この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

高山一実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかやま かずみ
高山 一実
プロフィール
愛称 かずみん
生年月日 1994年2月8日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本千葉県南房総市
血液型 A型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 161 cm / kg
備考 靴のサイズ 24.5cm
活動
デビュー 2011年
ジャンル J-POP
所属グループ 乃木坂46
活動期間 2011年 -
他の活動 南房総市観光大使
レーベル ソニーミュージック
アイドル: テンプレート - カテゴリ

高山 一実(たかやま かずみ、1994年2月8日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである[1]千葉県南房総市出身[2]

略歴

小学1年生の時、母親の勧めで剣道を始めた[3]。小学校を卒業後、千葉県南房総市内の中学校へ進学した[4]。学校では剣道部に所属した[5]。高山が通っていた地元の学校は女子学生が20人弱で学生数が少なかったため、幼稚園から中学校まで皆同じ学校だった[6]。このため、女の子らしい格好ができず、その反動で中学生の頃からアイドルになりたいと思い始めた[6]。中学校を卒業後、千葉県立安房高等学校へ進学した[4]。高校1年生の時、剣道部を退部してからアイドルオタクになり、モーニング娘。のライブへ通い始めた[7]。高校2年生の時、「モーニング娘。9期メンバーオーディション」に応募したが書類選考で落選した[8]。高校3年生の時[9]、音楽大学の声楽科へ進学しようと考えていたが大学に夢を持てず[10]、アイドル歌手になりたいという夢だけが残ったため、乃木坂46の1期生オーディションを受験した[7]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは山口百恵の「夢先案内人」を歌った[11]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった[12]。オーディションを受験した理由は、歌が好きでアイドル歌手になりたかったからである[7]。合格後は上京した[6]

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした[13]。同日、2月22日が亡き弟の誕生日であることを公式ブログで明かし、亡き弟へCDをプレゼントし「天国で喜んでくれてたら嬉しい」と語った[14]。2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務めた[15]

2013年4月3日、東京スポーツ新聞で「乃木坂46 高山一実と仲間たち 昭和にアメイジング!」の連載を開始した[16]。2013年4月6日、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始した[17]

2014年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[18]。2014年1月12日、南房総市成人式(千葉県南房総市・白浜フローラルホール)で新成人代表として成人の誓いを務めた[9]

2015年3月、千葉県南房総市の観光大使に就任した[19]

2016年1月5日、初の短編小説『キャリーオーバー』を執筆した[20]。2016年2月18日、『ちばアクアラインマラソン2016』のPR大使に就任した[21]

人物

愛称は、かずみん[22]。高山一実の「一実」という名は、長女であることから名づけられた[23]。持ちフレーズは「アメイジング」「ポジピース」「バケラッタ」である[24]。自宅のワンルームを2つの部屋のようにして使用している[25]

昭和をこよなく愛し「乃木坂46の昭和キャラ」と呼ばれている[26]山口百恵、中森明菜[27]、松田聖子のようなアイドルを目指している[28]。山口百恵の存在はテレビで知った[7]中森明菜の存在は親の影響で知り、松田聖子の存在は学校の音楽の授業で松田聖子の「SWEET MEMORIES」という曲を歌ったことがきっかけで知った[29]

道重さゆみのファン[30]。プライベートで道重さゆみのファンクラブイベントに参加している[30]。とくにプラチナ期のモーニング娘。を理想のアイドル像とし[31]、『モーニング娘。 ALL SINGLES COMPLETE 〜10th ANNIVERSARY〜』というアルバムを購入してからファンになった[32]

美少女戦士セーラームーンのファン[33]。2013年、美少女戦士セーラームーンのミュージカルを乃木坂46の川後陽菜と観に行ったのがきっかけでファンになった[33]。とくにセーラーマーキュリーがお気に入りでマーキュリーと自身の名前である一実(かずみ)を掛けて「カーキュリー」と称している[34]。コスプレ衣装も購入し、自身のブログで披露している[35]。後に美少女戦士セーラームーンのグッズを購入しすぎて破産しかけた[31]

Little Glee Monsterのファン[36]

好物はぬれせんべい[37]。好きなスポーツはバスケットボール[38]

趣味

趣味は読書[24]、写真[39]

読書では好きな小説として湊かなえの『少女』を挙げている[22]。高校生の頃、湊かなえの『告白』に出会い、次に『少女』[40]、『贖罪』を読んだ[41]。小説はミステリー全般が好きだが、よしもとばななの恋愛小説も好き[40]。好きな漫画は『HIGH SCORE[42]

写真は一眼デジタルカメラのオリンパス・ペン ライト E-PL1を使用している[43]

特技

特技は剣道[44]

剣道の経験は10年あり、段級位は2段[44]。剣道現役時代の握力は35キロ[45]。その他、習い事として声楽、ピアノの経験がある[46]。高校生の頃、アルバイトをして白色のエレキギターを購入した経験もあるが2週間程で挫折した[47]

乃木坂46

乃木坂46のバラエティ担当[27]an・an美脚選抜[48]、乃木坂活字部部長[49]

バラエティ担当だが、ステージではアイドルでいたいと考えている[50]。バラエティ番組では[注 6]、他のメンバーに比べて低い個性的な声で滑舌も悪く[58]、この声が話題になることがあるが[59]、地声ではなく[60]、裏声である[61]

an・an美脚選抜で、乃木坂46ナンバーワンの美脚[48]an・an美脚選抜の9名中6名が「高山が一番の美脚」と答え、『an・an』の誌面でも乃木坂46ナンバーワンの美脚と評された[48]

乃木坂46では同じ剣道経験者である川後陽菜と、高山を「飴」とし川後を「鞭」とする『飴と鞭』という非公式ユニットを考案している[62]

乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「シャキイズム」、理由は意味深なストーリーでありながら分かりやすく、ワクワクするからである[63]。推したいメンバーは和田まあや[64]

作品

シングル

乃木坂46

まゆ坂46

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030) - EAN 4988009052632

アルバム

乃木坂46

映像作品

出演

テレビドラマ

バラエティ

映画

ネット配信

  • ソニレコ! 暇つぶしTV(2013年10月9日 - 2015年10月5日、ソニー・ミュージックレコーズ) - MC[69]
  • 独占! アイドル(恥)シアター(2015年6月14日・21日、NOTTV) - MC[70]

書籍

写真集

雑誌・新聞連載

小説

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 生駒里奈松村沙友理らと出演した[51]
  2. ^ 「乃木坂46刑事」として生駒里奈・生田絵梨花らと出演した[52]
  3. ^ 生駒里奈と出演した[53]
  4. ^ ピッタンコチョイス」のコーナーに白石麻衣・松村沙友理・能條愛未市來玲奈らと出演した[56]
  5. ^ 高山一実にとって初となる乃木坂46メンバーと共演でない地上波バラエティ番組への単独出演である[57]
  6. ^ バラエティ番組への出演としては『ダウンタウンDX』(2013年3月7日、読売テレビ)[注 1]、『爆笑 大日本アカン警察』(2013年3月31日、フジテレビ)[注 2]、『浜ちゃんが!』(2013年4月4日、読売テレビ)などのダウンタウン浜田雅功がMCを務める番組への出演が続き[注 3]、『爆笑 大日本アカン警察』に出演の際は有野晋哉から「僕のツボは"乃木坂46の高山一実"」とブログで評され[54]、番組プロデューサーの赤池洋文からも「大変面白かったです」と評された[55]。その後、『ぐるナイ 中華ゴチ&要チェックな人々集合2時間SP』(2013年4月11日、日本テレビ)[注 4]、『伝えてピカッチ』(2013年4月27日、NHK総合)などの番組への出演が続いている[注 5]

出典

  1. ^ a b 高山 一実|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年). 2012年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月7日閲覧。
    高山一実 (2012年6月8日). “(´-`).。oO(かずみん×70”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年6月8日閲覧。
  2. ^ “乃木坂46の高山さん、「伏姫」に…南総里見まつり”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年9月7日). オリジナル2013年9月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130909091316/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20130907-OYT8T00346.htm 2013年10月1日閲覧。 
  3. ^ “(乃木坂46日々是勉強)高山一実 格好よくクイズに答えたい”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年1月30日). http://www.asahi.com/articles/ASH1X0BRTH1WUCVL035.html 2015年1月30日閲覧。 
  4. ^ a b “南房総市観光大使 乃木坂46高山さん 委嘱状を手に抱負”. 東京新聞 (TOKYO Web) (中日新聞社). (2015年3月19日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150319/CK2015031902000159.html 2015年3月19日閲覧。 
  5. ^ 高山一実 (2012年2月23日). 乃木坂46『ぐるぐるカーテン』インタビュー. インタビュアー:杉岡祐樹. hotexpress.. http://www.hotexpress.co.jp/interview/120223_nogizaka46/page2.html 2012年2月23日閲覧。 
  6. ^ a b c 高山一実 (2012年5月2日). 乃木坂46・高山一実インタビュー&フォトギャラリー (12/13). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46/page/12 2012年5月2日閲覧。 
  7. ^ a b c d 「高山一実-バラエティで存在感を発揮する昭和を愛する女の子」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドルSpecial』 高倉文紀、日経BP社、2013年11月29日、28-29頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  8. ^ 高山一実 (2014年11月29日). “道重さゆみさんへの 感謝。”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2014年11月29日閲覧。
  9. ^ a b “乃木坂46高山、地元で成人の誓い「南房総の魅力伝えたい」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月12日). http://natalie.mu/music/news/107599 2014年1月12日閲覧。 
  10. ^ 『EX大衆』2012年3月号、双葉社、2012年2月15日、月刊版、64頁。ASIN B0073GJHW6
  11. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート (2) 【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2013年4月13日閲覧。 
  12. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  13. ^ 乃木坂46 『ぐるぐるカーテン』Type-A、Sony Music Records、2012年2月22日ASIN B006P3MRZC
  14. ^ 高山一実 (2012年2月22日). “(´-`).。oO(かずみん×35”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月20日閲覧。
  15. ^ “乃木坂46、明日の「乃木どこ」で初ユニット曲お披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月31日). http://natalie.mu/music/news/67029 2013年4月7日閲覧。 
  16. ^ a b 高山一実 (2013年4月1日). “(´-`).。oO(かずみん×153”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月4日閲覧。
  17. ^ “伝説のヤンキーマンガドラマ化でAKB板野、乃木坂橋本共演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月16日). http://natalie.mu/music/news/86816 2013年4月4日閲覧。 
  18. ^ “「もっと若作りしなくちゃ」乃木坂46メンバー5人が成人式”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月10日). http://natalie.mu/music/news/107474 2016年1月10日閲覧。 
  19. ^ “南房総市観光大使 乃木坂46高山さん 18日に委嘱状”. 東京新聞 (TOKYO Web) (中日新聞社). (2015年3月16日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20150316/CK2015031602000149.html 2015年3月16日閲覧。 
  20. ^ “乃木坂46高山一実の短編小説Web公開、挿絵は深川麻衣”. ナタリー (ナターシャ). (2016年1月5日). http://natalie.mu/music/news/171493 2016年1月5日閲覧。 
  21. ^ “ちばアクアラインマラソン:乃木坂46高山さん、PR大使に就任 /千葉”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年2月19日). http://mainichi.jp/articles/20160219/ddl/k12/050/178000c 2016年2月19日閲覧。 
  22. ^ a b 高山 一実(たかやま かずみ) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  23. ^ 高山一実 (2011年12月15日). “(´-`).。oO(かずみん~質問time~”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年12月15日閲覧。
  24. ^ a b 「美女散歩 Vol.26 乃木坂46と妄想デート」『Samurai ELO』2014年12月号、ANDRE、三栄書房、2014年10月24日、月刊版、158頁。ASIN B00OBSQIUS
  25. ^ 高山一実・橋本奈々未 (2014). 「GirlsAward 2014 A/W」出演 乃木坂46 インタビュー. (インタビュー). FASHION COLLECTION from TOKYO.. http://fashioncollection.jp/news/nogizaka46-interview-girlsaward-14aw/ 2014年10月1日閲覧。 
  26. ^ “乃木坂46 高山一実と仲間たち 昭和にアメイジング!”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社): p. 16. (2013年4月4日) 
  27. ^ a b c 高山一実」『季刊 乃木坂』vol.3 涼秋、東京ニュース通信社、2014年8月11日、14-23頁。ISBN 978-4-86336-426-4
  28. ^ 「乃木坂46学園入学案内!-顔と名前を覚えてねカタログ」『週刊プレイボーイ』2011年10月10日号、集英社、2011年9月26日、NO.41、144頁。ASIN B007ZR9GUG
  29. ^ 高山一実 (2012年5月2日). 乃木坂46・高山一実インタビュー&フォトギャラリー (11/13). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46/page/11 2012年5月2日閲覧。 
  30. ^ a b “モー娘。道重のファンイベントに乃木坂46高山一実が参加”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年11月11日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/332415/ 2014年11月11日閲覧。 
  31. ^ a b 「高山一実-ときには一歩引いて全体を見る グループのムードメーカー」『日経エンタテインメント! アイドル Special 2015』 田口俊輔、日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、33頁。ISBN 978-4-8222-7597-6
  32. ^ 秋元真夏; 生田絵梨花; 高山一実 (2015年1月7日). (2ページ目)「乃木坂46は、まだちっぽけな存在」 秋元真夏・生田絵梨花・高山一実が語る、グループの課題と未来. インタビュアー:香月孝史. Real Sound.. https://realsound.jp/2015/01/post-2175_2.html 2015年1月7日閲覧。 
  33. ^ a b 「nogimate 第16回 美少女戦士セーラームーンCrystal」『EX大衆』2014年9月号、双葉社、2014年8月12日、月刊版。ASIN B00LXG1KWM
  34. ^ 高山一実 (2013年11月28日). “(´-`).。oO(か ずみん×242”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月5日閲覧。 - 同日以降のブログから多数使用。
  35. ^ 高山一実 (2014年1月7日). “(´-`).。oO(カーキ ュリー×255”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月5日閲覧。
  36. ^ Little Glee Monster; 高山一実 (2015年7月17日). 「人生は一度きり / ガオガオ・オールスター」特集 Little Glee Monster×高山一実(乃木坂46)対談 (1/3). インタビュアー:鵜飼亮次. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/littlegleemonster04 2015年9月17日閲覧。 
  37. ^ “乃木坂・高山一実 ハイテンション森田健作知事に驚き”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2015年11月21日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/474946/ 2015年11月21日閲覧。 
  38. ^ 「週チャン スポ慢祭-乃木坂46が彩ります♡」『週刊少年チャンピオン』2012年5月10日号、秋田書店、2012年5月10日、No.24、5頁。ASIN B0081ZPAHY
  39. ^ 高山一実 (2012年7月23日). “初! ぶろぐ。”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 2012年7月23日閲覧。
  40. ^ a b 高山一実 (2014年11月6日). 乃木坂46・高山一実「いつか私も、娘から母親になる、その日のために」. インタビュアー:吉田大助. ダ・ヴィンチニュース.. http://ddnavi.com/interview/213012/ 2014年11月6日閲覧。 
  41. ^ 向原康太 (2014年10月20日). “乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」”. Real Sound. サイゾー. 2014年10月20日閲覧。
  42. ^ 高山一実 (2011年12月15日). “(´-`).。oO(かずみん~質問time~”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 2011年12月15日閲覧。
  43. ^ 高山一実 (2012年3月2日). “(´-`).。oO(かずみん×38”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 2012年3月2日閲覧。
  44. ^ a b 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  45. ^ 「好きだから、超える」『FLASH』2012年3月6日号、光文社、2012年2月21日、47頁。ASIN B007EA5NF6
  46. ^ 高山一実 (2012年3月6日). “(´-`).。oO(かずみん×40”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年3月6日閲覧。
  47. ^ “乃木坂46高山&深川、住岡梨奈に自撮りのコツをレクチャー”. ナタリー (ナターシャ). (2014年11月30日). http://natalie.mu/music/news/132511 2014年11月30日閲覧。 
  48. ^ a b c an・an』2015年5月27日号、マガジンハウス、2015年5月20日、表紙・14-15・47-62頁。ASIN B00WKR13DO
  49. ^ “本当に面白い!? 乃木坂46が話題の又吉直樹『火花』を読んだ率直な感想は?”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2015年9月4日). http://ddnavi.com/news/255886/a/ 2015年9月4日閲覧。 
  50. ^ 「高山一実 しっとりグラビア「昭和セクシー」」『BUBKA』2015年1月号、白夜書房、2014年11月29日、月刊版、94頁。ASIN B0006IQKLY
  51. ^ “乃木坂46「ライバルはAKB48」と改めて宣言! 生駒里奈が松村沙友理のスカートの中に頭を突っ込んだ!『ダウンタウンDX』”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2013年3月7日). http://dogatch.jp/news/ntv/15016 2013年4月4日閲覧。 
  52. ^ “乃木坂46刑事も捜査に貢献、「アカン警察」3時間SP”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月30日). http://natalie.mu/owarai/news/87634 2013年4月4日閲覧。 
  53. ^ 浜ちゃんが!”. 読売テレビ(ytv). 讀賣テレビ放送. 2013年4月4日閲覧。
    浜ちゃんが! 乃木坂46VSスリムクラブ謎の私生活報告|番組表”. 日本テレビ. 日本テレビ放送網. 2013年4月4日閲覧。
  54. ^ よゐこ有野 (2013年3月15日). “書記係になりました!!”. よゐこ有野 オフィシャルブログ. 松竹芸能. 2013年4月7日閲覧。
  55. ^ 赤池洋文 (2013年3月17日). “downtowndxsp @ekiaka @arimorokoshi415 ...”. @ekiaka. Twitter. 2013年4月7日閲覧。
  56. ^ ぐるぐるナインティナイン”. ぐるナイweb.. 日本テレビ (2013年4月11日). 2013年4月11日閲覧。
  57. ^ 伝えてピカッチ”. NHKオンライン. 日本放送協会. 2013年4月19日閲覧。
  58. ^ “乃木坂46・高山一実、滑舌の悪さでメンバーに迷惑をかけている!? 『ダウンタウンDX』”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2013年7月18日). http://dogatch.jp/news/ntv/17936 2013年10月6日閲覧。 
  59. ^ “ライバルはももクロ! 乃木坂46、さんまにぶっちゃけトーク”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月27日). http://natalie.mu/music/news/98132 2013年10月6日閲覧。 
  60. ^ 高山一実 (2013年8月9日). “(´-`).。oO(かずみん×202”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年10月6日閲覧。
  61. ^ “芸能ポロリニュース PART63「個性を発揮し始めた乃木坂46」”. リアルライブ (フェイツ). (2013年7月18日). http://npn.co.jp/article/detail/94071300/ 2013年10月6日閲覧。 
  62. ^ 高山一実 (2012年5月2日). “(´-`).。oO(かずみん×60”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月17日閲覧。
    高山一実 (2012年4月30日). “(TvT).。oO(かずみん×59”. 乃木坂46 高山一実 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月17日閲覧。
  63. ^ 「乃木坂46 8thシングル『気づいたら片想い』MV特集!」『BOMB』2014年5月号、学研マーケティング、2014年4月9日、月刊版、35頁。ASIN B00J7U9758
  64. ^ “乃木坂46「乃木坂って、どこ?」徹底解剖 (5/5)”. ナタリー (ナターシャ). (2012年6月15日). http://natalie.mu/music/pp/nogizaka4603/page/5 2012年6月15日閲覧。 
  65. ^ 高山一実 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (4/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/4 2013年4月30日閲覧。 
  66. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  67. ^ キラきら時間”. 日テレ. 2016年3月20日閲覧。
  68. ^ キャスト&スタッフ”. Sexy Zone 中島健人初主演映画! 劇場版「BAD BOYS J」大ヒット上映中!. 劇場版「BAD BOYS J」製作委員会. 2014年8月1日閲覧。
  69. ^ “ソニレコTV最新回で乃木坂46&ミリヤがガールズトーク”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月22日). http://natalie.mu/music/news/108292 2014年1月22日閲覧。 
  70. ^ 乃木坂46 高山一実が昭和BIGアイドルの素顔を暴く!「独占! アイドル(恥)シアター」奇跡のオンエア決定!”. mmbi (2015年6月9日). 2015年6月23日閲覧。
  71. ^ “乃木坂46活字部始動! 高山一実が若者の活字離れ阻止目指す”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月3日). http://natalie.mu/music/news/139850 2015年3月3日閲覧。 
  72. ^ 高山一実; 深川麻衣 (2016年1月5日). “乃木坂46・高山一実さんの初小説を公開”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA. 2016年1月5日閲覧。

外部リンク