運上弘菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うんじょう ひろな
運上 弘菜
プロフィール
愛称 なっぴ
生年月日 1998年8月9日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本北海道留萌郡小平町[1]
血液型 B型
公称サイズ(2020年[2]時点)
身長 155 cm
活動
デビュー 2016年
ジャンル アイドル
所属グループ HKT48
活動期間 2016年7月12日 - 現在
他の活動 fairy w!nk
事務所 Mercury
レーベル ユニバーサルミュージック(HKT48)
公式サイト HKT48公式プロフィール
主な楽曲天使はどこにいる?
早送りカレンダー
3-2
アイドル: テンプレート - カテゴリ

運上 弘菜(うんじょう ひろな、1998年平成10年〉8月9日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ・HKT48チームKIVのメンバーである[3]

北海道留萌郡小平町出身。Mercury所属。愛称は「なっぴ」。

略歴[編集]

小学生の頃からAKB48(特に前田敦子)のファンで[4]2014年4月AKB48 Team8 全国一斉オーディション」に応募するが、最終審査で惜しくも落選[4][5]。この時にチーム8の北海道代表となったのは、旭川市上川総合振興局)出身の坂口渚沙であった[4]

AKB48落選後も高校で学生生活を送っていたが、当時HKT48に移って大活躍していた指原莉乃を見て“等身大のアイドル”を目指すという意識が強くなり[5][6]2016年2月、HKT48の4期生オーディションに応募[6][5]。祖父の葬儀中に1次審査合格の通知を受け[5]、6月の最終審査に挑んだ結果、同年7月12日「HKT48夏のホールツアー〜HKTがAKB48グループを離脱? 国民投票コンサート〜」の福岡サンパレス公演において、HKT48の4期研究生として初お披露目された[7]

2017年9月24日日本ガイシホールで行われた『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会2017〜絆は拳から生まれる!〜』において、チームTIIメンバーの荒巻美咲と共に『fairy w!nk』(フェアリーウィンク)を組み優勝[8]。同年12月13日にシングル「天使はどこにいる?」をリリースした。AKB48グループの北海道出身メンバーが選抜じゃんけん大会で優勝したのは2020年現在、運上が唯一となっている[注 1]

2017年11月26日西鉄ホールで行われた『HKT48 6フェス 〜LOVE&PEACE!ROCK周年だよ、人生は…〜』において、研究生からチームKIVに昇格することが発表された[9]。さらに2018年12月からは北海道帯広市に本社を置く珍味メーカー「江戸屋」のCMキャラクターを務めている[10]

2018年5月2日発売のシングル「早送りカレンダー」でシングル表題曲初選抜。2020年4月22日発売のシングル「3-2」(さんひくに)で、表題曲としては初のセンターを務める[4][2][5][11]

人物[編集]

  • アルペンスキーが得意で、SAJスキーバッジテスト級別1級を取得している[5]
  • 中学では卓球部、高校ではソフトテニス部に所属していた[5]
  • 兄が1人いる[6]

HKT48関連[編集]

  • キャッチフレーズは「北海道から来たど! なっぴこと運上弘菜です」。西日本スポーツの記事では「博多の白い恋人」と呼ばれている[12]
  • HKT48史上初、かつ現時点で唯一の北海道出身メンバー。先述の通り小平町で生まれ育ったため、都会に行って新しい世界を見たくてオーディションを受けたという[5]。加入当初は北海道から福岡を行き来していたせいか、「ずっとステージに立つのも笑うのも苦手だった」と『日経エンタテインメント!』のインタビューで明かしている[11]
  • 先述の坂口渚沙とは2019年に行われた舞台「仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜」[注 2]において、“ベルと江戸屋[注 3]というコンビを組んでオープニングアクトを務めていた[14]
  • 2018年に日本テレビで放送された『HKTBINGO!』では、HKT48同期の小田彩加(チームTII)と共に、“きゅうりじゅーす[12][15]というコンビを組んでいた。

HKT48での参加曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

HKT48研究生「手をつなぎながら」公演
  • この胸のバーコード
  • ウィンブルドンへ連れてって
チームKIV 3rd Stage「制服の芽」公演
  • 狼とプライド
  • 女の子の第六感

作品[編集]

シングル[編集]

出演[編集]

CM[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、AKB48グループの選抜総選挙において、北海道出身メンバーが1位になった年は今まで一度もない(2019年時点)。
  2. ^ AKB48グループ特別公演『仁義なき戦い〜彼女(おんな)たちの死闘篇〜』2019年11月9日 - 11月24日博多座[13]
  3. ^ “ベル”とは、坂口がCM出演している北海道の食品メーカー「ベル食品」に由来。

出典[編集]

  1. ^ おとなり小平町の出身…運上弘菜さん、HKT48の研究生として頑張っています。”. 留萌観光協会. Facebook (2016年12月8日). 2020年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c 週プレNews (2020年4月20日). HKT48の新センター・運上弘菜は北海道のド田舎出身「駅からコンビニまで歩いて30分、冬は遭難しそうになります」. インタビュアー:関根弘康. 集英社.. https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2020/04/20/111162/ 2020年5月5日閲覧。 
  3. ^ HKT48シングル「3-2」で次世代メンバーを見つけてしまいました 1年後の水着解禁が待たれる武田智加”. TABLO (2020年4月26日). 2020年7月25日閲覧。
  4. ^ a b c d エンタメNEXT (2020年4月22日). 「ありのままの私で」HKT48 新センター・運上弘菜の“愛される条件”(1). インタビュアー:犬飼華. 徳間書店.. https://entamenext.com/articles/detail/4513 2020年5月5日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h HKT48新センターは北海道出身 1500キロ離れた地から見た夢”. Withnews. 朝日新聞社 (2020年4月16日). 2020年5月5日閲覧。
  6. ^ a b c エンタメNEXT (2020年4月22日). 「ありのままの私で」HKT48 新センター・運上弘菜の“愛される条件”(2). インタビュアー:犬飼華. 徳間書店.. https://entamenext.com/articles/detail/4513/2/1/1 2020年5月5日閲覧。 
  7. ^ “HKT48、4期生11人お披露目 2年半ぶり新メンバー”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年7月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2075002/full/ 2020年5月5日閲覧。 
  8. ^ “【AKBじゃんけん大会】HKT荒巻&運上『fairy w!nk』がV「平成のWink目指す」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年9月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2097820/full/ 2020年5月5日閲覧。 
  9. ^ “HKT48結成6周年公演3DAYSが閉幕、研究生10名が本メンバーに昇格”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年11月27日). https://natalie.mu/music/news/258346 2020年5月5日閲覧。 
  10. ^ a b エンタメNEXT (2020年4月22日). 「ありのままの私で」HKT48 新センター・運上弘菜の“愛される条件”(3). インタビュアー:犬飼華. 徳間書店.. https://entamenext.com/articles/detail/4513/3/1/1 2020年5月5日閲覧。 
  11. ^ a b J-CASTニュース (2020年4月12日). 「そこがなっぴの良さ」「一番向いている」運上弘菜、メンバーが語る「新センター」の横顔【HKT48・1万7000字インタビュー(2)】. インタビュアー:工藤博司. ジェイ・キャスト.. https://www.j-cast.com/2020/04/12383982.html?p=all 2020年5月5日閲覧。 
  12. ^ a b 古川泰裕 (2020年3月7日). “【Fの推し増し】「博多の白い恋人」運上よ、HKTの新しい扉を開け”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/590201/ 2020年5月5日閲覧。 
  13. ^ “AKB48グループの博多座公演掻開幕、『仁義なき戦い』で横山由依「絆深まった」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月10日). https://natalie.mu/stage/news/354850 2020年5月5日閲覧。 
  14. ^ 運上弘菜 (2019年11月12日). “舞台『仁義なき戦い』、“ベルと江戸屋”というユニットで狼とプライド、アボカドじゃねーしを前座で披露させていただきました”. Twitter. 2020年5月5日閲覧。
  15. ^ 運上弘菜 (2018年9月26日). “HKTBINGOライブ1日目ありがとうございましたっ。キュウリジュースのコント、どうでしたか〜?”. Twitter. 2020年5月5日閲覧。
  16. ^ HKT48の新センター運上弘菜が『月刊エンタメ』で透明感あふれるグラビアを披露”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2020年5月2日). 2020年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]