北野日奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
きたの ひなこ
北野 日奈子
北野 日奈子
台北松山空港にて(2020年1月18日)
生年月日 (1996-07-17) 1996年7月17日(26歳)
出生地 日本の旗 日本北海道小樽市
出身地 日本の旗 日本千葉県
身長 158 cm
血液型 O型
職業 ファッションモデル女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2013年 -
事務所 乃木坂46合同会社
(2013年 - 2022年)
am
(2022年 - )
主な作品
テレビドラマ
初森ベマーズ
少年のアビス
バラエティ番組
乃木坂46えいご
舞台
じょしらく
じょしらく弐 〜時かけそば
あさひなぐ
蒲田行進曲完結編 銀ちゃんが逝く
備考
乃木坂46元メンバー(2013年 - 2022年)
Zipper』元専属モデル(2015年 - 2017年)
テンプレートを表示

北野 日奈子(きたの ひなこ、1996年平成8年〉7月17日 - )は、日本女優ファッションモデルであり、女性アイドルグループ・乃木坂46の元メンバー[1]、『Zipper』の元専属モデルである[2]北海道小樽市出身、千葉県育ち[注 1]。am所属[6]。身長158 cm[7]。血液型はO型[1]

来歴[編集]

高校1年生の時、白石麻衣のファンだった友人から、乃木坂46の2期生オーディションを勧められた[8]。母親は反対したが[9]、知らぬ間に友人が北野を応募、一次審査の合格通知が届くと親から社会科見学のつもりで行くよう認められ[10]、とくに目標もなくオーディションを受験[11]。オーディションでは寺田蘭世と同じブロックだった[10]

2013年(平成25年)3月、乃木坂46の2期生オーディションに合格[8]。その後、約4か月間[10]、高校に通いながらレッスンを積んだ[8]。レッスン中はダンスが苦手で[8]、同期の佐々木琴子と最下位争いをしていた[12]。同年8月4日、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」の発売記念全国握手会イベントでパフォーマンスを初披露した[13]

2014年(平成26年)4月2日、乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」で初選抜、正規メンバーに昇格[10]。だが、他の研究生の方が歌やダンスも上手であるのに、自分がステージに立っていることに心苦しさを感じていた[10]

2015年(平成27年)7月20日、ファッションブランド『ANNA SUI』の2015年秋冬アジア圏ビジュアルモデルへの起用が発表された[14]。同年12月17日、ファッション雑誌『Zipper』の専属モデルへの起用が発表された[15]。同年12月22日、『Zipper』で「ひなコレクション」の連載を開始した[16]

2016年(平成28年)4月9日、乃木坂46の衛藤美彩・北野・寺田蘭世の3名で女子野球日本代表の公式サポーターを務めることが発表[17]。同年5月9日、川後陽菜の『私的にアイスが似合う女ランキング』で3位を獲得[18]。同年6月6日、乃木坂46の15thシングル「裸足でSummer」で約2年ぶりに選抜メンバーへ復帰することが発表[19]

2017年(平成29年)夏頃より体調不良で一部活動を休止したが[20][21][22]、同年11月16日にグループの公式サイトを通じ、正式に乃木坂46としての活動を当面の間休止、治療に専念することを発表[23]。同日、自身のブログでも報告、活動休止中もブログを更新した[24]

2018年(平成30年)3月24日、『乃木坂46時間TV』に生出演し、4か月ぶりに公の場に姿を見せた[25]。その際、「これから少しずつ乃木坂の活動に復帰していきたい」と語り、以後、乃木坂46の20thシングル『シンクロニシティ』の収録曲「スカウトマン」のミュージック・ビデオ[26][注 2]、同年4月22日の『生駒里奈卒業コンサート』などに一部出演した[28]。同年7月6日から8日まで明治神宮野球場秩父宮ラグビー場で同時開催された「6th YEAR BIRTHDAY LIVE」、および21stシングル「ジコチューで行こう!」から活動を再開[29]。そのライブのMCで北野は「21枚目のシングルから、私のやれることを少しずつやっていきます」と語った[29]。同年12月27日、1st写真集『空気の色』を発売[30]。発売初週で3万2232部を売上、オリコン週間本ランキング写真集部門で1位[31]。1万部の重版が決定、累計発行部数は7万2000部[31]

2021年(令和3年)12月12日に2nd写真集『希望の方角』[注 3]を翌年2月8日に発売することを発表した[33]

2022年(令和4年)1月31日、本人のブログで乃木坂46からの卒業発表、同年3月24日に卒業コンサートが行われた[34]。同年2月8日に2nd写真集『希望の方角』を発売した[32]。同年4月30日をもって乃木坂46での活動を終了した[35]。同年5月20日、自身のInstagramで芸能事務所「am(アム)」に所属することを発表した[6]。同年5月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された[36]

人物[編集]

愛称は、きいちゃん、きなこ[37]。「日奈子」という名前は、父親と母親のどちらも自分がつけたと主張しており、実際どちらが名付けたか分かっていない[38]。チャームポイントは旋毛のある眉毛[39]、人懐っこいところ[40]。長所は誰とでも仲良くできるところ[40]。短所は物覚えが悪いところ[40]。4歳上の兄、2歳下の妹がおり、チップという名の雌犬を飼っている[3]。将来の夢は、家族に真っ白な家をプレゼントすること[41]

嗜好[編集]

好きな食べ物は、駄菓子[42]、ウナギ、スイカ[39]、チーズ、牛乳[43]、ツイストパン[44]。好きなブランドはCrisp、Linetta、POU DOU DOU、MELANTRICK、HEMLIGHT[45]。憧れの人物は、前田敦子[9]。動物が大好き[46]。好きな異性のタイプは、話を聞いてくれてギャップのある人[40]

趣味[編集]

趣味は駄菓子屋巡り[39]、癒し探し[47]

特技[編集]

特技は雑誌破り[注 4]、フライパン曲げ[50]、がおー[51]。元バスケットボール部で[注 5]、短距離走を得意とし[9]、50メートル走7秒台[9]

乃木坂46[編集]

乃木坂46の破壊王[注 6]サンクエトワールのメンバー[53]、塩アイス[54][注 7]

20歳の誕生日、白石麻衣から透け透けのパンツをプレゼントされ、のちに「下着姿を見せてほしい」とねだられる[55]。北野によれば、まだ履いてない[55]

乃木坂46で好きな曲は「音が出ないギター[42]、「気づいたら片想い」、「ロマンスのスタート」、「別れ際、もっと好きになる[56]。好きなミュージック・ビデオは「気づいたら片想い」、「ロマンスのスタート」[57]、「大人への近道」、「君に贈る花がない」、「裸足でSummer[58]

作品[編集]

シングル[編集]

乃木坂46

坂道AKB

アルバム[編集]

乃木坂46

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

広告[編集]

  • ANNA SUI 2015年秋冬 アジア圏 ビジュアルモデル(2015年、ANNA SUI[75]

イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • Zipper(2015年12月22日 - 2017年12月22日、祥伝社)専属モデル[注 10][85]
    • ひなコレクション(2015年12月22日 - 2017年12月22日)[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 北海道で生まれ、千葉県で育ったため[3]、千葉県出身と表記される場合もあれば[1]、北海道出身と表記される場合もあるが[4]、北野によれば北海道小樽市生まれである[5]
  2. ^ ミュージック・ビデオの出演のみで楽曲には参加をしていない[27]
  3. ^ タイトルは2022年1月29日に解禁された[32]
  4. ^ 特技の雑誌破りは父親が考案した[48]。父親とはモノポリー人狼ゲーム人生ゲームなどで遊ぶ[49]
  5. ^ 小学5年生の時、父の誘いでミニバスケットボールを始め、中学生時代は3年間バスケットボール部に所属していた[3]
  6. ^ 乃木坂46の破壊王と呼ばれ[4]、怪力キャラで売っていたが、のちに高山一実との腕相撲対決、川後陽菜とのタオル引き対決で敗北した[52]。偏差値31[52]
  7. ^ 塩アイス(堀未央奈、北野日奈子、伊藤純奈の3名で構成)の由来は、焼肉屋でシューアイスを塩アイスに聞き間違えたことから。
  8. ^ FODでは2019年12月25日よりネット配信されている[63]
  9. ^ 活動休止以降出演がないまま番組がリニューアルを迎え、レギュラーを降板[66]
  10. ^ 2017年12月22日発売号をもって、雑誌が休刊となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 北野 日奈子(きたの ひなこ)”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年4月3日). 2016年6月3日閲覧。
  2. ^ “乃木坂46から新たな専属モデル誕生!北野日奈子「Zipper」で連載もスタート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年12月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1550481 2015年12月17日閲覧。 
  3. ^ a b c 北野日奈子 (2013年7月2日). “はじめましてっ! わ ーい♪01”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  4. ^ a b 大貫眞之介 編「乃木坂46 次世代が芽吹く頃 破壊なくして創造はなし! 北野日奈子の野望・全国版 Part2」 『EX大衆』 2016年4月号、双葉社、2016年3月15日、20頁。ASIN B01BCF8X0Ahttp://www.zakzak.co.jp/extaishu/ext_idol/news/20160314/exi1603141514005-n1.htm 
  5. ^ 北野日奈子 (2013年8月23日). “My summer will finish soon. ♪05”. 研究生ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  6. ^ a b “乃木坂46卒業の北野日奈子、新事務所所属を発表”. 株式会社ネットネイティブ. (2022年5月20日). https://mdpr.jp/news/detail/3163196 2022年5月20日閲覧。 
  7. ^ 北野 日奈子”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46合同会社. 2022年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月1日閲覧。
  8. ^ a b c d 北野日奈子」 『季刊 乃木坂』 vol.1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日、76-85頁。ISBN 978-4-86336-387-8https://www.youtube.com/watch?v=3-BOUsx8s_M 
  9. ^ a b c d 「イマドキJKアイドル誕生!! 乃木坂46 NOGI STYLE vol.27 あけまして2期生ご挨拶!!」 『B.L.T.』 2014年2月号、東京ニュース通信社、2013年12月19日、174頁。ASIN B00H3N44NG 
  10. ^ a b c d e 高倉文紀 編「北野日奈子 2期生2人目の昇格組は争いが苦手な平和主義者」 『日経エンタテインメント! アイドル Special 2015』日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、50-51頁。ISBN 978-4-8222-7597-6 
  11. ^ 北野日奈子; 寺田蘭世 (2016年3月23日). (2ページ目)乃木坂46北野日奈子と寺田蘭世が明かす、“アイドルの楽しさ”と“3期生募集への焦り”. インタビュアー:香月孝史. Real Sound.. https://realsound.jp/2016/03/post-6807_2.html 2016年3月23日閲覧。 
  12. ^ 佐々木琴子 (2013年7月16日). “あたちの名前はコトコです!!”. 乃木坂46 研究生 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  13. ^ “乃木坂46、2期生がファン1万人を前に初パフォーマンス”. ナタリー (ナターシャ). (2013年8月4日). http://natalie.mu/music/news/96463 2013年8月4日閲覧。 
  14. ^ “乃木坂46齋藤飛鳥らANNA SUIモデルに異例の抜てき 日本人は杏以来9年ぶり”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年7月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2056297/full/ 2015年7月21日閲覧。 
  15. ^ “乃木坂46から新たな専属モデル誕生! 北野日奈子「Zipper」で連載もスタート”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年12月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1550481 2015年12月17日閲覧。 
  16. ^ a b 加藤蛍 編「ひなコレクション VOL.1」 『Zipper』 2016年2月号、祥伝社、2015年12月22日、101頁。ASIN B016YNZ9UM 
  17. ^ “乃木坂・衛藤らが女子野球「マドンナジャパン」の公式サポーターに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160409-OHT1T50160.html 2016年4月9日閲覧。 
  18. ^ 真紀和泉 (2016年5月11日). “【エンタがビタミン♪】乃木坂46川後陽菜が選ぶ『アイスが似合う女ランキング』”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2016/05/nogizaka46-kagagohina-iceganiauranking-09.html 2016年5月11日閲覧。 
  19. ^ “乃木坂46新センターは齋藤飛鳥! 涙、涙…選抜メンバー16人発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月6日). http://mdpr.jp/news/detail/1589698 2016年7月3日閲覧。 
  20. ^ 【北野日奈子欠席のお知らせ】乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 大阪公演”. 乃木坂46公式サイト (2017年8月16日). 2022年2月28日閲覧。
  21. ^ 【北野日奈子 欠席のお知らせ】18thシングル「逃げ水」発売記念 個別握手会@パシフィコ横浜(2017.9.24)”. 乃木坂46公式サイト (2017年9月22日). 2022年2月28日閲覧。
  22. ^ 【北野日奈子 欠席のお知らせ】10月17日(火)開催「アンダーライブ全国ツアー2017 〜九州シリーズ〜 福岡公演」”. 乃木坂46公式サイト (2017年10月17日). 2022年2月28日閲覧。
  23. ^ “乃木坂46の北野日奈子、療養のため活動休止”. ナタリー (ナターシャ). (2017年11月16日). http://natalie.mu/music/news/257016 2017年11月16日閲覧。 
  24. ^ 北野日奈子 (2017年11月16日). “無題”. 乃木坂46 北野日奈子 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  25. ^ “北野日奈子4ヶ月ぶり姿、乃木坂46時間TVに生出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年3月24日). https://www.oricon.co.jp/article/427311/ 2018年3月25日閲覧。 
  26. ^ 伊藤かりん (2018年4月16日). “第351話 スカウトマン & 新しい世界”. 乃木坂46 伊藤かりん 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2018年4月16日閲覧。
  27. ^ 北野日奈子 (2018年4月18日). “ペットボトルの水”. 乃木坂46 北野日奈子 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  28. ^ “生駒里奈、卒業公演サプライズに感涙 NARUTO・両親らが手紙 AKB48曲も披露”. ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2109986/full/ 2018年4月22日閲覧。 
  29. ^ a b “「どっちのパフォーマンスも見たい…」2つの会場のファンを唸らせた乃木坂46の"シンクロライブ"”. AbemaTIMES. (2018年7月9日). https://times.abema.tv/articles/-/4515217 2021年10月12日閲覧。 
  30. ^ “乃木坂46北野日奈子、北欧で撮影した1st写真集「本当の今の私の姿が映し出されています」”. ナタリー (ナターシャ). (2018年11月9日). https://natalie.mu/music/news/307322 2018年11月9日閲覧。 
    “乃木坂46北野日奈子写真集「空気の色」明日発売、雪上ランジェリー撮影に達成感”. ナタリー (ナターシャ). (2018年12月26日). https://natalie.mu/music/news/307322 2018年12月27日閲覧。 
  31. ^ a b 乃木坂北野日奈子写真集が3度目の重版で7・2万部 - 乃木坂46 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. nikkansports. 2020年11月9日閲覧。
  32. ^ a b c “乃木坂北野日奈子の写真集タイトルが解禁 温泉につかった表紙カットも公開”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201290000002.html 2022年1月29日閲覧。 
  33. ^ 乃木坂46北野日奈子、3年ぶり写真集 水着・ランジェリー・念願のドレス姿も”. モデルプレス (2019年2月4日). 2022年1月26日閲覧。
  34. ^ “乃木坂北野日奈子が卒業発表 活動は4月いっぱいを予定、13年3月加入の2期生”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2022年1月31日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201310000839.html 2022年1月31日閲覧。 
  35. ^ 乃木坂46樋口日奈、卒業・北野日奈子との2ショット公開「エモい」「ダブル日奈尊い」の声”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ (2022年5月1日). 2022年5月2日閲覧。
  36. ^ "北野日奈子のブログクローズに関しまして". 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会. 2022年5月17日. 2022年6月26日閲覧
  37. ^ 特別付録 乃木坂46 アンダーメンバー 私立乃木坂アンダー学園 出席名簿」 『週刊ヤングジャンプ』 2015年4月23日号(NO.19)、集英社、2015年4月9日、4頁。ASIN B009CND5S0http://youngjump.jp/gravure/nogizaka46_2/photo/?p=2015_no19_2 
  38. ^ 乃木坂46ちょっと変わった「ひな祭り」グラビア挑戦”. ドワンゴジェイピーnews. 2021年2月27日閲覧。
  39. ^ a b c 「堀未央奈解説付き! 乃木坂46 2期生 2016 ブレイク予報」 『FLASHスペシャル グラビアBEST』 2016年新春号(FLASH増刊)、光文社、2015年12月25日、74頁。ASIN B0198OSLRW 
  40. ^ a b c d 「きいちゃんにQ&A」 『週刊少年チャンピオン』 2016年8月25日号、秋田書店、2016年8月4日。ASIN B01JPBXMKY 
  41. ^ 「乃木坂46 2期生 はじめましてのパーフェクト名鑑」 『週刊プレイボーイ』 2013年7月8日号(no.27)、集英社、2013年6月24日、56頁。ASIN B00DDUZR98 
  42. ^ a b 「乃木坂46メンバー名鑑◢39人」 『週刊プレイボーイ』 2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日。ASIN B00UAUUX8Y 
  43. ^ 北野日奈子 (2016年1月6日). “日奈子は決められな い! でもサイリウム カラーの黄緑×ピンクはもちろんすきだ よ! そしたら、好き なゼリーの味は?”. 乃木坂46 北野日奈子 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  44. ^ 林将勝 編「Let's Sweet Sweets Party 星野みなみ&北野日奈子」 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』 2016年12月30日号、集英社、2016年11月24日、127頁。ASIN B01M67T85Q 
  45. ^ 「夏の2期生の作り方 [乃木坂46 2期生]」 『OVERTURE』 No.007、徳間書店〈Town Mook〉、2016年6月18日、52-53頁。ISBN 978-4-19-710456-7 
  46. ^ 乃木坂美少女の秋 北野日奈子」 『FLASHスペシャル グラビアBEST』 2015年11月25日号、光文社、2015年10月23日。ASIN B016857HEChttp://smart-flash.jp/akbsp/nogizaka46/2057 
  47. ^ 北野日奈子 (2016年2月16日). “プレス”. 乃木坂46 北野日奈子 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  48. ^ 西廣智一 編「巻末スペシャルロングインタビュー 乃木坂46 北野日奈子 寺田蘭世」 『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』 vol.01、KADOKAWA、2016年4月2日、172頁。ISBN 978-4-04-731995-0 
  49. ^ NOGIHOLIC #17 北野日奈子」 『BUBKA』 2016年5月号、白夜書房、2016年3月31日。ASIN B01BCF8YN6http://bubkaweb.com/idol/archives/501 
  50. ^ 乃木坂46の秋グラビア特集 part3 乃木坂美少女の秋 ちょっとチカラ持ちなコケティッシュ・ガール 北野日奈子」 『FLASHスペシャル グラビアBEST』 2015年秋号、光文社、2015年10月23日https://news.dwango.jp/idol/12245-1510 
  51. ^ 北野日奈子 (2014年1月28日). “心がじんわり”. 乃木坂46 北野日奈子 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2022年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  52. ^ a b 宮田英一郎 編「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! Vol.45 やるなら今しかねぇ 北野日奈子」 『BUBKA』 2015年11月号、白夜書房、2015年9月30日。ASIN B013GWA4YUhttp://bubkaweb.com/idol/archives/423 
  53. ^ “乃木坂46“サンクエトワール”の歌声が聖夜に響く! フリーライブ&サイン会開催”. GirlsNews (レゾリューション). (2015年12月21日). https://girlsnews.tv/unit/258013 2015年12月21日閲覧。 
  54. ^ 堀未央奈 (2014年9月19日). “塩アイス”. 乃木坂46 堀未央奈 公式ブログ. 乃木坂LLC. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月28日閲覧。
  55. ^ a b “乃木坂46・白石麻衣、北野日奈子に“オトナっぽい下着”をプレゼント 下着姿を「見せてほしい」”. クランクイン! (ブロードメディア). (2020年4月28日). https://www.crank-in.net/news/76175/1 2020年5月30日閲覧。 
  56. ^ 北野日奈子 著「乃木坂46楽曲総選挙」、斉藤貴志 編 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』 2015年10月15日号(増刊号)、集英社、2015年9月17日、89頁。ASIN B01518F35W 
  57. ^ 「全メンバーに聞く「乃木坂46の好きな映像作品」表題曲MV/カップリングMV/個人&ペアPV」 『MdN EXTRA 乃木坂46 映像の世界』 Vol.3、エムディエヌコーポレーション〈インプレスムック〉、2015年10月15日、207頁。ISBN 978-4-8443-6529-7 
  58. ^ 筒井優太 編「乃木坂46楽曲MV総選挙」 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』 2016年12月30日号、集英社、2016年11月24日、92頁。ASIN B01M67T85Q 
  59. ^ “乃木坂46新曲で現役×OG初タッグ 白石・西野・生駒に市來&斎藤アナもコロナ感染拡大防止呼びかけ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年5月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2162850/full/ 2020年5月25日閲覧。 
  60. ^ ストーリー”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月22日). 2016年6月11日閲覧。
  61. ^ “Eテレで乃木坂46番組2本立て! 北野日奈子主演ドラマと“乃木坂文化祭””. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月11日). http://natalie.mu/music/news/209050 2016年11月11日閲覧。 
  62. ^ “齋藤飛鳥、白石麻衣ら10人主演のFODドラマ「乃木坂シネマズ」が地上波放送”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年1月13日). https://natalie.mu/eiga/news/362948 2020年1月14日閲覧。 
  63. ^ “乃木坂46、新ドラマ「乃木坂シネマズ STORY OF 46」発表 白石麻衣・齋藤飛鳥・松村沙友理らメンバー10人が主演”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1919838 2019年12月26日閲覧。 
  64. ^ "北野日奈子:「少年のアビス」でヒロインに 人気絶頂のアイドル役 本田望結、堀夏喜、松井玲奈らも出演". MANTANWEB. MANTAN. 2022年8月10日. 2022年8月10日閲覧
  65. ^ “乃木坂46川後、北野、能條、和田が英語学ぶ新番組! 会見で珍解答連発”. ナタリー (ナターシャ). (2015年4月30日). http://natalie.mu/music/news/145947 2015年4月30日閲覧。 
  66. ^ 乃木坂46えいご(のぎえいご)#26”. TBS CS[TBSチャンネル]. TBSテレビ. 2018年5月4日閲覧。
  67. ^ 北野日奈子、NHK Eテレ「趣味どきっ! 明日使える!お弁当大百科」第5回目より、レギュラー出演決定!”. 乃木坂46オフィシャルサイト. 乃木坂46LLC (2017年2月28日). 2022年2月28日閲覧。
  68. ^ 舞台 『じょしらく』モバイル会員最速先行受付スタート!”. 乃木坂46オフィシャルサイト (2015年4月12日). 2022年2月28日閲覧。
  69. ^ “乃木坂46舞台「じょしらく」出演15人決定! 主役は高山、万理華、中元”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月29日). http://natalie.mu/music/news/142383 2015年3月29日閲覧。 
  70. ^ 舞台 『じょしらく弐〜時かけそば〜』上演決定!”. 乃木坂46オフィシャルサイト (2016年4月4日). 2022年2月28日閲覧。
  71. ^ “笑いすぎて練習中断!? 乃木坂46が落語家になる「じょしらく弐」開幕”. ナタリー (ナターシャ). (2016年5月12日). http://natalie.mu/stage/news/186915 2021年5月24日閲覧。 
  72. ^ “乃木坂46・西野七瀬が「あさひなぐ」映画化で主演! 齋藤飛鳥は舞台版に主演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年2月22日). http://natalie.mu/eiga/news/221737 2017年2月22日閲覧。 
  73. ^ "元乃木坂北野日奈子が舞台「蒲田行進曲完結編」小夏役「舞台が終わった後の自分を楽しみに」". 日刊スポーツコム. 日刊スポーツNEWS. 2022年5月25日. 2022年5月25日閲覧
  74. ^ 野球大好き! 集まれ! 侍ジャパン#2 侍ジャパンに突撃!”. 楽天SHOWTIME. 楽天 (2014年12月24日). 2014年12月24日閲覧。
  75. ^ “乃木坂から世界へ! 齋藤飛鳥、北野日奈子、斉藤優里が「ANNA SUI」モデル”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年7月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150720-OHT1T50229.html 2015年7月21日閲覧。 
  76. ^ “TIF×Zipperステージにでんぱ組.inc、乃木坂46北野、アプガ新井ら出演決定”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月23日). http://natalie.mu/music/news/191897 2016年6月23日閲覧。 
  77. ^ “乃木坂46北野日奈子、TGCでプレッシャー跳ね除け堂々の初ランウェイ<TGC2016 A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月3日). https://mdpr.jp/news/detail/1611714 2016年9月3日閲覧。 
  78. ^ “白石麻衣・西野七瀬・齋藤飛鳥…乃木坂46、過去最多9人がモデルでランウェイ「GirlsAward 2016 A/W」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月21日). https://mdpr.jp/news/detail/1599792 2016年7月21日閲覧。 
  79. ^ “<ガルアワ>に乃木坂46、田口 淳之介の出演決定。秋元真夏はMCに挑戦”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年4月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000140522 2017年4月5日閲覧。 
  80. ^ “乃木坂46・北野日奈子が「もしフェス」に登場 これからは文学少女に?”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2016年11月26日). https://tokyopopline.com/archives/73166 2016年11月26日閲覧。 
  81. ^ "元乃木坂46北野日奈子:フレアワンピ×ハーフアップヘア フェミニンなオールホワイトコーデ". 毎日キレイ. MANTAN. 2022年6月3日. 2022年6月26日閲覧
  82. ^ "道産子・北野日奈子が再びサツコレへ 「Da―iCE」大野雄大、元NMB48白間美瑠の出演も決定". スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社. 2022年9月16日. 2022年9月18日閲覧
  83. ^ "堀未央奈:元「乃木坂46」同期の北野日奈子と「関コレ」に 同じステージにそろい踏み". MANTANWEB. MANTAN. 2022年8月5日. 2022年8月5日閲覧
  84. ^ 北野日奈子 著、藤本和典 編 『空気の色』幻冬舎、2018年12月27日、1-44頁。ISBN 978-4-344-03398-6 
  85. ^ “乃木坂46・北野日奈子、『Zipper』専属モデル決定 2期生としては初めての起用に”. Real Sound (blueprint). (2015年12月17日). https://realsound.jp/2015/12/post-5647.html 2016年6月17日閲覧。 

外部リンク[編集]