この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

田島芽瑠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たしま める
田島 芽瑠
HKT48 Fans Meeting 2015-05-12 @ 西九龍中心 (田島芽瑠) 03.jpg
2015年5月12日香港西九龍中心「HKT48 Fans Meeting」にて
プロフィール
愛称 める
生年月日 2000年1月7日
現年齢 17歳
出身地 日本の旗 日本福岡県
血液型 B型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 162 cm / kg
活動
デビュー 2012年9月23日
HKT48研究生として)
所属グループ HKT48
てんとうむChu!
備考 HKT48 チームH
事務所 AKS
主な楽曲 スキ!スキ!スキップ!
メロンジュース
アイドル: テンプレート - カテゴリ

田島 芽瑠(たしま める、2000年1月7日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループHKT48チームHのメンバーである。福岡県出身。AKS所属。

略歴

2011年

2012年

  • 6月23日、HKT48第2期生オーディション最終審査に合格[3]。総合プロデューサー・秋元康は「第2の松井珠理奈。将来のセンター候補が出てきた」と評価する[4]
  • 9月23日、研究生として初お披露目され、同月30日の「PARTYが始まるよ」公演で劇場公演デビュー。
  • 11月2日、読売新聞朝刊『HKT48夢の途中』にデビュー1カ月後の10月29日の様子などが掲載される。
  • 12月、AKB48の29thシングル「永遠プレッシャー」のカップリング曲として発表されたHKT48初のオリジナル曲「初恋バタフライ」のセンターに選ばれる[5]

2013年

2014年

  • 1月11日、『HKT48九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』初日夜公演において、「クラス替え」(=チーム編成変更)により、研究生から同年春に再編成される予定のチームHへの昇格が発表される[11]
  • 3月12日に発売された3rdシングル「桜、みんなで食べた」で、再び朝長とダブルセンターを務める[12]
  • 4月23日、チームH 2nd Stage「青春ガールズ」公演初日にスターティングメンバーとして出演、チームHの一員として活動開始[13]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では38位で、ネクストガールズに選出された[14]

2015年

2016年

  • 2月17日・18日の劇場公演を扁桃炎のため欠席。代役は、17日が秋吉優花、18日が植木南央[16]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では43位で、ネクストガールズに選出された[17]

人物

  • 月に20冊以上の本を読む読書家である。『王様ゲーム』『共食い』など、金沢伸明の作品を愛読している[18]。地元新聞の「こども記者」も務めたこともある[4]
  • 自他共に認める大食いである[19][20]。中でも和食、特に寿司を好む[21]
  • 幼少時から『美少女戦士セーラームーン』のファンである[22]
  • 2014年のお年玉で購入したものとして『モーニング娘。コンサートツアー2013春 ミチシゲ☆イレブンSOUL 田中れいな卒業記念in日本武道館』を挙げた[23]
  • 弟がいる[24]
  • 廣川奈々聖わーすた)は中学校時代の友人[25]

HKT48

  • 公式ウェブサイトでの自己PRでは、趣味「読書」、特技「誰とでも仲良くなれる」、チャームポイント「まつげ・歯並び」となっている[26]
  • ニックネームについて、他メンバーからは、最終オーディション時からお披露目直前まで「めるる」と呼ばれ定着すらしていたが、お披露目で正式にニックネームを決める時に「やっぱり芽瑠って名前が好きだし、グループにたくさん人数いてもかぶらない名前だし、HKTの先の夢を考えて…“める”に決めた」とのこと[27]
  • 大島優子のような「皆を笑顔にするアイドル」になるのが夢である[4]
  • HKT48のオーディションの歌唱審査では、いきものがかり笑ってたいんだ」を歌った[4]
  • 2012年11月2日の読売新聞朝刊に記事が掲載された際、めんどくさがり屋だが、ノートをいつも持ち歩きアドバイスや注意を細かく記載していることを明らかにした[28]
  • センターポジションの感想を訊かれて「最初はセンターの意味もわからず、なんで私なんだろうと思いました。私がセンターって発表された時は先輩方も泣いていたりして。初めは正直イヤだと思う時期もありましたが、いろいろ積み重ねていくことで、大切な位置だし、もっと頑張らなきゃいけないなと思うようになりました」と語っている[29]
  • 仕事で航空機に搭乗する機会が多いため、2013年10月の時点で、航空会社マイレージサービスの最上級会員であるダイヤモンドメンバーとなっている[30]
  • HKT48メンバー兼劇場支配人の指原莉乃を「さしこちゃん」と呼んでおり[31]、食習慣の乱れている指原[32]に、年下の後輩である田島が朝食をちゃんと摂るよう注意を与えている[31]

参加曲

シングル

HKT48名義

AKB48名義

アルバム

AKB48名義

劇場公演ユニット曲

HKT48 研究生「PARTYが始まるよ」公演

  • スカート、ひらり
  • 星の温度

チームH 「博多レジェンド」公演

  • 制服のバンビ※
    兒玉遥のアンダー

ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

HKT48 研究生「脳内パラダイス」公演

  • 泣きながら微笑んで

チームH 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 禁じられた2人
  • ふしだらな夏

チームH 3rd Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒

チームH 4th Stage「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは

出演

テレビドラマ

舞台

  • HKT48指原莉乃座長公演(2015年4月8日 - 23日、明治座、2015年8月24日 - 31日、博多座) - 小まめ 役

バラエティ

ラジオ

CM

ネット配信

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同楽曲の選抜メンバーにはHKT48から他に指原莉乃、兒玉、宮脇も参加。

出典

  1. ^ プロフィール | HKT48 OFFICIAL WEB SITE
  2. ^ 【エンタがビタミン♪】“眼力対決”秋元康はつんく♂を凌ぐか? HKT第2期生の田島芽瑠が話題に。”. Techinsight. 2014年12月12日閲覧。
  3. ^ HKT48とは?”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. 2014年1月20日閲覧。
  4. ^ a b c d HKTに秋元Pベタ惚れ新人「田島芽瑠」 - 日刊スポーツ(2012年6月24日)
  5. ^ “【エンタがビタミン♪】「センターは大型新人、田島芽瑠」。HKT48『初恋バタフライ』のMVが公開される。”. Techinsight. (2012年11月17日). http://japan.techinsight.jp/2012/11/hkt48pv-tasimameru-center20121115.html 2014年1月20日閲覧。 
  6. ^ “AKB48新チーム「チームBS」結成 加入半年の新人研究生・田島芽瑠が大抜擢”. J-castニュース. (2013年3月13日). http://www.j-cast.com/2013/03/13169454.html 2014年1月20日閲覧。 
  7. ^ “HKT48、デビュー曲センターは13歳研究生・田島芽瑠!”. ORICON STYLE. (2013年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2021664/full/ 2014年1月20日閲覧。 
  8. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  9. ^ “AKB研究生7人組ユニット・てんとうむChu!お披露目 新曲熱唱”. ORICON STYLE. (2013年7月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2027153/full/ 2014年1月20日閲覧。 
  10. ^ “HKT48 新作は田島芽瑠、朝長美桜のダブルセンター”. billboard JAPAN. (2013年7月22日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/13944/ 2014年1月20日閲覧。 
  11. ^ “HKT48 クラス替えのご報告”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2014年1月11日). http://www.hkt48.jp/news/2014/01/008889.html 2014年1月20日閲覧。 
  12. ^ “HKT48、3作連続の1位=女性で歴代最多タイに-オリコン”. 時事ドットコム (時事通信社). (2014年3月18日). http://www.jiji.com/jc/c?g=etm_30&k=2014031700864 2014年3月25日閲覧。 
  13. ^ “HKT48新チームH始動!「団結して素敵なチーム作りたい」”. ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115187 2014年4月26日閲覧。 
  14. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  15. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  16. ^ “HKT田島芽瑠、へんとう炎で劇場公演欠席”. スポーツ報知 (株式会社報知新聞社). (2016年2月17日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160217-OHT1T50082.html 2016年2月18日閲覧。 
  17. ^ 「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2016年6月18日)
  18. ^ Google+ 2014年3月22日付本人投稿記事
  19. ^ “【エンタがビタミン♪】HKT48・田島芽瑠の食欲は“前田敦子”並か。指原も「フードファイターめる。すごすぎ」。”. Techinsight. (2014年1月14日). http://japan.techinsight.jp/2014/01/hktmeru-syokuyokumaedanami-gugu20140113.html 2014年1月21日閲覧。 
  20. ^ 『月刊AKB48新聞』2013年12月号[要ページ番号]
  21. ^ Google+ 2014年3月9日付本人投稿記事
  22. ^ Google+ 2014年3月19日付本人投稿記事
  23. ^ Google+ 2014年1月21日付本人投稿記事
  24. ^ Google+ 2014年6月1日付本人投稿記事
  25. ^ Google+ 2015年8月2日付本人投稿記事
  26. ^ 田島 芽瑠 < プロフィール”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2014年4月23日閲覧。
  27. ^ Google+ 2014年3月8日付本人投稿記事
  28. ^ 読売新聞朝刊 2012年11月2日付[要ページ番号]
  29. ^ “HKT48の2大エース田島芽瑠、朝長美桜が語る2014年の野望”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2014年1月6日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/221172/ 2014年1月28日閲覧。 
  30. ^ Google+ 2013年10月28日付本人投稿記事・コメント欄中の本人コメント
  31. ^ a b Google+ 2014年3月18日付本人投稿記事
  32. ^ “【エンタがビタミン♪】指原莉乃、アイドルらしからぬ食生活が明らかに。「見た目とかどうでもいい」”. Techinsight (MEDIAPRODUCTS JAPAN). (2014年3月18日). http://japan.techinsight.jp/2014/03/sasihara-syokuseikatu-spam20140317.html 2014年3月23日閲覧。 
  33. ^ 福岡恋愛白書9 月と太陽を見上げて/キャスト”. 九州朝日放送 (2014年3月). 2014年12月30日閲覧。
  34. ^ HKT48&氣志團「マジすか」番外編放送”. 日テレNEWS24 (2015年10月25日). 2015年12月6日閲覧。
  35. ^ “ハウス食品「うまかっちゃん」CMに田島芽瑠が出演!”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2013年8月5日). http://www.hkt48.jp/news/2013/08/007444.html 2014年1月20日閲覧。 
  36. ^ AKBラブナイト恋工場 第4話”. テレビ朝日. 2016年4月28日閲覧。

外部リンク