能條愛未

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のうじょう あみ
能條 愛未
別名義 麻生 梨里子
生年月日 (1994-10-18) 1994年10月18日(24歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県
身長 162 cm
血液型 A型
職業 舞台女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 乃木坂46合同会社
主な作品
映画
死の実況中継 劇場版
舞台
少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜
備考
青春女子学園メンバー
(2010年 - 2011年)
乃木坂46メンバー
(2011年 - 2018年)
テンプレートを表示

能條 愛未(のうじょう あみ、1994年10月18日 - )は日本舞台女優であり、女性アイドルグループ乃木坂46[1]青春女子学園の元メンバーである[2]神奈川県出身[3]乃木坂46合同会社所属[4]。身長162 cm[注 1]。血液型はA型[3]

略歴[編集]

3歳の時、ミュージカル版『美少女戦士セーラームーン』を観て「ちびうさみたいになりたい!」と言ったのがきっかけで[7]、小学生になる前から女優を目指し[8]、母親がバレエ、ダンス、歌、演技を習わせた[7]。小学生時代、すべての時間を習い事に費やし[8]、レッスン漬けの日々を送った[7]。小学5年生の時、舞台『アニー』のオーディションを受験したが二次審査で落選した[8]。しかし、この経験で自信がついた[8]

中学3年生の時、1年で3作品の舞台に出演し、主役を演じた[7]。その頃から「麻生梨里子」の芸名でミュージカルに出演し[9]青春女子学園のメンバーとして活動した[2]。当時所属していた芸能事務所の本社は九州にあったため、福岡県でのライブ活動にはあまり参加できなかったが、センターを任されていた[8]。後に『ミスセブンティーン2010』の上位候補者[10]、『ミスマガジン2011』のベスト15に選ばれ[11]、『もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!』でテレビドラマに初のレギュラー出演をした[12]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではアンジェラ・アキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」を歌った[13]。オーディションは知人の勧めで応募した[14]。合格後、演技や舞台の経験は生かされないかもしれないが、夢である女優に近づけると信じて加入した[7]。2011年9月22日、乃木坂46は本名での活動を原則とするため、麻生梨里子ではなく能條愛未の名で活動することを発表した[15]

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした[16]

2014年4月19日、映画『死の実況中継 劇場版』で初の主演を務めた[17]

2015年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[18]

2016年1月5日から11日、『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~』に戸倉ミサキ役で出演[19]。同年9月17日、ウェブサイト「シネマズ松竹」で「能條愛未の週刊乃木坂映画」を配信開始[20]

2017年4月1日から9日、『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~ リンクジョーカー編』に前作に引き続き戸倉ミサキ役で出演[21][22]。同年4月28日から5月1日、『堀内夜あけの会「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」』にナターシャ、きの子役で出演[23][24]

2018年3月8日から18日、『ミュージカル「少女革命ウテナ~白き薔薇のつぼみ~」』に天上ウテナ役で出演して初座長を務める[25][26]。同年6月と9月に行われた『乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』にセーラージュピター/木野まこと役で出演した。

2018年10月5日、乃木坂46アンダーライブ北海道シリーズ公演で、年内でグループから卒業することを発表[27]。12月15日、乃木坂46を卒業した[28]

2018年12月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された[29]

人物[編集]

愛称は、あみあみ[30]、ジョーさん[8]。将来の夢は女優[31]。3歳の時に初めて観た『ピーターパン』のミュージカルを主演した笹本玲奈(当時13歳)に憧れて芸能界を目指し始めた[32]。2013年4月18日、朝日新聞社の『乃木坂と、まなぶ』で笹本にインタビューした際[33]、感動で涙が込み上げてきそうになった[32]。『死の実況中継 劇場版』の映画で初主演が決定した際はドッキリだと思った[34]

高校1年生の時、PASSPO☆の玉井杏奈・増井みおと同じクラス[35]。また、元アイドリング!!!朝日奈央は友人で[36]滝口ミラとは2010年から2011年にかけてミュージカル『アリス〜不思議の国の物語〜』で共演した[37]。乃木坂46の同僚・衛藤美彩はグループ発足前から『ミスマガジン2011』や『もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!』で共演しており[38]、その他、青春女子学園時代でも同僚だった川後陽菜、小学生の時に市民ミュージカルで共演した安藤美雲などの共演者もいる[39]

嗜好[編集]

好きな食べ物はカニ、いちご、グミ[40]、しゃぶしゃぶ、オムライス[41]。好きな女優は菅野美穂[42]、元宝塚歌劇団紫吹淳の男役も大好き[43]。好きな言葉は「卵を割らなければオムレツは作れない」[44]。好きなスポーツはバドミントン、バスケットボール[41]。好きな動物は猫[41]。読んだことのある本は、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』[45]。観たことのある映画は『恋空[注 2]、『リリイ・シュシュのすべて[注 3]、『ヒミズ[46]

特技[編集]

特技はウサギの物真似[47]。その他、ミュージカル『アニー』のオーディションを受ける子役[48]芦田愛菜倖田來未コロッケの物真似ができる[7]。習い事としてタップダンス、クラシックバレエ、ジャズダンスの経験がある[49]

乃木坂46[編集]

乃木坂46の乃木團のボーカル[50]

乃木坂46の齋藤飛鳥斎藤ちはる・能條愛未の3名で能條(Nojyo)の「N」に由来する「チームN」を結成している[51]。乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「制服のマネキン」、「ひとりよがり」、「欲望のリインカーネーション[52]

作品[編集]

シングル[編集]

乃木坂46

こじ坂46

アルバム[編集]

乃木坂46

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 身長は2012年時点で164cm[5]、2013年時点で163cm[1]、2018年時点で162cm[6]
  2. ^ 映画『恋空』は、中学1年生の時、新垣結衣が好きだったから観た[46]
  3. ^ 映画『リリイ・シュシュのすべて』は、伊藤万理華から紹介された[46]

出典[編集]

  1. ^ a b 川しまゆうこ、辰巳ちえ、大江麻貴、東島あい「INTERVIEW」『乃木坂派』双葉社、2013年10月22日、158頁。ISBN 978-4-575-30587-6
  2. ^ a b “AKB48の公式ライバル、乃木坂46のメンバー決定! 元ももクロ柏らも参加”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2011年8月22日). http://tower.jp/article/news/2011/08/22/81488 2013年4月12日閲覧。 
  3. ^ a b CM NOW』VOL.155、玄光社、2012年3月4日、2012年3月4日号、55頁。ASIN B006WP6EEI
  4. ^ 能條愛未|乃木坂46合同会社所属 タレント一覧”. 乃木坂46合同会社. 2019年9月21日閲覧。
  5. ^ 『もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!』II、バップ、2012年3月21日、Blu-ray BOX。ASIN B0073WFGQQ
  6. ^ 能條 愛未”. メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 「能條愛未-モノマネで旋風を起こすもあくまで目指す目標は女優」『日経エンタテインメント! アイドル Special 2015』大貫真之介、日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、64-65頁。ISBN 978-4-8222-7597-6
  8. ^ a b c d e f 篠本634「乃木坂46物語 Another Story 「アンダーライブ前夜〜夜明け前の闇の中で〜」」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、54-55頁。ASIN B01518F35W
  9. ^ 麻生 梨里子 公式サイト 九州最大のタレント&モデル・プロダクション「ノーメイク」”. ノーメイク. 2010年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月31日閲覧。
  10. ^ “乃木坂46能條愛未 初主演作舞台挨拶でファンから「違う!」の声! 伊藤寧々怖さにガチ泣き”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2014年4月12日). http://newslounge.net/archives/123394 2014年4月12日閲覧。 
  11. ^ ミスマガジン2011 BEST15 麻生梨里子”. ミスマガジン. 講談社 (2011年5月16日). 2011年5月16日閲覧。[リンク切れ]
  12. ^ “ミスマガドラマ「もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!」が10月13日より放送開始”. GirlsNews (レゾリューション). (2011年8月31日). https://www.girlsnews.tv/dvd/27209 2011年8月31日閲覧。 
  13. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート(3)【合格者一覧(後半)〜会見】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月28日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_03.htm 2013年3月31日閲覧。 
  14. ^ 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日。ASIN B006NSVZUW
  15. ^ メンバーに関するお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2011年9月22日). 2012年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  16. ^ 乃木坂46『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年2月22日。SRCL-7904/5。ASIN B006P3MPPO
  17. ^ “乃木坂46能條愛未、中田花奈、伊藤寧々がホラー映画主演”. ナタリー (ナターシャ). (2014年3月1日). http://natalie.mu/music/news/110975 2014年3月5日閲覧。 
  18. ^ “乃木坂46“華の94年組”が成人式で誓い「引っ張っていきます!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月10日). http://natalie.mu/music/news/135919 2016年1月10日閲覧。 
  19. ^ ヴァンガードが舞台化決定!! 舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~、「カードファイト!! ヴァンガード」 公式ポータルサイト
  20. ^ a b “乃木坂46、能條愛未が映画を見始めた“きっかけ””. 乃木坂週刊映画 (シネマズ松竹). (2016年9月17日). https://cinema.ne.jp/nogizaka/eiga2016091707/ 2017年10月21日閲覧。 
  21. ^ “「カードファイト!! ヴァンガード」新作に染谷俊之、能條愛未、柴小聖が続投”. ナタリー (ナターシャ). (2016年6月30日). http://natalie.mu/stage/news/192815 2016年9月17日閲覧。 
  22. ^ 舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~ リンクジョーカー編 ネルケプランニング
  23. ^ 堀内健が下北沢を“ファンタジア”に「堀内夜あけの会」乃木坂46能條愛未ら出演、ステージナタリー
  24. ^ 堀内夜あけの会「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」、ワタナベエンターテインメント
  25. ^ ウテナ役に乃木坂46能條愛未 殺陣&座長に初挑戦<少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜>、モデルプレス
  26. ^ ミュージカル「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」.ミュージカル「少女革命ウテナ」公式サイト
  27. ^ “乃木坂の能條愛未が卒業発表、西野ら黄金世代の1人”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年10月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201810050000844.html 2018年10月5日閲覧。 
  28. ^ “乃木坂46・能條愛未、12・15卒業を発表「自分がやれる事はやりきったと思えた」”. ORICON NEWS (oricin ME). (2018年10月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2120967/full/ 2018年10月5日閲覧。 
  29. ^ 【お知らせ】川後陽菜、能條愛未、若月佑美のブログクローズに関しまして”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2018年11月28日). 2019年1月1日閲覧。
  30. ^ 能條 愛未(のうじょう あみ) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月11日). 2013年3月11日閲覧。
  31. ^ 能條愛未 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/47/12/ 2011年11月2日閲覧。 
  32. ^ a b 能條愛未 (2013年4月19日). “「能條の日常」忘れられぬ日になった。神様ありがとうカムスハムニダ。”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  33. ^ (乃木坂が聞く!)笹本玲奈さん、舞台で輝くためには?”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年4月26日). 2013年5月25日閲覧。
  34. ^ 能條愛未 (2014年4月26日). 映画初主演記念・乃木坂46能條愛未インタビュー「私が主演って絶対にドッキリだと思ってました」. インタビュアー:日刊SPA! 編集部. 日刊SPA!.. http://nikkan-spa.jp/630359 2014年4月26日閲覧。 
  35. ^ 能條愛未 (2013年4月10日). “「能條の日常」告知っす。先輩。明日は...??”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  36. ^ 能條愛未 (2012年12月17日). “『能條の日常』いまから乃木どこ。見るね。夜ご飯はソーメンだったよ (๑╹∀╹๑)えへ。今日放送の乃木どこは、能條がヒーローに見えるはずだよ。”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  37. ^ a b c alice”. 郡司企画・アプローズ. 2013年3月31日閲覧。
  38. ^ a b キャスト/スタッフ”. ミスマガジン出演ドラマ「もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!」. 名古屋テレビ. 2013年3月16日閲覧。
  39. ^ 能條愛未 (2013年4月30日). “「能條の日常」横浜個別握手会!! そして大好きなみくもへ。”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  40. ^ 林将勝、関根弘康、榛村季溶子「乃木坂46メンバー名鑑⊿39人」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、3-4頁。ASIN B00UAUUX8Y
  41. ^ a b c 「乃木坂46 美女散歩 Vol.4」『Samurai ELO』2016年6月号、ANDRE、三栄書房、2016年4月23日。ASIN B01DMJS1M4
  42. ^ 能條愛未 (2012年1月22日). “今回は答えていこお!! そーしよーいややっぱりそーしよー”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  43. ^ 能條愛未 (2014年11月18日). “世界一幸せ者な輩”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  44. ^ 能條愛未 (2014年4月3日). プレミアムインタビュー. インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット.. http://idol-planet.com/premium/201404/03-nogizaka46-2 2014年4月3日閲覧。 
  45. ^ 向原康太 (2014年10月20日). “(2ページ目)乃木坂46メンバーがオススメ書籍を紹介 秋元真夏「高島彩さんの本で“世渡り”を学んだ」”. Real Sound. blueprint. 2014年10月20日閲覧。
  46. ^ a b c 能條愛未 (2016年9月17日). 乃木坂46、能條愛未が映画を見始めた“きっかけ”. インタビュアー:シネマズ編集部. シネマズ by 松竹.. https://cinema.ne.jp/nogizaka/eiga2016091707/ 2016年9月17日閲覧。 
  47. ^ 能條愛未 (2011年11月13日). “はじめまして! 能條愛未です!”. 乃木坂46 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  48. ^ “乃木坂46能條愛未 初主演作に「ただただ感動しています」と万感!【舞台挨拶コメント全文】”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2014年4月12日). http://newslounge.net/archives/123419 2014年4月12日閲覧。 
  49. ^ 「キミは誰をお見立てる!? 乃木坂46全メンバー名鑑」『BOMB』2012年1月号、学研マーケティング、2011年12月9日、月刊版、47頁。ASIN B006BAK22E
  50. ^ “乃木坂46&“乃木團”が本家・氣志團と初コラボ 綾小路翔も太鼓判”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年3月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2050519/full/ 2015年3月24日閲覧。 
  51. ^ 能條愛未 (2012年8月8日). “口内炎が3個なう。食べ物が食べれない...ちゅ...ちゅらい”. 乃木坂46 能條愛未 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月2日閲覧。
  52. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、91頁。ASIN B01M67T85Q
  53. ^ 桜井玲香・高山一実・能條愛未・若月佑美 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (4/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/4 2013年4月30日閲覧。 
  54. ^ 東京特許許可局(天てれドラマ)「特許審査20 最強帽子」”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2014年10月17日). 2014年10月17日閲覧。[リンク切れ]
  55. ^ キャスト&スタッフ”. Sexy Zone 中島健人初主演映画! 劇場版「BAD BOYS J」大ヒット上映中!. 劇場版「BAD BOYS J」製作委員会. 2014年8月1日閲覧。
  56. ^ “乃木坂46能條愛未主演ホラー映画舞台挨拶で小南泰葉節炸裂”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月20日). http://natalie.mu/music/news/114851 2014年4月20日閲覧。 
  57. ^ a b c d e f g h i j 麻生 梨里子(あそう りりこ) MUSICAL VILLAGE”. MUSICAL VILLAGE. 2013年3月31日閲覧。
  58. ^ “舞台「じょしらく」キャスト決定! 手寅役は乃木坂の高山、万理華、中元”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月29日). http://natalie.mu/comic/news/142389 2015年3月29日閲覧。 
  59. ^ 舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~”. ネルケプランニング (2015年10月20日). 2016年6月5日閲覧。
  60. ^ “乃木坂46が再び落語家に! 生駒里奈らも参戦の「じょしらく弐」舞台は2066年”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月5日). http://natalie.mu/stage/news/182346 2016年4月5日閲覧。 
  61. ^ 西廣智一 (2016年11月8日). “乃木坂46公認コラム『のぼり坂』vol.61 舞台『墓場、女子高生』囲み会見&ゲネプロレポート”. 楽天ブックス. 楽天. 2016年11月8日閲覧。
  62. ^ 舞台「カードファイト!! ヴァンガード」~バーチャル・ステージ~ リンクジョーカー編”. ネルケプランニング (2016年6月30日). 2016年6月30日閲覧。
  63. ^ 堀内夜あけの会「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」”. ワタナベエンターテインメント (2018年3月19日). 2018年3月19日閲覧。
  64. ^ “乃木坂46能條愛未、ミュージカル「少女革命ウテナ」で主演”. ナタリー (ナターシャ). (2017年12月22日). https://natalie.mu/music/news/262315 2017年12月22日閲覧。 
  65. ^ “乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』メインビジュアル&全キャスト発表”. rockinon.com (ロッキング・オン・ホールディングス). (2018年4月10日). https://rockinon.com/news/detail/175058 2018年4月20日閲覧。 
  66. ^ “堀内健が脚本!「自分発見舞台です」乃木坂・能條愛未らが出演「体当たりで演じたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年4月20日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180420-OHT1T50094.html 2018年4月20日閲覧。 
  67. ^ ホリケン演劇の会 第五回公演「ラヴ戦争」”. ワタナベエンターテインメント. 2018年4月20日閲覧。
  68. ^ “乃木坂46樋口日奈らがレビューに挑戦、卒業生・能條愛未も登場”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年12月18日). https://natalie.mu/stage/news/312752 2018年12月20日閲覧。 
  69. ^ SixTONES・京本大我「首筋開けておけよ!」ミュージカル「HARUTO」開幕|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2019年4月4日閲覧。
  70. ^ 清水一輝 “一騎討ちProject”舞台「吼える」追加出演者情報解禁!!” (日本語). 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム). 2019年4月4日閲覧。
  71. ^ 大人のカフェ第12回単独公演『さよなら、People』チケット受付” (日本語). EMTG カンタン便利な電子チケット. 2019年5月19日閲覧。
  72. ^ ミュージカル「少女革命ウテナ」新作決定!“黒薔薇編”上演、能條愛未ら続投” (日本語). コミックナタリー. 2019年5月19日閲覧。
  73. ^ 矢島舞美(元℃-ute)& 能條愛未(元乃木坂46)、今野浩喜の初主演舞台【上にいきたくないデパート】出演へ ビルボードジャパン2019年3月2日
  74. ^ 上にいきたくないデパート” (日本語). 上にいきたくないデパート. 2019年6月6日閲覧。
  75. ^ 柚希礼音×ソニン「FACTORY GIRLS」ビジュアルと出演者を発表(コメントあり)” (日本語). ステージナタリー. 2019年4月4日閲覧。
  76. ^ KERA CROSS 第二弾舞台『グッドバイ』全キャスト発表 真飛聖、朴璐美ら多彩なキャストが勢揃い | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年9月1日閲覧。
  77. ^ 「ソニレコ! 暇つぶしTV」新MCに中元日芽香、能條愛未が決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年10月5日). 2015年10月5日閲覧。
  78. ^ 能條愛未」『季刊 乃木坂』vol.4 彩冬、東京ニュース通信社、2014年12月26日、44-53頁。ISBN 978-4-86336-451-6

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2018年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ
  2. ^ 2018年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ