シュートサイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュートサイン
AKB48シングル
初出アルバム『僕たちは、あの日の夜明けを知っている
B面 気づかれないように…
Vacancy
真夜中の強がり
止まらない観覧車
アクシデント中
みどりと森の運動公園
誰のことを一番 愛してる?
悲しい歌を聴きたくなった
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
録音 2017年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
近藤圭一(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
ミリオン(日本レコード協会[1]
チャート最高順位
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100[2]
  • 週間1位(Billboard JAPAN Top Singles Sales)[3]
  • 週間1位(オリコン[4]
  • 2017年度上半期2位(オリコン)[5]
  • 2017年度年間4位(オリコン)[6]
  • 2017年度年間22位(Billboard Japan Hot 100)[7]
AKB48 シングル 年表
ハイテンション
(2016年)
シュートサイン
(2017年)
願いごとの持ち腐れ
(2017年)
ミュージックビデオ
シュートサイン
テンプレートを表示

シュートサイン」(Shoot Sign)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は近藤圭一が担当した。2017年3月15日にAKB48のメジャー47作目のシングルとしてキングレコードより発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションは小嶋陽菜が務めた[8]

背景とリリース[編集]

前作「ハイテンション」から約4か月ぶりで、2017年第1弾のシングル。楽曲のセンターポジションはグループからの卒業を表明していた小嶋陽菜が務め、本作は小嶋のAKB48としてのラストシングルとなった[9]。小嶋がシングル表題曲のセンターポジションを務めるのは「Green Flash」以来2年ぶりとなる[注 2][9]

リリースならびに選抜メンバーは2017年2月4日にパシフィコ横浜で開催された握手会イベントにおいて発表された[9]。選抜メンバーは前作から10名増の32名であり、大西桃香山本彩加NMB48)、吉田朱里(NMB48)がAKB48名義のシングルとしては初選抜。北原里英須田亜香里武藤十夢は「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」以来7か月ぶり、峯岸みなみ大家志津香後藤楽々白間美瑠は「翼はいらない」以来9か月ぶり、市川美織は36thシングル「ラブラドール・レトリバー」以来2年10か月ぶりの選抜復帰。前作の選抜メンバーのうち、2016年12月31日をもってグループを卒業した島崎遥香を除くと全員が継続して選抜メンバー入りしている[9]

楽曲はプロレスをテーマにしたもので、「シュート」とは、プロレス用語で真剣勝負を指し、タイトルの「シュートサイン」は[注 3]、「ガチで行くぞ」という決意を告げるポーズのことである[10]。楽曲の内容は、試練の恋に真正面から立ち向かう女心が歌われ、プロレスの入場曲を連想させるものになっている[11]。振付はTAKAHIRO(上野隆博)が担当した[12]

カップリング曲には、Type A・B・C・劇場盤に小嶋の卒業ソングとしてのソロ曲でもある「気づかれないように…」が収録されている[8][13]。Type A・B・C・Dには、「永遠プレッシャー」「鈴懸なんちゃら」「Green Flash」「君はメロディー」に続き、日本国内姉妹グループの新曲がそれぞれ収録された[14]

Type Eには坂道シリーズ(乃木坂46欅坂46)とのコラボ楽曲「誰のことを一番 愛してる?」が「坂道AKB」名義で収録されている[14][15]。楽曲のフロントメンバーは松井珠理奈(SKE48)、宮脇咲良(HKT48)、乃木坂46の齋藤飛鳥堀未央奈が務め、欅坂46の平手友梨奈がAKB48の楽曲においてAKB48グループ以外のアイドルとして初の単独センターポジションを務めた[12]。なお、欅坂46はAKB48の楽曲は初参加となった[15]。2017年2月28日のミュージック・ビデオ公開後、2日経たずに表題曲「シュートサイン」の再生回数を上回り[16]、当シングル収録曲において表題曲以外で最もツイート数が多いなど、大きな話題を集めている[17]。また、当楽曲のみ音楽配信サービスにおけるリリース日は、シングル発売日から2週遅れの2017年3月29日となっている[17]

「シュートサイン」は2017年2月10日放送の『ミュージックステーション』2時間スペシャル(テレビ朝日)で初披露された[18]。「誰のことを一番 愛してる?」は2017年3月31日放送の『ミュージックステーション』3時間スペシャルで初披露された[19]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバー[20]
Type A 小嶋陽菜
Type B 初回限定盤 入山杏奈・川本紗矢・小嶋真子・後藤楽々・峯岸みなみ・宮脇咲良・山本彩加・山本彩
Type B 通常盤 入山杏奈・小嶋真子・宮脇咲良・山本彩
Type C 初回限定盤 大西桃香・柏木由紀・加藤玲奈・北原里英・白間美瑠・高橋朱里・松井珠理奈・松岡はな
Type C 通常盤 柏木由紀・加藤玲奈・白間美瑠・高橋朱里・松井珠理奈
Type D 初回限定盤 市川美織・大家志津香・兒玉遥・須田亜香里・中井りか・向井地美音・渡辺麻友
Type D 通常盤 兒玉遥・須田亜香里・向井地美音・渡辺麻友
Type E 初回限定盤 小栗有以・岡田奈々・木﨑ゆりあ・込山榛香・指原莉乃・武藤十夢・横山由依・吉田朱里
Type E 通常盤 岡田奈々・木﨑ゆりあ・指原莉乃・武藤十夢・横山由依
劇場盤 小嶋陽菜

本作の初回限定盤ジャケット写真の題字は、NHK大河ドラマ軍師官兵衛』などの題字で知られる福田祥洲が手がけ、楽曲の内容にちなんでプロレスをモチーフにしている[14]。初回限定盤のテーマは真剣な表情でファイティングポーズをとった「ガチンコ」、通常盤のテーマは試合の後のリラックスした「楽屋裏」がテーマとなっている[14]

ミュージック・ビデオ[編集]

シュートサイン
本曲がテレビドラマ『豆腐プロレス』の主題歌であることにリンクして、ミュージック・ビデオ (MV) はドラマと同じく「W.I.P.(ワールド・アイドル・プロレスリング)」を舞台としている[21]。W.I.P.四天王の一人である猫耳覆面レスラー・レジェンド小嶋(小嶋陽菜)は同じ四天王のデビルタイガー志麻子、ブロッケンシズ、ゴッド神取をアクロバティックな技で次々と倒し、引退試合に挑む[21]。引退試合の相手にはW.I.P.期待の新人・チェリー宮脇(宮脇咲良)を選んだ[21]。壮絶な戦いを繰り広げるも敗れた小嶋は自らマスクを取り、最後にマイクパフォーマンスで11年間の思いを語る[21]。プロレス実況はフリーアナウンサーの辻よしなりが担当している[21]。監督は森義仁が務めた[21]
登場人物
レジェンド小嶋
演 - 小嶋陽菜
デビュー11年目、W.I.P.四天王のひとり。猫をモチーフにした覆面レスラーでガウンには“Pink tiger cat”と記されている[22]スクールボーイでデビルタイガー志麻子に勝利し、ムーンサルトプレスでブロッケンシズにも勝利する。スワンダイブ式前方回転エビ固めでゴッド神取にも勝利し、王座を獲得。『豆腐プロレス』には引退後タレントに転身した「小嶋陽菜」として登場している[23]
デビルタイガー志麻子
演 - 岩井志麻子
W.I.P.四天王のひとり。W.I.P.を食い散らかす生粋のヒール。名前はトラだがヒョウ柄の全身タイツを着る。得意技はイス攻撃。
ブロッケンシズ
演 - 山崎静代南海キャンディーズ
W.I.P.四天王のひとり。右目にメイクを施している。スタンディングでのパンチ技、ラリアットを得意とする。
ゴッド神取
演 - 神取忍
W.I.P.四天王のひとり。金髪で短髪。神を超える存在、ミスター女子プロレスの異名を持つ。得意技はカウンターでの脇固め。リングネームは演ずる神取がジャパン女子時代に秋元に命名された名前に由来している[24]
気づかれないように…
小嶋の卒業ソング「気づかれないように…」のMVは、小嶋のAKB48卒業後の日常を切り取ったセンチメンタルな内容になっている[21]。小嶋によると「AKB48のMVって感じもあまりしなくて、ファッション雑誌の撮影みたいな感じ」で、衣装はすべて小嶋自身でスタイリングし、小嶋の好むバラの一種・カフェラテが随所に登場する[13]。MVには小嶋の同期メンバーで同じノースリーブスメンバーの峯岸と高橋みなみ(2016年4月卒業)が友情出演している[13]。フランスの文化センターであるアンスティチュ・フランセ東京、レストラン「ルグドゥノム・ブション・リヨネ」で撮影された[25]
監督は3rdシングル「軽蔑していた愛情」以降、数々のAKB48の映像作品を手掛けてきた高橋栄樹が担当した[13]
アクシデント中
AKB48 U-19選抜の「アクシデント中」のMVでは、メンバーは明治大正昭和初期・スケバン1980年代アイドルコギャルおよび現代の各時代の女学生のファッションを身にまとっている[26][27]。おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」やAKB48「会いたかった」のサビ振りが入っている。監督は田中のぞみが担当した[26]
みどりと森の運動公園
NGT48の「みどりと森の運動公園」のMVは、タイトルにそのまま使用されている、みどりと森の運動公園体育施設(新潟県新潟市)のほか、ニュー・グリーンピア津南(新潟県中魚沼郡津南町)で撮影された[28]。監督はNGT48初のMV「Maxとき315号」に続き中村太洸が担当した[28]
誰のことを一番 愛してる?
坂道AKB「誰のことを一番 愛してる?」のMVは、表題曲「シュートサイン」や欅坂46を手掛けるTAKAHIROが振付を担当し、圧倒的な透明感・狂気、プリズムビームライトが織り込まれた幾何学的世界をダンスで表現している[12]。監督は東市篤憲が担当した[12]

メディアでの使用[編集]

シュートサイン
テレビ朝日系ドラマ『豆腐プロレス』主題歌[18]
宝島社『AKB48 衣装図鑑 放課後のクローゼット〜あの頃、彼女がいたら〜』CMソング。
止まらない観覧車
アイア『HKT48 栄光のラビリンス』CMソング[29]

シングル収録トラック[編集]

初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

Type A[編集]

CD[30]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「気づかれないように…」(小嶋陽菜)秋元康若田部誠若田部誠
3.「Vacancy」(SKE48)秋元康フジノタカフミフジノタカフミ、島田尚
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「気づかれないように… off vocal ver.」 若田部誠若田部誠
6.「Vacancy off vocal ver.」 フジノタカフミフジノタカフミ、島田尚
合計時間:
DVD[30]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「シュートサイン Music Video」  森義仁
2.「気づかれないように… Music Video」  高橋栄樹
3.「Vacancy Music Video」  tatsuaki
合計時間:

Type B[編集]

CD[31]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「気づかれないように…」(小嶋陽菜)秋元康若田部誠若田部誠
3.「真夜中の強がり」(NMB48)秋元康熊谷蘭熊谷蘭、SAIKI
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「気づかれないように… off vocal ver.」 若田部誠若田部誠
6.「真夜中の強がり off vocal ver.」 熊谷蘭熊谷蘭、SAIKI
合計時間:
DVD[31]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「シュートサイン Music Video」  森義仁
2.「気づかれないように… Music Video」  高橋栄樹
3.「真夜中の強がり Music Video」  スミス
合計時間:

Type C[編集]

CD[32]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「気づかれないように…」(小嶋陽菜)秋元康若田部誠若田部誠
3.「止まらない観覧車」(HKT48)秋元康FURUTA、Dr.LilcomDr.Lilcom
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「気づかれないように… off vocal ver.」 若田部誠若田部誠
6.「止まらない観覧車 off vocal ver.」 FURUTA、Dr.LilcomDr.Lilcom
合計時間:
DVD[32]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「シュートサイン Music Video」  森義仁
2.「気づかれないように… Music Video」  高橋栄樹
3.「止まらない観覧車 Music Video」  土屋隆俊
合計時間:

Type D[編集]

CD[28]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「アクシデント中」(AKB48 U-19選抜)秋元康中村瑛彦中村瑛彦
3.「みどりと森の運動公園」(NGT48)秋元康伊藤心太郎野中“まさ”雄一
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「アクシデント中 off vocal ver.」 中村瑛彦中村瑛彦
6.「みどりと森の運動公園 off vocal ver.」 伊藤心太郎野中“まさ”雄一
合計時間:
DVD[28]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「シュートサイン Music Video」  森義仁
2.「アクシデント中 Music Video」  田中のぞみ
3.「みどりと森の運動公園 Music Video」  中村太洸
合計時間:

Type E[編集]

CD[33]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「アクシデント中」(AKB48 U-19選抜)秋元康中村瑛彦中村瑛彦
3.「誰のことを一番 愛してる?」(坂道AKB)秋元康佐久間和宏佐久間和宏
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「アクシデント中 off vocal ver.」 中村瑛彦中村瑛彦
6.「誰のことを一番 愛してる? off vocal ver.」 佐久間和宏佐久間和宏
合計時間:
DVD[33]
#タイトル作詞作曲・編曲監督時間
1.「シュートサイン Music Video」  森義仁
2.「アクシデント中 Music Video」  田中のぞみ
3.「誰のことを一番 愛してる? Music Video」  東市篤憲
合計時間:

劇場盤[編集]

CD[34]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「シュートサイン」秋元康近藤圭一佐々木裕
2.「気づかれないように…」(小嶋陽菜)秋元康若田部誠若田部誠
3.「悲しい歌を聴きたくなった」(まゆゆきりん)秋元康松本一也若田部誠
4.「シュートサイン off vocal ver.」 近藤圭一佐々木裕
5.「気づかれないように… off vocal ver.」 若田部誠若田部誠
6.「悲しい歌を聴きたくなった off vocal ver.」 松本一也若田部誠
合計時間:

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算49作目にあたる。いずれの数字も配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 柏木由紀とのダブルセンター。
  3. ^ 人差し指と親指を立てたハンドサイン。
  4. ^ a b c d 姉妹グループ・NMB48から選抜。
  5. ^ a b 姉妹グループ・NGT48から選抜。
  6. ^ a b 姉妹グループ・HKT48のメンバー。AKB48を兼任。
  7. ^ a b c 姉妹グループ・SKE48から選抜。
  8. ^ a b 姉妹グループ・HKT48から選抜。
  9. ^ 姉妹グループ・NMB48のメンバー。AKB48を兼任。

出典[編集]

  1. ^ “レコ協 3月ゴールドディスク認定、AKB48「シュートサイン」、乃木坂46「インフルエンサー」がミリオン”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ,マグネット). (2017年4月10日). http://www.musicman-net.com/business/66960.html 2017年4月11日閲覧。 
  2. ^ “【ビルボード】129.3万枚を売り上げAKB48「シュートサイン」がV6を抑え総合1位 ダウンロード1位はWANIMA「やってみよう」”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年3月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48964/2 2017年3月29日閲覧。 
  3. ^ “【ビルボード】AKB48『シュートサイン』1,292,597枚を売り上げシングル・セールス1位”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年3月21日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48893/2 2017年3月29日閲覧。 
  4. ^ “3/27付週間シングルランキング1位はAKB48の「シュートサイン」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2087832/full/ 2017年3月29日閲覧。 
  5. ^ 【オリコン2017年上半期ランキング】AKB48、SMAP、嵐が続々と記録を樹立!”. ORICON NEWS. oricon ME (2017年6月23日). 2017年6月26日閲覧。
  6. ^ 【第50回 オリコン年間ランキング 2017】嵐が総合売上5年連続首位、AKB48がシングル年間V8達成!”. ORICON NEWS (2017年12月23日). 2017年12月24日閲覧。
  7. ^ 【ビルボード】Charts, Billboard Japan Hot 100 Year End”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media (2017年). 2018年9月23日閲覧。
  8. ^ a b “こじはる、AKB卒業シングルでセンター 3・15「シュートサイン」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2085508/full/ 2017年2月4日閲覧。 
  9. ^ a b c d “卒業の小嶋陽菜が最後のシングルで3作目センターに”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1774424.html 2017年2月4日閲覧。 
  10. ^ “小嶋陽菜がセクシー衣装でプロレス! 卒業シングル「シュートサイン」MV公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年2月20日). http://news.mynavi.jp/news/2017/02/20/008/ 2017年2月28日閲覧。 
  11. ^ “AKB48、こじはる卒業シングル『豆腐プロレス』主題歌に決定 Mステで初披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2085726/full/ 2017年2月28日閲覧。 
  12. ^ a b c d ““坂道AKB”全貌解禁!センターは欅坂46平手友梨奈、AKB48・乃木坂46…選抜メンバー18人発表<MV完成/コメント到着>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月28日). https://mdpr.jp/music/detail/1666865 2017年2月28日閲覧。 
  13. ^ a b c d “こじはる AKB卒業曲MVは“ファッション雑誌風” たかみな&峯岸も出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2086206/full/ 2017年2月20日閲覧。 
  14. ^ a b c d “AKB48 新曲アートワークもプロレス! カップリング曲選抜も発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2086226/full/ 2017年2月20日閲覧。 
  15. ^ a b “乃木坂46・欅坂46・AKB48がコラボ「坂道AKB」結成 小嶋陽菜卒業シングルで”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月4日). https://mdpr.jp/music/detail/1660956 2017年2月4日閲覧。 
  16. ^ “坂道AKB、MV再生数好調 公開1日でAKB新曲を超える”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2017年3月2日). http://www.musicvoice.jp/news/20170302059269/ 2017年3月29日閲覧。 
  17. ^ a b 臼井孝 (2017年3月24日). “ツイート数の多い「坂道AKB」とは?”. 日経トレンディネット「臼井孝の音楽チャートから見るヒット曲最前線!」. 日経BP. p. 3. 2017年3月26日閲覧。
  18. ^ a b “「AKB48」こじはる卒業ソングをMステで初披露!「豆腐プロレス」の主題歌に”. シネマカフェ (イード). (2017年2月10日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/02/10/46973.html 2017年2月10日閲覧。 
  19. ^ “『Mステ』3時間SPに坂道AKB初登場へ CHEMISTRY再始動後初のTV出演も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年3月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2087705/full/ 2017年3月19日閲覧。 
  20. ^ AKB48 2017aAKB48 2017bAKB48 2017cAKB48 2017dAKB48 2017eAKB48 2017f
  21. ^ a b c d e f g “こじはる、猫耳覆面レスラー熱演「プロレスをやるとは…」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2086205/full/ 2017年2月22日閲覧。 
    “さらば“こじはる”!小嶋陽菜、AKB48ラストセンター曲の全貌一挙公開<MV・アー写・ジャケ写>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年2月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1664780 2017年2月20日閲覧。 
    “AKB48こじはる卒業シングルのMV2本完成、激闘プロレス&日常描写”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月20日). http://natalie.mu/music/news/221418 2017年2月20日閲覧。 
    “小嶋陽菜:ラストセンター曲MVで女子プロレスラー“レジェンド小嶋”に 「最後だし…」”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年2月20日). http://mantan-web.jp/2017/02/20/20170219dog00m200042000c.html 2017年2月20日閲覧。 
  22. ^ 宝島社『AKB48衣装図鑑 放課後のクローゼット〜あの頃、彼女がいたら〜』148頁
  23. ^ “小嶋陽菜:「豆腐プロレス」に緊急参戦 “伝説のレスラー”役で宮脇咲良らにアドバイス”. MANTANWEB (MANTAN). (2017年3月4日). http://mantan-web.jp/2017/03/04/20170304dog00m200009000c.html 2017年6月27日閲覧。 
  24. ^ 「ゴッド神取」”. 神取忍オフィシャルブログ「ミスター女子プロレス神取忍の 心が折れないブログ」Powered by Ameba (2017年2月21日). 2017年3月25日閲覧。
  25. ^ AKB48 2017aAKB48 2017bAKB48 2017c
  26. ^ a b AKB48 2017dAKB48 2017e
  27. ^ “AKB48 U-19選抜『アクシデント中』MV Short ver.公開”. MIKAN (MIKAN). (2017年3月1日). http://mikan-incomplete.com/media/5304 2017年3月19日閲覧。 
  28. ^ a b c d AKB48 2017d
  29. ^ 【2017】HKT48 栄光のラビリンス TVCM - YouTube
  30. ^ a b AKB48 2017a
  31. ^ a b AKB48 2017b
  32. ^ a b AKB48 2017c
  33. ^ a b AKB48 2017e
  34. ^ AKB48 2017f

参考文献[編集]

  • AKB48 『シュートサイン』Type A、キングレコード、2017年3月15日。KIZM-90473/4。ASIN B01MUBA15Z
  • AKB48 『シュートサイン』Type B、キングレコード、2017年3月15日。KIZM-90475/5。ASIN B01N22YU3W
  • AKB48 『シュートサイン』Type C、キングレコード、2017年3月15日。KIZM-90477/8。ASIN B01N9S9TL3
  • AKB48 『シュートサイン』Type D、キングレコード、2017年3月15日。KIZM-90479/80。ASIN B01N7SQUZ7
  • AKB48 『シュートサイン』Type E、キングレコード、2017年3月15日。KIZM-90481/2。ASIN B01NATSW35
  • AKB48 『シュートサイン』劇場盤、キングレコード、2017年3月15日。NMAX-1263。

外部リンク[編集]