太陽ノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太陽ノック
乃木坂46シングル
初出アルバム『それぞれの椅子
B面 もう少しの夢
魚たちのLOVE SONG(Type-A)
無表情(Type-B)
別れ際、もっと好きになる(Type-C)
制服を脱いでサヨナラを…(通常盤)
羽根の記憶(セブン-イレブン限定盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
時間
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
黒須克彦(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
乃木坂46 シングル 年表
命は美しい
(2015年)
太陽ノック
(2015年)
今、話したい誰かがいる
(2015年)
ミュージックビデオ
太陽ノック
テンプレートを表示

太陽ノック」(たいようノック)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。楽曲は秋元康が作詞、黒須克彦が作曲した。2015年7月22日に乃木坂46の12作目のシングルとしてN46Div.からリリースされた。楽曲のセンターポジションは生駒里奈が務めた[11]

背景とリリース[編集]

DVD付属のType-A・B・C、セブン-イレブン限定盤(4万枚限定生産)、CDのみの通常盤の5形態で発売[12]

表題曲「太陽ノック」は、みずみずしいピアノの音色と躍動感あふれる拍打ちのビートで奏でられている[13]。乃木坂46のデビュー曲「ぐるぐるカーテン」を手掛けた黒須克彦が作曲しており、「ガールズルール」「夏のFree&Easy」に続くアップテンポで爽快感のある夏曲に仕上がっている[14]。同曲は、1stシングルから5thシングルまでセンターを務めた生駒里奈が、AKB48との交換留学(兼任)を終え、2年半ぶりにセンターポジションに返り咲いた作品である[14]

プロモーション[編集]

ヒット祈願キャンペーンとして、乃木坂46の12thシングル「太陽ノック」の題名になぞり、乃木坂46の9名が1球ずつ順番に合計100球ノックをキャッチする企画「100本ノックに挑戦」[15]、同曲のセンターを務める生駒里奈が岐阜県にある幻の洞窟を探索する企画「神秘の地底湖を目指せ!」がいずれも『乃木坂工事中』内で実施された[16]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表の通りである[17]

Type-A 表 西野七瀬・生駒里奈
Type-A 裏
Type-B 表 生駒里奈・生田絵梨花・橋本奈々未・秋元真夏・深川麻衣・伊藤万理華・井上小百合・新内眞衣・衛藤美彩
Type-B 裏 西野七瀬・生駒里奈・生田絵梨花・橋本奈々未・秋元真夏・井上小百合・新内眞衣・衛藤美彩
Type-C 表 松村沙友理・斉藤優里・星野みなみ・齋藤飛鳥・高山一実・若月佑美・桜井玲香・白石麻衣・西野七瀬
Type-C 裏
通常盤 表 選抜メンバー
通常盤 裏 アンダーメンバー
セブン-イレブン限定盤 表 選抜メンバー
セブン-イレブン限定盤 裏 アンダーメンバー

CDジャケットは「夏だけど乃木坂46っぽい、はしゃいでないけど夏っぽい絵」をコンセプトに、千葉県長生郡長柄町のプールの更衣室で2015年5月下旬に撮影された[18]。Type-Cのジャケットは、乃木坂46の8th〜11thシングルまで4作連続でアンダーメンバーで構成されていたが、今作はどのタイプもアンダーメンバーで構成されていない[18]

チャート成績[編集]

本作はサウンドスキャンジャパン[3]、Billboard JAPAN Hot 100[19]、Billboard JAPAN Top Singles Sales[5]オリコン週間CDシングルランキングなどの週間チャートで初登場1位を獲得した[11]。オリコン週間CDシングルランキングにおける乃木坂46の1位獲得は「おいでシャンプー」から11作連続、通算11作目となった[11]。同ランキングにおける初日推定売上は過去最高の48万1599枚[20]、初週推定売上は60万9202枚[7]、月間推定売上は62万9996枚[8]、年間推定売上は67万8481枚を記録した[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

太陽ノック
監督:三石直和[21]
表題曲「太陽ノック」のミュージック・ビデオは、2015年5月下旬に茨城県久慈郡で撮影された[22]。学校がバラバラな女の子達が楽曲のダンスを完成させるために[22]、夏合宿で集まった1日を追ったストーリーになっており、その中でセンターを務める1人の学生を生駒里奈が演じている[23]久慈川の河川敷でのダンスシーンは靴のヒールが砂に埋まり[22]、メンバーは昼夜の寒暖差やダンスシーンに苦労した[23]。『ALL MV COLLECTION〜あの時の彼女たち〜』にはロングバージョンが収録されている[24]。衣装は尾内貴美香[25]、振付はWARNERが担当した[26]
魚たちのLOVE SONG
監督:中村太洸[27]
白石麻衣・高山一実・橋本奈々未・深川麻衣のユニット曲「魚たちのLOVE SONG」のミュージック・ビデオは、あるロボット開発チームがアイドルのように歌い踊ることができる世で最も美しい新型ロボットを開発し、段々と完成が近づくにつれて周りのロボットたちが、その新型ロボットの美しさに「恋」の感情を覚え始めるストーリーになっている[28]。新型ロボット役を務めた白石麻衣は机の上に長時間寝なければならず、照明の熱の暑さに耐えながら約3時間姿勢を保っていた[28]。周りのロボット役は、ロボットアイドルの普及を目指す「ロボドルプロジェクト」のロボット「GR-001」と「SE-01」が務めた[29]
無表情
監督:月田茂・山本篤彦・柴谷麻以[28]
からあげ姉妹(生田絵梨花松村沙友理)のユニット曲「無表情」のミュージック・ビデオは、「からあげ姉妹は正義の味方」という裏設定のもと、楽曲タイトルが「無表情」なだけに、表情を変えずに学校を襲って来たむちゃくちゃな設定で出てくる悪者を次々に倒すストーリーになっている[28]。撮影日の昼食のおかずも「からあげ」で、からあげに終始徹底した作品となった[28]
別れ際、もっと好きになる
監督:山岸聖太[30]
アンダーメンバーの楽曲「別れ際、もっと好きになる」のミュージック・ビデオは、2015年6月上旬に調布市府中市を中心に撮影された[31]。センターを務める堀未央奈がインド人(?)の青年オムに恋をし、学校にあるインド研究会を訪問してインド文化を勉強するコメディタッチの作品になっている[31]。青年オム役は、パキスタン人俳優のシブリ・ゼニスが務めた[32]
羽根の記憶
監督:岡川太郎[33]
カップリング曲「羽根の記憶」のミュージック・ビデオは、メンバーの撮影風景や仕事中の休憩時、プライベートで遊んでいる時、食事をしている時などの日常時に[34]、指揮者・中島章博のタクトによって[33]、歌を口ずさんでしまう内容になっている[34]。最初は戸惑っているものの、段々と歌うことが楽しくなり、10年後の将来を見据えながら、アイドルとして活動する現実を再認識するメンバーの姿が描かれている[34]。メンバーがそれぞれバラバラの場所にいる設定の為、撮影は都内のスタジオ、ボウリング場、コインランドリー、江ノ島鎌倉など様々な場所で行い、乃木坂46史上最も移動距離の長いミュージック・ビデオとなった[34]

メディアでの使用[編集]

太陽ノック
コンビニエンスストア『セブン-イレブンフェア 乃木坂46』(2015年7月4日 - 7月15日、セブン-イレブン)のキャンペーンソング[12]。キャンペーンに伴い、2015年6月13日、店頭接客イベントおよび記者発表会が東京・新丸ビルで開催された[35]。十福神がセブン-イレブンの緑色のユニフォームを着用し、接客[36]、レジ打ち、商品の受け渡しまでの全行程を2人1組で担当した[35]。2015年7月4日、乃木坂46とコンビニエンスストア「セブン-イレブン」によるコラボレーションフェアが開始され[35]、期間中にセブン-イレブンで対象商品を購入すると特製グッズが配布された[35]。特製グッズは菓子バッグの購入でクリアファイル、お菓子2個同時購入でブロマイド、パン2個同時購入で「乃木坂っぱえびせん」または「乃木坂ッポロポテト」が配布された[35]
ドラマ『初森ベマーズ』(2015年7月11日 - 9月26日、テレビ東京系)のオープニング・テーマ[12]
もう少しの夢
ドラマ『初森ベマーズ』(2015年7月11日 - 9月26日、テレビ東京系)のエンディング・テーマ[12]

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[37]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「太陽ノック」 秋元康 黒須克彦 長田直之
2. 「もう少しの夢」 秋元康 丸谷マナブ 野中“まさ”雄一
3. 「魚たちのLOVE SONG」 秋元康 渡辺拓也 渡辺拓也
4. 「太陽ノック off vocal ver.」   黒須克彦 長田直之
5. 「もう少しの夢 off vocal ver.」   丸谷マナブ 野中“まさ”雄一
6. 「魚たちのLOVE SONG off vocal ver.」   渡辺拓也 渡辺拓也
合計時間:
DVD[37]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「太陽ノック music video」     三石直和
2. 「魚たちのLOVE SONG music video」     中村太洸
3. 「秋元真夏&西野七瀬[注 1]     柴谷麻以、浅田友梨
4. 「生駒里奈&井上小百合」     熊坂出
5. 「伊藤かりん&川村真洋」     小田学
6. 「伊藤純奈&寺田蘭世」     中島望
7. 「中元日芽香&能條愛未」     山本篤彦
8. 「星野みなみ&松村沙友理」     山田篤宏
合計時間:

Type-B[編集]

CD[38]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「太陽ノック」 秋元康 黒須克彦 長田直之
2. 「もう少しの夢」 秋元康 丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
3. 「無表情」 秋元康 Akira Sunset Akira Sunset
4. 「太陽ノック off vocal ver.」   黒須克彦 長田直之
5. 「もう少しの夢 off vocal ver.」   丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
6. 「無表情 off vocal ver.」   Akira Sunset Akira Sunset
合計時間:
DVD[38]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「太陽ノック music video」     三石直和
2. 「無表情 music video」     月田茂、山本篤彦、柴谷麻以
3. 「生田絵梨花&白石麻衣」     山岸聖太、岩崎う大(脚色)
4. 「衛藤美彩&高山一実」     廣岡秀司、大来優
5. 「川後陽菜&相楽伊織[注 2]     大石雄士、高野千紗
6. 「斎藤ちはる&永島聖羅」     田中聡、銭谷侑
7. 「斉藤優里&新内眞衣」     中川英明、水落豊、尾形直哉
8. 「鈴木絢音&渡辺みり愛」     ZUMI
合計時間:

Type-C[編集]

CD[32]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「太陽ノック」 秋元康 黒須克彦 長田直之
2. 「もう少しの夢」 秋元康 丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
3. 「別れ際、もっと好きになる」 秋元康 Akira Sunset、ha-j Akira Sunset、ha-j
4. 「太陽ノック off vocal ver.」   黒須克彦 長田直之
5. 「もう少しの夢 off vocal ver.」   丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
6. 「別れ際、もっと好きになる off vocal ver.」   Akira Sunset、ha-j Akira Sunset、ha-j
合計時間:
DVD[32]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「太陽ノック music video」     三石直和
2. 「別れ際、もっと好きになる music video」     山岸聖太
3. 「伊藤万理華&桜井玲香」     山岸聖太
4. 「北野日奈子&堀未央奈」     今泉力哉
5. 「齋藤飛鳥&橋本奈々未」     白石和彌
6. 「佐々木琴子&和田まあや」     大津裕基、竹林亮
7. 「中田花奈&樋口日奈」     前田彩
8. 「深川麻衣&若月佑美」     頃安祐良
合計時間:

通常盤[編集]

CD[39]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「太陽ノック」 秋元康 黒須克彦 長田直之
2. 「もう少しの夢」 秋元康 丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
3. 「制服を脱いでサヨナラを…」 秋元康 古川貴浩 古川貴浩
4. 「太陽ノック off vocal ver.」   黒須克彦 長田直之
5. 「もう少しの夢 off vocal ver.」   丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
6. 「制服を脱いでサヨナラを… off vocal ver.」   古川貴浩 古川貴浩
合計時間:

セブン-イレブン限定盤[編集]

CD[40]
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「太陽ノック」 秋元康 黒須克彦 長田直之
2. 「もう少しの夢」 秋元康 丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
3. 「羽根の記憶」 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎
4. 「太陽ノック off vocal ver.」   黒須克彦 長田直之
5. 「もう少しの夢 off vocal ver.」   丸谷マナブ 野中"まさ"雄一
6. 「羽根の記憶 off vocal ver.」   杉山勝彦 杉山勝彦、有木竜郎
合計時間:
DVD[40]
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督 時間
1. 「太陽ノック music video」     三石直和
2. 「羽根の記憶 music video」     岡川太郎
合計時間:

選抜メンバー[編集]

太陽ノック[編集]

(センター:生駒里奈)[41]

今作は前作の「命は美しい」同様、18人選抜である[41]。福神は前回に引き続き、1列目と2列目を合わせた10人が「十福神」となる[41]。新内眞衣は初選抜、斉藤優里、井上小百合は「夏のFree&Easy」以来の選抜復帰、高山一実は「ガールズルール」以来の福神復帰[41]、生駒里奈は「君の名は希望」以来、2年ぶりにセンター復帰[13]。前作メンバーのうち、乃木坂46との兼任が解除となり5月14日に乃木坂46としての活動を終了し、8月末でSKE48も卒業することとなる松井玲奈の他に、堀未央奈、相楽伊織は今作の選抜メンバーから外れた[42]

別れ際、もっと好きになる[編集]

(センター:堀未央奈)[43]

もう少しの夢[編集]

  • 1期生:西野七瀬[44]

魚たちのLOVE SONG[編集]

  • 1期生:白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、深川麻衣[37]

無表情[編集]

  • 1期生:生田絵梨花、松村沙友理[38]

制服を脱いでサヨナラを…[編集]

  • 1期生:齋藤飛鳥、星野みなみ[39]

羽根の記憶[編集]

(センター:生駒里奈)

  • 1期生:秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、斉藤優里、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理、若月佑美[40]
  • 2期生:新内眞衣[40]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 秋元真夏・西野七瀬の曲「真夏の七瀬」(作詞・作曲:太陽コンピューター)を収録[37]
  2. ^ 川後陽菜・相楽伊織の曲「にわにはにわ」(作詞:大石タケシ、作曲:平沢敦士)を収録[38]

出典[編集]

  1. ^ レコ協、7月ゴールドディスク認定作品発表”. Musicman-NET. F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd. (2015年8月10日). 2016年1月10日閲覧。
  2. ^ デイリー CDシングルランキング 2015年07月22日付”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年7月22日). 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月22日閲覧。
  3. ^ a b 週間 CDソフト TOP20 2015年7月20日〜2015年7月26日 調査分”. Phile-web. 音元出版 (2015年). 2015年9月20日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co., Ltd. & Prometheus Global Media, LLC (2015年8月3日). 2015年9月23日閲覧。
  5. ^ a b BBillboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co., Ltd. & Prometheus Global Media, LLC (2015年8月3日). 2015年9月23日閲覧。
  6. ^ SUPER HITS PERFECT RANKING 50 ON AIR: 2015/08/16”. スペースシャワーTV. スペースシャワーネットワーク (2015年8月16日). 2015年8月16日閲覧。
  7. ^ a b オリコン週間 CDシングルランキング 2015年07月20日〜2015年07月26日”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年7月). 2015年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月29日閲覧。
  8. ^ a b オリコン月間 CDシングルランキング 2015年07月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年7月). 2015年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月11日閲覧。
  9. ^ a b 2015年 年間音楽ランキングを発表! 2ページ目”. ORICON STYLE. oricon ME (2015年12月). 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ Billboard Japan Hot 100 Year End 2015/01/01 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co., Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2015年12月). 2015年12月23日閲覧。
  11. ^ a b c “【オリコン】乃木坂46、生駒センター復帰曲1位 自己最高10万枚増の60.9万枚”. ORICON STYLE. (2015年7月28日). http://www.oricon.co.jp/news/2056708/full/ 2015年7月28日閲覧。 
  12. ^ a b c d 乃木坂46 12thシングル「太陽ノック」商品概要決定のお知らせ”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年7月12日). 2015年8月16日閲覧。
  13. ^ a b “注目の新譜:乃木坂46「太陽ノック」 新曲では生駒里奈が再びセンターに”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年7月23日). http://mantan-web.jp/2015/07/23/20150723dog00m200015000c.html 2015年9月23日閲覧。 
  14. ^ a b 柴那典 (2015年8月2日). “乃木坂46『太陽ノック』は売れるべくして売れた AKB48代表曲に通じる”ヒットの法則”とは?”. Real Sound. blueprint. 2015年9月2日閲覧。
  15. ^ 向原康太 (2015年7月13日). “乃木坂46斉藤優里の“掛け声”にキャバ嬢疑惑? バナナマン日村「シャンパン1本入っちゃうよ」”. Real Sound. blueprint. 2015年7月20日閲覧。
  16. ^ 向原康太 (2015年7月20日). “乃木坂46松村沙友理、新曲MVに異議申し立て「もうちょっと光を当てて欲しかった…」”. Real Sound. blueprint. 2015年7月20日閲覧。
  17. ^ 乃木坂46 2015a乃木坂46 2015b乃木坂46 2015c乃木坂46 2015d乃木坂46 2015e
  18. ^ a b “乃木坂46“はしゃいでないけど夏っぽい”新作ジャケ公開”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月24日). http://natalie.mu/music/news/151729 2015年7月15日閲覧。 
  19. ^ “乃木坂46「太陽ノック」がセールスで大差をつけビルボード総合首位獲得”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co., Ltd. & Prometheus Global Media, LLC). (2015年7月29日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/30387/2 2015年8月29日閲覧。 
  20. ^ “生駒ちゃん、20歳誕生日に「紅白出場欲しい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年7月24日). オリジナル2016年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160325144230/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150724-OHT1T50010.html 2016年9月11日閲覧。 
  21. ^ 乃木坂46 / 太陽ノック MV | WORKS”. EPOCH. EPOCH (2015年). 2015年8月10日閲覧。
  22. ^ a b c ダンスを完成させる事が出来るのか?! 12thシングル「太陽ノック」Music Videoが遂に公開!!”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年6月25日). 2015年7月17日閲覧。
  23. ^ a b “乃木坂46、夏のダンス合宿が舞台の「太陽ノック」MV公開”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月25日). http://natalie.mu/music/news/151888 2015年9月25日閲覧。 
  24. ^ “乃木坂46・生駒里奈、バナナマンに催促「居酒屋に連れてって!」”. T-SITE (TSUTAYA). (2016年1月18日). http://top.tsite.jp/entertainment/idol/i/27199600/ 2016年7月28日閲覧。 
  25. ^ 「乃木坂46と欅坂46 永遠性も、閃光のきらめきも閉じ込めた衣装の力」『装苑』2016年9月号、文化出版局、2016年7月28日、26頁。ASIN B01G5SQDWE
  26. ^ WARNER (2015年7月2日). “2015年7月2日 6:08”. WARNER. Facebook. 2015年7月2日閲覧。
  27. ^ “乃木坂46『太陽ノック』カップリング曲『魚たちのLOVE SONG』、『無表情』MV公開”. E-TALENTBANK co.,ltd. (イータレントバンク). (2015年7月17日). http://e-talentbank.co.jp/news/10418/ 2015年9月17日閲覧。 
  28. ^ a b c d e 乃木坂46新曲「魚たちのLOVE SONG」「無表情」Music Video予告編が一挙初解禁!!”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  29. ^ “ロボットアイドル”の普及目指す「ロボドルプロジェクト」発足 「乃木坂46」のMVに出演”. アイティメディア (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  30. ^ “乃木坂46・堀がインド人に一目ぼれ?! 新曲『太陽ノック』カップリング『別れ際、もっと好きになる』MV公開”. E-TALENTBANK co.,ltd. (イータレントバンク). (2015年7月15日). http://e-talentbank.co.jp/news/10377/ 2015年9月15日閲覧。 
  31. ^ a b アンダーメンバー新曲「別れ際、もっと好きになる」Music Video予告編が遂に解禁!!”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年7月15日). 2015年7月17日閲覧。
  32. ^ a b c d e f 乃木坂46 2015c
  33. ^ a b 乃木坂46 『羽根の記憶』 ミュージックビデオに指揮者役で出演”. A K I H I R O N A K A J I M A (2015年7月6日). 2015年7月17日閲覧。
  34. ^ a b c d 10年後の自分を想像してみた・・・。乃木坂46新曲「羽根の記憶」Music Videoが遂に解禁!”. 乃木坂46 公式サイト. 乃木坂46LLC (2015年7月3日). 2015年7月17日閲覧。
  35. ^ a b c d e “「卒業したらアルバイトしたい」乃木坂46十福神がセブンイレブンで接客”. ナタリー (ナターシャ). (2015年6月13日). http://natalie.mu/music/news/150521 2015年9月13日閲覧。 
  36. ^ “西野七瀬、白石麻衣ら乃木坂46が接客アルバイト「貴重な体験になりました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年6月13日). http://mdpr.jp/news/detail/1494110 2015年9月13日閲覧。 
  37. ^ a b c d 乃木坂46 2015a
  38. ^ a b c d 乃木坂46 2015b
  39. ^ a b 乃木坂46 2015d
  40. ^ a b c d 乃木坂46 2015e
  41. ^ a b c d e f g “乃木坂46生駒里奈が7作ぶりセンターに、12thシングル選抜発表”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月11日). http://natalie.mu/music/news/146709 2015年9月1日閲覧。 
  42. ^ “乃木坂46、12thシングルで生駒里奈がセンターに 「この夏が勝負。これで年末の紅白が決まる」”. Real Sound. (2015年5月11日). https://realsound.jp/2015/05/post-3199.html 2015年10月1日閲覧。 
  43. ^ ポップス (2015年7月23日). “(3ページ目)乃木坂46の最新シングルを深掘り分析 “主人公”生駒里奈と“ヒロイン”堀未央奈の現在地とは?”. Real Sound. blueprint. 2015年9月23日閲覧。
  44. ^ “注目の新譜:乃木坂46「太陽ノック」 新曲では生駒里奈が再びセンターに”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2015年7月23日). http://mantan-web.jp/2015/07/23/20150723dog00m200015000c.html 2015年8月23日閲覧。 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]