755 (アプリケーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
755(ナナゴーゴー)
開発元 (株)7gogo
初版 2014年2月
対応OS Android 2.1以降
Android Wear
iOS 6.0以降
対応言語 日本語
種別 インスタントメッセンジャー
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト 7gogo.jp
テンプレートを表示
株式会社7gogo
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0042
東京都渋谷区宇田川町40番1号
代表者 藤田 晋
資本金 700万円
純利益 ▲5000万円(2019年09月30日時点)[1]
総資産 600万円(2019年09月30日時点)[1]
決算期 9月末日
主要株主 サイバーエージェント
テンプレートを表示

755(ナナゴーゴー)とは、サイバーエージェントグループの株式会社7gogoが提供するスマートフォン向けアプリケーションソフトである。

概要[編集]

堀江貴文仮釈放後第一弾プロジェクト」として立ち上げられたもので[2][3]、サイバーエージェントと、堀江らが出資する株式会社SNS(現・インターステラテクノロジズ株式会社)が2013年6月3日に共同で設立した「株式会社7gogo」[4]により、2014年2月13日に提供を開始した[5]

参加者がさまざまなテーマで「トーク」を展開し、その「トーク」に対してほかの参加者が「やじうまコメント」(いわゆる「レス」)を付けたり、自分のトークに引用したりできる機能を備えている[5][6][7]。いわゆるインスタントメッセンジャーアプリまたはチャットアプリの一つに位置づけられるが、LINEをはじめとする従来のメッセンジャーアプリが1対1(または仲間同士)のクローズドなコミュニケーションを前提としているのに対し、755ではトークやコメントの内容はすべてオープンとされることが前提となっており[注 1]、サイバーエージェント代表取締役の藤田晋はサービス開始当初は「メディア的な側面の強いサービス」と考えていたと話し[5]、実際に使ってみての感想としては、位置づけを「Twitterブログの中間かな」と感じたという[7]

2014年6月以降、トークを開設できるユーザーアカウントをアメーバブログ開設者を中心とした著名人に集中的に展開したこと、さらには755アカウントを持つアイドルらを使い「芸能人・有名人の返信率92%以上」と謳ったテレビCMを2014年末から2015年始にかけて集中的に投下した影響もあって、この年末年始だけで約200万ダウンロードを達成し、累計ダウンロード数も250万ダウンロードを超えたという[7]。ちなみに、この「返信率92%以上」という数字は、“755を利用する著名人の92%がやじうまコメントに返信を行っている”という意味であって“92%のユーザーが自分宛の返信をもらえる”という意味ではないといい[6][7]、誤解を招くとしてこのキャッチコピーは後に撤回された[3]

上述のような形でユーザー数の拡大を図っていたが、今後の事業展開について、サイバーエージェントは2015年9月期第3四半期決算説明会での質疑応答の席で「芸能人・著名人に紐づくファンをベースにしたアプリだと成長拡大が見込めない」としており、今後は一般ユーザー同士での交流を前提とした形でサービスの方向性の転換を図る予定と説明している[7]

開発の経緯[編集]

藤田晋によると、証券取引法違反(ライブドア事件)で収監されていた堀江貴文が仮釈放された際に、堀江が藤田に「LINEのようなアプリをなぜ作らないのか」と持ちかけ[注 2]、その方向性を探る中で、藤田が見城徹幻冬舎社長)や秋元康ら6人でやっている「ハワイ会」というLINEグループでの見城のコメントが「やたらおもしろい」ということに着目し、「これにユーザーが『やじうま』のようにコメントをつけることができたら、それまでにない新しいサービスになるのではないか」との発想から本サービスの開発に至ったという[8]。また、堀江からも『Hotwired(現在のWIRED.jpの前身)にあった公開討論のようなサービスはどうか』という話を持ちかけられたのもサービスの方向性を定めるきっかけの一つとなっているという[5]

ちなみに、サービス名称の「755」とは、堀江が収監されていた長野刑務所での囚人番号[注 3]に由来している[6][7][8][2]。なお、SNSの株式を50%保有する堀江はファウンダーという立場であり、同時に7gogoには設立者の1人として参画したという。

CMキャラクター[編集]

関連書籍[編集]

  • 見城徹 『たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-』 双葉社、2015年3月18日。ISBN 978-4575308419 
    幻冬舎社長の見城による755上でのトークをまとめた書籍。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ このため、荒らし対策として、やじうまコメントにはトーク発信者が返信しない限りトーク画面に表示されない仕掛けや、やじうまコメントへの監視機能をアメーバブログ並みに強化しているという[7]
  2. ^ この当時、サイバーエージェントはメッセージサービス『DECOLINK』を既にリリースしていたが、思うように普及せず事業として失敗していた[5]
  3. ^ 囚人が刑務所内で名前の代わりに呼ばれる番号。

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社7gogo 第7期決算公告
  2. ^ a b “サイバーが新会社「7gogo」、堀江氏と著名人グループトークアプリ開発へ”. INTERNET Watch (インプレス). (2013年6月3日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130603_602044.html 2015年2月13日閲覧。 
  3. ^ a b “サイバーエージェント トークアプリ「755」について苦戦を認める 「現在、サービスを転換中」”. ねとらぼ (ITmedia). (2015年7月24日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1507/24/news143.html 2015年7月25日閲覧。 
  4. ^ 会社概要”. 2015年2月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e “藤田氏と堀江氏がタッグを組んだ「7gogo」いよいよ始動--スマホ向けにアプリを公開へ”. Cnet Japan. (2014年2月13日). http://japan.cnet.com/news/service/35043353/ 2015年3月29日閲覧。 
  6. ^ a b c “著名人と話せるアプリ「755」がCM効果で250万ダウンロードに―最大のライバルは「Ameba」”. TechCrunch. (2015年1月5日). http://jp.techcrunch.com/2015/01/05/201501057gogo/ 2015年3月29日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g “由来は「ホリエモンの囚人番号」 CM大量出稿で話題のトークアプリ「755」とは”. ITmedia. (2015年1月6日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/06/news069.html 2015年3月29日閲覧。 
  8. ^ a b “755社名「堀江さんの刑務所時代の番号から」藤田氏”. 朝日新聞. (2015年3月27日). http://www.asahi.com/articles/ASH3N4D1WH3NULFA00Z.html 2015年3月29日閲覧。 
  9. ^ “【動画】たかみながライブ中にアプリで“トーク””. ORICON STYLE. (2014年12月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2046033/full/ 2015年3月29日閲覧。 
  10. ^ “新世代トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」がAKB48とE-girlsを起用した 初のテレビCMを年末年始に放送” (プレスリリース), サイバーエージェント, (2014年12月16日), https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=9775&season=2014&category=app 2015年3月29日閲覧。 
  11. ^ “乃木坂46「755」新CMに登場!たかみなの食べ物投稿で役づくり?”. シネマトゥデイ. (2015年3月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0071537 2015年3月29日閲覧。 
  12. ^ “新世代トークアプリ「755(ナナゴーゴー)」が 三代目J Soul Brothersを起用した新テレビCMを3月28日(土)より放送開始 ~メンバー7名全員で755オフィシャルアカウントを開設~” (プレスリリース), サイバーエージェント, (2015年3月27日), https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=10254&season=2015&category=app 2015年3月29日閲覧。 

外部リンク[編集]