熊崎晴香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くまざき はるか
熊崎 晴香
プロフィール
愛称 くまちゃん[1]
生年月日 1997年8月10日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市[2]
血液型 O型[1]
公称サイズ(2017年[3]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
活動
デビュー 2013年2月28日
所属グループ SKE48
ラブ・クレッシェンド
活動期間 2013年 -
備考 SKE48 チームE
元6期研究生
事務所 AKS
主な楽曲 制服を着た名探偵
アイドル: テンプレート - カテゴリ

熊崎 晴香(くまざき はるか、1997年8月10日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループSKE48チームEのメンバーである。愛知県名古屋市出身[2]AKS所属。

略歴[編集]

2012年10月、SKE48第6期生オーディションに仮合格。2013年1月1日、SKE48劇場で行われた元旦公演において、第6期候補生として仮お披露目[4]。2月28日、SKE48劇場にて、第6期生メンバーとして正式お披露目[5]

2014年2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」において、チームEへの昇格が発表される[6]。4月4日、さいたまスーパーアリーナで開催された「AKB48グループ春コン in さいたまスーパーアリーナ〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜」SKE48単独公演において、花道付近でのパフォーマンス中に、ステージから誤って転落し、右手骨折・全治3ヶ月の大怪我を負った[7][8]。活動再開前の6月27日、15thシングル「不器用太陽」(7月30日発売)で初めて選抜メンバーに選出されたことが発表された[9]。7月5日、東京ビッグサイトで開催された「前しか向かねえ」個別握手会で活動を再開[10]。7月10日にSKE48劇場で行われたチームE公演後に「不器用太陽」を初披露し、ステージ復帰[10]。8月18日、チームE公演に初出演し、劇場公演への復帰を果たした[11]

2015年5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では73位で、アップカミングガールズに選出された[12]。10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、SKE48内のユニット「ラブ・クレッシェンド」のメンバーに選ばれる[13]

2016年5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では67位で、アップカミングガールズに選出された[14]。また、速報では80位にランクインしたため、速報81位だったHKT48の秋吉優花とともにNHK BSプレミアムAKB48 SHOW!』で、「ボーダーラインの少女たち」という特集が組まれた[15]

人物[編集]

愛称は、くまちゃん[1]AKB48島崎遥香(しまざき はるか)とは名前の読みが一字違いで、熊崎の学生時代のアダ名は「ぱるる」であった[16]

キャッチフレーズは、「私のことを見てくれないとみーんな、くまらしちゃうよ! くまちゃんこと熊崎晴香です!」[1]

滑舌が極めて悪く、とにかく苦手な「さ行」が言えずにメンバーから突っ込まれることは日常茶飯事である[8]

特技は球技全般で、ソフトテニスソフトボール[注 1]バスケットボール[注 2]ゴルフ[17]経験者である[18]。ほかに特技としてヲタ芸があり[19]、「ロマ崎さん」というキャラクターに扮してヲタ芸を披露する[8][20]

好きな食べ物はイチゴ枝豆イカ[18]。嫌いな食べ物はタマネギ[18]

SKE48[編集]

SKE48加入前に『中学生日記』に出演し、同番組にはメンバーの松井玲奈(卒業)や木本花音も出演していたと聞き、SKE48のことを知ったことがグループに入るきっかけとなった[21]

SKE48の憧れの先輩は松井珠理奈[21]

SKE48二次元同好会に入会している[22]。好きな作品は『弱虫ペダル』、『東京喰種トーキョーグール』、『黒子のバスケ』、『ストロボ・エッジ』、『ひるなかの流星』、『ラストゲーム』など[22][23]

SKE48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • 美しい稲妻」に収録
    • 夕立の前 - 「研究生」名義
  • 賛成カワイイ!」に収録
    • 石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている? - 「紅組」名義
  • 不器用太陽
    • バナナ革命 - 「Team E」名義
  • 12月のカンガルー」に収録
    • 青春カレーライス - 「Team E」名義
  • コケティッシュ渋滞中」に収録
    • 音を消したテレビ - 「Team E」名義
    • 夜の教科書 - 「セレクション17 “AKB49〜恋愛禁止条例〜”」名義
  • 前のめり」に収録
    • 制服を着た名探偵 - 「ドリーミング ガールズ」名義
    • 長い夢のラビリンス - 「Team E」名義
  • チキンLINE
    • Is that your secret? - 「Team E」名義
    • 旅の途中 - 「宮澤佐江と仲間たち」名義
  • 金の愛、銀の愛
    • ハッピーランキング - 「ランクインガールズ2016」名義
    • 今夜はShake it ! - 「ラブ・クレッシェンド」名義
  • 意外にマンゴー
    • オレトク - 「Team E」名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • 革命の丘』に収録
    • 夏よ、急げ!
    • ライフルガール - 「ラブ・クレッシェンド」名義
    • ホライズン - 「愛知トヨタ選抜」名義

AKB48名義

その他の参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームS 4th Stage「RESET」

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)

チームKII 4th Stage「シアターの女神」

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)

研究生「制服の芽」公演

  • 思い出以上

チームE 4th Stage「手をつなぎながら」

  • ウィンブルドンへ連れて行って(1st UNIT)※小石公美子のユニットアンダー
  • Glory days(2nd UNIT)

「制服の芽」公演

  • 思い出以上
  • 狼とプライド

チームE 5th Stage「SKEフェスティバル」公演

  • ハングリーライオン

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 中学生日記NHK Eテレ[24]
    • ともだち帝国〜もしも心が読めたら〜(2011年6月10日)
    • 人生は不公平?〜もしも一番になれたら〜(2011年6月17日)
    • 僕と君のメロディ(2011年9月2日)
    • ○○にバカヤロー! (3) 見えない顔(2011年9月30日)
  • 中部ジモ女の選択 ショートドラマ『わたしの未来』(2015年10月9日、NHK総合) - 三女・川地萌 役[25][26]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • メガワールド(2015年6月28日 - 、メガネ流通センター) - 東李苑・江籠裕奈と共演[30]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 小学生時の部活動[17]
  2. ^ 小学生時の夏休み期間等にしていた部活動[17]

出典[編集]

  1. ^ a b c d SKE48 熊崎晴香 公式プロフィール - SKE48オフィシャルサイト 2016年5月26日閲覧。
  2. ^ a b “SKE柴田阿弥:NHK名古屋のショートドラマに出演 夢と地元で悩む大学生に”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年2月23日). https://mantan-web.jp/article/20160223dog00m200011000c.html 2017年7月28日閲覧。 
  3. ^ AKB48グループ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』 講談社〈講談社MOOK〉、2017年5月17日、138頁。
  4. ^ “SKE48、6期研究生登場に松村香織「フレッシュネタ禁止」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年2月28日). http://natalie.mu/music/news/85785 2016年5月2日閲覧。 
  5. ^ “SKE48第6期生、研究生公演に初登場”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年3月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2022199/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  6. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 SKE48 AKB48オフィシャルサイト
  7. ^ “熊崎晴香につきましてのご報告”. SKE48オフィシャルサイト (AKS). (2014年4月5日). http://www.ske48.co.jp/news/?id=1396702123&select=member 2016年5月2日閲覧。 
  8. ^ a b c “松井玲奈卒業のSKE48で大注目新人は熊崎晴香”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2015年9月6日). http://news.dwango.jp/2015/09/06/25335/idol/ 2016年5月2日閲覧。 
  9. ^ “SKE48、CMで新曲発表 宮澤佐江・渡辺美優紀ら初選抜”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年6月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2039148/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  10. ^ a b “SKE48が新曲『不器用太陽』をサプライズ初披露! 熊崎晴香が復帰果たす”. エンタメNEXT (徳間書店). (2014年7月10日). http://www.entamenext.com/topics_detail2/id=757 2016年5月2日閲覧。 
  11. ^ “SKE熊崎、負傷から5カ月ぶり復帰で涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2014年8月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140818-1352976.html 2016年5月2日閲覧。 
  12. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2016年4月24日閲覧。
  13. ^ “SKE48、7周年で初のユニットデビュー 来年には2ndアルバムも”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年10月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2060310/full/ 2016年4月24日閲覧。 
  14. ^ 「AKB48 45thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月18日). 2016年6月25日閲覧。
  15. ^ AKB48選抜総選挙1時間スペシャル!!! 1位から80位まで全員のスピーチを! SKE48熊崎、HKT48秋吉の総選挙に密着! 初参加NGT48メンバーの舞台裏!”. AKB48 SHOW! ブログ. 日本放送協会 (2016年6月25日). 2016年6月25日閲覧。
  16. ^ “SKE48熊崎晴香が先輩へガチビンタ、スロー動画で大暴れ”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2015年9月6日). http://news.dwango.jp/2016/04/16/85812/idol/ 2016年5月2日閲覧。 
  17. ^ a b c 熊崎晴香 Google+(2014年4月27日)※ゴルフについての記述はコメント欄を参照。
  18. ^ a b c 熊崎晴香 (2014年3月13日). SKE48 熊崎晴香に48の質問 中編・プライベートについて直撃16連発!. インタビュアー:青木孝司. エンタメNEXT,徳間書店.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=346 2016年5月2日閲覧。 
  19. ^ 熊崎晴香ツイート(2016年5月1日)
  20. ^ SKE48 「手をつなぎながら」公演 2分半の袋とじ 2015.6.23 - YouTube
  21. ^ a b 熊崎晴香 (2014年3月11日). SKE48 熊崎晴香に48の質問 前編・お仕事について直撃16連発!. インタビュアー:青木孝司. エンタメNEXT,徳間書店.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=345 2016年5月2日閲覧。 
  22. ^ a b ロードバイクに乗りたい!ラブ・クレッシェンドの熊崎晴香が今ハマっている二次元作品BEST3”. ランキングBOX. グッドリダンス (2015年11月23日). 2016年5月3日閲覧。
  23. ^ ピュアな男子にドキッ!SKE48・熊崎晴香が胸キュンしちゃう少女マンガBEST3”. ランキングBOX. グッドリダンス (2016年4月1日). 2016年5月3日閲覧。
  24. ^ テレビドラマ人名録 熊崎 晴香”. テレビドラマデータベース. 2016年4月24日閲覧。
  25. ^ 中部ジモ女の選択 ショートドラマ”. 中部ジモ女の選択. 日本放送協会. 2016年4月24日閲覧。
  26. ^ 「中部ジモ女(ジョ)の選択」三女編 放送のお知らせ”. 桑名フィルムコミッション. 2016年4月24日閲覧。
  27. ^ ☆10月18日(日)1じゃないよ!熊崎晴香〜第1回〜”. SKE48 1+1は2じゃないよ! SKE48 1×1は1じゃないよ! SKE48 1+1+1は3じゃないよ!. 東海ラジオ放送 (2015年10月18日). 2016年4月24日閲覧。
    ☆12月13日(日)1じゃないよ!熊崎晴香〜最終回〜”. SKE48 1+1は2じゃないよ! SKE48 1×1は1じゃないよ! SKE48 1+1+1は3じゃないよ!. 東海ラジオ放送 (2015年12月13日). 2016年4月24日閲覧。
  28. ^ 熊崎晴香ツイート(2016年4月17日)
  29. ^ “アイドルミュージカルがもたらす可能性――『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演レポート”. 日刊SPA! (扶桑社). (2015年3月19日). http://nikkan-spa.jp/817135 2016年5月3日閲覧。 
  30. ^ メガワールドに「メガネの女神=MEGAMEGAMI」が降臨”. メガワールド. メガネ流通センター (2015年6月23日). 2016年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]