ザンビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ザンビ』(Zambi)は、乃木坂46欅坂46日向坂46(けやき坂46)[注 1]などが出演するメディアミックス作品である[2]。企画・原作は秋元康[要出典]

概要[編集]

2018年7月8日に明治神宮野球場秩父宮ラグビー場において開催された乃木坂46の『真夏の全国ツアー2018 〜6th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』で始動が発表されたプロジェクトで[2]、第1弾として同年11月に乃木坂46、欅坂46、けやき坂46(当時)のメンバー12人が出演した舞台が上演され[3]、その後も第2弾で乃木坂46メンバーが出演するドラマ[2]、第3弾で乃木坂46メンバー主演のスマートフォン向けゲーム[2]、第4弾として再び3グループのメンバーが出演する舞台が展開され[2]、第5弾ではホラーアトラクションが予定されている[4]。2019年3月には竹書房よりドラマの小説版も発売された。

テレビドラマ[編集]

ザンビ
ジャンル テレビドラマ
原作 秋元康
企画 秋元康
脚本 保坂大輔
高山直也
監督 大谷太郎
西村了
出演者 乃木坂46
太田莉菜
片桐仁
オープニング 乃木坂46「もうすぐ〜ザンビ伝説〜
エンディング スピッツ
製作
製作総指揮 市川浩崇
八木元
プロデューサー 植野浩之(企画兼)
佐藤俊之
山王丸和恵
伊藤裕史
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年1月24日 - 3月28日
放送時間 木曜0:59 - 1:29
(水曜日深夜)
放送分 30分
公式サイト

ザンビプロジェクト第2弾として乃木坂46メンバー出演の連続ドラマ『ザンビ』が2019年1月24日(23日深夜)から3月28日(27日深夜)まで日本テレビで放送[2]。第1話放送終了後からHuluで独占配信され[5]、第2話以降は一週間先行配信された[5]。また、Huluでは出演メンバーがドラマを見ながら撮影の舞台裏を語るビジュアルコメンタリーを、本編とあわせて毎話配信している[6]齋藤飛鳥はドラマ初主演となる[2]

ストーリー[編集]

ある日、修学旅行中のバスの故障で見知らぬ村に行きついた全寮制女子高校・フリージア学園の生徒たちは、村をさまよって見つけた廃屋で一夜を過ごす[7]。その夜、彼女たちはまどろみの中で不気味な音を聞く[7]。その後、フリージア学園には日常が戻ったかのように見えたが、生徒たちに次々と不思議な現象が起こりはじめる[7]

キャスト[8][編集]

山室 楓(やまむろ かえで)
演 - 齋藤飛鳥
主人公。フリージア学園2年生。クールで感情をあまり表に出さないが、何事も果敢に挑む強い心の持ち主。幼稚園の頃、両親を交通事故で亡くしている。亜須未とは幼馴染で心を許せる親友。残美の存在にいち早く気づく。残美の恐怖からフリージア学園と生徒たちを救おうと決意する。第8話で、守口に襲われて桶の中に入れられるも、実乃梨に助けられる。最終話では大量の残美に追い詰められるも、ガス爆発を引き起こして窮地を脱する。最終的に学園でただ一人の生存者となる。
諸積 実乃梨(もろづみ みのり)
演 - 堀未央奈
フリージア学園2年生。成績優秀な学級委員長で、楓とはフリージア学園に通うクラスメイトで互いに認め合う仲。楓や聖のよき相談相手。第8話で、ボイラー室から聞こえる声を頼りに、に入れられた楓を救出したが、第9話で脇腹あたりから血を流し、倒れてしまう。最終話のラストシーン時点では残美に噛まれており、楓を救うため、自ら屋上から飛び降りて生命を絶った。
甲斐 聖(かい ひじり)
演 - 与田祐希
フリージア学園2年生。オカルト好きで霊感が強いが、お化けは大嫌い。高所恐怖症。人見知りで友達が少なくクラスでは浮いた存在。残美の一件以降、楓や実乃梨と行動を共にする。監視カメラの映像システムにハッキングしたりするなど、パソコンにも詳しい。残美の呪いが広がり、何度も心が折れかけるが、楓や実乃梨の言葉で自身を取り戻している。第9話で武装集団に拉致されて掃除道具入れに入れられる。途中でやって来た残美に襲われかけるが、何とか襲われずに済んだ。第9話終盤でザンビにされたあずさ達に追いかけられた後、最終話で残美になってしまうが、ラストの調理室の大爆発から、楓を身を呈して守った。
西条 亜須未(さいじょう あすみ)
演 - 秋元真夏
フリージア学園2年生。写真部部長で、社交的で明るく好奇心旺盛。楓の幼馴染で、どこか影のある楓をいつも気にかけている。残美の封印に使われていた風車を持ち出してしまう。フリージア学園に戻ったその夜、突如回り出した風車を手に取った隙に老婆(美しい女)の残美に噛まれ、残美化。第2話で夜に残美となって、女子生徒を襲っているが、第4話の詩織の証言から、鈴音も襲っていることが判明。最終話でも登場し、神人に変わり果てた姿を見せた。
秋吉 凛(あきよし りん)
演 - 星野みなみ
フリージア学園2年生。吹奏楽部所属、天真爛漫で天然な性格。クラスのムードメーカーで瀬奈とは親友同士。第5話で残美化し、瀬奈との約束を無視して突然消えてしまう。トイレの天井裏に潜んで、楓たちと探しに来た瀬奈を襲った。第7話では、残美となった瀬奈とともに楓ら4人を襲撃するが、2人とも守口に消火器で反撃され、後退していった。
榊 瀬奈(さかき せな)
演 - 寺田蘭世
フリージア学園2年生。テニス部の主将、男勝りな性格で負けず嫌い。クラスに馴染むきっかけを作ってくれた凛に感謝している。第5話で楓たちに、行方不明となった凛を一緒に探してくれるよう相談する。音楽室横のトイレの天井裏で凛を見つけたが、残美になっていた凛に襲われてしまった。第7話で、凛とともに楓たちと守口を襲う。
金村 優衣(かねむら ゆい)
演 - 山下美月
フリージア学園2年生。同級生たちを見下すいじめグループのリーダー。気が強く思っていることはすぐ口にする。何でもできる万能人間が故に、1番になれないことを恐れ、物事に本気で取り組まなくなった。第4話で、シャワールームでシャワーを浴びていたところを何者かに襲われ、残美になってしまう。その後、廊下で詩織を襲う。
花村 穂花(はなむら ほのか)
演 - 久保史緒里
フリージア学園2年生。美術部所属、成績優秀で真面目だが喘息持ちで体が弱い。親友の柚月には心を許している。第6話で、喘息の発作を起こし、薬をとって来ようと、柚月とともに家庭科室を出るが、残美集団の襲撃に見舞われ、集団へ攻撃しようとする柚月を思わず押し倒してしまい、犠牲にしてしまう。ややパニック状態でその場を離れて部屋に向かう道中で、宮川先生に助けを求めたが、先生も残美化していた為、先生に襲われて彼女も残美になってしまった。第8話で、教室の窓の外から壁伝いに逃げる実乃梨と聖を見つけ、彼女も壁を伝って襲いかかるが、実乃梨がスプレーで反撃、バランスを崩して下へ転落した。
先川 柚月(さきかわ ゆづき)
演 - 大園桃子
フリージア学園2年生。吹奏楽部所属、体の弱い穂花といつも一緒にいる。積極的に前に出るタイプではないが、面倒くさがることも率先してやる真面目な性格。先述の通り、第6話で穂花に押し倒され、残美集団に噛まれて残美化してしまった。
佐倉 鈴音(さくら すずね)
演 - 渡辺みり愛
フリージア学園2年生。漫画研究会に所属、内気で優しい性格だが優衣たちのグループからいじめを受けている。第3話で、いじめを受けていた鈴音をかばった楓が部屋にやって来て、お茶をついでいる際に残美となって暴走、駆けつけた実乃梨と聖ら3人に襲いかかった。第4話の詩織の証言で、亜須未に噛まれて残美化したことが判明。
五十嵐 麗奈(いがらし れいな)
演 - 伊藤純奈
フリージア学園2年生。上杉砂羽と仲が良く、根は優しい性格。聖とも親しい仲だが、楓や実乃梨と行動するようになってから寂しさを感じているようで、聖のノートに落書きするなど、きつく当たってしまう。第6話で、後からやって来た聖を、残美と疑って入れたくない砂羽をどうにか説得する。しかし、残美探しの最中に、聖と砂羽が取っ組み合いになった際に残美となって暴走、砂羽に噛みついて襲う。
美しい女(うつくしいおんな)[注 2]
演 - 新内眞衣
今からおよそ100年前に、はじめて残美となった女で、いわば残美伝説の始まりの女。村に住む他の女が恐れるほどの美しさを持っていた。昔、残美村に移り住み、地主の男と結婚し子をもうけたが、別の男の間に出来た子なのではないかと、夫や村人たちに疑いをかけられ、木桶に子供とともに生き埋めにされてしまう。子供の亡骸を食べて何とか命をつないでいたが、村の人間への憎悪や怒りから、復讐の感情が増幅し、遂に残美となって土底の桶から甦り、村人を襲う。しかし霊媒師によって丸鏡と5つの風車により、女ごと残美の呪いは封印、楓が封印を解くまで、呪いが広がることもなく平穏な日々が続いた。
藤崎 麻里奈(ふじさき まりな)
演 - 鈴木絢音
フリージア学園1年生。正義感が強い、実乃梨の生徒会の後輩。第9話で、弥生などの他の1年生と倉庫に隠れていた。実乃梨に、「楓を殺せば倉庫の中に入れる」条件を出す。実乃梨は拒否し、麻里奈は倉庫にそのままいることにしたが、弥生が扉を開けてしまったので、実乃梨に助けるよう手を伸ばすも僅かな差で叶わず、襲われてしまった。
木内 加奈(きうち かな)
演 - 梅澤美波
フリージア学園2年生。クラスのカースト上位で優衣に従ういじめグループ。行動力があり、生真面目で負けず嫌いな性格。第6話で、恭子とともに家庭科室に逃げ込む。第9話のあずさの発言から、残美化したことが判明。
本多 恭子(ほんだ きょうこ)
演 - 吉田綾乃クリスティー
フリージア学園2年生。帰国子女。クラスのカースト上位で優衣に従ういじめグループ。自由奔放な性格で感情のままに行動する楽天家。第6話で、加奈とともに家庭科室に逃げ込む。第9話のあずさの発言から、残美化したことが判明。
関 あずさ(せき あずさ)
演 - 佐藤楓
フリージア学園2年生。クラスのカースト上位で優衣に従ういじめグループ。流されやすい性格のため優衣たちに合わせているが、本当はマジメで優しい性格の持ち主。武装集団の一員。聖を拉致して見張っていたが、残美集団の襲撃に遭い残美化してしまった。
一条 詩織(いちじょう しおり)
演 - 伊藤理々杏
フリージア学園2年生。合唱部所属、大人しい性格で何事も人に譲る癖のあるお人好し。亜須未が残美となり、鈴音を襲っているところを目撃した。それを楓に伝えた夜、部屋へ帰ろうと廊下を1人で歩いていたところを優衣に襲われ、残美化。
内藤 恵美(ないとう めぐみ)
演 - 岩本蓮加
フリージア学園1年生。誰にでも可愛がられる性格。残美から身を隠していたが、楓たちが見つけたときにはすでに残美になっており、守口を圧倒するほどの力で襲いかかった。
庄司 美緒(しょうじ みお)
演 - 向井葉月
フリージア学園2年生。剣道部主将で竹を割ったような一本気な性格。武装集団の一員。集団で聖を拉致した際に残美の襲撃に遭い、逃れるべく窓から飛び降りるが、足が曲がり歩けなくなってしまったところを、別の残美集団に噛まれてしまった。
小島 弥生(こじま やよい)
演 - 阪口珠美
フリージア学園1年生。漫画研究会の部員で美琴の親友。第6話で、美琴とともに残美集団から逃げていたが、途中で離れ離れになってしまう。第9話で他の1年生と倉庫に逃げ込み、残美の侵入を防ぐ為に鍵をかけていたが、残美の牟礼の中に美琴の姿を見つけて扉を開けてしまい、麻里奈を含む1年生を襲わせるきっかけを作ってしまった。
椎名 美琴(しいな みこと)
演 - 中村麗乃
フリージア学園1年生。漫画研究会の部員。弥生の親友で、いじめを受けているせいなのか、2次元で生きている。弥生と二人の世界観は相手を寄せ付けない。第6話冒頭まで弥生と離れ離れになってしまう。第9話に残美の姿(すでに神人化)で、弥生が逃げ込んだ倉庫の扉にへばりつく。尚、小説版では(ドラマ版の第2話ラストシーンにあたる)夜の教室で亜須未が襲っていた生徒が美琴とされているが、ドラマ版では亜須未が襲っているのは別の生徒である。(顔がはっきり映っており美琴ではないことが分かる)
上杉 砂羽(うえすぎ さわ)
演 - 湯川玲菜 (劇団4ドル50セント)
第5・6話で登場。
フリージア学園2年生で、麗奈の親友。聖のことは、残美の一件以降、よく思っていない様子。第6話で麗奈とともに家庭科室に逃げ込み、一人ずつ残美かどうかを確認するために顔をスマートフォンのカメラに写すが、聖を写そうとしたところで電池切れになり、不敵な笑みを浮かべた聖を疑い、取っ組み合いになる。しかし、残美になっていた麗奈に、首を噛まれて襲われてしまった。
倉田 佑里恵 (くらた ゆりえ)
演 - 田中真琴
フリージア学園の生徒(学年不詳)。武装集団の一員。楓が残美の封印を解いたことを聞きつけ、呪いを終わらせる目的で楓、傍にいた実乃梨までも殺そうとする。しかし実乃梨と交錯して階段から落ちた際に、ナイフが胸に刺さってしまった。
山中 莉子 (やまなか りこ)
演 - 松川星
フリージア学園の生徒。武装集団のメンバー。
宮川 愛(みやがわ あい)
演 - 太田莉菜
フリージア学園で教鞭をとる英語教師で、楓たちのクラスの担任。残美の一件以降、当初は本当に楓を心配しているかのようだったが、日を追うごとに意味深な言葉を言いながら楓に接近するなどおかしな言動が目立つようになり、学園がザンビパニックとなった当日のホームルームでは残美となった生徒の欠席理由を「家庭の事情」と言い続けるなど、明らかに様子がおかしくなっていた。それもそのはず残美になっており、第6話で穂花を襲い残美化させた上、第7話で残美の行く末である神人に覚醒して楓たちを襲い、第8話でも守口の背後から襲いかかった。
守口 琢磨(もりぐち たくま)
演 - 片桐仁
楓が出会った、残美を調べている記者。最初はちょっとした興味で、地図に載っていない村=残美村を調べ始めた。残美について多くの知識を持ち、第7話では、楓たちを宮川先生の襲撃から救い、彼女らをサポートする。しかし彼がフリージア学園に来た本当の目的は、残美になった自分の娘を救う為、残美の呪いを封印することであり、そのために楓を生け贄に封印の儀式を行おうとしていた。ボイラー室に連れ込むことに成功し、槍を突いて楓を殺す間近というところで、楓の声を聞きつけた実乃梨に邪魔される。怒った守口は2人を襲うが、背後から宮川先生の襲撃に見舞われる。最期は楓もろとも残美にさせようと脛をつかむも実乃梨に振り払われ、惨めにも断末魔をあげて残美化するのだった。

スタッフ[編集]

  • 企画・原作:秋元康
  • 脚本:保坂大輔、高山直也
  • 音楽:ゲイリー芦屋
  • 制作:市川浩崇、八木元
  • 企画プロデュース:植野浩之
  • プロデューサー:佐藤俊之、山王丸和恵、伊藤裕史
  • 監督:大谷太郎、西村了
  • 制作プロダクション:AXON
  • 特別協力:Y&N Brothers
  • 協力:乃木坂46合同会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 企画制作:日本テレビ
  • 制作協力:アバンズゲート
  • 製作著作:「ザンビ」製作委員会

ネット局・ネット配信[編集]

放送局

放送地域 放送局 系列 放映期間 放送曜日・放送時間[10] 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 2019年1月24日 - 3月28日 木曜日 0:59 - 1:29(水曜日深夜) 制作局
宮城県 ミヤギテレビ 2019年2月1日 - 金曜日 0:59 - 1:29(木曜日深夜) 遅れネット

インターネット配信

配信サイト 配信期間 更新日時 備考
Hulu[5] 2019年1月24日 -
(第1・2話 - )[5]
地上波放送終了直後 日本テレビより先行配信

舞台[編集]

舞台「ザンビ」[編集]

ザンビプロジェクトの第1弾として乃木坂46、欅坂46、けやき坂46(現日向坂46)の「3坂道」が史上初競演となる『舞台「ザンビ」』が2018年11月16日から25日までTOKYO DOME CITY HALLで上演された[2]。各グループ4名ずつの計12名が出演し、6名ずつに分かれてTEAM"RED"とTEAM"BLUE"の2チームによって上演された[3]

演出[編集]

「体感型舞台」をコンセプトとしており、座席は通常の座席のほかに、ザンビスペシャルシートが販売された。ザンビスペシャルシートはメイン舞台の手前の長方形上に設置された花道の内部に位置しており、舞台の世界に入り込んだ臨場感を味わうことができ、濡れたり汚れたりを覚悟したうえで購入するようアナウンスされていた。また、開演直前には映像が流され、軍隊風の人物に命令された主要キャストたちが、ザンビスペシャルシートの購入者を「共に参戦する者」として名前を読み上げる演出がなされた。

キャスト・スタッフ[編集]

キャスト (ダブルキャストは左がRED、右がBLUE)

スタッフ

  • 脚本:高山直也
  • 演出:児玉明子

関連商品[編集]

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 封入特典  映像
2019年5月31日 舞台ザンビ
DVD-BOX
vap VPBF-15860 舞台「ザンビ」キャストサイン入りチェキ抽選応募ハガキ ブックレット 本編Disc2枚(TEAM“RED”/ TEAM“BLUE”)+特典Disc1枚
三方背+デジパック メイキング映像 座談会
舞台ザンビ
Blu-ray BOX
vap VPXF-75948

ザンビ〜Theater's end〜[編集]

ザンビプロジェクト第4弾として、舞台『ザンビ〜Theater's end〜』が2019年2月7日から17日まで天王洲 銀河劇場で上演される[11]。第1弾同様、三坂道のメンバーが再び共演[11]。TEAM "BLACK"、TEAM "YELLOW"、TEAM "GREENの"3チームに分かれ、同じグループのメンバーが各チームで同じ役を演じるトリプルキャストでの上演となる[11]

キャスト・スタッフ[編集]

キャスト (トリプルキャストは左から順にBLACK、YELLOW、GREEN)

スタッフ

  • 企画・原作:秋元康
  • 脚本・演出:赤澤ムック
  • プロデュース:植野浩之、松田誠

ゲーム[編集]

乙女神楽 〜ザンビへの鎮魂歌〜
ジャンル ドラマチックRPG
対応機種 iOSAndroid
運営元 gumi
ライセンス zambi project、乃木坂46LLC、Seed&Flower LLC、Y&N Brothers Inc.、2018 gumi Inc.
人数 1人
運営開始日 日本の旗:2019年5月15日
利用料金 基本無料(アイテム課金
その他 公式サイト
テンプレートを表示

ザンビプロジェクト第3弾として、乃木坂46メンバー主演のスマートフォン向けRPG『乙女神楽 〜ザンビへの鎮魂歌〜』が2019年5月15日に配信された[12]。配信元はgumi[12]

ストーリー[編集]

ザンビの恐怖はフリージア学園から東京全体へと瞬く間に広がり、国は壁を建設して、未だ残っていた生存者たちと共に首都東京の23区を物理的に封鎖した[13]。月日は流れ、無法地帯となった壁の中で生き抜いていた山室楓と出会った主人公は、彼女の秘められた不思議な能力を知ることになる[13]。それは「絆」がある相手をザンビから人に引き戻す、少女達による「歌」に込められた「祈り」の力だった[13]。これは、後に東京中で「救世主」と呼ばれる少女達、「フリ-ジア乙女神楽団」の物語となる[13]

ホラーアトラクション[編集]

ザンビプロジェクト第5弾として、「リアル脱出ゲーム」のSCRAPとお化け屋敷プロデューサーの五味弘文が制作に参加する新感覚のマルチエンディング型ホラーアトラクション「ザンビ THE ROOM 最後の選択」が2019年7月31日から8月11日まで渋谷ヒカリエ ヒカリエホールで開催予定[4]。山室楓役の齋藤飛鳥が映像出演するほか、乃木坂46、欅坂46、日向坂46のメンバーが「プレショー」に日替わりで登場予定[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日向坂46は、第4弾の舞台『ザンビ〜Theater's end〜』上演期間中である2019年2月11日に「けやき坂46」からグループ名を改名しており[1]、第1弾の舞台「ザンビ」にはけやき坂46名義で出演した。
  2. ^ ゲーム公式サイトの「登場キャラクター」欄の新内の役名は「神楽もみじ」となっているが[9]、ドラマで新内が演じた「美しい女」との関連性は現在のところ不明。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月11日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902110000444.html 2019年2月13日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h “乃木坂46 秋元真夏、『ザンビ』撮影中は大園桃子の“なまり”に困惑?「だいたい合ってないんです」”. RealSound (blueprint). (2019年1月13日). https://realsound.jp/2019/01/post-305337_1.html 2019年1月17日閲覧。 
  3. ^ a b “3坂道・競演の舞台『ザンビ』追加キャスト&チーム発表”. Musicman-net (エフ・ビー・コミュニケーション). (2018年10月1日). https://www.musicman-net.com/artist/79725 2019年1月17日閲覧。 
  4. ^ a b c “乃木坂×欅坂×日向坂『ザンビ』第5弾はお化け屋敷企画 メンバー登場も”. CINERA.NET (CINERA). (2019年5月28日). https://www.cinra.net/news/20190528-zambiroom 2019年6月1日閲覧。 
  5. ^ a b c d “「乃木坂46・齋藤飛鳥の瞳から涙が ドラマ『ザンビ』メインビジュアル&主題歌情報を公開”. SPICE (イープラス). (2019年1月17日). https://spice.eplus.jp/articles/224324 2019年2月13日閲覧。 
  6. ^ “「ザンビ」第3話 ビジュアルコメンタリー”. Hulu (HJ). (2019年1月31日). https://www.happyon.jp/watch/100030121 2019年2月13日閲覧。 
  7. ^ a b c “イントロダクション”. Hulu (日本テレビ). https://www.ntv.co.jp/zambi/intro/ 2019年3月14日閲覧。 
  8. ^ “登場人物”. Hulu (日本テレビ). https://www.ntv.co.jp/zambi/character/ 2019年3月20日閲覧。 
  9. ^ “登場キャラクター”. 乙女神楽〜ザンビへの鎮魂歌〜. https://www.otome-kagura.com/ 2019年3月14日閲覧。 
  10. ^ “ザンビ”. ザテレビジョン (KADOKAWA). https://thetv.jp/program/0000950220/ 2019年2月13日閲覧。 
  11. ^ a b c “「ザンビ」プロジェクト第4弾、舞台『ザンビ〜Theater's end〜』の上演が決定 三坂道が再び共演する”. SPICE (イープラス). (2018年12月27日). https://spice.eplus.jp/articles/222461 2019年1月17日閲覧。 
  12. ^ a b “乃木坂46の新作アプリ、新たなキービジュアル公開!”. GameWith (GameWith). (2019年1月15日). https://gamewith.jp/gamedb/article/game/show/4442/4491?from=ios 2019年1月17日閲覧。 
  13. ^ a b c d “乃木坂46キャスト出演アプリ『乙女神楽 ~ザンビへの鎮魂歌(レクイエム)~』累計100万ダウンロード突破!記念キャンペーン実施中!”. PR TIMES (PR TIMES). (2019年5月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000042656.html 2019年6月2日閲覧。 

外部リンク[編集]