二人セゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
二人セゾン
欅坂46シングル
初出アルバム『真っ白なものは汚したくなる
B面 大人は信じてくれない
制服と太陽
誰よりも高く跳べ!
僕たちの戦争
夕陽1/3
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
SoichiroK、Nozomu.S(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
ダブル・プラチナ(日本レコード協会)[1]
チャート最高順位
  • デイリー1位(オリコン[2]
  • 週間1位(TSUTAYA)[3]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100)[4]
  • 週間1位(Billboard Japan Top Singles Sales)[5]
  • 週間7位(Billboard Japan Radio Songs)[6]
  • 週間1位(オリコン)[7]
  • 週間1位(タワーレコード)[8]
  • 週間1位(M-ON! J-POP最強カウントダウン50)[9]
  • 週間3位(M-ON! LINE MUSICカウントダウン20)[10]
  • 週間1位(SUPER HITS PERFECT RANKING 50)[11]
  • 2016年12月度月間1位(オリコン)[12]
  • 2016年度年間11位(オリコン)[13]
  • 2017年度年間5位(Billboard Japan Hot 100
欅坂46 シングル 年表
世界には愛しかない
(2016年)
二人セゾン
(2016年)
不協和音
(2017年)
ミュージックビデオ
二人セゾン
テンプレートを表示

二人セゾン」(ふたりセゾン)は、日本の女性アイドルグループ欅坂46の楽曲。秋元康が作詞、SoichiroK、Nozomu.Sが作曲した。2016年11月30日に欅坂46の3枚目のシングルとしてSony Recordsから発売された。楽曲のセンターポジションは平手友梨奈が務めた[14]

背景とリリース[編集]

DVD付属のType-A・B・C、CDのみの通常盤の4形態で発売[15]

表題曲「二人セゾン」は発売に先駆け、2016年11月12日に『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』でラジオ初放送[16]

歌詞は大切なものと[17]、過ぎ去っていく時の中を[18]、共に生きていることを[19]、季節に準えている[20]。『セゾン』はフランス語季節を意味する[20]

ダンスはクラシック・バレエ、モダン・バレエ、コンテンポラリー・ダンスを融合し[21]、バレエ調の舞踏的表現を用いて[19]、仲間と心を通わせ[22]、全身で呼吸しながら実存と向き合い、時代を生きようとする彼女たちの生命を表現している[19]

iTunes StoreApple Musicでのみ、全曲を収録した(ジャケット写真もiTunes・Apple Music配信限定仕様)Special Editionとして配信されている。

プロモーション[編集]

プロモーションとして、音源解禁前に一部の中学・高等学校で表題曲「二人セゾン」が校内放送された[23]。その後、発売を記念して、TSUTAYAで小池美波・佐藤詩織・志田愛佳・菅井友香・守屋茜が表紙の別冊『TSUTAYA on IDOL』が配布され、購入者に「TSUTAYA RECORDS×欅坂46カレンダーカード」1枚(3種類)がプレゼントされた[24]

京都市営地下鉄では、欅坂46とコトキンライナーのコラボポスターが2016年11月21日から掲示された[25]。同ポスターは欅坂46メンバー全32人分の直筆サイン入りで、2016年12月1日から2017年1月31日まで京都市営地下鉄が管轄する31駅に[26]、2017年2月25日から26日まで九条駅に掲示された[27]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバー[28]
Type-A 表 平手友梨奈
Type-A 裏 小池美波・齋藤冬優花・佐藤詩織・原田葵・平手友梨奈
Type-B 表 小池美波・齋藤冬優花・佐藤詩織・鈴本美愉・原田葵・平手友梨奈・守屋茜
Type-B 裏 小池美波・齋藤冬優花・佐藤詩織・鈴本美愉・原田葵・平手友梨奈・守屋茜
Type-C 表 今泉佑唯・小林由依・志田愛佳・菅井友香・長濱ねる・渡辺梨加・渡邉理佐
Type-C 裏 今泉佑唯・小林由依・志田愛佳・菅井友香・渡辺梨加・渡邉理佐
通常盤 表 石森虹花・上村莉菜・尾関梨香・織田奈那・長沢菜々香・土生瑞穂・米谷奈々未
通常盤 裏 石森虹花・上村莉菜・尾関梨香・織田奈那・長沢菜々香・土生瑞穂・米谷奈々未

ジャケット写真は表題曲「二人セゾン」の歌詞に登場する「」をもとにType-A、Type-B、Type-C、通常盤という流れで構成されている[29]。Type-Aで平手友梨奈が光をつかみ、Type-Bでその光の中を少女たちが舞うことにより、Type-Cで光に照らされ、通常盤での実体が明らかになった少女たちが外の世界へと駆け抜けてゆく姿がある[29]。ジャケット写真は倉庫スタジオで撮影された[29]。アートディレクターは米澤潤、撮影は神藤剛が担当した[29]

チャート成績[編集]

本作は2016年11月29日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで推定売上35万3640枚を記録し、デイリー1位を獲得した[2]。その後、2016年12月12日付のBillboard Japan Hot 100で総合ポイント6万1421点[注 1]、Billboard Japan Top Singles Salesで推定売上50万8479枚[5]、オリコン週間CDシングルランキングで推定売上44万2322枚を記録し、週間1位を獲得した[31]サウンドスキャンジャパンによれば、2016年11月28日から2016年11月30日までの3日間で46万2955枚を売り上げた[32]。オリコン週間CDシングルランキングにおける週間1位獲得数は1stシングル「サイレントマジョリティー」から3作連続で通算3作目、初週売上は2ndシングル「世界には愛しかない」の推定累積売上約39万2000枚を上回り、自己最高記録を更新した[7]。2016年12月度のオリコン月間CDシングルランキングでは推定売上50万8855枚を記録し、月間1位を獲得[12]、年間推定売上は46万7845枚を記録した[33]。2016年12月、日本レコード協会からダブル・プラチナ作品としてゴールドディスク認定された[1]

ミュージック・ビデオ[編集]

二人セゾン
監督:新宮良平[34]
幕張新都心(撮影地)
表題曲「二人セゾン」のミュージック・ビデオは、全編都内近郊で撮影された[35]。学校外の視点から彼女たちの姿を捉え直した同ミュージック・ビデオは[36]、やわらかな自然光のもと[35]、光と影のコントラストが差し込む[34]、幻想的な雰囲気とともに[37]、朝から夕暮れへと時が流れてゆく構成になっている[22]。映像では時の経過とともに[22]、激しく、切ないバレエ調のダンスを[38]、共に踊る仲間が増えてゆく[22]。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した[34]
大人は信じてくれない
監督:池田一真[22]
カップリング曲「大人は信じてくれない」のミュージック・ビデオは、静岡県・大井川鉄道の操車場で撮影された[22]。「サイレントマジョリティー」の後継作として産業革命期を具象化し[22]、蒸気機関車が登場する[39]。サビでは地面に叩きつける動作とともに[22]、ヘッドバンギングのダンスをみせ[40]、メンバー各人が自由意志によって別様の踊りを開始する[22]。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した[22]
僕たちの戦争
監督:丸山健志[41]
カップリング曲「僕たちの戦争」のミュージック・ビデオは、1960年代をモチーフにブリティッシュな衣装をまとい、異国の地で共同生活をする5人の少女たちが、ある夜、円卓で「誰がやったんだ?」と口論になる姿が記録されている[42]。ラストシーンでは5人が逆さにぶら下がって揺らされている姿がある[42]。愛の葛藤を歌う同曲のミュージック・ビデオは、1967年の映画『ジョン・レノンの 僕の戦争』と関連がある[42]。振付は野口量笹尾功が担当した[42]。LIVEバージョンの振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した[43]

シングル収録トラック[編集]

Type-A[編集]

CD[44]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「二人セゾン」秋元康SoichiroKNozomu.SSoulife
2.「大人は信じてくれない」秋元康、本山清治[注 2]Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
3.「制服と太陽」秋元康aokadoaokado
4.「二人セゾン off vocal ver.」 SoichiroK、Nozomu.SSoulife
5.「大人は信じてくれない off vocal ver.」 Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
6.「制服と太陽 off vocal ver.」 aokadoaokado
合計時間:
DVD[44]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「二人セゾン Music Video」  新宮良平
2.「大人は信じてくれない Music Video」  池田一真
3.「織田奈那」  脇坂侑希
4.「小池美波」  磐木大
5.「齋藤冬優花」  曽根隼人
6.「土生瑞穂」  田村啓介
7.「平手友梨奈[注 3]  豊島圭介
8.「守屋茜」  加藤マニ
9.「米谷奈々未」  藤枝憲、須藤中也
10.「渡辺梨加」  橋本侑次朗
合計時間:

Type-B[編集]

CD[47]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「二人セゾン」秋元康SoichiroK、Nozomu.SSoulife
2.「大人は信じてくれない」秋元康、本山清治Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
3.「誰よりも高く跳べ!」秋元康カミカオル、doubleglass野中"まさ"雄一
4.「二人セゾン off vocal ver.」 SoichiroK、Nozomu.SSoulife
5.「大人は信じてくれない off vocal ver.」 Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
6.「誰よりも高く跳べ! off vocal ver.」 カミカオル、doubleglass野中"まさ"雄一
合計時間:
DVD[47]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「二人セゾン Music Video」  新宮良平
2.「誰よりも高く跳べ! Music Video」  井上強
3.「石森虹花」  住田拓英
4.「今泉佑唯」  タナカシンゴ
5.「尾関梨香」  田村啓介
6.「小林由依」  田村啓介
7.「佐藤詩織」  山本花観
8.「菅井友香」  田村啓介
9.「鈴本美愉」  森田亮
10.「原田葵」  上田真紀子
合計時間:

Type-C[編集]

CD[41]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「二人セゾン」秋元康SoichiroK、Nozomu.SSoulife
2.「大人は信じてくれない」秋元康、本山清治Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
3.「僕たちの戦争」秋元康バグベア久下真音
4.「二人セゾン off vocal ver.」 SoichiroK、Nozomu.SSoulife
5.「大人は信じてくれない off vocal ver.」 Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
6.「僕たちの戦争 off vocal ver.」 バグベア久下真音
合計時間:
DVD[41]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「二人セゾン Music Video」  新宮良平
2.「僕たちの戦争 Music Video」  丸山健志
3.「上村莉菜」  中島望
4.「志田愛佳」  川口潤
5.「長沢菜々香」  土屋隆俊
6.「渡邉理佐」  月田茂
7.「長濱ねる」  柴田啓佑
8.「けやき坂46」  杉山弘樹
合計時間:

通常盤[編集]

CD[48]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「二人セゾン」秋元康SoichiroK、Nozomu.SSoulife
2.「大人は信じてくれない」秋元康、本山清治Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
3.「夕陽1/3」秋元康Akira Sunset、山口隆志Akira Sunset、山口隆志、遠藤ナオキ、鈴木歌穂
4.「二人セゾン off vocal ver.」 SoichiroK、Nozomu.SSoulife
5.「大人は信じてくれない off vocal ver.」 Masayoshi KawabataMasayoshi Kawabata
6.「夕陽1/3 off vocal ver.」 Akira Sunset、山口隆志Akira Sunset、山口隆志、遠藤ナオキ、鈴木歌穂
合計時間:

選抜メンバー[編集]

二人セゾン[編集]

(センター:平手友梨奈)[14]

選抜メンバーは前作同様、漢字欅兼任の長濱ねるを含む21人。7・7・7のフォーメーションで構成されている。センターは平手友梨奈で、デビューシングル「サイレントマジョリティー」以降3作品連続となる単独センターを務める。

大人は信じてくれない[編集]

(センター:平手友梨奈)[44]

  • 3列目:織田奈那、尾関梨香、長沢菜々香、上村莉菜、米谷奈々未、石森虹花、土生瑞穂[44]
  • 2列目:今泉佑唯、菅井友香、渡辺梨加、長濱ねる、渡邉理佐、志田愛佳、小林由依[44]
  • 1列目:齋藤冬優花、佐藤詩織、小池美波、平手友梨奈、原田葵、鈴本美愉、守屋茜[44]

制服と太陽[編集]

(センター:平手友梨奈)

  • 石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、 齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐[16]

誰よりも高く跳べ![編集]

(センター:柿崎芽実、長濱ねる)

僕たちの戦争[編集]

(ユニット:FIVE CARDS)[16]

  • 上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐[16]

夕陽1/3[編集]

(ユニット:てちねるゆいちゃんず)[16]

  • 今泉佑唯、小林由依、長濱ねる、平手友梨奈[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Billboard JAPANによれば、週間推定売上50万8479枚、ラジオ7位、ダウンロード3位、ストリーミング6位、ルックアップ1位、Twitter2位、動画再生7位を獲得し[30]、総合ポイント6万1421点を記録した[4]
  2. ^ 英語詩を担当[45]
  3. ^ 平手友梨奈の個人PV『てち浪漫』は、欅坂46の主演ドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』の監督・豊島圭介、音楽・スキャット後藤が共同制作した[46]

出典[編集]

  1. ^ a b “レコ協 11月ゴールドディスク認定作品発表、AKB48「ハイテンション」&乃木坂46「サヨナラの意味」がミリオン認定”. Musicman-NET (F.B.Communications Inc. & Magnet Co.,Ltd.). (2016年12月9日). https://www.musicman-net.com/business/63736.html 2017年5月10日閲覧。 
  2. ^ a b オリコンデイリー CDシングルランキング 2016年11月29日付”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年11月29日). 2016年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月30日閲覧。
  3. ^ 吉川泰平 (2016年12月6日). “【TSUTAYA・販売CDシングルランキング】とまらない…欅坂46、デビューから3作品連続でトップ3独占の大快挙! TOKIOは松岡主演ドラマ主題歌リリース”. T-SITE (TSUTAYA). https://top.tsite.jp/news/j-pop/i/33619997/ 2016年12月6日閲覧。 
  4. ^ a b Billboard Japan Hot 100 2016/12/12 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2016年12月). 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ a b Billboard Japan Top Singles Sales 2016/12/12 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2016年12月). 2016年12月8日閲覧。
  6. ^ Billboard Japan Radio Songs 2016/12/12 付け”. Billboard JAPAN. Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC. (2016年12月). 2016年12月8日閲覧。
  7. ^ a b “【オリコン】欅坂46、初週44万枚で首位 女性新人16年ぶり快挙”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年12月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2082556/full/ 2016年12月6日閲覧。 
  8. ^ 全店総合シングル 2016/11/28~2016/12/04 - チャート”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2016年12月). 2016年11月11日閲覧。
  9. ^ J-POP最強カウントダウン50 2016/12/4(日) オンエア”. MUSIC ON! TV. エムオン・エンタテインメント (2016年12月4日). 2017年1月1日閲覧。
  10. ^ LINE MUSICカウントダウン20 2016/12/14(水) オンエア”. MUSIC ON! TV. エムオン・エンタテインメント (2016年12月14日). 2016年12月14日閲覧。
  11. ^ SUPER HITS PERFECT RANKING 50 ON AIR: 2016/12/10”. スペースシャワーTV. スペースシャワーネットワーク (2016年12月10日). 2017年1月1日閲覧。
  12. ^ a b オリコン月間 CDシングルランキング 2016年12月度”. ORICON STYLE. oricon ME (2017年1月). 2017年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月11日閲覧。
  13. ^ オリコン年間 CDシングルランキング 2016年度 11~20位”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月). 2016年12月24日閲覧。
  14. ^ a b c d e “欅坂46、平手友梨奈が3作連続センター 前作3列目4人がフロントに”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2080051/full/ 2016年10月30日閲覧。 
  15. ^ “欅坂46の3rdシングルは11月発売、全国握手会も開催”. ナタリー (ナターシャ). (2016年9月30日). http://natalie.mu/music/news/203680 2016年10月30日閲覧。 
  16. ^ a b c d e f g “欅坂46ニューシングル「二人セゾン」に新ユニット曲収録”. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月10日). http://natalie.mu/music/news/208887 2016年11月10日閲覧。 
  17. ^ 「3rdシングル「二人セゾン」読解」『MARQUEE』Vol.118、MMMatsumoto、マーキー・インコーポレイティド、2016年12月10日、41頁。ISBN 978-4-434-22855-1
  18. ^ “勝負の3作目。刹那にきらめく季節を生きる欅坂46ならではの叙情性が染みる。”. B.L.T.web (東京ニュース通信社). (2016年11月29日). http://bltweb.jp/2016/11/29/%E5%8B%9D%E8%B2%A0%E3%81%AE3%E4%BD%9C%E7%9B%AE%E3%80%82%E5%88%B9%E9%82%A3%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8F%E5%AD%A3%E7%AF%80%E3%82%92%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%82%8B%E6%AC%85%E5%9D%8246/ 2016年11月29日閲覧。 
  19. ^ a b c 渡辺満理 (2016年11月28日). “今週の一枚 欅坂46『二人セゾン』”. RO69. ロッキング・オン・グループ. 2016年11月28日閲覧。
  20. ^ a b 高橋智樹 (2016年12月2日). “【コラム】僕が感じた欅坂46の「新しさ」と「異質さ」――新曲“二人セゾン”を聴いて”. RO69. ロッキング・オン・ホールディングス. 2016年12月2日閲覧。
  21. ^ 「3rdシングル『二人セゾン』フロントメンバー7人勢揃い!! 欅坂46大討論会」『月刊ENTAME』2017年1月号、徳間書店、2016年11月30日。ASIN B01LY2ZJ4L
  22. ^ a b c d e f g h i j 「欅坂46「二人セゾン」&「大人は信じてくれない」MV制作ドキュメント」『BRODY』2017年2月号、西廣智一、白夜書房、2016年12月23日、75-79頁。ASIN B01N1RKMY9
  23. ^ “欅坂46、3rdシングル『二人セゾン』Music Video公開”. リアルライブ (フェイツ). (2016年11月17日). http://npn.co.jp/article/detail/57347792/ 
  24. ^ “TSUTAYA RECORDS×欅坂46キャンペーン開催決定!”. T-SITE (TSUTAYA). (2016年11月25日). https://top.tsite.jp/news/idol/campaign/32869817/ 2016年11月25日閲覧。 
  25. ^ 欅坂46、京都市営地下鉄の各駅に32名それぞれのサイン入りポスター”. ナタリー. ナターシャ (2016年12月1日). 2016年12月12日閲覧。
  26. ^ “Hello KYOTO × 欅坂46 × コトキン・ライナー” ポスターキャンペーン”. 京都市 (2016年12月1日). 2016年12月12日閲覧。
  27. ^ “欅坂46の京都市営地下鉄ポスター32種が九条駅に集結”. ナタリー (ナターシャ). (2017年2月24日). http://natalie.mu/music/news/222157 2017年2月24日閲覧。 
  28. ^ 欅坂46 2016a欅坂46 2016b欅坂46 2016c欅坂46 2016d
  29. ^ a b c d 「欅坂46「二人セゾン」CDジャケット制作フォトストーリー」『MdN』2017年1月号、エムディエヌコーポレーション、2016年12月6日、33-39頁。ASIN B01MXMI5GC
  30. ^ “【ビルボード】欅坂46「二人セゾン」508,479枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 星野源がピコ太郎の週間動画再生回数を抜き同指標1位”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2016年12月7日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/45137/2 2016年12月7日閲覧。 
  31. ^ オリコン週間 CDシングルランキング 2016年11月28日〜2016年12月04日”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月). 2016年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  32. ^ “【先ヨミ】平手友梨奈が3連続目のセンター務める欅坂46『二人セゾン』46万枚超で首位独走!”. Billboard JAPAN (Hanshin Contents Link Corporation, PLANTECH Co.,Ltd. & Prometheus Global Media, LLC.). (2016年12月1日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/44928/2 2016年12月1日閲覧。 
  33. ^ 【2016年 年間音楽&映像ランキング】嵐が前人未到の記録達成! AKB48がシングル年間V7!! 2ページ目”. ORICON STYLE. oricon ME (2016年12月). 2016年12月25日閲覧。
  34. ^ a b c “欅坂46、新曲「二人セゾン」MV公開 光の中で美しく舞い踊る”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年11月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2081595/full/ 2016年11月27日閲覧。 
  35. ^ a b “欅坂46、爽やかでほんのり切ない「二人セゾン」MV公開”. BARKS (Japan Music Network Inc.). (2016年11月17日). https://www.barks.jp/news/?id=1000135151 2016年11月27日閲覧。 
  36. ^ ポップス (2017年1月18日). “欅坂46「二人セゾン」は総合芸術だ! デビューイヤーで彼女たちが起こした奇跡”. Real Sound. blueprint. 2017年1月18日閲覧。
  37. ^ “欅坂46が『CDTV』で最新曲「二人セゾン」をテレビ初披露! chayは実姉へ贈るウェディングソング”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2016年11月26日). https://music-book.jp/music/news/news/129047 2016年11月26日閲覧。 
  38. ^ “欅坂46、陽の光を浴び舞い踊る「二人セゾン」MV”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年11月17日). https://mdpr.jp/music/detail/1636390 2016年11月27日閲覧。 
  39. ^ 「欅坂46「大人は信じてくれない」MV独占密着」『B.L.T.』2017年1月号、平田真人、東京ニュース通信社、2016年11月24日。ASIN B01N3XNWWN
  40. ^ 川崎龍也 (2017年2月27日). “欅坂46が大人批判を繰り返すのはなぜか――『大人は信じてくれない』に見る、ロックバンドを超越する反体制アイドルの覚悟”. アイドルUtaTen. IBGメディア. 2017年2月27日閲覧。
  41. ^ a b c 欅坂46 2016c
  42. ^ a b c d 「欅坂46 FIVE CARDS starrring : 上村莉菜、長沢菜々香、土生瑞穂、渡辺梨加、渡邉理佐 『僕たちの戦争』MV制作 密着ドキュメント」『MARQUEE』vol.118、土屋恵介、マーキー・インコーポレイティド、2016年12月10日、44-48頁。ISBN 978-4-434-22855-1
  43. ^ TAKAHIRO UENO WORKS 2016年”. 2017年3月13日閲覧。
  44. ^ a b c d e f 欅坂46 2016a
  45. ^ 本山清治”. Sony Music Publishing (Japan) Inc.. Sony Music Publishing (Japan) Inc. (2016年). 2016年12月30日閲覧。
  46. ^ “欅坂46個人PV予告編8本公開、平手友梨奈「てち浪漫」で徳誰タッグ再び”. ナタリー (ナターシャ). (2016年11月25日). http://natalie.mu/music/news/210755 2016年11月25日閲覧。 
  47. ^ a b 欅坂46 2016b
  48. ^ 欅坂46 2016d

参考文献[編集]

  • 欅坂46 『二人セゾン』Type-A、Sony Music Records、2016年11月30日。SRCL-9267/8。ASIN B01LX0Z4H6
  • 欅坂46 『二人セゾン』Type-B、Sony Music Records、2016年11月30日。SRCL-9269/70。ASIN B01LYZ5KQ2
  • 欅坂46 『二人セゾン』Type-C、Sony Music Records、2016年11月30日。SRCL-9271/2。ASIN B01M19A11B
  • 欅坂46 『二人セゾン』通常盤、Sony Music Records、2016年11月30日。SRCL-9273。ASIN B01LZAXE70

関連項目[編集]

外部リンク[編集]