間所属し[52]、センター[53]、キャプテンを務めた経験がある[54]。保有資格はパソコン検定[55]語彙・読解力検定3級[56]

乃木坂46

乃木坂46の御三家[57]検定八福神[56]、nogimateの店長[58]、自称セクシー担当[59]モンハン選抜[注 7]an・an美脚選抜[61]、からあげ姉妹[62]、さゆりんご軍団団長[20]

御三家という呼名は、乃木坂46で白石麻衣橋本奈々未・松村沙友理の3名が人気トップ3であることからファンの間で広まった[57]。白石麻衣とは沖縄旅行をしている[63]

からあげ姉妹は、松村が生田絵梨花とユニットを組みたいという企画書を提出して実現した[37]。からあげ姉妹の曲「無表情」も自分たちが発案した[64]。ただし、企画書を提出する段階で「うたのおねえさん」的なことがやりたいという理由から、生田絵梨花が「曲調は、ちびっ子が一緒に踊れるようにマーチ(行進曲)っぽく」、松村が「『おかあさんといっしょ』に出演してもおかしくない雰囲気で」という注文をつけたが却下された[65]

さゆりんご軍団(通称:SRG団)は[51]、乃木坂46や欅坂46のメンバーが「憧れの先輩」として松村の名を挙げなかったことが悔しくて松村自身が創設した[20]。尊敬されたいがために団長は松村、副団長は佐々木琴子、社長は寺田蘭世[注 8]、大統領は伊藤かりん[注 9]。佐々木琴子と寺田蘭世はアニメを餌に釣った[20]。伊藤かりんは楽屋で勧誘したが断られたため、力づくで仲間にした[20]。2016年4月19日、「さゆりんごマジョリティー」を配信[68]

乃木坂46のメンバーをアニメキャラに例えると、秋元真夏は『ラブライブ!』の矢澤にこ、生田絵梨花は『悪魔とラブソング』の可愛マリア、生駒里奈は『NARUTO -ナルト- 』のうずまきナルト、市來玲奈は『SKET DANCE』の高橋千秋、伊藤寧々は『銀魂』のエリザベス、川後陽菜は『地獄少女』の閻魔あい[注 10]白石麻衣は『ローゼンメイデン』の真紅、高山一実は『ポケットモンスター』のソーナンス、橋本奈々未は『ポケットモンスター』のブラッキー、深川麻衣は『みなみけ』の南春香、和田まあやは『キャッツ・アイ』の来生愛、松村は『星のカービィ』のカービィ[注 11]若月佑美は『NARUTO -ナルト- 』のロック・リー[69]。松村によれば『NEW GAME!』はアニメ界の乃木坂46[71]

2014年4月11日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に乃木坂46として当番組初出演を果たした際、タモリからのアイドルになって苦労したことを質問されると、「食事制限に苦労」したエピソードとして「普段はご飯だったら山盛りで9杯くらい食べられるんです」と、冠番組『乃木坂って、どこ?』(テレビ愛知)で披露した大食いネタを、顔を紅潮させながら少し早口に話し、番組で共演した中居正広SMAP)から「タモさん、仏様でも2杯だよ!」とつっこまれた[26]

乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「走れ!Bicycle」、理由は可愛いものがたくさん詰まっている世界観だからである[30]。推したいメンバーは伊藤万理華[72]

作品

シングル

乃木坂46

まゆ坂46

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030) - EAN 4988009052632

乃木坂AKB

  • 混ざり合うもの(2016年3月9日、KIZM-90421) - EAN 4988003484705

アルバム

乃木坂46

映像作品

出演

テレビドラマ

バラエティ

  • 速報! 有吉の明日したいことランキング(2012年12月6日、テレビ東京) - MC[15]

映画

舞台

ネット配信

イベント

書籍

写真集

雑誌連載

  • CanCam(2015年3月23日 - 、小学館) - 専属モデル[85]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「まっつん」と表記する場合もあれば[22]、「まっちゅん」と表記する場合もある[23]
  2. ^ 必殺技の「さゆりんごパンチ」は[27]、アニメの影響を受けて誕生した[4]
  3. ^ おすすめの唐揚げは『大阪元祖たこやき風風』の唐揚げ[32]
  4. ^ ポルノグラフィティは『鋼の錬金術師』というアニメのオープニング曲「メリッサ」から好きになり、ファンクラブにも加入している[39]
  5. ^ 「べーやん」と命名したベタ類の雄の熱帯魚を飼っていた[41]
  6. ^ 堀江由衣は松村沙友理がアニメを好きになるきっかけとなった人物である[48]
  7. ^ モンスターハンターで好きなモンスターはババコンガ[60]
  8. ^ さゆりんご軍団結成時は「監督」だったが、のちに伊藤かりんが動画撮影を担当するようになり「社長」になった[66]
  9. ^ さゆりんご軍団結成時は「大臣」だったが[67]、のちに「大統領」になった[66]
  10. ^ ただし、性格的には『ギャグマンガ日和』のうさみ[69]
  11. ^ あるいは『ポケットモンスター』のカビゴン[70]

出典

  1. ^ a b c 松村沙友理:専属モデル”. CanCam.TV. 小学館 (2015年). 2016年1月27日閲覧。
    「測って乃木坂46に会いに行こうー♪」キャンペーン”. sizebook. ファストアクション (2016年1月27日). 2016年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月2日閲覧。
  2. ^ a b 松村沙友理|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年7月7日). 2014年7月7日閲覧。
  3. ^ a b “乃木坂46橋本奈々未&松村沙友理「CanCam」専属モデルに決定 編集長絶賛「透明感が半端ない」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年2月21日). http://mdpr.jp/news/detail/1469094 2015年2月21日閲覧。 
  4. ^ a b c 「松村沙友理-柔らかい雰囲気のムードメーカーアイドルのお手本はアニメ」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドルSpecial』 田口俊輔、日経BP社、2013年11月29日、20-21頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  5. ^ “乃木坂46松村沙友理 母校・大阪桐蔭Vを祝福”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年8月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/08/25/kiji/K20140825008810430.html 2014年8月25日閲覧。 
  6. ^ 松村沙友理 (2013年12月3日). “てぇへんだっ(o・・o)”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年12月3日閲覧。
  7. ^ a b c d 松村沙友理 (2012年5月2日). 乃木坂46・松村沙友理インタビュー&フォトギャラリー (5/13). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46/page/5 2012年5月2日閲覧。 
  8. ^ a b c d 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2012年11月13日ASIN B006NSVZUW
  9. ^ a b c 「乃木坂46 First Message」『TVガイドGIRLS』2012年4月号、東京ニュース通信社、2012年2月28日、80頁。ASIN B007BDT5CS
  10. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(3)【合格者一覧(後半)〜会見】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月28日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_03.htm 2013年4月13日閲覧。 
  11. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  12. ^ 松村沙友理 (2011年11月13日). “さゆりんご見参っヽ(・ω・)ノ”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年5月6日閲覧。
  13. ^ “乃木坂46・白石麻衣の“愛の言葉”を聴きに銀座へ!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2011年12月21日). http://thetv.jp/news_detail/26866/ 2011年12月21日閲覧。 
  14. ^ “乃木坂46、明日の「乃木どこ」で初ユニット曲お披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月31日). http://natalie.mu/music/news/67029 2012年4月6日閲覧。 
  15. ^ a b 速報! 有吉の明日したいことランキング 週間番組表 番組情報 テレビ東京”. テレビ東京. 2013年4月7日閲覧。
  16. ^ “乃木坂46から4人が新成人、松村は色気アップ誓う「壇蜜さんの半分くらいに」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年1月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2020567/full/ 2016年1月10日閲覧。 
  17. ^ “伝説のヤンキーマンガドラマ化でAKB板野、乃木坂橋本共演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月16日). http://natalie.mu/music/news/86816 2013年4月4日閲覧。 
    “ヒロインは乃木坂46の橋本奈々未 ともちん共演に「緊張」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/03/16/kiji/K20130316005405100.html 2013年4月4日閲覧。 
  18. ^ a b “乃木坂46松村&中田、ニコ生新番組でアイドルと“生”トーク”. ナタリー (ナターシャ). (2013年4月13日). http://natalie.mu/music/news/88628 2013年4月19日閲覧。 
    松村沙友理と中田花奈が初メインMCを務めるアイドル音楽番組「生のアイドルが好き」が4月18日(木)21時よりニコニコ動画で生放送開始!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年4月13日). 2013年4月19日閲覧。
    中田花奈 (2013年4月10日). “ブログ書いたったあああカナ? 45 0”. 乃木坂46 中田花奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月19日閲覧。
  19. ^ 『VANQUISH VENUS』第10弾モデルに、松村沙友理さん(乃木坂46)を起用!”. VANQUISH. Ceno Company (2014年5月1日). 2014年5月1日閲覧。
    VANQUISHchannel (2014年4月29日). “VANQUISH VENUS Vol.10 SAYURI MATSUMURA(乃木坂46)”. VANQUISH Official channel. YouTube. 2014年4月29日閲覧。
  20. ^ a b c d e 伊藤かりん、佐々木琴子、寺田蘭世、松村沙友理 「松村沙友理×伊藤かりん×佐々木琴子×寺田蘭世「ふぞろいのさゆりんご軍団」」『BUBKA』2016年4月号、宮田英一郎、白夜書房、2016年2月29日、29-31頁。ASIN B019T9FHJ6
  21. ^ 【ブブカ8月号掲載】乃木坂46松村沙友理インタビュー「あれから、私は。」”. BUBKA Web (2016年7月20日). 2016年7月20日閲覧。
  22. ^ a b YJ×乃木坂46 キャラビア2.5」『ヤングジャンプ』2014年5月22日23号、集英社、2014年5月8日、週刊版、25頁。ASIN B00JV42QIA
  23. ^ “乃木坂46メンバーは松井玲奈をどう迎えたか 堀未央奈「顔が小さくてイクラみたい」”. Real Sound (blueprint). (2014年5月19日) 2016年3月29日閲覧。
  24. ^ 「乃木坂46全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』増刊号、集英社、2011年10月24日、不定版、135頁。ASIN B005VLKGQ6
  25. ^ a b 犬飼華、斉藤貴志、六輪優 「乃木坂46 ウワサの真相スペシャル2015」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、西中賢治、集英社、2015年9月17日、増刊号、44頁。ASIN B01518F35W
  26. ^ a b 大貫真之介 (2014年4月22日). “乃木坂46のりんご姫・松村沙友理は、子供と大人の狭間を浮遊する”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2014年4月22日閲覧。
  27. ^ 「美女散歩 Vol.3 乃木坂46と妄想デート」『Samurai ELO』2013年1月号、ANDRE、インフォレスト、2012年11月24日、月刊版、169頁。ASIN B00A3EZR56
  28. ^ 「イマドキJKアイドル誕生!! 乃木坂46 NOGI STYLE vol.21」『B.L.T.』2013年8月号、犬飼華、東京ニュース通信社、2013年6月24日、月刊版、6頁。ASIN B00DB76F44
  29. ^ a b “【乃木坂46】松村沙友理さんが選ぶ、自分史上最愛アニメベスト5! 【グラビア】”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2014年4月30日). http://ddnavi.com/news/192746/ 2014年4月30日閲覧。 
  30. ^ a b 「乃木坂46 8thシングル『気づいたら片想い』MV特集!」『BOMB』2014年5月号、eiichiro miyata、学研マーケティング、2014年4月9日、月刊版、35頁。ASIN B00J7U9758
  31. ^ “乃木坂46西野七瀬、プライベート明かす 「GirlsAward」出演も決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1560381 2016年1月27日閲覧。 
  32. ^ 「乃木坂46 私たちのヒ♥ミ♥ツ教えます!」『EX大衆』2012年3月号、双葉社、2012年2月15日、月刊版、65頁。ASIN B0073GJHW6
  33. ^ a b c 「さゆりん&ななみん 10月のとある2週間コーディネート♥」『CanCam』2015年11月号、小学館、2015年9月23日、126頁。ASIN B0153N9BF8
  34. ^ a b 「HAPPY VOICE」『YOUPAPER』2012年12月号、松井俊夫、ラグザイア、2012年12月22日、21頁。
  35. ^ 松村 沙友理(まつむら さゆり) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2013年4月7日閲覧。
  36. ^ 松村沙友理 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/59/15/ 2011年11月2日閲覧。 
  37. ^ a b 「松村沙友理-アドリブで演技にも開眼 やっぱり似合うまぶしい笑顔」『日経エンタテインメント! アイドルSpecial 2016』 大貫真之介、日経BP社、2015年12月3日、37頁。ISBN 978-4-8222-7253-1
  38. ^ 「乃木坂46 愛され力強化合宿中。」『an・an』2016年1月20日号、マガジンハウス、2016年1月13日、No.1987、53-68頁。ASIN B00G5266FU
  39. ^ a b 松村沙友理; 若月佑美 (2016年3月25日). 乃木坂46 好きなのは斜に構えた歌「なんかアイドルっぽくないですね(笑)」(若月佑美)/インタビュー. インタビュアー:西沢フミタカ. エキサイトミュージック.. http://www.excite.co.jp/News/emusic/20160325/E1458198457409.html 2016年3月25日閲覧。 
  40. ^ 「松村沙友理-日曜日の朝、公園に行こう、と彼女は言った。」『EX大衆』2014年6月号、双葉社、2014年5月15日、月刊版、29頁。ASIN B00JPKVJRY
  41. ^ 「天国のキス」『月刊TVnavi』2013年9月号、黒井信吾、日本工業新聞社、2013年7月24日、月刊版。ASIN B00E56O1FA
    松村沙友理 (2013年6月10日). “べーやん...べ、別に まいやん意識した訳じゃないからね! 勘違いしないでよね///”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年6月10日閲覧。
  42. ^ a b 松村沙友理 (2013年1月18日). “あんこっ(o・・o)”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年4月20日閲覧。
  43. ^ 高山一実; 深川麻衣; 松村沙友理 (2016年3月25日). 乃木坂46が語る「心が叫びたがってるんだ。」 (1/4). インタビュアー:伊東弘剛. ナタリー.. http://natalie.mu/eiga/pp/kokosake02 2016年3月25日閲覧。 
  44. ^ 林将勝、関根弘康、榛村季溶子 「乃木坂46メンバー名鑑⊿39人」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、3-4頁。ASIN B00UAUUX8Y
  45. ^ “乃木坂46「ここさけ」舞台挨拶で松村沙友理のアニメ愛さく裂”. ナタリー (ナターシャ). (2015年10月17日). http://natalie.mu/music/news/163241 2015年10月17日閲覧。 
  46. ^ a b 松村沙友理 (2015年8月29日). 23歳を迎えた乃木坂46・松村沙友理「好きな男性は●●系の人」. インタビュアー:鈴木梢. Woman Insight.. http://www.womaninsight.jp/archives/160447/ 2015年10月19日閲覧。 
  47. ^ 松村沙友理 (2012年5月2日). 乃木坂46・松村沙友理インタビュー&フォトギャラリー (6/13). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46/page/6 2012年5月2日閲覧。 
  48. ^ 松村沙友理 (2012年10月15日). 堀江由衣「BEST ALBUM」インタビュー (4-5). インタビュアー:臼杵成晃. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/horieyui05/page/4 2013年4月16日閲覧。 
  49. ^ a b c 松村沙友理 (2015年9月16日). 〈私のコミック履歴書〉乃木坂46 松村沙友理さん. インタビュアー:朝日新聞社広告局. コミック・ブレーク.. http://book.asahi.com/book/comicbreak/2015091600003.html 2015年9月16日閲覧。 
  50. ^ “乃木坂46が“かわいいコスプレ姿”で夏への意気込み(?)を語る「プライベートでお祭りに行きたい」”. 日刊SPA! (扶桑社). (2016年7月14日). http://nikkan-spa.jp/1155556 2016年7月14日閲覧。 
  51. ^ a b c 「さゆりんご軍団」『週刊ビッグコミックスピリッツ』2016年36号、横井孝宏、小学館、2016年8月1日、1-13頁。ASIN B01HIP2YBM
  52. ^ 『B.L.T.』2012年9月号、犬飼華、東京ニュース通信社、2012年7月24日、月刊版。ASIN B008K7WZJE
  53. ^ 「乃木坂46のキレイ道」『mina』2014年2月号、主婦の友社、2013年12月19日、月刊版、215頁。ASIN B00GS5ONHW
  54. ^ 松村沙友理 (2012年7月23日). “今、ほしいものっ(o・・o)”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 2012年7月23日閲覧。
  55. ^ “乃木坂46ではデジカメがブーム? 「1000メディア出演キャラバン」でメンバーに聞く”. ITライフハック (LINE Corporation). (2012年8月31日). http://news.livedoor.com/article/detail/6907969/ 2012年8月31日閲覧。 
  56. ^ a b 乃木坂メンバーの合否は…? 語彙・読解力検定の結果発表”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年7月30日). 2013年7月30日閲覧。
  57. ^ a b “乃木坂6枚目シングルで白石が初センター”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年4月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130420-1115349.html 2013年4月21日閲覧。 
  58. ^ 「大阪発、天真爛漫記念物」『EX大衆』 双葉社、2013年7月13日、月刊版。ASIN B00DL3ZI9Q
  59. ^ “乃木坂・松村 セクシー担当宣言”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2013年1月13日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/01/13/0005666423.shtml 2015年10月13日閲覧。 
  60. ^ “「10周年記念 モンスターハンター展」オープニングセレモニー”. GAME Watch (インプレス). (2014年8月1日). http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20140801_660609.html 2014年8月1日閲覧。 
  61. ^ “乃木坂46“美脚”選抜10人、タオル一枚のセクシーショット”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月18日). http://mdpr.jp/news/detail/1487766 2016年1月8日閲覧。 
  62. ^ “乃木坂46、新作特典は“ペアPV”孤独兄弟&からあげ姉妹登場の予告映像”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月4日). http://natalie.mu/music/news/139982 2015年3月4日閲覧。 
  63. ^ “乃木坂46、年越しの瞬間何してた? 新年の抱負を宣言”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月1日). http://mdpr.jp/music/detail/1554202 2016年1月1日閲覧。 
  64. ^ 斉藤貴志 「乃木坂46楽曲総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、91頁。ASIN B01518F35W
  65. ^ 「生田絵梨花×松村沙友理 からあげ姉妹の野望」『BUBKA』2015年6月号、サイゴン、白夜書房、2015年4月30日、21頁。ASIN B00TIVCC6M
  66. ^ a b 「巻末グラビア&座談会&交換日記 さゆりんご軍団 松村沙友理/伊藤かりん/佐々木琴子/寺田蘭世」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.02、西廣智一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、181-182頁。ISBN 978-4-04-895646-8
  67. ^ a b “乃木坂46「さゆりんご軍団」生放送で結団式にスペシャルゲスト”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年5月25日). http://news.dwango.jp/2016/05/25/90876/idol/ 2016年5月25日閲覧。 
  68. ^ “欅坂46 土生 「いい匂いがした」共演の乃木坂46メンバーの透明感に驚く”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年5月1日). http://news.dwango.jp/2016/05/01/87691/idol/2/ 2016年5月1日閲覧。 
  69. ^ a b 生駒里奈、川後陽菜、松村沙友理 「nogimate 第6回 メンバーをアニメキャラにたとえよう」『EX大衆』2013年11月号、双葉社、2013年10月15日、14-15頁。ASIN B00FBKF5E0
  70. ^ 松村沙友理 (2013年11月1日). “今日は寝るっ(o・・o)”. 乃木坂46 松村沙友理 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年11月1日閲覧。
  71. ^ 「夏恋」『B.L.T』2016年9月号、東京ニュース通信社、2016年7月23日、乃木坂46版、16頁。ASIN B01G7I3TG0
  72. ^ 松村沙友理 (2012年6月15日). 乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4603/page/5 2012年6月15日閲覧。 
  73. ^ 松村沙友理 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (2/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/2 2013年4月30日閲覧。 
  74. ^ “乃木坂46桜井、西野、松村が少年法題材の社会派ドラマ出演”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月14日). http://natalie.mu/music/news/136084 2015年1月14日閲覧。 
  75. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  76. ^ キャスト&スタッフ”. Sexy Zone 中島健人初主演映画! 劇場版「BAD BOYS J」大ヒット上映中!. 劇場版「BAD BOYS J」製作委員会. 2014年8月1日閲覧。
  77. ^ “舞台「じょしらく」キャスト決定! 手寅役は乃木坂の高山、万理華、中元”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月29日). http://natalie.mu/comic/news/142389 2015年3月29日閲覧。 
  78. ^ “「アイドルの壁をぶち壊したい」乃木坂46熱演の舞台開幕”. ナタリー (ナターシャ). (2015年10月1日). http://natalie.mu/music/news/161644 2015年10月1日閲覧。 
  79. ^ “乃木坂46が再び落語家に! 生駒里奈らも参戦の「じょしらく弐」舞台は2066年”. ステージナタリー. (2016年4月5日). http://natalie.mu/stage/news/182346 2016年4月5日閲覧。 
  80. ^ “乃木坂46専属モデル5人がファッションショー出演へ<GirlsAward 2015 S/S>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年3月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1471914 2015年3月5日閲覧。 
  81. ^ “乃木坂46、『Girls Award 2016』出演決定 西野七瀬、白石麻衣、松村沙友理、齋藤飛鳥がファッションショーモデルに”. Real Sound (blueprint). (2016年1月27日). https://realsound.jp/2016/01/post-6111.html 2016年1月27日閲覧。 
  82. ^ “白石麻衣・西野七瀬・齋藤飛鳥…乃木坂46、過去最多9人がモデルでランウェイ「GirlsAward 2016 A/W」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1599792 2016年7月21日閲覧。 
  83. ^ “乃木坂46松村&若月「食神さまの不思議なレストラン」展でキツネ役”. ナタリー (ナターシャ). (2016年10月20日). http://natalie.mu/music/news/206166 2016年10月20日閲覧。 
  84. ^ 松村沙友理」『季刊 乃木坂』vol.4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日、14-23頁。ISBN 978-4-86336-451-6
  85. ^ 「乃木坂46の“ななみん&さゆりん”がCanCamの専属モデルに!」『CanCam』2015年5月号、小学館、2015年3月23日、84-89頁。ASIN B00UC82PFS

外部リンク