篠崎愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
しのざき あい
篠崎 愛
시노자키 아이(Shinozaki Ai) 2017 아시아 모델 페스티벌 레드카펫 (3)(cropped).jpg
2017年6月、韓国で開催された2017 Asia Model Festivalにて
プロフィール
愛称 あいちゃん
あいてぃん
おしの
生年月日 1992年2月26日
現年齢 30歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
瞳の色 ブラック
毛髪の色 ブラック
公称サイズ(2020 [1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 87 - 60 - 88 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 24 cm
活動
デビュー 2006
ジャンル グラマー(グラドル)
モデル内容 一般・水着
他の活動 歌手女優タレント
事務所 IMO
その他の記録
音楽レーベルはフォーサイド・レコード、L's Shit recordings、ソニー・ミュージックレコーズ
モデル: テンプレート - カテゴリ
篠崎愛 – Shinozaki Ai –
人物
生誕 (1992-02-26) 1992年2月26日(30歳)
東京都
職業 グラドル
公式サイト Ai Shinozaki OFFICIAL WEBSITE
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
ジャンル 音楽ビデオブログ
登録者数 5.78万人
総再生回数 2,156,026回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年11月4日時点。
テンプレートを表示

篠崎 愛(しのざき あい、1992年〈平成4年〉2月26日 - )は、日本のグラビアアイドル歌手YouTuberである。アイドルグループ「AeLL.(エール)」[2]のメンバーである。

略歴[編集]

1992年(平成4年)2月26日、東京都に生まれる[3]

2002年6月、アイドルに憧れて「ハロー!プロジェクト・キッズ オーディション」に応募。モーニング娘。の「I Wish」を歌う[4]

2006年、14歳(中学3年生)の時にグラビアアイドルとしてデビューした[5]。女子中学生専門のグラビア雑誌『Chu→Boh』(楽楽出版)の看板娘として人気を博す[6]

2007年6月、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の読者投票型アイドルオーディション「制コレGP」で準グランプリを獲得[7]。また、ドラマ『24のひとみ』(TBSテレビ)で女優デビューを果たす[5]

2008年、シングル「M」をリリースし、歌手デビューを果たす[8]

2010年、所属事務所をマーブルから「シャイニングウィル」へと変える[7]

2011年1月、4人組アイドルユニットである「AeLL.」メンバーとしても活動を開始[9]。同年、『ヤングアニマル』(白泉社)で2011年度ミスヤングアニマルグランプリを獲得[10]。11月には、初の主演映画『パンツの穴 THE MOVIE 童貞喪失ラプソディ』が公開された[11]

2013年、イメージDVD『Ai's Origin』が、『ランク王国』(TBSテレビ)が選ぶ「2013年間アイドルDVD売上げTOP10」で1位を獲得[12]

2015年4月、プライベートレーベル「L's Shit recordings」より、デビューシングル「A-G-A-I-N」をリリースし、ソロ歌手として活動を開始[13]

2016年、韓国の雑誌『MAXIM KOREA』(2016年2月号)の表紙を飾る。発売前の予約で品切れになり(同誌の歴史上唯一)、「品切れ女」として話題になる[14]

2018年12月、契約満了により「シャイニングウィル」を退所[15]

2020年、『MAXIM KOREA』が選ぶ「歴代表紙ランキング」で1位に選ばれる。これは同誌が創刊200号を記念して歴代の表紙モデルから選定したもの[14]。同年3月、オフィシャルサイトを開設。6月より株式会社IMOと業務提携を締結[16]

2021年9月24日発売の『FRIDAY』(講談社)で、約4年ぶりにグラビア復帰[17]

人物[編集]

  • 好きな食べ物はスルメ、いちご味のポッキー、から揚げ、たこ焼き[18]、小籠包[19]、餃子、カレー[20]。嫌いな食べ物はセロリ、納豆、梅干し[18]
  • 得意料理はクリームパスタ[21]
  • 学生時代の得意な教科は家庭科で、苦手な科目は理科社会[18]
  • 趣味は歌うこと(一人カラオケとする文献もある[22])で、絢香の「三日月」を歌った際、絢香に歌声が似ていると言われたことがある[18]
  • 特技はバレーボール[22]
  • 胸が大きくなり始めたのは小学生の頃[23]。写真で自分の胸を見ると「でか、って思う。なんか丸い。横にデカイし張ってる感じがする」という。また「もう少し小さくてもよいと思う」とも語っている[24]
  • デビュー当時はEカップ。制コレGP準グランプリ時代以降はFカップだったが、現在はGカップである。[25]

エピソード[編集]

  • 2011年5月18日、この日放送の『ゴレンタン』(フジテレビ系)でウエストを計測したところ71センチだった[26]。ちなみに、2011年4月発行の雑誌によると当時の公称サイズは87-60-88である[22]
  • 2013年7月10日、『ナカイの窓』(日本テレビ系)に出演した際、「ぶっちゃけAKB48がウザイ!」という質問に対して、出演者の中で唯一トータライザーのスイッチを押した。「(AKBのせいで他の人の)グラビアの需要が薄くなってきちゃう…『やっぱりちょっとやめて欲しいな』って」とグラビアを本業としていないAKB48のメンバーがグラビアページを席巻している当時の現状に不満を述べ、司会の中居正広から「頑張れよ!応援したくなるよ」と絶賛された[27]。また、同様の発言を2014年5月、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にVTRで登場した際にもしており、「AKB48がグラビアアイドルの畑を荒らしている」・「ここ数年グラビアアイドルの需要がすごく減ってきてみんな本当に困ってます」などと本音を語った[28]

出版[編集]

写真集[編集]

  • START DUSH!!(2006年7月、彩文館出版、撮影:毛利充裕)ISBN 4-7756-0134-2
  • Bon! Bon! Ai-bomb(2007年12月、ぶんか社、撮影:前村竜二)ISBN 978-4-8211-2688-0
  • みるく色の愛(2008年5月、アクアハウス、撮影:小塚毅之)ISBN 978-4-86046-114-0
  • おっきな愛(2008年12月、学研パブリッシング、撮影:飯塚昌太)ISBN 978-4-05-403784-7
  • 恋愛〜renai〜(2009年4月、彩文館出版、撮影:木村晴)ISBN 978-4-7756-0388-8
  • ハーティネス〈サブラDVDムック〉(2009年11月、小学館、撮影:西條彰仁ISBN 978-4-09-103080-1
  • 桜サクトキ(2010年5月、彩文館出版、撮影:井ノ元浩二)ISBN 978-4-7756-0479-3 [29]
  • 篠崎愛 ラブストーリー(2012年3月、学研パブリッシング、撮影:飯塚昌太)ISBN 978-4-05-606594-7
  • 篠崎愛 Love Scenes(2014年9月、小学館、撮影:西條彰仁)ISBN 978-4-09-682096-4
  • 結晶(2017年11月1日、講談社、撮影:西條彰仁)ISBN 978-4-06-352864-0
  • ヤングチャンピオンセレクション篠崎愛10years Memory(2018年11月30日、秋田書店、撮影:上野勇)ISBN 978-4-253-01099-3
  • 篠崎愛写真集 IDEA(2022年2月22日、講談社、撮影:曽根将樹)ISBN 978-4-06-527160-5

電子写真集[編集]

  • Idol line(ラインコミュニケーションズ
    • FINAL1/2~愛ワンダーランド(2013年3月8日)
    • FINAL2/2~愛ラブランド(2013年3月8日)
  • 「篠崎愛 必撮!まるごと☆」シリーズ(アイロゴス)
    • 愛のおっぱいスゴい!?(2013年4月12日)
    • 元祖☆ロリ巨乳(2013年4月19日)
    • 愛の弾けるおっぱい(2013年5月10日)
    • 大人の階段(2013年5月24日)
    • 圧倒的ロリ乳(2013年5月31日)
    • 愛の爆乳ワークアウト(2013年7月19日)
    • 愛のとろける夏乳(2013年8月23日)
    • あなただけの愛(2013年9月13日)
    • お胸が苦しいの?(2013年9月13日)
    • 愛パイ満タン(2014年2月28日)
    • 愛・メモリアル(2016年1月29日)
    • 愛・メモリアル2(2016年2月5日)
    • MILKY(2019年9月13日)
    • 愛 My Me(2019年9月13日)
    • 【増量版】愛のおもてなし(2020年1月31日)
    • 【増量版】もっと愛して(2020年1月31日)
  • デジタル週プレ写真集(集英社
    • 篠崎愛 ウザいことが多すぎる?(2013年11月1日)
  • 爆乳伝説/続・爆乳伝説(2013年11月29日、アイロゴス)

カレンダー[編集]

雑誌連載[編集]

ディスコグラフィー[編集]

AeLL.」としてのシングル・アルバムは「AeLL.#作品」を参照

シングル[編集]

  • M2008年3月26日FOR-SIDE RECORDS
    プリンセス プリンセスM」のカバー
    c/w ドキドキ
    JUDY AND MARYドキドキ」のカバー
  • A-G-A-I-N(2015年4月29日、L's Shit recordings) - 31位
    1.A-G-A-I-N
    Written by Par Westerlund、Lauren Dyson
    作詞:カミカオル
    2.Rainy blue
    作詞・作曲:O-live
    ※映画『東京闇虫パンドラ』主題歌
    3.微熱案内人(Acoustic Piano Version)
    作詞・作曲:薔薇園アヴ(女王蜂)
  • 売旬 feat. 篠崎愛(2015年5月13日、Sony Music Labels Inc.)
    作詞・作曲:薔薇園アヴ(女王蜂)
  • 口の悪い女(2016年8月24日、SMR) - 22位
    作詞・作曲:福田貴史・若田部誠・丸谷マナブ
  • TRUE LOVE(2016年12月7日、SMR) - 23位
    作詞:leonn、作曲:日比野裕史、編曲:baker
    読売テレビ系アニメ『タイムボカン24』ED
  • Floatin' Like The Moon(2017年9月6日、SMR) - 25位
    作詞:SUIMI、作曲・編曲:Justin Moretz & Kotaro Egami

アルバム[編集]

  • EAT 'EM AND SMILE(2015年12月09日) - 23位
  • LOVE/HATE(2017年3月22日) - 36位
  • YOU & LOVE(2018年4月25日) - 29位

未発売[編集]

  • Play for Free
  • 篠崎愛ver. - ぱちんこ新・必殺仕置人の主題歌
    • あかね雲
    • 想い出は風の中
    • 旅愁
    • 夜空の慕情
    • やがて愛の日が

舞台[編集]

  • MOTHERマザー〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜(2009年12月9日 - 13日、新国立劇場 小劇場)
  • アリー・エンターテイメントプロデュース『いい日、リストラ』(2010年8月18日 - 22日、シアターグリーン
  • 田中が考え中(2012年4月17日 - 18日、北沢タウンホール)

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • パンツの穴 THE MOVIE 童貞喪失ラプソディ(2011年11月、ジョリー・ロジャー) - 主演・一ノ瀬なるみ 役
  • 骨壺(2012年5月、ジョリー・ロジャー) - 佐伯果穂 役
  • たいむすりっぷメガネ(2013年8月10日、キャンター) - 主演・橋田藤子 役
  • アルプス女学園(2014年9月27日、キャンター) - 小野塚絵里 役
  • カマトト(2014年10月4日、キャンター) - 篠原愛 役
  • 東京闇虫パンドラ(2015年4月4日、エクセレントフィルムズ) - 主演・鬼塚結衣 役
  • みんな!エスパーだよ!(2015年9月4日、ギャガ) - 書店の店長ケイコ 役

DVD[編集]

  • Skip 篠崎愛(2006年8月25日、彩文館出版)SBKD-0003
  • 愛 LOVE YOU(2006年9月27日、トラフィックジャパン)TSDB-41422
  • 愛しのピーチパイ(2006年11月22日、エアーコントロール)KQT-081
  • Pure Smile(2007年2月23日、竹書房)TSDB-41110
  • あいの島から…(2007年5月25日、GPミュージアムソフト)DMSM-7169
  • LOVEちゃん(2007年8月24日、竹書房)TSDV-41142
  • Balloooooon(2007年11月30日、ぶんか社)BKVD-00260
  • ONE(2008年2月22日、スパイスビジュアル)
  • みるく色の愛(2008年5月23日、スパイスビジュアル)
  • 愛-Link 〜あいりんく〜(2008年8月22日、イーネット・フロンティア
  • おっきな愛(2008年12月17日、学研パブリッシング)
  • 愛いっぱい。(2009年2月20日、ラインコミュニケーションズ
  • 恋風(2009年2月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 「愛」がんばってます!(2009年5月22日、彩文館出版)
  • フラウ(2009年8月28日、竹書房)
  • スール(2009年8月28日、竹書房)
  • 約束〜北海道遠距離恋愛〜(2009年11月27日、イーネット・フロンティア)
  • 晴れ!!(2009年11月27日、イーネット・フロンティア)
  • Beach Angels 篠崎愛 in 奄美大島・加計呂麻島(2010年2月24日、バップBlu-ray Disc版も同時発売 [31]
  • 桜サクコロ(2010年5月28日、彩文館出版)
  • ラブスポ!(2010年8月27日、竹書房)
  • バイト中!(2010年8月27日、竹書房)
  • 萌ゆるッ 山ガール!!(2010年9月15日、ポニーキャニオン)
  • 篠崎愛 FINAL1/2 〜愛ワンダーランド(2010年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 篠崎愛 FINAL2/2 〜愛ラブランド(2010年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 篠崎愛 Special DVD-BOX(2010年11月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 篠崎愛 Premium DVD BOX(2011年2月25日、グラッソ)
  • 純愛以上(2011年4月27日、イーネット・フロンティア)
  • 純情可憐(2011年4月27日、イーネット・フロンティア)
  • 恋なんです。(2011年7月28日、リバプール)一般販路は2011年12月22日に発売 Blu-ray Disc版は2014年4月18日に発売
  • 甘い果実(2011年9月24日、竹書房)
  • Magical Eyes(2011年9月24日、竹書房)
  • 恋なんです。 (2011年12月22日、リバプール)
  • 「愛」あふれてます!(2011年12月23日、エスデジタル)
  • Sweet Love(2012年2月22日、学研パブリッシング)
  • 愛のままに…(2012年5月23日、リバプール)Blu-ray Disc版は2013年11月22日に発売
  • 愛モーション(2012年6月22日、リバプール)Blu-ray Disc版は2014年9月19日に発売
  • Ai's Origin(アイズ・オリジン)(2013年9月20日、shining-will)
  • YOUR Ai's ONLY(ユア・アイズ・オンリー)(2014年3月20日、shining-will)
  • Lovely(2014年10月17日、shining-will)
  • HOLIDAY(2015年5月29日、shining-will)
  • Reality(2015年10月8日、shining-will)

PV[編集]

  • サムライ&ドラゴンズ(2012年)
  • A-G-A-I-N(2015年)

ゲーム[編集]

  • 篠崎愛「M」時計アプリ(2011年、AXEL MARK INC.)
  • グラドルハーレム(2011年、GREE・image.tv)
  • 篠崎愛アプリ(2011年、GREE)
  • 美人天気 篠崎愛モード(2012年、ドワンゴ)
  • グラビア・オーヴァドライヴ(2014年、GREE・Mobage)
  • グラビアスティングレイ(2014年、GREE・Mobage)

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

歌番組[編集]

バラエティ番組[編集]

  • 2008年!アイドルマニアが選ぶ!必ずブレイクするアイドル(2007年12月28日、日本テレビ
  • グラビアの美少女(2007年、MONDO21
  • Beach Angels(2009年、TBSチャンネル
  • 萌ゆるッ 山ガール!!(2010年7月29日、関西テレビ
  • センスの神様(2011年5月14日、フジテレビ)
  • ゴレンタン(2011年5月17日・8月9日、フジテレビ)
  • ものまねグランプリ(日本テレビ)
    • 〜ザ・サバイバル〜(2011年10月4日)
  • 〜ザ・トーナメント2011(2011年12月27日)
    • 特別編 元気が出る名曲ベスト50 絶品ものまね歌謡祭(2012年2月10日)
    • 最強のコラボレーション&本人が選んだテッパンネタ祭り!!(2012年4月1日)
    • 〜ザ・サバイバル〜2012(2012年9月23日)
    • ザ・トーナメント2012(2012年12月25日)
    • 最強のコラボレーションネタ祭り!豪華ご本人が大集結SP!(2013年3月19日)
  • あげテンッ(2012年3月8日・15日、東海テレビ
  • ゴッドタン ファンタジー芸人No.1決定戦(2012年6月16日・23日、テレビ東京)
  • アイドル都市伝説 #1(2012年9月5日 - 、アイドル専門チャンネルPigoo
  • “歌まねチャンピオン決定戦”生放送SP(2012年9月13日、日本テレビ)
  • ハシゴマン(2012年10月25日、TOKYO MX
  • 篠崎愛のロケっとスタート(2012年11月 - 2013年12月、アイドル専門チャンネルPigoo)
  • ゴッドタン 第8回芸能界キレ女塾(2012年11月17日、テレビ東京)
  • 帰ってきた!ゲーム王(2012年12月15日、朝日放送
  • 関ジャニの仕分け∞(2012年12月19日・2013年2月9日・9月14日、テレビ朝日)
  • ムクワレン大賞(2013年1月2日、関西テレビ)
  • ウタガミ(2013年1月11日、フジテレビ)
  • 週刊働く人(2013年4月4日 - 9月26日、テレビ東京)
  • パチFUN!アイラブ千葉(2013年4月3日 - 7月3日、千葉テレビ
  • battle for money 戦闘中(2013年4月7日・6月30日、フジテレビ)
  • カラオケ★バトル 芸能界No.1決定戦2(2013年4月14日、テレビ東京)
  • 伝えてピカッチ(2013年6月15日、NHK総合
  • 透波乱波 スッパラッパ(2013年6月22日、日本テレビ)
  • THE MUSIC DAY 音楽のちから(2013年7月6日、日本テレビ)
  • ミューサタ(2013年7月6日・13日・20日・27日・2014年7月4日・11日・18日・25日、フジテレビ)
  • ハマ3(2013年8月12日・13日・14日・15日、フジテレビ)
  • run for money 逃走中(2013年9月29日・2014年4月6日、フジテレビ)
  • カラオケ得点対決!下剋上カラオケサバイバル(2013年11月22日、テレビ朝日)
  • 逃走中・戦闘中でトーク番組やってみた。2 〜やりすぎでしょ委員会〜(2014年1月1日、フジテレビ)
  • アグレッシブですけど、何か?(2014年6月11日・18日、広島ホームテレビ
  • 言いにくいことをハッキリ言うTV(2014年7月21日、テレビ朝日)
  • お願い!ランキング 2部(2014年8月5日・12月9日、テレビ朝日)
  • 志村座(2014年8月6日、フジテレビ)
  • オールスター感謝祭'14(2014年10月4日、TBS)
  • THEカラオケ★バトル 歌の異種格闘技戦4(2015年2月11日、テレビ東京)
  • 木曜スペシャル #26 映像新世紀〜最先端カメラが見た驚異の世界〜(2015年3月19日、BS日テレ
  • MUTOMA(2015年5月13日・20日、テレビ神奈川)
  • ガリゲル(2015年6月20日・27日・7月4日・11日、読売テレビ
  • スマイルこれダネッ!2015 新潟・長野おどろきギャップ“なのに”旅(2015年10月23日、NBS長野放送NST新潟総合テレビ
  • 7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート(2015年11月14日、TBS)
  • SENSORS(2016年3月5日、日本テレビ)
  • 炎の体育会TV 高梨沙羅バラエティ初参戦&春日水泳部が日本代表SP(2016年3月19日、TBS)
  • オールスター感謝祭’16春(2016年4月9日、TBS)
  • 吉田山田のオンガク開放区(2016年12月3日 - 31日、テレビ神奈川)
  • お願い!ランキング 1部(2016年12月5日、テレビ朝日)
  • BOMBER-E(2016年12月13日・2017年4月18日、メ~テレ
  • 二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜(2017年9月2日、テレビ東京)
  • amp(2017年9月4日、鹿児島読売テレビ
  • 篠崎愛とJam9の静岡ミになるSP(2017年9月9日、静岡朝日テレビ
  • ナカイの窓 グラビアレジェンドSP(2018年1月17日、日本テレビ)
  • コピンクス!2020(2018年2月13日、静岡朝日テレビ
  • BAZOOKA!!!(2018年6月4日、BAZOOKA!!!流 Cool Japan 第1回国民的童顔巨乳コンテスト、BSスカパー!
  • 最強馬券師決定戦!競馬バトルロイヤルSP(2018年9月30日、BSスカパー!)
  • ナゼそこ?「路線バス終点の先…“県境の真上”に暮らす秘境人」3時間半SP(2022年2月3日、テレビ東京)
  • 肉汁女子会 ~酒とお肉と私たち~(2022年3月31日、スポーツライブ+)

CM[編集]

  • 大連撃!!クリスタルクルセイド(2013年4月、Mobage
  • サドンアタック(2013年7月、ネクソン)
  • AGAスキンクリニック(2015年) - Something ELseの『ラストチャンス』を歌唱。「LOVE/HATE」初回生産限定盤に収録 [32][33]
  • サテライトオフィス(2020年 - 2022年)

ネット[編集]

ネット番組[編集]

  • 時東ぁみの一緒にサーフィン(2011年11月24日、Ustream番組)
  • あたらしいみかんのむきかた DVD発売記念イベント(2012年1月14日、ニコニコ生放送
  • 篠崎愛のマンゴー祭り♪(2012年5月7日、ニコニコ生放送)
  • アイドル生放送局【月曜日】(2012年5月14日 - 5月28日、ニコニコ生放送)
  • 牛角「おいし合い」チャンネル(2013年4月29日、ニコニコ生放送)
  • 月刊Gooモータース(2013年11月11日 - 、Gooチャンネル)
  • 世界一即戦力な男(2014年1月24日 - 2014年3月28日、フジテレビ+)
  • DD.ディスティネーション #8-3(2014年3月1日、テレ朝動画)
  • BATICA 4th Anniversary PRE PARTY!(2014年3月30日、DOMMUNE
  • 映画「東京闇虫パンドラ」をいっしょにみよう(2015年4月4日、ニコニコ生放送)
  • ニコラジ(2015年4月23日、ニコニコ生放送)
  • ニコニコ超会議2015 SANYOブースに遊びに行こう!(2015年4月26日、ニコニコ生放送)
  • 生のアイドルが好き(2015年4月27日、ニコニコ生放送)
  • Ai Shinozaki「A-G-A-I-N」リリース記念番組(2015年4月27日、2.5D)
  • 夢眠ねむ根本宗子のねむねも ♯15(2015年5月11日、LoGiRL)
  • 篠崎愛主演番組「AiScream」(2015年6月29日 - 、2.5D)
  • ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフルスペシャルウィーク独占生密着! 「徹底討論! 今、オレたちが一番蹴られたいオンナは誰だ!?最高会議!」 (2015年8月29日、ニコニコ生放送)
  • エレスト生バトル(2015年11月27日、ニコニコ生放送)
  • グ・スーヨンの“現代を生き抜く”(2016年1月23日 - 6月25日、NOTTV
  • 特番!ブチヌキ舟券勝負だ!7時間生放送(2016年3月26日、ニコニコ生放送)
  • 篠崎愛の初体験ラボ アブナイ生検証バラエティー(2016年4月13日 - 2018年3月29日、AbemaTV
  • イナズマロックフェス2016 DAY2 出演アーティストMV特集(2016年9月14日、ニコニコ生放送)
  • 西川学園高等学校、略してN高!(2017年10月26日、ニコニコ生放送)
  • モバイルMMORPG「Thine」広報モデル篠崎愛×BJイセツ合同生放送(2017年11月12日、アフリカTV
  • 篠崎愛 恋する生スタジオライブ(2018年4月25日、ニコニコ生放送)

Web限定CM[編集]

  • REC/レック3 ジェネシス(2012年、@nifty映画)
  • 夢幻戦紀ドラゴノア(2012年、Mobage)
  • エレキングバンド&篠崎愛「充電ラブストーリー」(2015年、ファミリーマート&日産自動車
  • ペプシストロングゼロ「篠崎愛の“鬼ごっこ”」(2015年、サントリー
  • メンズケシミン(2019年、小林製薬[34]

ウェブサイト[編集]

  • 週刊ジョージア「妄想カノジョ」(2014年、KADOKAWA

メルマガ[編集]

  • Magalry(マガリー) Date With Ai♡(2013年2月19日 - 2014年1月31日、GREE

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 篠崎愛”. 有限会社シャイニングウィル. 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ 無期限活動休止中
  3. ^ 『日本タレント名鑑2017』VIPタイムズ社、2017年、582頁。ISBN 978-4-90467408-6 
  4. ^ 374回目のゲストは・・・篠崎愛さん!”. nack5.co.jp. 株式会社エフエムナックファイブ. 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ a b あどけなさと迫力ボディで挑発! 現役女子高生グラドル、篠崎愛の最新DVD”. 株式会社マイナビ (2009年2月13日). 2020年12月9日閲覧。
  6. ^ 篠崎愛”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年12月10日閲覧。
  7. ^ a b 「篠崎愛「Fカップ巨乳発育の軌跡」」『BREAK Max』第11巻第11号、コアマガジン、2012年9月18日、 36-37頁、 ASIN B0093NCO90
  8. ^ “必ずブレイクするアイドル”篠崎愛が歌手デビュー”. LINE Corporation (2008年3月29日). 2013年4月27日閲覧。
  9. ^ グラドル篠崎愛らアイドルユニット・AeLL.がデビュー”. オリコン株式会社 (2011年4月30日). 2013年5月1日閲覧。
  10. ^ 蒼之スギウラ (2012年6月7日). “「サムライ&ドラゴンズ」な篠崎愛さんのコスプレPV公開イベントをリポート”. アイティメディア株式会社. 2013年5月31日閲覧。
  11. ^ 篠崎愛、伝説の作品主演でプレッシャーも”. 日テレNEWS24 (2011年11月19日). 2013年5月31日閲覧。
  12. ^ バックナンバー「2013年12月28日」”. tbs.co.jp. Tokyo Broadcasting System Television, Inc. 2014年8月14日閲覧。
  13. ^ 篠崎愛、4月にソロ歌手デビュー「目標は倖田來未さん」 グラビアは継続”. oricon.co.jp. オリコン株式会社 (2015年2月26日). 2015年3月8日閲覧。
  14. ^ a b 篠崎愛が韓国人気男性誌の歴代表紙ランキング1位に!! 今でも韓国で人気のワケ”. sportsseoulweb.jp. 有限会社ピッチコミュニケーションズ (2020年1月22日). 2020年12月9日閲覧。
  15. ^ 篠崎愛、所属事務所退社を報告”. modelpress. 株式会社ネットネイティブ (2019年1月1日). 2020年12月10日閲覧。
  16. ^ 篠崎愛が大切にする“無理しすぎない”働き方「バランスが大事」(2/4)”. マイナビニュース (2022年2月20日). 2022年7月5日閲覧。
  17. ^ 篠崎愛、4年ぶりグラビア復活 淡いブルーの下着姿でGカップボディーを披露”. 株式会社産経デジタル (2021年9月24日). 2021年11月16日閲覧。
  18. ^ a b c d 篠崎愛『グラビアの美少女』U15特集(#398)”. scramble-egg.com. Scramble-Egg Inc (2007年9月3日). 2013年4月27日閲覧。
  19. ^ 「サドンアタック」篠崎 愛さんの出演する新テレビCMが公開に”. 4Gamer.net. Aetas株式会社 (2013年7月24日). 2020年12月10日閲覧。
  20. ^ 「ウィキ直し!」『TV Bros』第28巻第3号、東京ニュース通信社、2014年、 ASIN B00I3RQ0BK
  21. ^ 藤本エリ (2013年8月30日). “クラウドファンディングで「AeLL.村にソーラーパネルを!」 篠崎愛さん率いるエコアイドルAeLL.にインタビュー”. ガジェット通信. 2013年9月2日閲覧。
  22. ^ a b c 宮澤正明「篠崎愛 ショッキング撮り下ろし!」『特冊新鮮組DX』第21巻第5号、竹書房、2011年4月6日。
  23. ^ 篠崎愛DVD『愛 LOVE YOU』発売記念イベント”. scramble-egg.com (2007年6月2日). 2012年9月10日閲覧。
  24. ^ 篠崎愛写真集『みるく色の愛』発売記念イベント、CD『M』発売記念イベント”. scramble-egg.com (2008年6月4日). 2012年9月13日閲覧。
  25. ^ https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_23415/ 篠崎愛 バストはGカップですけど私の理想はDカップです!
  26. ^ 肉弾ロリ巨乳アイドル篠崎愛、ウエストを11センチごまかしてた!”. excite.co.jp (2011年5月19日). 2021年6月28日閲覧。
  27. ^ グラビアアイドル・篠崎愛が堂々宣言「AKB48はウザイ」”. news.livedoor.com (2013年7月11日). 2013年7月18日閲覧。
  28. ^ 「月曜から夜ふかし」で篠崎愛が「AKB48はグラビアをやめて」と発言”. news.livedoor.com (2014年5月27日). 2014年5月30日閲覧。
  29. ^ グラビアアイドル・篠崎愛、高校卒業後はプライベートでセーラー服”. WEBザテレビジョン. 株式会社KADOKAWA (2010年6月9日). 2021年6月28日閲覧。
  30. ^ “篠崎愛 セーターだけ無防備悩殺「安定のナイスボディ進化」「むちむち」久々カレンダー”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2022年9月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2022/09/03/0015608755.shtml 2022年9月8日閲覧。 
  31. ^ 童顔&Fカップの現役女子高校生グラドル・篠崎愛の胸はまだまだ成長中!”. WEBザテレビジョン. 株式会社KADOKAWA (2010年3月2日). 2021年6月28日閲覧。
  32. ^ 篠崎愛、セクシーナース姿で“悩める男性”にエール”. oricon.co.jp (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  33. ^ 篠崎愛、Gカップ封印のナース姿で熱唱”. WEBザテレビジョン. 株式会社KADOKAWA (2015年6月25日). 2021年6月28日閲覧。
  34. ^ メンズケシミンWebCM YouTubeで公開!”. 篠崎愛スタッフオフィシャルブログ (2019年11月5日). 2020年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]