ビーム (物理学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レーザーによる光ビーム

ビーム (beam) は、粒子の集団や、粒子のように振舞う波長の短いが、細い流れとなって並進し、互いにはほとんど衝突しないものである。

粒子や波の名前や種類を冠し「〜ビーム」という。「〜線」と訳すこともあるが、ビームとは限らない単なる放射線 (ray) の意味にも取れ曖昧なこともある。たとえば、「アルファ線」「ベータ線」「X線」「光線」等の「線」は放射線の意味である。

ビームの製法[ソースを編集]

通常の線源から放射される粒子や光はさまざまな方向のものが混ざっているので、それらを平行なビームにする必要がある。その方法は主に2種類ある。

  • レンズで収束させる。光ビームでよく使われるが、粒子ビームでも磁気レンズ静電レンズ(これらが電子に使われるとき電子レンズという)が使われる。
  • スリットで特定方向の粒子・波を取り出す。線源が点とみなせないほど大きい場合は、2枚のスリットを使うことでビームとなる。

このほかに、レーザーのような、当初よりビームを発生させる線源もある。

ビームの種類[ソースを編集]

など。