こんなに好きになっちゃっていいの?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こんなに好きになっちゃっていいの?
日向坂46シングル
B面 ホントの時間
まさか 偶然…(Type-A)
一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない(Type-B)
ママのドレス(Type-C)
川は流れる(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
音楽配信
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
前迫潤哉、7th Avenue(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
日向坂46 シングル 年表
ドレミソラシド
(2019年)
こんなに好きになっちゃっていいの?
(2019年)
-
テンプレートを表示

こんなに好きになっちゃっていいの?」(こんなにすきになっちゃっていいの?)は、日本の女性アイドルグループ日向坂46の楽曲[3]秋元康が作詞、前迫潤哉と7th Avenueが作曲した。2019年10月2日に3枚目のシングルとしてSony Recordsより発売された。楽曲のセンターポジションは小坂菜緒が務めた[4]

背景とリリース[編集]

Blu-ray付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[3]

今作で3作目となる表題曲「こんなに好きになっちゃっていいの?」は、前作「ドレミソラシド」や、デビュー作「キュン」と比較した際、過去2作が持つフレッシュなアイドル感は削がれ、代わりに哀愁や切なさといった雰囲気が壮大に押し出されている[5]。歌詞の一人称がこれまで多く使われてきた「僕」から「私」へと変化しており、女性目線の恋心が綴られている[6]。楽曲は、ピアノやストリングスといったアコースティック(=非電気的)なサウンドに仕上がっているものの、エレクトリック(=電気的)なリズム部も前面に出ていることで美しいダンサブルなバラードソングとして成立している[5]。過去に「JOYFUL LOVE」を作曲した前迫潤哉が本作を作曲し、編曲は海外出身の日本人を含むプロデュースユニットの7th Avenueが手掛けている[5]。 7th Avenueは前迫と共に作曲面でも参加しており、本作は前迫と7th Avenueのコライト作品である[5]。 過去2作ではキャッチーな楽曲と振付を前面に押し出し、徹底したアイドル路線を貫いていたが、「日向坂46」へと改名する前の「けやき坂46」時代では幅広いジャンルを歌っており、メンバーの境遇を歌う曲や人生の応援歌などエモーショナルな楽曲も多く持つ[7]。そうした背景を踏まえ、AORサウンドのような今作は原点復帰とも言える大きなターニングポイントとされ、同時に改名後のグループブランドを確立させる作品であるとされている[5]

2019年9月26日、埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナにて、本作の発売を記念したワンマンライブが開催された[8]

チャート成績[編集]

2019年10月14日付の週間ランキングでも初週売上47.7万枚を記録し、初登場1位を獲得した。1stシングルから3作連続での初週40万枚超えはKAT-TUN以来12年10か月ぶりとなり、女性アーティストとしては初の記録となった[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

こんなに好きになっちゃっていいの?
監督:池田一真[10]
兵庫県公館神戸国際会館こくさいホールの2カ所で撮影され、ステージや大階段、レセプションルーム、会議室などで多彩なコンテンポラリーダンスを繰り広げる[10]。また、オーケストラをバックにパフォーマンスするシーンでは、ドローンを使って撮影された[10]。振付はCRE8BOYが担当した[10]

メディアでの使用[編集]

こんなに好きになっちゃっていいの?
カレーハウスCoCo壱番屋「ココイチdeもっとHAPPY!」キャンペーンCMソング[11]

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[12]
#タイトル作詞作曲編曲
1.「こんなに好きになっちゃっていいの?」秋元康前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
2.「ホントの時間」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
3.「まさか 偶然…」秋元康ふるっぺふるっぺ
4.「こんなに好きになっちゃっていいの? off vocal ver.」 前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
5.「ホントの時間 off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
6.「まさか 偶然… off vocal ver.」 ふるっぺふるっぺ
合計時間:
Blu-ray[12]
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「こんなに好きになっちゃっていいの? Music Video」  池田一真
2.「ホントの時間 Music Video」  荒伊玖磨
3.「特典映像~ひなたの休日~」(井口眞緒、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、丹生明里、宮田愛萌)  鈴木郁実
合計時間:

Type-B[編集]

CD[13]
#タイトル作詞作曲編曲
1.「こんなに好きになっちゃっていいの?」秋元康前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
2.「ホントの時間」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
3.「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない」秋元康辻村有記、伊藤賢辻村有記、伊藤賢
4.「こんなに好きになっちゃっていいの? off vocal ver.」 前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
5.「ホントの時間 off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
6.「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない off vocal ver.」 辻村有記、伊藤賢辻村有記、伊藤賢
合計時間:
Blu-ray[13]
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「こんなに好きになっちゃっていいの? Music Video」  池田一真
2.「一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない Music Video」  児山隆
3.「特典映像~ひなたの休日~」(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、東村芽依、松田好花)  鈴木郁実
合計時間:

Type-C[編集]

CD[14]
#タイトル作詞作曲編曲
1.「こんなに好きになっちゃっていいの?」秋元康前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
2.「ホントの時間」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
3.「ママのドレス」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
4.「こんなに好きになっちゃっていいの? off vocal ver.」 前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
5.「ホントの時間 off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
6.「ママのドレス off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
合計時間:
Blu-ray[14]
#タイトル作詞作曲・編曲監督
1.「こんなに好きになっちゃっていいの? Music Video」  池田一真
2.「ママのドレス Music Video」  安藤隼人
3.「特典映像~ひなたの休日~」(佐々木美玲、高瀬愛奈、小坂菜緒、富田鈴花、渡邉美穂、上村ひなの)  鈴木郁実
合計時間:

通常盤[編集]

CD[15]
#タイトル作詞作曲編曲
1.「こんなに好きになっちゃっていいの?」秋元康前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
2.「ホントの時間」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
3.「川は流れる」秋元康中野領太中野領太
4.「こんなに好きになっちゃっていいの? off vocal ver.」 前迫潤哉、7th Avenue7th Avenue
5.「ホントの時間 off vocal ver.」 野村陽一郎野村陽一郎
6.「川は流れる off vocal ver.」 中野領太中野領太
合計時間:

選抜メンバー[編集]

こんなに好きになっちゃっていいの?[編集]

(センター:小坂菜緒[4]

ホントの時間[編集]

井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの[16]

ママのドレス[編集]

潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花[16]

一番好きだとみんなに言っていた小説のタイトルを思い出せない[編集]

上村ひなの[16]

まさか 偶然…[編集]

富田鈴花、松田好花[16]

川は流れる[編集]

井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ こんなに好きになっちゃっていいの?(TYPE-A)”. ORICON NEWS. oricon. 2019年10月9日閲覧。
  2. ^ オリコン月間 シングルランキング 2019年10月度”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年10月). 2019年4月16日閲覧。
  3. ^ a b 10月2日(水)リリース、3rdシングルタイトル発表!”. 日向坂46公式サイト (2019年9月2日). 2019年9月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e “日向坂46、センターは3作連続で小坂菜緒「やってやろうみたいな感じの気持ち」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2143100/full/ 2019年9月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “日向坂46、3rdシングルが首位を獲得 楽曲制作陣から見えるグループの転換点とは”. Real Sound (blueprint). (2019年10月12日). https://realsound.jp/2019/10/post-429559.html 2019年12月1日閲覧。 
  6. ^ 日向坂46、新曲でイメージ覆す新たな魅力 キャプテン・佐々木久美が掲げる目標とは”. Netnative (2019年10月15日). 2019年12月1日閲覧。
  7. ^ “日向坂46、新曲は“ハッピーオーラ”を封印? 「こんなに好きになっちゃっていいの?」を考察”. 音楽ナタリー (blueprint). (2019年9月5日). https://realsound.jp/2019/09/post-411921_1.html 2019年12月1日閲覧。 
  8. ^ “日向坂46ニューシングルをSSAで初披露、Xmasライブは幕張2DAYS”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年9月27日). https://natalie.mu/music/news/349216 2019年12月1日閲覧。 
  9. ^ 日向坂46、女性アーティスト初の1stから3作連続初週40万枚超え【オリコンランキング】” (日本語). ORICONNEWS. 2019年10月8日閲覧。
  10. ^ a b c d “センター小坂菜緒さんが圧巻ソロダンスで魅せる 日向坂「こんなに好きになっちゃっていいの?」MV解禁”. 徳島新聞 (徳島新聞社). (2019年9月4日). https://www.topics.or.jp/articles/-/252298 2019年9月4日閲覧。 
  11. ^ 日向坂46×ココイチ「ココイチdeもっとHAPPY!」キャンペーンの実施と、3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」CMソング起用が決定!”. 日向坂46公式サイト (2019年9月27日). 2019年10月4日閲覧。
  12. ^ a b 日向坂46 2019a
  13. ^ a b 日向坂46 2019b
  14. ^ a b 日向坂46 2019c
  15. ^ 日向坂46 2019d
  16. ^ a b c d e 日向坂46「こんなに好きになっちゃっていいの?」”. 日向坂46公式サイト. 2019年9月22日閲覧。

外部リンク[編集]