森保まどか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
もりやす まどか
森保 まどか
プロフィール
愛称 まどか
生年月日 1997年7月26日
現年齢 17歳
出身地 日本の旗 日本長崎県
血液型 A型
公称サイズ(身長・スリーサイズは2014年3月[1]
体重は2013年10月[2]時点)
身長 / 体重 167 cm / 48.1 kg
BMI 17.2
スリーサイズ 80.5 - 64 - 89 cm
活動
デビュー 2011年10月23日
HKT48研究生として)
所属グループ HKT48
備考 HKT48チームKIV
元HKT48チームH
事務所 AKS
アイドル: テンプレート - カテゴリ

森保 まどか(もりやす まどか、1997年7月26日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループHKT48チームKIVのメンバーである。

長崎県長崎市出身[3]AKS所属。

略歴

  • 2011年7月10日、HKT48の1期生オーディションに合格、同年10月23日に西武ドームで開催された『「フライングゲット」発売記念全国握手会イベント「AKB48祭り powerd by AKB48 ネ申テレビ」』で、他のHKT48メンバーと一緒にお披露目され、同年11月26日のHKT48劇場杮落とし公演で劇場デビューした。
  • 2012年3月4日、HKT48チームHが結成された際、正規メンバー16名の一人に選ばれた。
  • 同年9月18日、日本武道館にて開催されたAKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会本選に出場。
  • 2014年1月11日、HKT48九州コンサートツアー『九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜』の初日夜公演(iichikoグランシアタ大分県大分市)アンコール出演時に、HKT48の「クラス替え」(チーム再編成)が発表され、森保を含むチームHメンバー8名が2014年春に新設されるチームKIVに異動となることとなった[4]
  • 同年5月23日、出身地である長崎市から、同月末に放送される「AKB観光大使」で同市をPRしたことをきっかけに同市の観光大使に任命される[5][6]
  • 同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では25位で、アンダーガールズに選出された[7]
  • 同年11月26日発売予定のAKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」の選抜メンバーに選出され、AKB48名義のCDでは初選抜となる[8]

人物

  • 幼稚園の年長組の時に「友達の間で流行していた」ことから、自ら母に願い出たことがきっかけで、「コンクール入賞を目指すような本格的なピアノ教室」に通い始めてから[9]、その後8年間習っており[10]、母の厳しい指導の下(母はピアノ経験がない)[11]、2010年には「第14回PIARAピアノコンクール全国大会」ジュニアC部門でアポロ奨励賞(ベスト8相当)受賞[12]、「第1回ヨーロッパ国際ピアノコンクール・イン・ジャパン」全国大会自由曲部門中学生の部では9位入賞するなどの実績がある[13]。HKT48加入以降、しばらくピアノの本格的なレッスンからは離れていたが、2014年1月4日に放送された『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』に出演、Superflyの「愛をこめて花束を」を演奏した後[14]Google+で同番組出演をきっかけに再びピアノ教室に通うことを公表した[15]
  • 絶対音感を持っている[16]。『週刊AKB』に出演した際にも、難易度が高いと言われるショパンの「黒鍵のエチュード」の一部を披露している[17][出典無効]。幼少期からピアノのレッスンを集中して受けていた影響もあり、運動が苦手で[18]、本人曰く「50メートル走10秒台で、逆上がりができ(な)くて、自転車こぐのも苦手で泳げない」とのこと[19]
  • 名探偵コナン』のファンであり[20]、アニメ版の声優をやってみたいという夢を持っている[21]。好きなエピソードは「ハウステンボスの花嫁」で、劇場版はほぼ全作見たほか、毎週録画して番組を見ており、コナンモデルの靴や靴下、腕時計型麻酔銃、公式少年探偵団バッジ、「名探偵コナン新聞」など、大量のグッズも所有している。ただし、一番好きなキャラクターは服部平次[22]
  • 趣味は読書で、好きな作家として赤川次郎西澤保彦らを挙げている。先述の『名探偵コナン』ファンとなったのも、元々ミステリーや推理小説が好きだったことが影響したとのこと[22]
  • 1歳下の弟がいる[23]
  • 食事に関しては、太りやすい体質ではないため「我慢するよりはいいかなって」「自由に食べてる」とのこと[24]

HKT48関連

  • キャッチフレーズは「あなたの心をまどわせたい。博多のミステリアスガール、森保まどか○歳です」。『あるあるYYテレビ』でのニックネームは「も」。公式ニックネームである「まどか」の他に、若田部遥など[25]HKT48のメンバーや、村山彩希などAKB48グループのメンバー[26]からは「まーちゃん」と呼ばれることもある。指原莉乃は、移籍直後「森保」を「もりやす」と読めず「もりぽ」と呼び[27]、以降もその呼び方を使用しているほか、宮脇咲良も同様の呼び方をしている[24]
  • オーディションには父親が応募した[28]
  • 37thシングル選抜総選挙で25位に入った際のスピーチで「きょうがHKTに入って一番うれしい日です!!」と発言したが[29]、このコメントは、バルセロナオリンピックで金メダルを獲得した岩崎恭子の「今まで生きてきたなかで一番幸せです」という発言を意識したものだった[21]
  • 自身のファンのことを「まどらー(マドラー)」と呼んでおり[25]、2014年に発売された自身がデザインした生誕記念Tシャツに「NO MUDDLER NO LIFE」と記載した[30]
  • 「博多のクールビューティー」などと呼ばれることもあり[21]、本人曰く「真顔が怖い」ため「第一印象で『冷たそう』とか『イジワルそう』って勘違いされる」こともある[31]。一方、メンバーから「楽屋芸人」と呼ばれる一面もあり[9]、また同期生からは「聞き上手」と思われているため、悩み事の相談をよくされる反面、自らはなかなか相談できない[32]
  • 宮脇咲良によると、「手をつなぎながら」公演の際、ユニット曲の前に耳栓をして歌詞を読みながらその曲の世界観をイメージし、ステージに臨んでいたとのこと[33]
  • 初代チームH以来のチームメイトである熊沢世莉奈を特に溺愛しており、生誕祭の司会を自ら買って出たり[34]、SNS上や会う度に「かわいい」と言ってスキンシップを図っている[35]。しかし森保の行動は時に常軌を逸することもあり、二人と仲がいい若田部はスキンシップの様子をGoogle+に投稿して森保を「気持ち悪い」と評したことがあった[36]
  • HKT48メンバー全員の投票による「推しメンランキング」で、メンバー6人から得票し、メンバー全47人中1位となった[37]

参加曲

シングル

HKT48名義

AKB48名義

アルバム

AKB48名義

劇場公演ユニット曲

チームH 1st Stage「手をつなぎながら」公演

  • 雨のピアニスト
  • この胸のバーコード(チームH発足前)

チームH 「博多レジェンド」公演

  • てもでもの涙(2013年10月30日まで)
  • 遠距離ポスター
  • 禁じられた2人(2013年11月7日以降)
  • ガラスの I LOVE YOU※
    兒玉遥のアンダー
  • 制服レジスタンス※
    指原莉乃のアンダー

ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • てもでもの涙

チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演

  • 夜風の仕業
  • キャンディー※
    宮脇咲良のアンダー
  • 初恋よ こんにちは※
    朝長美桜のアンダー

出演

テレビ

舞台

  • HKT48指原莉乃座長公演(2015年4月8日 - 23日、明治座)お玉 役

ラジオ

CM

イベント

脚注

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 森保まどか「半分オトナ 16歳」.『FRIDAY』.2014年3月21日号 57頁
  2. ^ Google+ 2013年10月4日付本人投稿記事
  3. ^ “長崎)長崎市観光大使にHKT森保さんら”. 朝日新聞デジタル. (2014年6月19日). http://www.asahi.com/articles/ASG6K05FWG6JTIPE03S.html 2014年8月24日閲覧。 
  4. ^ “HKT48 クラス替えのご報告”. HKT48オフィシャルサイト. (2014年1月11日). http://www.hkt48.jp/news/2014/01/008889.html 2014年1月13日閲覧。 
  5. ^ “HKT森保まどかがチャイナドレスでPR”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140523-1305591.html 2014年5月25日閲覧。 
  6. ^ “長崎)長崎市観光大使にHKT森保さんら”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年6月19日). http://www.asahi.com/articles/ASG6K05FWG6JTIPE03S.html 2015年1月4日閲覧。 
  7. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  8. ^ “渡辺美優紀“無欲”の勝利「最高のプレゼント」”. ナタリー (Natasha, Inc). (2014年9月18日). http://natalie.mu/music/news/126366 2014年9月18日閲覧。 
  9. ^ a b “(AKB的人生論)森保まどか 成長見せたい ピアノの恩師”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年9月12日). http://www.asahi.com/articles/ASG995TNLG99UCVL01C.html 2014年9月18日閲覧。 
  10. ^ 不思議な魅力 HKT48オフィシャルブログ 2011年11月12日付記事
  11. ^ ☆ピアノの音色にうっとりー♪♪☆ NBCラジオ Skippy Blog 2010年12月29日付記事
  12. ^ 第14回 PIARAピアノコンクール全国大会 結果 (2010/08/02) - 東洋ピアノ製造
  13. ^ 2010年度 第1回 自由曲コース・特級部門・連弾部門 審査結果 ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan
  14. ^ “生田絵梨花×森保まどか×松井咲子「TEPPEN」でピアノ対決”. ナタリー. (2013年12月19日). http://natalie.mu/music/news/106071 2014年2月2日閲覧。 
  15. ^ 森保まどか”. Google+ (2014年1月8日). 2014年2月2日閲覧。
  16. ^ Google+ 2012年6月1日付本人投稿記事
  17. ^ 2012年4月27日付放送分
  18. ^ Google+ 2012年7月26日付本人投稿記事
  19. ^ Google+ 2012年8月13日付本人投稿記事
  20. ^ Google+ 2012年2月2日付本人投稿記事
  21. ^ a b c 「AKB48総選挙 水着サプライズ発表2014」P66 集英社
  22. ^ a b 「月刊AKB48Group新聞」2014年11月号P8 日刊スポーツ新聞社
  23. ^ Google+ 2014年3月11日付本人投稿記事
  24. ^ a b 「月刊AKB48Group新聞」『さくら はるっぴ まどか ご褒美 船上パーティー』(2014年7月号P32、日刊スポーツ新聞社)
  25. ^ a b Google+ 若田部遥 2012年7月26日投稿分
  26. ^ Google+ 村山彩希投稿記事 2014年5月13日付
  27. ^ SWITCH Vol.30 No.11 『特集 指原莉乃 さしこリローデッド HKT48アンケート「さっしー」のこと』 スイッチ・パブリッシング2012年、47頁。ISBN 978-4884183387
  28. ^ 「月刊AKB48Group新聞」『さくら はるっぴ まどか ご褒美 船上パーティー』(2014年7月号P31、日刊スポーツ新聞社)
  29. ^ “咲良11位 生え抜き初選抜 今年も大躍進 HKT14議席”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2014年6月8日). http://www.nishinippon.co.jp/nlp/hkt_news/article/93536 2014年8月22日閲覧。 
  30. ^ 森保まどかデザイン「生誕記念Tシャツ」限定販売のお知らせ”. HKT48オフィシャルブログ (2014年7月14日). 2014年9月16日閲覧。
  31. ^ 「AKB48総選挙 水着サプライズ発表2014」P133 集英社
  32. ^ 「月刊AKB48Group新聞」『さくら はるっぴ まどか ご褒美 船上パーティー』(2014年7月号P30、日刊スポーツ新聞社)
  33. ^ 週刊プレイボーイ増刊「AKB48×週刊プレイボーイ 2014」2014年12月10日号P62 集英社
  34. ^ Google+ 森保まどか投稿記事 2014年5月15日付
  35. ^ Google+ 熊沢世莉奈投稿記事 2013年10月18日付Google+ 熊沢世莉奈投稿記事 2014年7月27日付ほか
  36. ^ Google+ 若田部遥投稿記事 2013年11月5日付並びに熊沢による記事共有
  37. ^ HaKaTa百貨店3号館 ANNEX』 2015年1月12日配信分 Hulu
  38. ^ “【エンタがビタミン♪】乃木坂46・生田絵梨花のピアノ演奏に反響。『TEPPEN』を見たプロピアニストが絶賛。<動画あり>”. TechInsight (メディアプロダクツジャパン). (2014年1月6日). http://japan.techinsight.jp/2014/01/nogizakaikuta-teppen-kouhyou20140105.html 2015年1月6日閲覧。 
  39. ^ “フジテレビ『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』でヤラセ疑惑 / 有名音楽家が苦言「ちゃんと音楽を演奏してたのはHKT48の森保まどかさんだけ」”. ロケットニュース24 (SOCIO CORPORATION). (2015年1月6日). http://rocketnews24.com/2015/01/06/530471/ 2015年1月6日閲覧。 
  40. ^ Google+ 2013年1月12日付本人投稿記事
  41. ^ 長崎ランタンフェスティバル 皇帝パレード 皇帝・皇后役決定! (PDF) 長崎市観光推進課内 長崎ランタンフェスティバル実行委員会 2015年2月2日閲覧

外部リンク