チームK 6th Stage「RESET」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チームK 6th Stage「RESET」』(チームケー シックスス ステージ リセット)は、AKB48チームK劇場公演の6th Stageである。本項では、公演曲を収録したCDについても記述する。

概要[編集]

AKB48チームKの6th公演である。2009年8月23日に行われたコンサート『AKB104選抜メンバー組閣祭り』の第3公演で改編を発表された各チームの中で最初に開始された新公演であり、当公演から研究生4名が正規メンバーに昇格している。

この公演は、公演期間が約2年7か月と、AKB48の劇場公演の最長公演記録を更新した[1]。なお、公演回数は全205回(研究生・昇格メンバーのみの公演60回含む)[2]行われた。

2012年3月29日から9月8日には、出演メンバー全員が研究生(7月5日以降は昇格メンバーも参加)の公演も行われた。

2013年7月23日から2014年4月21日には、SKE48チームSの4th公演としても行われた。

2014年5月2日より、NMB48、チームM2nd公演として、2014年5月7日より、AKB48、チームK7th公演として行われる。研究生公演を除けば、全く同時に異なったチームで同じ公演が行われるのは初めてのことである。

公演内容[編集]

曲目[編集]

オープニングアクト

  1. 檸檬の年頃
    (作詞:秋元康、作曲:スミダシンヤ、編曲:野中"まさ"雄一

本編

  1. overture
    (作曲・編曲:尾澤拓実、歌:TAZ)
    全AKB48公演共通である。
  2. RESET
    (作詞:秋元康、作曲:俊龍、編曲:Sizuk)
  3. 洗濯物たち
    (作詞:秋元康、作曲:平沢敦士、編曲:梅堀淳
  4. 彼女になれますか?
    (作詞:秋元康、作編曲:野中"まさ"雄一
  5. ウッホウッホホ
    (作詞:秋元康、作曲:Jupiter、編曲:Funta7
  6. 制服レジスタンス
    (作詞:秋元康、作曲:伊藤心太郎、編曲:百石元
  7. 奇跡は間に合わない
    (作詞:秋元康、作曲:宮島律子、編曲:関淳二郎)
  8. 逆転王子様
    (作詞:秋元康、作曲:尾飛良幸、編曲:市川裕一
  9. 明日のためにキスを
    (作詞:秋元康、作曲:酒井ミキオ、編曲:野中"まさ"雄一)
  10. 心の端のソファー
    (作詞:秋元康、作曲:カワノミチオ・有馬詩乃、編曲:カワノミチオ)
  11. 毒蜘蛛
    (作詞:秋元康、作曲:篤永猛彦、編曲:百石元)
  12. オケラ
    (作詞:秋元康、作曲:春行、編曲:武藤星児
  13. ホワイトデーには…
    (作詞:秋元康、作曲:俊龍、編曲:QuinN
  14. ジグソーパズル48
    (作詞:秋元康、作曲:カワノミチオ、編曲:樫原伸彦

アンコール

  1. 星空のミステイク
    (作詞:秋元康、作曲:吉田将樹、編曲:市川裕一)
  2. 夢の鐘
    (作詞:秋元康、作曲:樫原伸彦、編曲:梅堀淳
  3. 引っ越しました
    (作詞:秋元康、作曲:向井成一郎、編曲:野中"まさ"雄一)

演出[編集]

  • 公演開始前に、日替わりの研究生4名が「前座ガールズ」としてオープニングアクトを務める。
  • 「ウッホウッホホ」では、メンバー1人がゴリラの動きを真似たパフォーマンスを行う。
  • 「ホワイトデーには…」では、椅子を使用する。
  • 「夢の鐘」では、衣装を破る演出がある(衣装の一部が外れるようになっている)。
  • 「夢の鐘」後のMCではキャプテンに指名された1名が日替わりで感想を述べる。
  • 「引っ越しました」では、終盤に客席に向かってテープを投げる。

AKB48 チームK 6th Stage「RESET」公演[編集]

  • ユニット曲担当
    • 制服レジスタンス(仁藤・板野・小野→横山由)
    • 奇跡は間に合わない(野中・宮澤・米沢→松井珠)
    • 逆転王子様(内田・峯岸・中塚)
    • 明日のためにキスを(松井咲・秋元・菊地・田名部)
    • 心の端のソファー(藤江・大島優・梅田彩)
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは秋元才加が担当。

AKB48 研究生公演「RESET」[編集]

  • 公演期間:2012年3月29日 - 9月8日
  • 公演数:全60回[2]
  • 公演メンバー
    • 研究生
      相笠萌、雨宮舞夏、岩立沙穂、梅田綾乃、大森美優、岡田彩花、北汐莉、北澤早紀、サイード横田絵玲奈、佐々木優佳里、篠崎彩奈、高島祐利奈、長谷川晴奈、平田梨奈、村山彩希、茂木忍、森山さくら、渡邉寧々
    • 北・森山は2012年7月30日、雨宮・長谷川・渡邊は同年8月4日の公演をそれぞれ最後に、同年8月5日付で卒業。
    • 伊豆田・小嶋菜・小林茉・名取・藤田・森川は2012年6月24日で研究生から昇格。大島涼・光宗・武藤は8月24日付で研究生から昇格。
  • ユニット曲の主な担当(各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 制服レジスタンス
      • 小林茉・高島・武藤
      • 相笠・平田
      • 伊豆田・岡田・北澤
    • 奇跡は間に合わない
      • 雨宮・小林茉・サイード横田
      • 名取・森川・光宗
      • 大森・佐々木・森山
    • 逆転王子様
      • 梅田綾
      • 村山・小林茉・高島・名取
      • 小嶋菜・篠崎・名取・平田
    • 明日のためにキスを
      • 北・佐々木・平田
      • 茂木・藤田・光宗
      • 北澤・小嶋菜・森川
      • 大森・サイード横田・渡邊
    • 心の端のソファー
      • 岩立
      • 相笠・大島涼
      • サイード横田・長谷川・藤田
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは茂木忍が担当。

SKE48 チームS 4th Stage「RESET」公演[編集]

  • 公演期間:2013年7月23日[8] - 2014年4月21日
  • 公演数:全50回
  • 出演メンバー
    阿比留李帆・石田安奈・磯原杏華・江籠裕奈・大矢真那木﨑ゆりあ・後藤理沙子・斉藤真木子・佐藤聖羅・都築里佳・出口陽中西優香・新土居沙也加・松井珠理奈・向田茉夏矢方美紀・松本慈子
    • 新土居は2013年11月30日の公演で卒業。佐藤聖は2014年2月27日の公演で卒業。ドラフト生松本慈子は3月11日に正式登録、同月17日の公演から出演。向田は3月23日の公演で卒業。
  • ユニット曲担当
    • 制服レジスタンス(都築・木﨑・斉藤)
    • 奇跡は間に合わない(磯原・松井珠・阿比留)
    • 逆転王子様(後藤理・向田→矢方・新土居→木﨑)
    • 明日のためにキスを(佐藤聖→斉藤・大矢・江籠・出口)
    • 心の端のソファー(矢方・石田・中西)
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは佐藤聖羅→矢方美紀が担当。

NMB48 チームM 2nd Stage「RESET」公演[編集]

  • 公演期間:2014年5月2日 -
  • 出演メンバー
    東由樹・石塚朱莉・植村梓・鵜野みずき・沖田彩華・川上礼奈・木下百花・久代梨奈・近藤里奈白間美瑠・高野祐衣・武井紗良・谷川愛梨・中野麗来・藤江れいな・松村芽久未・三浦亜莉沙・三田麻央・村上文香・村瀬紗英・森田彩花・矢倉楓子山田菜々
    木下百・武井は2014年5月25日の公演から参加。村上は2015年3月22日付で、三浦は同年3月31日付で、山田は同年4月3日付で卒業。植村は2015年4月3日の公演から出演。鵜野・中野・松村・森田は2015年2月4日昇格。
  • ユニット曲担当(各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 制服レジスタンス
      • 矢倉・沖田・近藤・久代・村上
      • 近藤・東・三浦
      • 沖田・武井
    • 奇跡は間に合わない
      • 谷川・石塚・三田・東
      • 木下百・三浦
      • 石塚
    • 逆転王子様
      • 白間・川上礼・久代・東・石塚
      • 久代
      • 川上礼・三浦
    • 明日のためにキスを
      • 藤江・三田・石塚・川上礼
      • 村上・三浦
      • 三田
      • 東・三浦
    • 心の端のソファー
      • 山田・村瀬・村上・沖田
      • 村瀬・沖田・川上礼
      • 高野・三浦
  • 本公演では、「夢の鐘」のあとに「高嶺の林檎」、メドレー(「オーマイガー!」、「北川謙二」、「てっぺんとったんで!」の3曲構成)が挿入されている。
  • 2014年6月15日公演より、「高嶺の林檎」が「イビサガール」に差し替えられた。
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは白間美瑠(休演時は東由樹)が担当。

AKB48 チームK 7th Stage「RESET」公演[編集]

  • 公演期間:2014年5月7日 -
  • 出演メンバー
    相笠萌・阿部マリア石田晴香岩佐美咲・内田眞由美・北原里英・小嶋真子・兒玉遥・後藤萌咲・小林香菜島田晴香・下口ひなな・鈴木紫帆里鈴木まりや田野優花永尾まりや・松井珠理奈・宮崎美穂山本彩・湯本亜美・横山由依
    その他のチームのメンバー:飯野雅・谷口めぐ・藤田奈那(いずれもチームA)、梅田綾乃・平田梨奈(いずれもチームB)、大森美優・岡田彩花・北澤早紀・佐々木優佳里・西野未姫・村山彩希(いずれもチーム4)
    宮崎は2014年5月16日の公演から参加。内田・小林香・下口・鈴木まは2014年5月25日の公演から参加。飯野[9]・谷口め[9]・藤田は2014年10月4日の公演から参加。西野は2015年1月30日の公演から参加。平田・大森は2015年2月10日の公演から参加。北澤は2015年2月18日の公演から参加。梅田綾・岡田彩・村山は2015年2月18日の公演に出演。佐々木は2015年4月21日の公演に出演。
    鈴木紫は2015年5月21日の公演を最後に、同年5月30日に卒業予定。
  • ユニット曲担当(各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 制服レジスタンス
      • 相笠・下口
      • 山本彩・相笠
      • 田野・宮崎・平田・村山
    • 奇跡は間に合わない
      • 鈴木紫・谷口め・梅田綾・北澤
      • 兒玉・島田・鈴木紫・横山由・田野・阿部マ
      • 阿部マ・大森
    • 逆転王子様
      • 松井珠・小嶋真・田野・飯野・内田・西野・大森
      • 永尾・岡田彩・平田・北澤
      • 後藤
    • 明日のためにキスを
      • 岩佐・小林香・飯野・佐々木
      • 横山由・内田・島田・藤田・鈴木紫
      • 北原・内田・北澤
      • 島田・小林香・内田
    • 心の端のソファー
      • 湯本
      • 小嶋真・田野・鈴木ま・湯本
      • 石田晴・下口・藤田
  • オープニングアクトの「檸檬の年頃」は行なわれず、本編の「overture」から始まっている。なお、2014年12月13日公演から2015年2月25日公演の間は、バイトAKBの4人によるオープニングアクトが行われた[10]
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは横山由依(不在時は島田晴香・鈴木紫帆里)が担当[11]

SNH48 チームSII 4th Stage「RESET」公演[編集]

中国語での公演名称は「勇氣重生」
  • 公演期間:2014年11月7日[12] -
  • 出演メンバー
    陳觀慧、陳思、戴萌、孔肖吟、李宇琪、莫寒、錢蓓婷、邱欣怡、孫芮、溫晶婕、吳哲晗、徐晨辰、許佳琪、袁雨楨、趙嘉敏、張語格(以上16名が初日メンバー、他のメンバーも交代で出演)
  • ユニット曲担当(初日プログラム)
    • 制服レジスタンス(戴萌、趙嘉敏、張語格)
    • 奇跡は間に合わない(孔肖吟、李宇琪、邱欣怡)
    • 逆転王子様(陳思、莫寒、袁雨楨)
    • 明日のためにキスを(陳觀慧、錢蓓婷、溫晶婕、徐晨辰)
    • 心の端のソファー(孫芮、吳哲晗、許佳琪)
  • 「夢の鐘」が「ゼロサム太陽」(「日升日落」)に差し替え。
  • 「ウッホウッホホ」のパフォーマンスは邱欣怡が担当。

スタジオ収録CD[編集]

公演曲を公演メンバーがスタジオ収録したものである。

チームK 6th Stage「RESET」(CD)[編集]

チームK 6th Stage「RESET」
AKB48 teamKスタジオ・アルバム
リリース 2010年8月7日
2013年1月1日(再発)
ジャンル J-POP
レーベル AKS
AKS/KING RECORDS(再発)[13]
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
AKB48 teamK 年表
チームK 5th Stage「逆上がり」
(2009年)
チームK 6th Stage「RESET」
(2010年)
テンプレートを表示
  • 収録メンバー
    秋元才加・板野友美・内田眞由美・梅田彩佳・大島優子・小野恵令奈・菊地あやか・田名部生来・中塚智実・仁藤萌乃・野中美郷・藤江れいな・松井咲子・峯岸みなみ・宮澤佐江・米沢瑠美
    再発盤のみ参加:島崎遥香・島田晴香・竹内美宥・横山由依(いずれも、収録時は研究生)

収録曲[編集]

オリジナル版[編集]
  1. overture
  2. RESET
  3. 洗濯物たち
  4. 彼女になれますか?[14]
  5. ウッホウッホホ
  6. 制服レジスタンス(歌:板野・小野・仁藤)
  7. 奇跡は間に合わない(歌:野中・宮澤・米沢)
  8. 逆転王子様(歌:内田・中塚・峯岸)
  9. 明日のためにキスを(歌:秋元・菊地・田名部・松井咲)
  10. 心の端のソファー(歌:梅田彩・大島優・藤江)
  11. 毒蜘蛛
  12. オケラ
  13. ホワイトデーには…
  14. ジグソーパズル48
  15. 星空のミステイク
  16. 夢の鐘
  17. 引っ越しました
再発版[編集]

オープニングアクトの「檸檬の年頃」を新規収録。

  1. 檸檬の年頃(歌:島崎・島田・竹内・横山)
  2. overture
  3. RESET
  4. 洗濯物たち
  5. 彼女になれますか?[14]
  6. ウッホウッホホ
  7. 制服レジスタンス(歌:板野・小野・仁藤)
  8. 奇跡は間に合わない(歌:野中・宮澤・米沢)
  9. 逆転王子様(歌:内田・中塚・峯岸)
  10. 明日のためにキスを(歌:秋元・菊地・田名部・松井咲)
  11. 心の端のソファー(歌:梅田彩・大島優・藤江)
  12. 毒蜘蛛
  13. オケラ
  14. ホワイトデーには…
  15. ジグソーパズル48
  16. 星空のミステイク
  17. 夢の鐘
  18. 引っ越しました
  • Disc 2に各楽曲のオフヴォーカルバージョンを収録。

劇場公演DVD[編集]

チームK 6th Stage「RESET」(DVD)[編集]

チームK 6th Stage「RESET」
AKB48 teamKDVD
リリース 2013年4月6日
ジャンル J-POP
レーベル AKS
プロデュース 秋元康
AKB48 teamK 年表
チームK 5th Stage「逆上がり」
(2009年)
チームK 6th Stage「RESET」
(2013年)
テンプレートを表示
  • 収録メンバー
    秋元才加・板野友美・内田眞由美・梅田彩佳・大島優子・菊地あやか・田名部生来・中塚智実・仁藤萌乃・野中美郷・藤江れいな・松井咲子・峯岸みなみ・宮澤佐江・横山由依・米沢瑠美

収録曲[編集]

  1. overture
  2. RESET
  3. 洗濯物たち
  4. 彼女になれますか?
  5. ウッホウッホホ
  6. 制服レジスタンス(歌:板野・横山・仁藤)
  7. 奇跡は間に合わない(歌:野中・宮澤・米沢)
  8. 逆転王子様(歌:内田・中塚・峯岸)
  9. 明日のためにキスを(歌:秋元・菊地・田名部・松井咲)
  10. 心の端のソファー(歌:梅田彩・大島優・藤江)
  11. 毒蜘蛛
  12. オケラ
  13. ホワイトデーには…
  14. ジグソーパズル48
  15. 星空のミステイク
  16. 夢の鐘
  17. 引っ越しました

SKE48 チームS 4th Stage「RESET」(DVD)[編集]

チームS 4th Stage「RESET」
SKE48 teamSDVD
リリース 2014年3月7日
録音 2013年11月19日
ジャンル J-POP
レーベル AKS
プロデュース 秋元康
SKE48 teamS 年表
チームS 3rd Stage「制服の芽」
(2012年)
チームS 4th Stage「RESET」
(2014年)
テンプレートを表示
  • 収録メンバー
    阿比留李帆・石田安奈・磯原杏華・江籠裕奈・大矢真那・木﨑ゆりあ・後藤理沙子・斉藤真木子・佐藤聖羅・都築里佳・出口陽・中西優香・新土居沙也加・松井珠理奈・向田茉夏・矢方美紀

収録曲[編集]

  1. overture(SKE48 ver.)
  2. RESET
  3. 洗濯物たち
  4. 彼女になれますか?
  5. ウッホウッホホ
  6. 制服レジスタンス(歌:都築・木﨑・斉藤)
  7. 奇跡は間に合わない(歌:磯原・松井珠・阿比留)
  8. 逆転王子様(歌:後藤理・向田・新土居)
  9. 明日のためにキスを(歌:佐藤聖・大矢・江籠・出口)
  10. 心の端のソファー(歌:矢方・石田・中西)
  11. 毒蜘蛛
  12. オケラ
  13. ホワイトデーには…
  14. ジグソーパズル48
  15. 星空のミステイク
  16. 夢の鐘
  17. 引っ越しました

セルフカバー等[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ AKB48グループの劇場公演としては、SKE48チームS 3rd Stage「制服の芽」公演の約3年9か月が最長である。
  2. ^ a b c AKB48広報担当西山恭子Google+(2012年10月25日閲覧)
  3. ^ 【お知らせ】 - AKB48オフィシャルブログ(2012年1月28日)
  4. ^ 平嶋・米沢コメント(リアルテキスト) - AKB48オフィシャルブログ(2012年2月5日)
  5. ^ 米沢脱退から松井珠出演までの間、米沢の代役として主に研究生の大森美優が出演していた。
  6. ^ 千秋楽公演も出演予定だったが、体調不良で休演。[1]
  7. ^ チームB:1名、チーム4:4名、研究生:11名(10期生6名、11期生5名、11期生のうち2名はこの日の公演でラスト公演)が出演。
  8. ^ 新チームS公演は「RESET」公演に決定!!”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE (2013年7月23日). 2013年7月24日閲覧。
  9. ^ a b 研究生時代にも出演。
  10. ^ ただし、フルコーラスではなくてワンハーフで行われた。
  11. ^ 2015年2月18日公演では、後藤萌咲・下口ひなな・西野未姫の3人が担当した。
  12. ^ S队新公演《勇气重生》” (Chinese). SNH48 (2014年10月23日). 2014年10月24日閲覧。
  13. ^ 発売元:AKS、販売元:キングレコード。そのため、CDにはAKSとキングレコードの2つの品番が記されている。
  14. ^ a b イトーヨーカ堂のCM「『BODY HEATER』ハグ篇」で使用(板野が出演)。

外部リンク[編集]