向井地美音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むかいち みおん
向井地 美音
プロフィール
愛称 みーおん
生年月日 1998年1月29日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 O型
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 / 体重 150 cm / kg
備考 靴のサイズ 23cm[2]
活動
デビュー 2002年(子役)
2013年(AKB48)
ジャンル アイドル
所属グループ AKB48
でんでんむChu!
活動期間 2002年 -
備考 AKB48 チームK
(元15期研究生→チーム4)
事務所 AKS
公式サイト AKB48公式プロフィール
主な出演作 テレビドラマ
アンフェア
マジすか学園4
映画
アンフェア the movie
アンフェア the end
アイドル: テンプレート - カテゴリ

向井地 美音(むかいち みおん、1998年1月29日 - )は、日本アイドル。女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである[3]

子役。愛称は、みーおん。埼玉県出身。AKS所属[3][4]

略歴[編集]

子どもの頃、セントラル子供タレントに所属し、子役として芸能活動を始めた[5]。子役時代はテレビドラマ『アンフェア』シリーズに篠原涼子が演ずる雪平夏見の娘・佐藤美央役で出演した[6][7]。小学校5年の時、子役を一時休業して学業に専念し、受験を経て中学校へ進学した[8]。その後、イー・コンセプトに所属し[9]、仲のよい友人から紹介されたのがきっかけでAKB48のファンになった[8]。次第にAKB48のメンバーになりたいという気持ちが芽生え、両親と相談し、AKB48の15期生オーディションに応募した[8]

2013年

1月19日、AKB48第十二回研究生(15期生)オーディションの最終審査に合格、AKB48に加入した[10]

2014年

2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜』(Zepp DiverCity)でAKB48チーム4への所属および昇格が発表された[11]

4月6日、『AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014』(さいたまスーパーアリーナ)で39位を獲得した曲「ヘビーローテーション」を披露する際、大島優子に代わってセンターポジションを務めた[6][7]

4月18日、『NHK高校講座 日本史』の高橋英樹が館長を務める「高橋歴史女学館」に「歴史アイドル」を目指す生徒役としてレギュラー出演を開始した[12]

4月24日、『AKB48 チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」』の初日公演でAKB48チーム4の正規メンバーとして初のステージを踏んだ[13]

4月27日、テレビドラマ『セーラーゾンビ』の第2話で巨大オシャレゾンビ役を演じ[14]、AKB48加入後初のドラマ出演となった[要出典]

11月26日、AKB48の38thシングル「希望的リフレイン」で初めて表題曲の選抜メンバーに入った[15]

2015年

3月25日、『AKB48ヤングメンバー全国ツアー〜未来は今から作られる〜』(さいたまスーパーアリーナ)の初日公演で7人組の新ユニット「でんでんむChu!」への参加が発表された[16]。3月26日、『AKB48春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!』(さいたまスーパーアリーナ)でAKB48チームKへの異動が発表された[17]

5月19日から6月5日にかけて投票が実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』で44位となり、ネクストガールズに選ばれた[18]

2016年

3月21日、AKB48の44thシングル「翼はいらない」で初めて表題曲のセンターを務めることが発表された[7][19]

5月31日から6月18日にかけて投票が実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』で13位となり、選抜総選挙での初の選抜入りとなる[20]。 

人物[編集]

小学1年生から中学3年生まで硬式テニスをやっていた[8]。座右の銘は松岡修造の「一所懸命」の言葉[8]。演技は、子役時代に『アンフェア』に出演してから独学で学んできた[8]。憧れの先輩は小嶋陽菜[8]。趣味はドラマを見ること[21]。特技はフラフープをしながらキャッチボールをすること[21]。将来の夢は女優になること[22]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • 次の足跡』に収録
    • 散ればいいのに…
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • 涙は後回し - 「峯岸Team 4」名義
    • 僕たちのイデオロギー
  • 0と1の間』に収録
    • 愛の使者 - 「Team K」名義
    • あれから僕は勉強が手につかない - 「でんでんむChu !」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

AKB48 研究生公演「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ

チーム4 2nd Stage「手をつなぎながら」公演

  • Glory days(相笠萌のアンダー)
  • チョコの行方(前田美月のアンダー)

チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演

チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 残念少女

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

田中将大「僕がここにいる理由」公演

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

教育番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ネット配信[編集]

  • マジすか学園4 外伝(2015年3月31日 - 5月5日、Hulu) - ジセダイ 役[27]
  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu) - ジセダイ 役[28]
  • CROW'S BLOOD(2016年7月23日 - 、Hulu) - 片山奈美 役[47]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

新聞連載[編集]

  • 18 私たちも投票します(2015年12月22日 - 、朝日新聞)[49]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年4月2日、初回を先行放送[要出典]。土保瑞希・込山榛香も生徒役で出演[39]。2016年度も再放送として継続使用されている[40]
  2. ^ AKB48メンバーの佐々木優佳里と出演[要出典]
  3. ^ 8代目レギュラー。2014年12月1日・8日、2015年4月27日・5月4日に7代目レギュラーの代理として出演。ただし、初回(2015年10月5日)の放送はスケジュールの都合で欠席した。

出典[編集]

  1. ^ 『LOVE berry』vol.1、徳間書店〈Town Mook〉、2015年12月25日ISBN 9784197104277
  2. ^ 「MY LITTLE LOVERS」『FLASHスペシャル 2014年盛夏号』2014年9月10日号、光文社、2014年8月8日ASIN B00LWX5A36
  3. ^ a b 向井地 美音”. AKB48公式サイト. AKS (2015年5月7日). 2016年4月7日閲覧。
  4. ^ “AKB、6・1新曲は向井地美音が初センター「やっと実感」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2068841/full/ 2016年3月21日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac セントラルグループ - セントラル子供タレント株式会社 - 向井地 美音”. 2009年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月20日閲覧。
  6. ^ a b “大島優子、「ヘビロテ」後継者指名 15期生・向井地美音”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年4月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2036086/full/ 2014年4月9日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f “11年目のAKB48、新センター抜擢の向井地美音とは?「アンフェア」子役に大島優子が“後継者”指名…“逸材”がグループの顔に”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年5月9日). http://mdpr.jp/news/detail/1583434 2016年6月1日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g 向井地美音 (2014年8月15日). 向井地美音 まずは殻を破らなきゃ. インタビュアー:大西元博. 朝日新聞デジタル.. http://digital.asahi.com/articles/ASG8C671XG8CUZVL005.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG8C671XG8CUZVL005 2015年4月30日閲覧。 
  9. ^ JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT”. 2012年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月20日閲覧。
  10. ^ “大島優子からセンター指名のAKB新星・向井地美音、巨大オシャレゾンビに”. 映画.com. (2014年4月9日). http://eiga.com/news/20140409/15/ 2014年5月12日閲覧。 
  11. ^ “峯岸みなみキャプテン2年目/大組閣祭り”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年2月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140224-1262251.html 2014年2月26日閲覧。 
  12. ^ “AKB高校生がNHK日本史番組生徒役”. 日刊スポーツ. (2014年3月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140324-1274873.html 2016年3月20日閲覧。 
  13. ^ “新チーム4は「人見知り禁止」、木﨑には「いらっしゃい!」の歓声が”. エンタメNEXT (徳間書店). (2014年4月25日). http://www.entamenext.com/news/detail/id=498 2014年5月12日閲覧。 
  14. ^ a b “AKB48向井地美音、“巨大オシャレゾンビ”役でドラマ出演”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月9日). http://natalie.mu/music/news/114056 2014年5月12日閲覧。 
  15. ^ “渡辺美優紀“無欲”の勝利「最高のプレゼント」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年9月18日). http://natalie.mu/music/news/126366 2014年9月18日閲覧。 
  16. ^ “AKB新ユニット「でんでんむChu!」結成 大和田&向井地ら7人組”. オリコン. (2015年3月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2050600/full/ 2015年5月13日閲覧。 
  17. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. オリコン (2015年3月26日). 2015年4月6日閲覧。
  18. ^ “【第7回AKB総選挙】開票結果 全順位一覧”. ORICON SYTLE (oricon ME). (2015年6月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2053925/full/ 2015年6月6日閲覧。 
  19. ^ “AKB48向井地美音が初センター、6月には新潟で「選抜総選挙」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月21日). http://natalie.mu/music/news/180556 2016年3月28日閲覧。 
  20. ^ “【第8回AKB総選挙】AKB向井地美音13位 「世代交代」掲げ初の選抜入り”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2073633/full/ 2016年6月20日閲覧。 
  21. ^ a b AKB48 向井地美音 春になると少女は。」『EX大衆』2016年4月号、双葉社、2016年3月15日ASIN B01BCF8X0A
  22. ^ AKB48 向井地美音さんインタビュー【後編】. (インタビュー). (2016). AKB48グループ ニュースワイヤー 時事ドットコム, 時事通信社.. http://www.jiji.com/jc/ak?s=interview&id=2016mukaichimion_int20002 2016年5月18日閲覧。 
  23. ^ 向井地美音 のプロフィール”. allcinema. スティングレイ. 2016年4月22日閲覧。
  24. ^ “元子役・現AKBの向井地美音、『アンフェア』新作で美央役を続投”. シネマトゥデイ (CINEMATODAY). (2015年1月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0070106 2015年8月22日閲覧。 
    “AKB48向井地美音、「アンフェア」ジャパン・プレミアに登場 アイドルの先輩・篠原涼子からエールも”. TOKYO POP LINE. (2015年8月18日). http://tokyopopline.com/archives/46993 2015年8月22日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f g h i 向井地美音のTV出演情報”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年4月24日閲覧。
  26. ^ 「金曜プレステージ」 2009年3月27日(金)放送内容 『外科医 鳩村周五郎(5)血塗られた挑戦状』”. カカクコム. 2016年4月24日閲覧。
    BSフジサスペンス劇場『外科医 鳩村周五郎5 血塗られた挑戦状』”. BSフジ. 2016年4月24日閲覧。
  27. ^ a b “HKT48宮脇咲良&AKB48島崎遥香がW主演 「マジすか学園4」キャスト発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月3日). http://mdpr.jp/news/detail/1456801 2016年4月13日閲覧。 
  28. ^ a b 島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
    マジすか学園5”. 日本テレビ. 日本テレビ (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  29. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに! 『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. マイナビニュース (2015年10月14日). 2015年11月22日閲覧。
    劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年11月22日閲覧。
  30. ^ AKBホラーナイトアドレナリンの夜 第21話”. テレビ朝日. 2015年12月20日閲覧。
  31. ^ これまでの放送 2013.12.21 #12”. AKB48 SHOW!. NHK. 2016年4月23日閲覧。
  32. ^ AKB48の“あんた、誰?” Google+”. AKB48の“あんた、誰?”. Google+. 2016年4月23日閲覧。
  33. ^ 「AKBINGO!」 2014年11月28日(水)放送内容”. テレビ紹介情報. カカクコム. 2016年4月23日閲覧。
  34. ^ TBS 「 有吉AKB共和国 」”. 有吉AKB共和国. TBS. 2016年4月23日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h AKB46ネ申テレビ 出演メンバー紹介 向井地美音”. ファミリー劇場. ファミリー劇場. 2016年4月14日閲覧。
  36. ^ 読売テレビ AKBと××!”. AKBと××!. 読売テレビ. 2016年4月23日閲覧。
  37. ^ バックナンバー|AKB48 旅少女|日本テレビ”. AKB48 旅少女. 日本テレビ. 2016年4月23日閲覧。
  38. ^ バックナンバー|AKB48の今夜はお泊まりッ|日本テレビ”. AKB48の今夜はお泊まりッ. 日本テレビ. 2016年4月23日閲覧。
  39. ^ NHK高校講座 日本史 出演者紹介”. NHK. 2016年4月23日閲覧。
  40. ^ NHK高校講座 日本史”. NHK. 2016年4月23日閲覧。
  41. ^ 【アッパレやってまーす!木曜日】 1月1日放送分”. アッパレやってまーす!. MBSラジオ (2015年1月1日). 2016年4月23日閲覧。
  42. ^ リッスン?2-3 4月21日(木) Team4 込山榛香 3回目”. リッスン? 2-3. 文化放送 (2016年4月22日). 2016年4月23日閲覧。
  43. ^ AEON LakeTown presents向井地美音(AKB48)のみーおんたいむ♪”. AEON LakeTown. 2015年10月2日閲覧。[リンク切れ]
  44. ^ hicbc.com : AKB48 今夜は帰らない”. CBC公式ホームページ. 中部日本放送 (2015年9月29日). 2016年4月4日閲覧。
  45. ^ #295 AKB48のオールナイトニッポン 放送内容★加藤玲奈★小嶋真子★向井地美音★”. AKB48のオールナイトニッポン. ニッポン放送 (2016年2月17日). 2016年4月23日閲覧。
  46. ^ 向井地美音のCM出演情報”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年4月23日閲覧。
  47. ^ “【Hulu】秋元康×ハリウッド日米共同製作ドラマ 柏木、珠理奈らも出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2073433/full/ 2016年6月15日閲覧。 
  48. ^ “ティーン誌『ラブベリー』が3年9ヶ月ぶり復活 AKBメンバーら53人がモデルに”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年12月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2064237/full/ 2015年12月25日閲覧。 
    “向井地美音・なこみく・星野みなみら次世代アイドルたちを迎え人気ティーン誌が復活”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年12月21日). http://tokyopopline.com/archives/54027 2015年12月25日閲覧。 
  49. ^ “私たちも投票します 18歳選挙権、AKBが学ぶ新企画”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年12月21日). http://www.asahi.com/articles/ASHDK5CHTHDKUTFK00G.html?iref=reca 2015年12月23日閲覧。 

外部リンク[編集]